「共謀罪」法が成立 「私」への侵入を恐れる(2017/06/16東京新聞)
「共謀罪」が与党の数の力で成立した。日本の刑事法の原則が覆る。まるで人の心の中を取り締まるようだ。「私」の領域への「公」の侵入を恐れる。

pagetop


市民監視に懸念、沖縄怒る 「共謀罪」の廃止訴え、那覇でデモ(2017/06/16琉球新報)

委員会採決を省略するという強引な手法で「共謀罪」法が15日の参院本会議で可決、成立した。沖縄県那覇市で開かれた抗議集会では、基地反対運動に対する捜査権限の乱用を懸念する声が上がった。戦前の治安維持法の再来との危機感も根強い。

「政府、沖縄で人権侵害」 山城氏、国連で声明発表(2017/06/16琉球新報)
【ジュネーブ=島袋良太】沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事を巡る反対運動中に逮捕され、5カ月間にわたり長期勾留されていた沖縄平和運動センターの山城博治議長が15日午後(日本時間同日深夜)、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会で声明を発表した。

pagetop

<社説>「共謀罪」法成立 民主主義の破壊許さず(2017/06/16琉球新報)
数の力を借りた議会制民主主義の破壊は許されない。・・・この法律は監視社会を招き、憲法が保障する「内心の自由」を侵害する。

社説[「共謀罪」採決強行]極まった暴挙 信を問え(2017/06/16沖縄タイムス)
 「再考の府」参院の自殺行為に等しい。「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が参院本会議で成立した。

「共謀罪」法案、きょう成立 自公、参院委審議打ち切る 本会議で採決強行へ(2017/06/15朝日新聞)
犯罪を計画段階から処罰できるようにする「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案について、自民、公明両党は14日、参院法務委員会での審議を打ち切った。

(時時刻刻)「共謀罪」自公突進 会期内ありき、奇策を強行(2017/06/15朝日新聞)
「共謀罪」法案を強引に会期内で成立させるため、自民、公明両党が奇策を使ってまで強行路線に突き進んだ。法案の問題点や疑問点はいっこうに解消されず、加計学園問題など政府の調査結果を待つ問題も山積み。

pagetop

(問う「共謀罪」)国会、どう見る 識者らに聞く(2017/06/15朝日新聞)
■国会死にかけてる 宇宙物理学者・池内了さん(72)賛成した議員は法案成立後の世界を想像しているのだろうか。自由を制限するこの法律で密告社会に近づいていく。気づいたときに後悔しても遅い。「戦前と今の世の中とは違う」という人は想像力が足りないのではないか。

(社説)国会最終盤 極まる政権の強権姿勢(2017/06/15朝日新聞)
あまりに乱暴な国会運営だ。とうてい承服できない。「共謀罪」法案について、自民党は参院法務委員会での審議を打ち切り、本会議での直接採決に向けて「中間報告」を行うことを提案した。

(声)「共謀罪」再び日本孤立の道か(2017/06/15朝日新聞)作家 赤川次郎(東京都 69)
日本にも多くのファンを持つウィーン・フィルハーモニー管弦楽団だが、ナチスの時代、ユダヤ系の楽団員を追放し、中には強制収容所で殺された団員もいた。この「負の歴史」が、今年広く展示され、戦後生まれのさらに後の世代の団員たちが、同じ過ちをくり返さないために過去と向き合おうとしている。

pagetop

「共謀罪」法案 成立強行は疑惑隠しか(2017/06/15東京新聞)
 なぜ、それほど成立を急ぐのか。衆院での採決強行に続き、参院では委員会の採決自体を省略する横暴ぶりだ。議論が尽くされたとは言い難く、疑惑隠しのために幕引きを急いだとしか思えない。

核物質の飛散 安全文化が育たない(2017/06/15東京新聞)
防がねばならない事故が起きた。実態が分かるほどあきれる。日本原子力研究開発機構(原子力機構)のプルトニウム飛散事故だ。その程度の安全認識で、果たして原子力を扱えるのだろうか。

共謀罪採決「あまりにも横暴」 県内識者が相次ぎ批判(2017/06/15琉球新報)
 共謀罪の問題点を指摘する高良鉄美琉球大大学院教授は政府・与党の姿勢に「『良識の府』の参院の存在意義が問われる。

共謀罪/法案成立へ 立法府の劣化深刻=政治部編集委員・平田崇浩(2017/06/15毎日新聞)
 議院内閣制は、国権の最高機関たる立法府に対し、行政権を持つ内閣が連帯して責任を負うことで成り立つ。

「共謀罪」採決強行の方針 自公、あすの参院委で(2017/06/14朝日新聞)
自民、公明両党は13日、「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案の採決を15日の参院法務委員会で強行する方針を固めた。

検閲否定する憲法21条「強力な保障」 国連特別報告者、デービッド・ケイ氏(2017/06/14朝日新聞)
 ケイ氏は日本国憲法21条が「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」「検閲は、これをしてはならない。

pagetop

(特派員メモ シンガポール)「容姿」発言の波紋(2017/06/14朝日新聞)
「私たち3人には共通点がある。みんな女性で、同世代。そして、全員がグッドルッキング(美しい)!」

(社説)大田さん逝く 「沖縄と日本」問い続け(2017/06/14朝日新聞)
沖縄県の知事だった大田昌秀さんが亡くなった。多くの人の記憶に残るのは、95年の光景だろう。

(声)「共謀罪」、検閲の恐怖を想起(2017/06/14朝日新聞)無職 嶺貴美恵(大阪府 92)
「共謀罪」法案に関するさまざまな声に接し、戦時中の体験を思い出した。私は今の北九州市出身。16歳で太平洋戦争が開戦、20歳で終戦を迎えた。

(後藤正文の朝からロック)「日本すごい」どころか…(2017/06/14朝日新聞)
最近、とある作品の制作に使うために、友人から三味線を譲ってもらった。三味線は本来的な意味での「邦楽」に使われる楽器だけれど、その弾き方や構え方を知っている人は少ないだろう。

あきらめない 日比谷で「共謀罪」反対集会(2017/06/14朝日新聞)
今国会の会期末が18日に迫るなか、「共謀罪」に反対する市民集会が13日夜、東京・日比谷で開かれ、主催者発表で約5200人が参加した。

pagetop

蓮舫氏「民主主義の死だ」 加計再調査を批判(2017/06/14東京新聞)
 民進党の蓮舫代表は14日午前の党参院議員総会で、学校法人「加計学園」問題を巡る記録文書の再調査の在り方を批判した。

ロンドンの高層マンションで火災(2017/06/14東京新聞)
【ロンドン=阿部伸哉】英BBC放送などによると、十四日午前一時(日本時間同九時)すぎ、ロンドン西部の高層マンションから出火、建物全体が炎に包まれ、三時間後も燃え続けている。

