プロニティ理論

■数とプロニティ ■形とプロニティ■言葉とプロニティ
■01積を差で割る ■02ヘキサグラムと焦点 ■03直角三角形によるヘキサグラム■04相似三角形によるヘキサグラム 
■05正四面体と立方体 ■06立方体の頂点の移動 ■07正三角形の中心移動 ■08プロニティ空間 
■09空間位置による形の変化 ■10中心と頂点■11形のレーダーチャート 
■12ヘキサグラムから立方体を描く
■13ヘキサグラムの収斂 

 

■14立方体の稜線の比例 
■15稜線の数値
■16ヘキサの移動と稜線
■17立方体と3次元 
■18ヘキサグラムの頂点 
■19ヘキサグラムの限界 
■20放射線の軌跡
 
■21正三角形の重心焦点 
■22三次元の遠近比 
■23正三角形マトリクス 
■24プロニティABCの空間
 
■25相対する3次元の座標
 
■26空間と座標軸 
■27マトリクスと次元
 
■28ヘキサマトリクス 
■29直径とプロニティ 
■30線分と円
 
■31円の大きさと距離

■32円のプロニティ 
■33プロニティ循環
■34循環数と線分 
■35連続する平行線
 
■36正三角形の正逆
      

pron_im

 

■37円周上の60度座標 
■38直径の端点と頂点 
■39円に内接する正三角形 
■40円周上の頂点と放射線
 
■41円Cの3焦点
 
■42円と三角形のプロニティ 
■43重心と放射線 
■44放射線による立方体
 
■45内接する正三角形の辺比 
■46正四面体の空間構造 
■47自転によるの鏡像
 
■48内接する正方形 
■49完全数と立方体
 
■50正三角形と正方形
 
■51ヘキサ立体 
■52ヘキサ立体と正8面体
 
■53ヘキサグラムと正8面体 
■54完全数6と比例
 
■55プロニティABCと形
 
■56球と立方体と正四面体
 
■57立体と平面の比例
 
■58球に内外椄する正四面体
 

■59正四面体と立方体の数値 ■60正四面体と立方体の断面  ■61正六角形の増殖パターン
■62pron_pad1
 ■63pron_pad2 ■64pron_pad3■65pron_pad4 ■66pron_pad5 ■67pron_pad6 
■68pron_pad7
 ■69pron_pad8 ■70pron_pad9 ■71pron_pad10 ■72pron_padall

 

pronity_rogo

相対するモノとモノから導かれるもう一つのモノあるいは相対するモノとモノに干渉するもう一つのモノ

ABによってCは生じ、ACによってBは生じBCによってAは生じる
ABCは相関的であり同時に存在する


pronity3

 

■最初に■



異なる2つのモノが存在するとき、それらの相対的な関係の中で、
その2つのモノに相互干渉している
もう一つのモノが同時に存在しているのではないか?
そんな疑問から生まれた<プロニティ理論>は、
そのもう一つのモノの必然性を明らかにし
物質世界や精神世界の因果律を
<三位一体の比例/proportion of the trinity>と言う概念から考えていきます。

ヘキサグラム


 全ての物質は原子から星に至るまで その存在の一つを捉えたとき それ自身は全宇宙の存在と対峙します。 しかし相対する2つの物質を考えたとき、それぞれが対峙する全宇宙と同時に、2つの物質の相対関係に干渉し 干渉される第3の物質が同時に存在するのではないか そしてその連鎖と調和が この宇宙全ての存在の基本的な因果律となっているのではないか・・・・・・


この様な考えからpronityと言う視点をベースにして、 点、線、面、立体における
プロニティの数学、幾何学的な側面を紹介します。


On October,22,2000. Copyright by Masaki Matsuura 松浦正樹

next


 


 

自然エネルギーへ

今や自然エネルギーを有効に使えるだけの科学力があります。原発を完全に無くし、
化石燃料をなるだけ減らして行くことが未来に対する人類共通の責任です。


WORKS

top_map

bars600

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロット
ユニバーソーリドメモランダム物置小屋らなこる展示室
|ラブソング
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
リンク・県別リンク・世界の国|リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト|  

サイトポリシーサイトマップリンク著作権お問い合わせ


 

pronity