bars60 

pronity top

 

■46■3つの正四面体からなる空間構造■

<放射線の軌跡=3つの球面上のそれぞれ4点の座標(正四面体の頂点)を結ぶ線分>
球Cに内在する球Aと球Aに内在する球B
<球A.Bは大きな2つの正四面体の底面c1.c3.c5とc6.c2.c4に挟まれた空間に位置する>

 

1.球Cに内接する正三角形c6.c2.c4は、Xを手前の頂点とする正四面体の底面である。
2.球Aに内接する正三角形a6.a2.a4は、Oを奥の頂点とする正四面体の底面である。
3.球Bに内接する正三角形b1.b3.b5は、Pを手前の頂点とする正四面体の底面である。
Gは正四面体C6.C2.C4の不動の頂点 Oは正四面体a6.a2.a4の移動した頂点
Pは正四面体b1.b3.b5の移動した頂点
 pronity52/39/156

三角形と立方体

球面Aの3つの点<a6.a2.a4.>は空間的に球面Bの3つの点<b.b3b5.>より手前にありBは球面Cの3つの点<c6.c2.c4>より手前に位置する。球面Aのc6点と球面Bのb1点とを結ぶ線分は、球面Cのc2点に向かう(時計回りに60度ずつ回転)とa6から反時計回りにb5.c4と進む2つの線分に分かれ、同様にa2.a4もそれぞれ2方向に分かれる。 又P点は球面Bに内接する正四面体の手前の頂点であり、点Oは球Aに内接する正四面体の奥の頂点である。点Pは正三角形<b1.b3.b5>の頂点から正三角形<a6.a2.a4>の中点を通る線分の交点、点Oは正三角形<a6.a2.a4>の頂点から正三角形<b1.b3.b5>の中点を通る線分の交点となる。(この線分は2つの正四面体A.Bの稜線)

Copyright (C) 2010 Masaki Matsuura. All rights reserved.


 


*PDF書類では図形を拡大して鮮明に見ることが出来ます



 


bars800
|バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