玄海原発 安心安全はどこにある(2017/06/14東京新聞)
国会の福島事故調査委員長を務めた黒川清氏は「原子力規制委がOKすれば再稼働というレトリック(修辞)はない」と言う。

社説[国連報告者指摘]懸念に正面から答えよ(2017/06/14沖縄タイムス)
 国連特別報告者は国連人権理事会の任命を受け、国やテーマ別に人権状況を調査・監視する専門家だ。

筆洗/万歳三唱ほど時代から消えた風習はないかもしれない。(2017/06/13東京新聞)
かつては会社の送別会や、結婚式などでもバンザイ、バンザイとやっていたのだが、最近はとんとお目にかからない▼ぎりぎり万歳が生き残っている場所はおそらく政界だろう。

pagetop

安倍政権の原発再稼働、輸出 「世界の識者は懸念」(2017/06/13東京新聞)
 衆院原子力問題調査特別委員会が新設した「助言機関」が12日、始動した。メンバーの専門家に対する初の参考人質疑で、黒川清会長(東京大名誉教授)は原発の再稼働や海外輸出について「人口が減るにもかかわらず、本当に大丈夫なのかというのが世界の識者の懸念だ」と語った。

<社説>大田昌秀氏死去 平和・自立・共生の志継ぐ(2017/06/13琉球新報)
 元県知事で元参院議員、琉球大学名誉教授の大田昌秀さんが亡くなった。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体験し、一貫して平和を希求した生涯だった。

「残念」住民ら怒り込め 再稼働差し止め却下(2017/06/13琉球新報)
司法の壁は厚かった。佐賀地裁は13日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)に対し住民らが求めた再稼働差し止めの仮処分を認めず、申し立てを却下した。「命と古里を守りたい」との思いで申し立てていた住民らは憤りをあらわにした。

【ドナルド・キーンの東京下町日記】利己主義という「醜」(2017年5月5日東京新聞)
欧米流の個人主義を誤って解釈した利己主義がまん延でもしているのだろうか。個人主義とは全体主義の対義語で、権力や権威に対して個人の尊厳や自由を守る考え方だ。「自分さえよければいい」という利己主義とは違う。

pagetop

共謀罪審議「コッカイオンドク!」で再現 市民が音読9 (2017/06/12毎日新聞)
「共謀罪」の成立要件を改めたテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案が参院で審議される中、国会の質疑を文字に起こして音読する取り組みが市民の間で広がっている。

(憲法を考える)この人に聞く 横路孝弘・元衆院議長 70年、今の憲法で支障なし(2017/06/13朝日新聞)
 ――憲法9条1、2項を残しつつ自衛隊を明記するという安倍晋三首相の提案をどう評価しますか。9条に付け加えることは非常に大きな変化になります。交戦権を否定する2項があるから自衛隊の専守防衛という仕組みが成り立っている。あえて軍隊とは言わないわけです。

(問う「共謀罪」)「監視」の先、弾圧懸念 横浜事件ゆかりの人(2017/06/13朝日新聞)
組織的犯罪処罰法改正案が導入しようとする「共謀」の処罰。その先にあるのはもの言えぬ社会では――。戦時下最大の思想弾圧とされる「横浜事件」=キーワード=とかかわりをもった人たちは、参院での審議を見つめる。

pagetop

タイ、国民へ「四つの質問」 軍政、総選挙先送りの布石か(2017/06/13朝日新聞)
 軍事政権による支配が続くタイで12日、プラユット暫定首相から国民にあてた「四つの質問」に対する意見募集が始まった。

(HUFFPOST)間違い受け入れる寛容さ、持とうよ(2017/06/13朝日新聞)
 「注文をまちがえる料理店」。そんな名前のレストランが東京にあるという。医療ジャーナリストの市川衛(まもる)さんは実際に店を訪ね、その顛末(てんまつ)を「注文を『忘れる』料理店 ふしぎなお店が目指すものは」(5日)にまとめた。

(声)自衛隊の「加憲」は混乱の元だ(2017/06/13朝日新聞)無職 長南幸男(山形県 76)
自民党が憲法改正原案を年内にまとめる方針を決めた。安倍晋三首相が提案する「9条への自衛隊明記」が、検討項目の一つに挙がっているという。

pagetop

<お知らせ>プティット・バンド、バッハ演奏会(2017/06/13朝日新聞)
古楽界の巨匠シギスバルト・クイケン=写真=率いるラ・プティット・バンドによる、J・S・バッハ作品を集めた演奏会。

「表現の自由」訪日調査報告 国連・特別報告者(2017/06/13朝日新聞)
国連の「表現の自由の促進」に関する特別報告者のデービッド・ケイ氏が、昨年4月の訪日調査結果について口頭で報告した。ケイ氏は「当局者による直接・間接のメディアへの圧力、いくつかの歴史問題を議論する場の制限、国家安全保障を理由に情報へのアクセスに対する規制の増加を特に懸念している」などと発言した。

法案反対署名、153万筆 「共謀罪」(2017/06/13朝日新聞)
政府が国会会期中の「共謀罪」成立をめざす中、法案廃止や審議の徹底を求める動きが広がっている。

マクロン新党、圧勝の勢い 仏総選挙 議席7割超獲得か(2017/06/12朝日新聞)
フランス総選挙の第1回投票が11日あり、即日開票された。大半の選挙区で議席の確定は18日の決選投票に持ち越されたものの、公共放送フランス2は、マクロン大統領の新党「共和国前進」が、連携する政党分とあわせて415〜455議席を獲得し、過半数の289を大きく超えるという見通し(12日午前0時時点)を伝えている。

pagetop

加計ありき? 今治市職員、特区指定9カ月前に官邸訪問(2017/06/12朝日新聞)
獣医学部の新設計画は当初から、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)を前提に進んだのではないか――。

全国民に生活費支給 ベーシックインカムで何が起きた?(2017/06/12朝日新聞)
全国民に生活に必要なお金を支給する制度「ベーシックインカム(BI)」に世界的な注目が集まっています。BI導入を提唱する著書が母国オランダでベストセラーとなり、世界20カ国以上で出版される歴史家兼ジャーナリストのルトガー・ブレグマン氏(29)に話を聞きました。

「村総会」の見解表明へ 高知・大川村で議会開会(2017/06/12東京新聞)
議員のなり手不足から村議会を廃止し、有権者が予算などの議案を直接審議する「村総会」の設置を検討している高知県大川村で12日、村議会が開会。

pagetop

大阪市大、シンボルのヤシを伐採(2017/06/12京都新聞)
撤去に惜しむ声/大阪市立大は12日、杉本キャンパス(同市住吉区)にある29本のヤシの伐採を始めた。約60年間、学生らを見守り続けた大学のシンボルだったが、

