2020
すべてがラブソングのように
夢と調和
プロニティ
bars_im

心の時代へ

human nature
バースの願い
全ての動植物、命あるものが理不尽な死を向かえる事の無い世界に。
世界各国の軍隊がせめて半分でも国際救助隊のような組織になること。



ビアンス
kakera

誰も気づかないような事にでも
気がつく人

誰でも気づくような事にさえ
気づかない人


世界の感染者500万人迫る 1日の増加数、過去最多―新型コロナ(2020/05/21時事ドットコム)

新型コロナ死者、世界で30万人超 中国は全体の1%に(2020/05/15朝日新聞)

世界で感染者400万人超す 新型コロナ、勢い衰えず/死者は約28万人(2020/05/10東京新聞)

新型コロナ、死者23万人超す 欧米中心に被害拡大続く(2020/05/01東京新聞)

新型コロナ死者20万人超す 2週間で倍増、鈍化せず(2020/04/26東京新聞)

取るべき距離は「1ビートルズ」?(2020/04/21朝日新聞〕
2メートル≒1Beatlesと言う「ソーシャルディスタンシング」

世界のコロナ感染者250万人超 検査拡充を反映、死者17万人(2020/04/22東京新聞)

世界の死者15万人超 1週間で5万人増加―新型コロナ(2020/04/18時事ドットコム)

世界の死者、11万人超す NYのコロナ感染10万人に(2020/04/13朝日新聞)
新型コロナウイルスによる全世界の感染者数が、現在で184万6963人となった。死者数は11万4101人。

コロナ感染、世界で135万人超す 死者は7万6千人(2020年4月7日朝日新聞)
新型コロナウイルスの世界の感染者数が7日、約136万人となった。米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センターが世界保健機関(WHO)や各国政府の発表をもとに集計した。死者数は約7万6千人。国・地域別で死者数が最も多いのはイタリアで、スペイン、米国が続いている。

2020/04/02新型コロナウィルスへの疑問
2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)、2012年に流行したMARS(中東呼吸器症候群)どちらも新型コロナウィルスです。それらがその後、治療法が確立されていないのにどうやって収束したのだろうと気になります。

今回の新型コロナウィルスによる病状はSARSやMARSに似ていますが感染力の強さや感染者数は比較にならないほど増大しています。前者と同じように治療法が確立されていない中、対処療法だけで同様に収束するのだろうかとの不安がよぎります。

未知の部分が多いウィルスの事ですが現在分かっているだけのウィルスに関する情報は開示して欲しいものです。知らないと言う事は不安増大、疑心暗鬼につながるだけです。

2020/03/27未知なるウィルスの脅威。
数十億年に渡ってその時々の生物に宿生してきたウィルス。進化変容をどれだけ繰り返して来たかを知る由もありませんが、想像もつかない長い時間を生き延びて来た事は確かです。人類の短い歴史全ての時代に存在していただろうし、記録には無い時代を含めて疫病など甚大な被害を幾度も引き起こして来たことでしょう。

ウィルスの実体が認識されて100年余りの歴史ですから未知の部分が多く、様々な生物に感染する特徴もあるのでウィルスと言う言葉自体が不安な気持ちを起こさせます。でもインフルエンザと言う言葉には慣れているしワクチンもあります。コロナウィルスへの対処も時間の問題だろうけど、どう変化するかも分からない手強いウィルスですから油断なりません。

(1980年にWHOが根絶宣言した天然痘ウィルスが人間へ感染するウィルスの中で根絶できた唯一のウィルスと言うのですから。よく知られる狂犬病ウィルスでは毎年5万人が死亡。ウィキペディアより)

 

2020/03/20映画館が身近だった時代
大阪の下町のそこここに小さな映画館が点在する時代がありました。何かのついでにふらっと観れる、気さくでした。今のようにハリウッド映画ばかりではなくヨーロッパの映画もそこそこ上映していました。もちろんチャンバラも。

2020/03/18痛ましすぎる赤木さんの手記
立場の弱い、そして良心のある人間が追いつめられ命を絶つ。その死を見ても権力者はのうのうとして自分を守りきる。赤木さんの奥さん、ご家族の悔しさ、悲しみ、怒りを察するに余あります。

2020/03/17マスクのポイ捨て
せっかくの花見をゴミだらけにして帰る人間もいるし、他者のゴミを拾って帰る人もいる。マスクのポイ捨ても同じで他者を顧みない自分だけよかったらいいと言う人間。全体から見ればこのような無神経な人間は少数なんだろうけど、その弊害は多大です。マナーの悪い人なんで無くならないのだろう。

2020/03/15ペストとコロナウィルス
14世紀のペスト大流行によって労働者数が激減した結果賃金の上昇によって格差の是正がなされたとの一説がありますが、そのような悲惨な結果に置いてしか不平等や格差が是正されないと言うのは悲しい限りです。それは14世紀の話だけれど、時代も経済も社会も全然違う2020年現代に置いても未だ同じニュアンスを感じるのは僕だけでしょうか。

2020/03/15ビッグイシュー
ホームレスを支援する雑誌ビッグイシューを始めて手にしたのは何年前だったろうか。10いや20年、もっと前か。大阪の天王寺駅近くのバス停の横だった。

販売に慣れなくてぎこちないおじさんから買ったのを覚えている。厚みのないタウン誌のような外観だったけど、読んでみてあかぬけして興味ある内容の雑誌でした。以来たまに購読していたけれどしばらくご無沙汰。

今日沖縄の新聞に沖縄でも1月から県内で取り扱いとの記事が出ていた。そうか、今まで沖縄では売ってなかったんだ・・・20年の誤差、都市圏と地方の差はいろいろあります。

 

夢と調和を求めて。もっとやさしく・・・バースデザイン研究所