bars60 

 

pronity top



hou

■立方体は3次元空間の前後、左右、上下の関係を同質に保ちます■

 

左右の立方体の模型の赤く塗られた4本の稜線が同方向の消点に向かって収束します

平行する奥のもう一本の稜線の
色は塗り忘れです


3次元空間に対する物理的な立方体の均一な性質を利用して空間は計られます。
しかし視覚世界の立方体は奥行きのために基準となる
稜線の長さが空間の3方向に対して異なってきます。

プロニティ理論では この変化する立方体の稜線と 立方体の対角線がつくる2つの正三角形を 相対的な比例関係として捉える事で 奥行きをもつ空間の構造原理を明らかにします。

立方体の対角線が作る2つの正三角形は稜線の変化に対してその相対位置と大きさを変化させることで正三角形自身の形は不変を保ちます


立方体の対角線が作る2つの正三角形は立方体に内在する2つの正四面体の12本の稜線の1/2となる6本の稜線です。


 

Copyright (C) 2010 Masaki Matsuura. All rights reserved.


コンテンツ


bars800
|バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