原爆資料館と連携 アウシュビッツ博物館 志賀館長が訪れ申し入れ(2017/06/12琉球新報)
原爆資料館(広島市中区)の志賀賢治館長が、第2次世界大戦中のナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を伝えるポーランドの国立アウシュビッツ・ビルケナウ博物館を訪れ、職員の派遣などを視野に連携を申し合わせたことが分かった。

辺野古差し止め提訴 政府、印象操作か 別裁判持ち出し「和解不履行」(2017/06/12琉球新報)
名護市辺野古の新基地建設で翁長雄志沖縄県知事が国を相手に工事の差し止め訴訟を起こす方針を表明したことに関連して政府側からは、2016年12月の県敗訴の最高裁判決などを引き合いに、翁長知事が判決に従っていないという印象を与える発言が出ている。

pagetop

【キラリ大地で】フィンランド 大学で日本語指導 喜納政和さん(2017/06/12琉球新報)
北欧フィンランドの北部に位置し、北極圏の入り口の街として知られるラップランド州の州都ロバニエミの大学で日本語を教えているウチナーンチュがいる。

<社説>最悪の内部被ばく 機構は体質の抜本改善を(2017/06/12琉球新報)
作業員5人は全面マスクではなく、鼻と口だけを覆う半面マスクを装着し、隙間から放射性物質を吸い込んだとみられる。事故後も除染準備が整うまでの約3時間、汚染された室内で待機していた。

pagetop

【動画】世界遺産になったイラン古代の地下水道(2017.06.05ナショナルジオグラフィックス)
空から見ると、乾いた砂漠の表面にいくつもの穴が開いている。しかし、その穴の数十メートル下にはトンネルが通り、地下の帯水層から何十キロも離れた農地や村に水を運んでいる。古来からある、かけがえのない水路だ。

週のはじめに考える 豊島事件の残したもの(2017/06/11東京新聞)
百万トン近くのごみはすべて島外に運ばれて、最悪の不法投棄事件もようやく一区切り。循環型社会をめざす転換点になったとされる豊島(てしま)は何を残したか。

難民「相当」を4割不認定 法相、有識者審査「尊重」せず(2017/06/11東京新聞)
難民問題が世界的課題となる中、受け入れに消極的と批判されることの多い日本の難民認定の実態が改めて浮かび上がった。

再生可能電力の賦課金、2022年から下がる見込み(こちゃん / 2017年6月11日みどりの1kWh)
エネルギー転換のためのシンクタンクである「アゴラ」によると、再生可能電力促進のためにドイツの消費者が2000年以来電力料金に上乗せして 支払っている賦課金は、 2020年から上がらなくなり、2022年からは下がる見込みだという。

pagetop

重力レンズ使った星の重さ測定に成功、ハッブル(2017.06.09ナショナルジオグラフィックス)
ハッブル宇宙望遠鏡が、アインシュタインの予言の一つが間違っていたことを証明した。彼は偉大な物理学者だったが、技術の進歩に関しては悲観的すぎたようだ。

“原爆スラム”と呼ばれた街で(2017/06/10NHKテレビ)
戦後、「原爆スラム」と呼ばれた街ができた頃、狭い路地の両側にバラックが幾重にも立ち並んでいた。

確認しない官僚、誤り強弁の閣僚…政府の姿勢、後ろ向き(2017/06/11朝日新聞)
 事実を確認しない官僚。事実と異なる説明をする閣僚。学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる国会審議を検証して明らかになったのは、事実解明に後ろ向きな政府の姿勢だった。

辺野古も「共謀罪」もNO 国会周辺で集会(2017/06/11朝日新聞)
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設と「共謀罪」法案に反対する集会が10日、国会周辺であった。

pagetop

ミンダナオ島、掃討作戦難航 武装勢力「人間の盾」(2017/06/11朝日新聞)
フィリピン南部ミンダナオ島で、国軍と武装勢力の戦闘が激化している。10日も武装勢力の爆破攻撃でフィリピン海軍の兵士13人が死亡、40人がけがをした。

(声)報道機関は政権に危機感持って(2017/06/11朝日新聞)大学研究員 時実象一(東京都 73)
CNNは米アトランタに本社のあるニュース専門テレビ局である。今年1月、トランプ大統領の就任前の記者会見で、ジム・アコスタ記者が質問を拒否された。

(ひもとく)「共謀罪」 監視拡大、民主主義の危機 高山佳奈子(2017/06/11朝日新聞)
5月23日に衆議院を通過した組織的犯罪処罰法改正案は、治安維持法下の捜査がすべて適法だとする法相の答弁、参議院でも法相の事実上の答弁拒否や首相による法相の発言阻止などの異常事態に遭っている。


(書評)『世界の果てのありえない場所』 T・エルボラフ、A・ホースフィールド〈著〉(2017/06/11朝日新聞)
今日では地球を周回する人工衛星の微視的な視線による盗撮から逃げることもできないほど何処(どこ)も彼処(かしこ)も暴かれて、地球は驚くほど縮小されています。

(著者に会いたい)『知らなかった、ぼくらの戦争』 アーサー・ビナードさん(2017/06/11朝日新聞)
東日本大震災が起こってから「知らなかった」と人が話すのをよく耳にしたという。

pagetop

【ドイツ】浴衣姿、仮装でにぎわう ライン河畔で「日本デー」(2017/06/10琉球新報)
ドイツ西部デュッセルドルフ市の旧市街ライン河畔で5月20日、日本文化を幅広く紹介するイベント「日本デー/JAPAN TAG(ヤーパンターク)」が開かれた。

再調査、火消しへ一転 首相「政権、ダメージ」 加計問題(2017/06/10朝日新聞)
加計(かけ)学園の獣医学部新設をめぐり、文部科学省が内閣府から「総理のご意向」などと言われたと記録された一連の文書。

(声)介護に成功報酬、拭えぬ違和感(2017/06/10朝日新聞)介護福祉士 井手隆久(神奈川県 66)
政府は、介護サービス利用者の要介護度を改善させた事業者に対する報酬を手厚くする方針を示しました。

(声)「教育勅語」、切り売りは無意味(2017/06/10朝日新聞)無職 花輪紅一郎(東京都 67)
「殺すな」「盗むな」「うそをつくな」「淫行するな」の四つは、仏教の五戒と旧約聖書の十戒に共通する徳目であり、万古不易の人の道の基本と言っていい。

pagetop

(声)野党よ、民主主義守る気骨示せ(2017/06/10朝日新聞)介護福祉士 木村昌資(愛知県 47)
国会議事堂近くにある衆議院憲政記念館を訪れたことがあります。国会開設からの歩みを数々の資料で紹介する施設です。

