プロニティ理論

■数とプロニティ ■形とプロニティ■言葉とプロニティ■01積を差で割る ■02ヘキサグラムと焦点 
■03直角三角形によるヘキサグラム■04相似三角形によるヘキサグラム ■05正四面体と立方体 ■06立方体の頂点の移動 ■07正三角形の中心移動 
■08プロニティ空間
 ■09空間位置による形の変化 ■10中心と頂点■11形のレーダーチャート ■12ヘキサグラムから立方体を描く■13ヘキサグラムの収斂 

 

■14立方体の稜線の比例 
■15稜線の数値
■16ヘキサグラムの移動と稜線 
■17立方体と3次元 
■18ヘキサグラムの頂点 
■19ヘキサグラムの限界 
■20放射線の軌跡
 
■21正三角形の重心焦点 
■22三次元の遠近比 
■23正三角形マトリクス 
■24プロニティABCの空間
 
■25相対する3次元の座標
 
■26空間と座標軸 
■27マトリクスと次元
 
■28ヘキサマトリクス 
■29直径とプロニティ 
■30線分と円
 
■31円の大きさと距離

■32円のプロニティ 
■33プロニティ循環
■34循環数と線分 
■35連続する平行線
 
■36正三角形の正逆
      

pron_im

 

■37円周上の60度座標 
■38直径の端点と頂点 
■39円に内接する正三角形の正逆 
■40円周上の頂点と放射線 
■41円Cの3焦点
 
■42円と三角形のプロニティ 
■43重心と放射線 
■44放射線による立方体
 
■45内接する正三角形の辺比 
■46正四面体の空間構造 
■47自転によるの鏡像
 
■48内接する正方形 
■49完全数と立方体
 
■50正三角形と正方形
 
■51ヘキサ立体 
■52ヘキサ立体と正8面体
 
■53ヘキサグラムと正8面体 
■54完全数6と比例
 
■55プロニティABCと形
 
■56球と立方体と正四面体
 
■57立体と平面の比例
 
■58球に内外椄する正四面体
 

■59正四面体と立方体の数値 ■60正四面体と立方体の断面  ■61正六角形の増殖パターン■62pron_pad1 ■63pron_pad2 ■64pron_pad3
■65pron_pad4 ■66pron_pad5 ■67pron_pad6 ■68pron_pad7 ■69pron_pad8 ■70pron_pad9 ■71pron_pad10 ■72pron_padall

 

contents
相対するモノとモノから導かれるもう一つのモノあるいは相対するモノとモノに干渉するもう一つのモノ

<プロニティとは?正三角形A・B・Cと立方体の関係に見るプロニティの比例関係と空間構造>

大きさの異なる2つの正三角形AとBからなるヘキサグラムの頂点を結ぶ線分は立方体の6本の稜線となり、それをを延長すれば3つの点C1.2.3で交わる。この3点は立方体の3方向の消点となりこれより立方体の頂点a4を求めることができる。
正三角形ABの頂点を結ぶ線を延長すると3つの消点Cで交わる 消点Cから三角形Aの3つの頂点を通る3本の線の交差点a4が立方体の手前の頂点となります この3 つの消点Cを形成する三角形Cとそれを導きだした三角形ABとの3つの三角形の関係がプロニティです。
点C1.2.3を結んでできる正三角形Cの値はC=A×B÷(A-B)で求められる。こうして求められる3つの三角形の関係をプロニティ(三位一体の比例)と呼び、この関係は線分、円、球の関係においても同等である。

■最初に■



異なる2つのモノが存在するとき、それらの相対的な関係の中で、
その2つのモノに相互干渉している
もう一つのモノが同時に存在しているのではないか?
そんな疑問から生まれた<プロニティ理論>は、
そのもう一つのモノの必然性を明らかにし
物質世界や精神世界の因果律を
<三位一体の比例/proportion of the trinity>と言う概念から考えていきます。

ヘキサグラム


 全ての物質は原子から星に至るまで その存在の一つを捉えたとき それ自身は全宇宙の存在と対峙します。 しかし相対する2つの物質を考えたとき、それぞれが対峙する全宇宙と同時に、2つの物質の相対関係に干渉し 干渉される第3の物質が同時に存在するのではないか そしてその連鎖と調和が この宇宙全ての存在の基本的な因果律となっているのではないか・・・・・・


この様な考えからpronityと言う視点をベースにして、 点、線、面、立体における
プロニティの数学、幾何学的な側面を紹介します。


On October,22,2000. Copyright by Masaki Matsuura 松浦正樹

 

 

 

数と形と言葉について

 

異なる2つのモノの関係から生じるもう一つのモノの存在を考えるとき、例えば数で考えると2と3から(6)(5)(1.5)(1)(0.666) 等が生じ、形では積み木の四角と三角で家や船を作れるように想像力次第で2つの形から色々な形を生む事が出来ます。そして語(単語)も同じように2つの単語(言+吾)から新しい(語)が生まれます。表音文字や表意文字等によって合成の仕方は異なるかも知れませんが、全てのバリエーションは(意味)(音)(形)による個と個の合成の連鎖から生まれています。hue(色合い)+man(人)=human(人類)


この(意味)とはモノとモノとの関係であり、それらを繋ぐ構造でもあります。これが<数>の本質です。そして(音)とは言葉です。人や動物が発する言葉や樹木等の成長の音、石や山自体が発する音です。これは自然界の意志表示であり、精神です。これが<語>の本質です。最後に<形>とはあらゆる物質の存在そのものです。全ての形(物質)は語(意志)を伝えようとしています。それら自然界の意志を感じとり表現するためには<数>によって形や言葉の関係を結ぶ必要があります。この事はもちろん<語>によって数と形を、<形>によって数と言葉を結ぶと言う意味でもあります。

 

propotion(比例)+trinity(三位一体)=pronity(三位一体の比例)


 

2つのモノが相対的に存在するとき、その2つのモノに密接に関係するもう一つのモノが同時に存在しているのではないか?こんな疑問が心に生じました。そして2つのモノ(A)(B)に相対するもう一つのモノ(C)の存在を<三位一体の比例>と言う観点から導き出しました。これを比例式で表すとC=AB/(A-B)となり、循環してA=BC/(C-B)、B=AC/(A+B)となります。これがプロニティの数学的概念です。この概念を言葉や形に置き換えて自然界の様々な現象を独自の視点で構築するのがプロニティ理論です。

 

次にプロニティと言う概念を幾何学的に説明します。まず2つの正三角形(A)>(B)を想定します。次にこの2つの正三角形をヘキサグラム(星形)に重ねます。そして(A)の頂点から(B)の頂点に向かって6本の直線を結び、これら6本の線分を進行方向に延長すると2本づつ3つの焦点で交わります。最後にその3つの焦点を結ぶと正三角形(C)となります。この様にして出来た3体の正三角形は消点と放射線との関係を生みだし、奥行きを持つ3次元空間を構成します。


<意味で捉えた単語の連鎖>



 


 


*PDF書類では図形を拡大して鮮明に見ることが出来ます


no.1-no.10迄のPDF書類です

no.11-no.20迄のPDF書類です

no.21-no.28迄のPDF書類です

no.29-no.37迄のPDF書類です

no.38-no.48迄のPDF書類です

no.49-no.57迄のPDF書類です

pronity top 
▲フレーム版

bars800
バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ

 

pronity