「共謀罪」法案は「非常に危険」 国連報告者、シンポで警鐘(2017/06/10朝日新聞)
「共謀罪」法案への懸念を示した書簡を安倍晋三首相に送った国連特別報告者のジョセフ・カナタチ氏が9日、インターネット電話「スカイプ」を通じて日本弁護士連合会のシンポジウムに参加した。

「加計」再調査 「首相の意向」の究明を(2017/06/10東京新聞)
 獣医学部新設をめぐり、文部科学省が省内で作成したとされる文書の再調査をする。国民の声が後押ししたというなら、安倍晋三首相の意向が働いていたのか否かを含め、徹底的に究明すべきだ。

大洗被ばく、プルトニウム飛散か 床に複数の黒い塊(2017/06/10東京新聞)
 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の作業員被ばく事故で、機構は九日、放射性物質が飛散した室内の床に複数の黒い塊が散らばっていることを明らかにした。

pagetop

ゲート前道向かいの人も排除 辺野古新基地建設で機動隊(2017/06/09琉球新報)
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブゲート前で9日午前、機動隊が工事車両の基地内入れるために座り込みをしている約50人を強制排除する際、道向かいの歩道にいた人もゲート前に戻して一緒に排除した。

5人、汚染室内に3時間 事故後、除染準備待つ 原子力機構(2017/06/09朝日新聞)
 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員5人が被曝(ひばく)した事故で、室内に飛散したプルトニウムなどの放射性物質を室外に出さないための処置をする間、5人は室内で3時間にわたって待機していたことが分かった。

脱出住民犠牲、相次ぐ イラクのIS掃討作戦(2017/06/09朝日新聞)
国連は8日、イラク軍による過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が最終段階に入った北部モスルのIS支配地域から脱出しようとして、ISに殺害された住民が先月26日以降、少なくとも231人に上ると発表した。

pagetop

(声)宅配便下請け業者の単価上げて(2017/06/09朝日新聞)運送業 宮本登(熊本県 65)
宅配業の話題が多い。取り扱い個数も大幅に増加し、もはや限界に達し、大手各社も様々な対策を打ち出しています。この業界に25年近く下請け業として携わってきた者として、意見があります。

(社説余滴)伴走者のラストメッセージ 加戸靖史(2017/06/09朝日新聞)
46年にわたり被爆者運動の屋台骨を支えてきた女性が昨年11月3日、がんで逝った。西村(旧姓・伊藤)直子さん。今年4月、被爆者ら約100人が東京に集い、68歳の早すぎる死を悼んだ。

一橋大学祭、百田氏講演中止の波紋 学生ら「差別的な言動問題」抗議(2017/06/09朝日新聞)
人種差別根絶をめざす一橋大生らでつくる「反レイシズム情報センター」(ARIC)が今年4月、抗議を表明。大学祭での差別を禁止するガイドラインづくりや講演の中止を実行委に求めた。

[大弦小弦]東京で電車に乗っていて、新聞を読む人をほとんど見かけなくなった(2017/06/09沖縄タイムス)
東京で電車に乗っていて、新聞を読む人をほとんど見かけなくなった。つい数年前まで、満員電車でもきれいに折り畳み、周囲にぶつからずに読む“職人技”を目にした。

pagetop

公文書の管理  公開するための制度だ(2017/06/09京都新聞)
加計学園の獣医学部や森友学園の小学校の新設計画をめぐり、市民やNPOが財務省や文部科学省の内部記録の保全や公開を求める法的手続きを相次いで行った。

【動画】カラスはずるい人を1カ月以上忘れない(2017/06/09ナショナルジオグラフィックス)
カラスをはじめ、カケス、カササギなどカラス科の鳥は知能が高いことで知られている。人間の顔を識別し、住宅街をうろついてゴミ箱を漁り、死んだ仲間のために葬式まで出す。

与党保守党、過半数割る見通し 英総選挙(2017/06/09CNN)
ロンドン(CNN) 英国で8日に投票が行われた総選挙(下院定数650)は、主要テレビ局各社の出口調査でテリーザ・メイ首相率いる与党保守党が過半数を割り込む見通しとなった。

pagetop

「加計文書」を再調査 世論反発受け文科相表明(2017/06/09東京新聞)
松野博一文部科学相は9日、政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、「総理の意向」などと記載された文書の存否について再調査すると表明した。

筆洗/二年前に七十五歳で逝った詩人・長田弘さんに、「グレン・グールドの9分32秒」という詩がある。(2017/06/09東京新聞)
9分32秒とは、天才グールドがピアノで弾いた、ワーグナーの歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕前奏曲の録音時間だ

作業員4人、内部被ばく プルトニウム 2.2万ベクレル最悪レベル(2017/06/08東京新聞)
 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の燃料研究棟で作業員五人に放射性物質が付着した事故で、機構は七日、四人が内部被ばくしており、そのうち五十代の一人の肺から二万二〇〇〇ベクレルの放射性物質プルトニウム239が検出されたと発表した。

pagetop

体内へ総量36万ベクレルか(2017/06/08共同通信)
日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の作業員被ばく事故で、肺から2万2千ベクレルの放射性物質プルトニウムが計測された50代の男性職員について、・・・

「共謀罪」と条約 政府の説明は崩れた(2017/06/08東京新聞)
 「共謀罪」をめぐり、国連の国際組織犯罪防止条約の立法ガイド執筆者が本紙に「条約はテロ防止が目的でない」と明言した。政府の説明が根底から崩れる。数の力で法案を通してはならぬ。


【考える広場】猫学事始(2017年6月3日東京新聞)

◆共同体の束縛を超越 哲学者・左近司祥子さん/今、何匹の猫を飼っているかって? だいぶ減りましたよ。三十七匹。一番多い時は五十匹ぐらい。・・・◆家の中にすむ「自然」 作家・パンク歌手 町田康さん/今、猫を七匹飼っています。二十代前半、野良猫を観察して面白いと思ったのが猫との出合い。自分のバンド名は「INU」でしたけど。

pagetop

第71回トニー賞 米演劇界、今期栄冠は(2017/06/08東京新聞)
演劇界で最も権威のあるトニー賞の第71回授賞式が11日夜(日本時間12日午前)、米ニューヨーク・ブロードウェーで開かれる。注目のミュージカル作品賞にはトルストイの「戦争と平和」を原作にした・・・

チバニアン申請 地球の謎を解く鍵に(2017/06/08東京新聞)
何の変哲もない崖が世界から注目されそうだ。千葉県の地層を国際標準模式地の候補に申請した。現生人類誕生への時期がチバニアン(千葉時代)と呼ばれることを期待したい。

イラン、破られたIS対策 中東の治安安定国、衝撃(2017/06/08朝日新聞)
 混乱の続く中東にあって治安が安定していたイランでテロ事件が起きた。過激派組織「イスラム国」(IS)への徹底した対策にもかかわらず起きた惨事に市民の間で動揺が広がっている。

(声)政権の排他的空気を許すな(2017/06/08朝日新聞)幼稚園教諭 佐々木明子(神奈川県 48)
加計(かけ)学園問題で前川喜平・前文部科学事務次官が、「総理のご意向」とする文書によって「行政がゆがめられた」と証言した。一方、菅義偉官房長官は「怪文書」と切り捨て、・・・

pagetop

辺野古提訴、翁長知事が表明(2017/06/08朝日新聞)
沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は7日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事差し止めを求める訴訟を、7月にも起こす方針を表明した。

対米従属国家の「漂流」と「政治的退廃」=特別寄稿・内田樹(2017/06/06毎日新聞)
安倍晋三首相による「1強体制」の下、国内外の危惧する声をよそに、「共謀罪」が成立しようとしている。一方で、国民が望む加計学園問題の疑惑解明は、果たされぬままだ。絶えず問題が起こる日本。どうしてだろう? 

(問う「共謀罪」 学問の世界から)空気を読まない者に疑いの目向かう 小澤俊夫さん(2017/06/08朝日新聞)
 日中戦争下の中国で小学生だった。陸軍病院を慰問すると、兵隊が「行軍中、道沿いの女子どもはスパイだから皆殺しだ」と手柄話をする。子供心に「人殺しだ」と思ったけど、とても口に出せない。

「安全とは思えない」市民団体が抗議 高浜3号機再稼働(2017/06/07中日新聞)
高浜原発前では、関西を中心に全国から集まった約百人が気勢を上げた。呼び掛けた「若狭の原発を考える会」共同代表の木原壮林さん(73)は、3号機の再稼働中止と4号機の停止を求める要請書を関電職員に手渡した。

除染事業...『揺らぐ信頼』 水増し請求疑惑、自治体から怒りの声(2017/06/08福島民友)
除染事業への信頼を揺るがす疑惑がまた明らかになった。建設会社の安藤ハザマ(東京)が受注した県内の除染事業を巡り、宿泊経費を不正に請求した可能性が7日に浮上した。

pagetop

<社説>加計文書「共有」 関係者を証人喚問せよ(2017/06/07琉球新報)
これ以上、国民の知る権利の侵害は許されない。安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関し、「総理の意向」などと記載された文書の存在を、文部科学省の複数の現役職員が内部で共有していたことを認めた。

パリ、男が金づちで警官襲撃 ノートルダム寺院前(2017/06/07琉球新報)
【パリ共同】パリ中心部のノートルダム寺院前で6日午後4時半(日本時間同11時半)ごろ、男が金づちのような物でパトロール中の警官に殴りかかり、別の警官が男に発砲した。

作業員1人の肺から2万2千ベクレル 茨城・原子力機構(2017/06/07朝日新聞)
 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターでウランとプルトニウムが入った保管容器から放射性物質が漏れて作業員5人が被曝(ひばく)した事故で、原子力機構は7日、作業員1人の肺から2万2千ベクレルのプルトニウムが検出されたと発表した。

pagetop

(天声人語)印象操作という言葉(2017/06/07朝日新聞)
目立つのは安倍晋三首相の頻用である。森友学園や加計学園の疑惑を追及されると、「それは印象操作だ」と反撃して質問をかわす

加計学園問題 再調査を拒む不誠実(2017/06/07東京新聞)
獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相の意向が働いていたのか否か。国会が真相解明に努めるのは当然にもかかわらず、政府は理由にもならない理由を付けて再調査を拒んでいる。不誠実に過ぎる。

原発再稼働 そのたびに不安は募る(2017/06/07東京新聞)
高浜原発3号機の再稼働。全国五基目。関西電力二基目。そのたびに住民の不安は募る。動かすにも止めるにも、大きな不安がつきまとうのが原発だ。

pagetop

(声)汚染土の処分、福島だけの問題か(2017/06/07朝日新聞)大学教員 松谷基和(福島県 41)
福島市の私の地区では、宅地に続き道路の除染がようやく始まる。しかし市は、地区で出る汚染土の仮置き場として、地区内の市水道局の受水池(浄水を家庭に配るまでためる地下水槽)の敷地を使うと通告してきた。

森友データ保全求めNPOが抗告(2017/06/07朝日新聞)
学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題に絡み、財務省と近畿財務局が持つ交渉記録などの電子データの保全を求めていたNPO法人「情報公開クリアリングハウス」は6日、申し立てを却下した東京地裁の決定を不服として、東京高裁に抗告を申し立てた。

骨太方針  財政目標から逃げるな(2017/06/07京都新聞)
借金頼みからの出口がますます見えなくなる。そんな懸念を深めざるを得ない。

pagetop


『新生バチカン 教皇フランシスコの挑戦』(2017/ナショナルジオグラフィックス)
世界12億の信徒を抱えるカトリック教会が、今まさに徹底的な大改造を余儀なくされている。その改革の旗振り役が教皇フランシスコだ。

100%太陽光発電の島、3カ月たってわかったこと(2017.02.28ナショナルジオグラフィックス)
住民の反応は? 生活は? 世界が注目、米領サモア領のタウ島

3トン超の衛星、新型ロケットで打ち上げ成功 インド(2017.06.06 CNN)
ニューデリー(CNN) インド宇宙研究機構(ISRO)は5日、新型のロケットを使って重さ3トンを超える通信衛星の打ち上げに成功した。

「ここは地獄」 対ISIS戦の最前線、モスル市民たちは今 CNN EXCLUSIVE(2017/06/07CNN)
モスル(CNN) イラク軍が過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」からの奪還をめざす北部モスルでは、燃え盛る戦火の中、取り残された市民が死の恐怖に直面している。

鼻腔内に汚染確認「健康には影響ない」 作業員被曝(2017/06/06朝日新聞)
6日午前11時15分ごろ、茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで、作業員5人がウランとプルトニウムが入った保管容器を点検していたところ、放射性物質が漏れて被曝(ひばく)した。

pagetop

東京集中の是正 大学の規制は筋違いだ(2017/06/06東京新聞)
 東京一極集中を和らげるために、政府は大学定員を抑える方針を打ち出した。地方の疲弊の責任を、東京の大学に転嫁するのは筋違いだ。

金融緩和後に日銀赤字リスク 「出口戦略」に与党から苦言(2017/06/06東京新聞)
自民党行政改革推進本部の河野太郎本部長は本紙のインタビューで、日銀が大規模金融緩和を終える「出口戦略」を行った場合、「日銀が赤字に陥り、国民負担が生じる可能性がある」との考えを示した。

世界の作家も「共謀罪」NO 国際ペン「表現の自由侵害」(2017/06/06東京新聞)
「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案について、世界約2万6000人の作家らでつくる「国際ペン(PEN)」は5日、メキシコ出身の作家・ジャーナリストのジェニファー・クレメント会長名で、「日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」との反対声明を発表した。

pagetop

思いやりより人権意識を(2017/06/06東京新聞)
障害者差別解消法の施行から一年余り。障害者が暮らしやすい社会に近づいたか。
 この春、東京に住んでいるか活動している障害者約百二十人に東京新聞が尋ねたら、社会は良くなったと答えた人は22%にとどまり、70%は変わらないと答えた。

「共謀罪」崩れる政府根拠 「条約はテロ防止目的でない」(2017年6月5日東京新聞)
 国際組織犯罪防止条約(TOC条約)締結のため、政府が必要であるとしている「共謀罪」法案をめぐり、各国が立法作業をする際の指針とする国連の「立法ガイド」を執筆した刑事司法学者のニコス・パッサス氏(58)が本紙の取材に、「条約はテロ防止を目的としたものではない」と明言した。

辺野古新基地:工事車両に立ちふさがり、道交法違反容疑で抗議の女性逮捕(2017/06/06沖縄タイムス)
沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対し、抗議していた女性が6日午前、道路交通法違反(禁止行為)の疑いで名護署に現行犯逮捕された。

pagetop

[大弦小弦]「早く死んでほしい。早く一人になりたい・・・(2017/06/06沖縄タイムス)
本紙が実施した在宅介護アンケート(1、2日付)には叫ぶような言葉が並んでいた

外来機や兵器実験配備に抗議 共産県委(2017/06/06琉球新報)
【嘉手納】共産党県委の真栄里保基地対策責任者らは6日午前、嘉手納町の沖縄防衛局を訪ねて、池田眞人企画部次長に県内米軍基地へのU2偵察機暫定配備や最新兵器実験部隊の配備、相次ぐ米軍の事件・事故に対する抗議文を手渡した。

神戸山口組トップを逮捕 携帯詐取容疑、兵庫県警(2017/06/06琉球新報)
兵庫県警暴力団対策課は6日、携帯電話販売店から携帯1台をだまし取ったとして、詐欺の疑いで神戸市北区、指定暴力団神戸山口組(本拠地・同県淡路市)組長の井上邦雄容疑者(68)を逮捕した。

「共謀罪」廃案訴え抗議行動開始(2017/06/06新潟日報)
新潟 反対の市民団体ら/「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に反対する市民らが5日、新潟市中央区のJR新潟駅南口広場で、連日街頭に立って廃案を訴える抗議行動を始めた。

pagetop

犬・猫の殺処分激減 避妊手術の助成増額が奏功 北九州市動物愛護センター [福岡県](2017/06/06西日本新聞)
北九州市が力を入れている飼い主に見捨てられるなどした犬や猫の“殺処分ゼロ”に向けた取り組みが、効果を上げている。

加計文書「省内で共有」 文科省現役職員が証言(2017/06/06朝日新聞)
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、文部科学省が内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」などと言われたと記録された文書について、文科省の現役職員が朝日新聞の取材に応じ、この文書が省内の複数の部署で「共有されていた」と証言した。

首相、持論一方的 加計問題の答弁 委員長注意「質問答えて」(2017/06/06朝日新聞)
学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題の質疑が集中した5日の衆院決算行政監視委員会で、安倍晋三首相が玄葉光一郎委員長(民進党)から「質問に答えてください」と再三注意された。

pagetop

(問う「共謀罪」 学問の世界から)怒りの抗議、重なるリットン調査団 加藤陽子さん(2017/06/06朝日新聞)
 政府の怒りの裏にあるものを歴史は教えてくれる。・・・国連の委嘱を受けた人物の要求に対しての開き直りの抗議。既視感がある。1931年の満州事変後、リットン卿が国際連盟の委嘱で報告書を発表した「リットン調査団」。その時の抗議と似ています。

国際ペン、反対声明 「共謀罪」法案(2017/06/06朝日新聞)
 「共謀罪」法案をめぐり、日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は5日、東京都内で会見を開き、法案に反対するジェニファー・クレメント国際ペン会長の声明を発表した。世界の作家らでつくる国際ペンが、日本の国内法案について反対声明を出すのは極めて異例で、2013年の特定秘密保護法案のケースに続く。

京の町家を改装、宿泊事業に参入 下着大手ワコール(2017/06/06朝日新聞)
 女性下着大手のワコールホールディングス(京都市)が、宿泊施設の運営事業に参入する。来春から京都市内の町家を改装して提供し、観光客らの施設不足に対応する。5年ほどかけて約50軒の運営をめざす。

pagetop

(商品ファイル)BMW、普通二輪免許でOK(2017/06/06朝日新聞)
 独BMW日本法人は、普通二輪免許で運転できるバイク「BMW G310R」(排気量313cc)を発売した。

<お知らせ>ジャコメッティ展、14日から(2017/06/06朝日新聞)
20世紀を代表する彫刻家のひとり、アルベルト・ジャコメッティの初期から晩年までをたどる大規模な回顧展です。

ノーベル文学賞・ディランさん「文学と違う。歌は読まれるのでなく、歌われるべきだ」(2017/06/06朝日新聞)
ディランさんは、ゆったりとしたピアノ曲の中で、自らに影響を与えた米国人歌手バディ・ホリーや、古代ギリシャのホメロスの叙事詩「オデュッセイア」、メルビルの「白鯨」、レマルクの「西部戦線異状なし」といった著名な物語を挙げて、自身の歌と文学とのつながりを考察した。

pagetop

10州180市 パリ協定支持 離脱表明の米で反発広がる(2017/06/05東京新聞)
【ニューヨーク=北島忠輔】トランプ米大統領が地球温暖化防止の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を表明したのに対し、反対する州知事や市長が相次ぎ、全米に広がっている。

映画「不思議なクニの憲法」、ベルリンで上映される(みーこ / 2017年6月4日みどりの1kWh)
さて映画では、戦後ずっと与党だった自民党が日本の憲法を改正しようとしていること、日本国憲法はそもそもどのように作られ、日本人にどのように受容されてきたのかということ、自衛隊の憲法上の地位がこれまでどのように議論されてきたのかということなどが、さまざまな人物のインタビューを通して語られる。

(よみがえる沖縄1935)戦前の沖縄、鮮明に 1935年撮影のネガ、朝日新聞大阪本社で発見(2017/06/05朝日新聞)
戦前の1935(昭和10)年に、沖縄で大阪朝日新聞(当時)の記者が撮ったネガ277コマが見つかった。市場や漁、農作業など、人々の暮らしぶりが写し取られている。

(政治断簡)「自由」を壊す技法とは 編集委員・松下秀雄(2017/06/05朝日新聞)
ひとたび恐怖や不安に覆われると、「自由な社会」は簡単に壊れるものなのか。

天安門事件28年、香港で追悼集会 北京はピリピリ(2017/06/05朝日新聞)
民主化を求めた学生らが軍に武力弾圧された中国の天安門事件から28年を迎えた4日夜、犠牲者を追悼する集会が香港で開かれた。

pagetop

(声)聖書の教えも監視対象だった(2017/06/05朝日新聞)牧師 井上二郎(岐阜県 76)
「共謀罪」法案は自民、公明、日本維新の会の賛成によって採決が強行され衆院を通過、現在参院で審議されています。

(声)爆弾製造企業への投融資やめて(2017/06/05朝日新聞)アロマテラピー講師 山田曜子(神奈川県 33)
非人道的なクラスター爆弾の製造企業に対し、三菱UFJフィナンシャル・グループなど日本の金融機関4社が、4年間で2200億円の投融資をしたと報道された。利用者として失望し、無力感と悔しさで涙が止まらなかった。

劇場公開、「映画」の条件? 配信限定作、カンヌ出品めぐり物議(2017/06/05朝日新聞)
「アメリカ文化の経済侵略そのものだ」。今年4月、カンヌ映画祭でコンペ部門のノミネート作が発表されると、フランス映画館連盟(FNCF)など国内の映画興行界から激しい反発の声が上がった。

「共稼ぎ」と「共働き」は大違い 「家事・育児・介護」も労働です!(2017/06/05東京新聞)
「共働き」と「共稼ぎ」。一般には、ほぼ同義語として使われるが、よくよく考えると大きな違いがある。

ロンドンでテロ、6人死亡 容疑者3人射殺(2017/06/04琉球新報)
【ロンドン共同】ロンドン中心部のロンドン橋で3日午後10時10分(日本時間4日午前6時10分)ごろ、車が歩道に乗り上げ、通行人をはねた後、近くにあるロンドン屈指の食材市場「バラマーケット」で、バーにいた客らがナイフで刺された。

pagetop

<社説>ヘイト対策法1年 包括的な法整備の検討を(2017/06/04琉球新報)
 ヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法の施行から1年を迎えた。警察庁によると、差別をあおるなどの右派系市民グループによるデモは、昨年6月3日の施行から今年4月末までに35件を確認し、前年同期の61件からおよそ半数近くに減った。

Learn&Play! teamLab Future Park チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地(2017/06/04琉球新報)
 琉球新報社は「Learn&Play! teamLab Future Park チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」を沖縄県立博物館・美術館で開催します。

「妻は安定している。沖縄の人と心一つ」 負傷した女性の夫がマイク握る(2017年6月3日琉球新報)
【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民ら約140人は3日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みを続けた。

メキシコ国境「壁」に抵抗 独音楽家ら演奏会(2017/06/04琉球新報)
【ティフアナ共同】ドイツの音楽家マルクス・リントさん(49)が、メキシコ国境に「壁」を建てようとするトランプ米大統領の主張に抵抗するコンサートを3日、メキシコ北西部ティフアナの米国との国境に立つ柵の前で開催した。

pagetop

駅に下りエスカレーター続々 高齢者「下り階段は怖い」(2017/06/04朝日新聞)0621
「階段は上りより、下りの方が怖い」。そんなお年寄りの声に応え、福岡市営地下鉄で下りエスカレーターが増えている。超高齢化社会をみすえ、他都市の駅でも対応が始まっている。

(声)加計問題、本質は公正だったか(2017/06/04朝日新聞)契約社員 秋山信孝(東京都 67)
加計(かけ)学園の問題で、野党は獣医学部新設について政策論争を挑むべきだ、と主張された「加計学園 野党は政策詰めよ」(5月31日)には賛同しかねる。

天安門、今も続いている 戦車にひかれ両足失った方政さん きょう事件から28年(2017/06/04朝日新聞)
1989年6月、中国・北京の天安門広場に集まり民主化を求めた学生らを、軍が弾圧した天安門事件から4日で28年になる。

(ひもとく)宇宙と生命 切り開かれる地球外の可能性 川端裕人(2017/06/04朝日新聞)
研究者ごとの相場観の違いが興味深い。例えば「知的生命体は発見できるか」への回答は、「いる」「いない」「ロボットなら」というふうにばらけるし、「見つけたらどうするか」には「銀河系についての知識を交換したい」という知的欲求派から、「あまりにも危険。直接接触することはお勧めしません」という慎重派まで様々な見解が飛び交う。

pagetop

(書評)『ポピュリズムとは何か』 ヤン=ヴェルナー・ミュラー〈著〉(2017/06/04朝日新聞)
ポピュリズムを権威主義などから区別する特徴は、道徳主義的な反多元性にある。「真の」(道徳的に正しいとされる)人民を排他的に代表している以上、いかなる反対派もその正統な代表ではありえない。異論を認めないこの反多元主義こそが、あらゆる立場に対等な発言権を保障すべき民主主義を脅かす。

アイルランド与党党首に同性愛者 首相選出へ(2017/06/03琉球新報)
【ロンドン共同】アイルランド与党の中道右派、統一アイルランド党は2日、ケニー首相の党首辞任表明に伴う党首選の結果、同性愛者のレオ・バラッカー社会保護相(38)が当選したと発表した。

儀間比呂志さん偲ぶ会 100人が功績たたえる(2017/06/03琉球新報)
沖縄でたくましく生きる人々の姿や豊かな風土を版画や絵で表現し続け、4月11日に他界した儀間比呂志さん(享年94)を偲(しの)ぶ会が2日夜、那覇市久米の県青年会館で開かれた。


新緑の季節、木々の緑と清流との競演(2017/06/03琉球新報)
青森県十和田市の奥入瀬渓流が新緑の季節を迎えている。渓流を代表する景観「阿修羅の流れ」付近では、訪れた人たちが、木々の緑と苔(こけ)むした岩が点在する清流の競演を楽しんでいる。

抗議デモに発砲、7人死亡 カブール、治安部隊(2017/06/03朝日新聞)
アフガニスタンの首都カブールで約90人が死亡した爆発で2日、一向にテロを食い止められない政府に抗議する数百人規模のデモがあり、地元メディアによると、治安部隊がデモ隊に発砲する事態に発展し、少なくとも7人が死亡した。

pagetop

(社説)郷土の資料 歩みを次代に残すため(2017/06/03朝日新聞)
全国の公立図書館で、所蔵するさまざまな「学校史」のページが刃物で切り取られたり、引きちぎられたりしている例が相次いで見つかった。

(ニッポンの宿題)長引くひきこもり 山本耕平さん、中川健史さん(2017/06/03朝日新聞)
学校や職場に行かず、交遊もほぼなく、半年以上家庭に居続ける状態を、厚生労働省は「ひきこもり」と定義しています。

「印象操作」そう言う首相の印象は 加計追及に連呼「議論にならぬ」/「詰められると攻撃的に」分析も(2017/06/03朝日新聞)0610
インターネットの国会の会議録で「印象操作」という言葉で検索をかけると、初登場は2015年3月。同年は4回、16年は8回使われた。

メディア独立性に「脅威」 国連特別報告者、都内で会見(2017/06/03朝日新聞)
 国連の「表現の自由の促進」に関する特別報告者のデービッド・ケイ氏(米カリフォルニア大教授)が2日、日本の「表現の自由」の現状について東京都内で記者会見し、「メディアの独立性が大きな脅威にさらされている」と懸念を示した。

藤井四段20連勝 歴代6位タイ 二つ目のタイトル戦本戦へ 将棋(2017/06/03朝日新聞)
デビュー戦からの公式戦連勝記録を更新し続けている将棋の史上最年少の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が2日、大阪市福島区の関西将棋会館であった棋王戦予選決勝で、澤田真吾六段(25)に勝ち、連勝を「20」の大台に乗せた。

pagetop

パリ協定離脱  米の責任放棄許されぬ(2017/06/03京都新聞)
 米トランプ大統領が温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」から離脱すると発表した。大統領選挙の公約を優先した形だが、世界第2位の温室効果ガス排出国の責任を放棄する暴挙である。

加計問題から感じる「イジメ」の空気。もう自由は死んだのか?(2017.06.01まぐまぐニュース)
「暗黒」の時代を見ているような気がするのは私だけではないはずだ。

生活保護と進学 貧困の連鎖を断ち切れ(2017/06/03東京新聞)
 「誰もが希望すれば、高校にも大学にも進学できる環境を整えなければならない」。安倍晋三首相は言い切る。ならば生活保護家庭に育つ子どもの大学などへの進学の障壁を取り除くことも必要だ。

日本の自殺率はワースト6位 女性では3位 若年層が深刻(2017/06/03東京新聞)
政府は三十日の閣議で二〇一七年版自殺対策白書を決定した。世界保健機関(WHO)のデータベースを基に各国の自殺死亡率(人口十万人当たりの自殺者数)を比べると、日本はワースト六位で、特に女性はワースト三位と高い水準だった。

原発訴訟にふるさと納税1千万円/函館、大間原発の建設差し止め(2017/06/03共同通信)
北海道函館市がふるさと納税制度で、4月から大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟の費用を募り、2日までに寄付が1千万円を超えた。

pagetop

独でロック音楽祭中止/テロ情報受け(2017/06/03共同通信)
【ベルリン共同】ドイツ西部ラインラント・プファルツ州で2日開幕したロック音楽祭「ロック・アム・リング」の主催者は、テロ情報を受け音楽祭を中止したと発表した。

ガラパゴスの悪夢再び。日本車メーカーがテスラに負ける構造上の理由(2017.06.01まぐまぐニュース)
「日本車はガラケーと同じ末路をたどるのか?」を読んで感じたことを、2日続けて書いています。

【加計学園】前川氏の「醜聞リーク」でわかった共謀罪の危険度(2017/06/02まぐまぐニュース)
それにしても、ついこの間まで事務次官のポストにあった人が、オモテに出てくるのはきわめて異例だ。官邸を敵に回す危険性は十分、承知しているだろう。噴き出す怒りのほうが怖れを上回ったということか。

機動隊の排除で市民2人救急搬送 キャンプ・シュワブゲート前(2017/06/02琉球新報)
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古での新基地建設で2日午前、キャンプ・シュワブゲート前では機動隊が市民を排除する中、市民2人が負傷して救急搬送された。

pagetop

各国から反発の声(2017/06/02琉球新報)
【ブリュッセル八田浩輔、パリ賀有勇、ベルリン中西啓介】トランプ米大統領が1日、パリ協定離脱を発表したことで世界各国から反発の声が上がった。

南極の巨大氷棚、間もなく分離 史上最大級の氷山に(2017/06/02CNN)
(CNN) 南極の氷棚の観測を続けている英国の調査団「プロジェクトMIDAS」は、巨大な氷棚が間もなく大陸から分離して、観測史上最大級の氷山が形成される見通しだと発表した。

知る権利を保障せねば「政府の信頼落とす」 公文書管理巡り有識者(2017/06/02東京新聞)
衆院憲法審査会は一日、「新しい人権」を巡り、有識者四人が出席して参考人質疑を行った。新しい人権の一つ「知る権利」に関連し、学校法人「森友学園」を巡る交渉記録破棄など政府の公文書管理が取り上げられ、有識者からは、政府に対して国民の信頼を得る努力を促す意見が出た。

「共謀罪で監視が日常に」 元CIAのスノーデン氏が警鐘(2017/06/02東京新聞)
米国家安全保障局(NSA)による大規模な個人情報収集を告発し、ロシアに亡命中の米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員(33)が一日までにモスクワで共同通信と単独会見した。

「米基地置かれる」と懸念 プーチン氏、北方領土返還なら(2017/06/02朝日新聞)
ロシアのプーチン大統領は1日、北方四島について「日本の主権下に入れば、これらの島に米軍の基地が置かれる可能性がある」と述べ、日米安保条約が適用される現状では日本への返還は難しいとの認識を示した。

pagetop

(教えて!SDGs:11)日本で男女平等、なぜ難しいの?(2017/06/02朝日新聞)
生物学的な性別ではなく、社会的、文化的な性差のことを「ジェンダー」と呼ぶ。ワンオペ育児もまた、ジェンダーに根ざしている。

(声)自衛隊帰国、武力なき貢献目指せ(2017/06/02朝日新聞)無職 田川清(熊本県 69)
南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加していた陸上自衛隊施設部隊の最後の一隊が帰国した。この間一人の死傷者も出さず無事帰国できたことを素直に喜びたい。しかし、


未来の希望 みんなで守る(2017/06/02京都市動物園)
5月11日、待望のツシマヤマネコの赤ちゃんが生まれました! と言っても、母親メイは昨年に続き難産となってしまい、動物病院の先生方の協力を得て、帝王切開で赤ちゃんを取り出しました。

pagetop

<社説>自殺率ワースト6位 悩み苦しむ人救う社会に(2017年5月31日琉球新報)
 自殺死亡率の高さは、社会のひずみの表れではないのか。誰もが幸せを感じ、人生に絶望することなく、希望を持って生きられる社会づくりが急務だ。

カブールで爆発、90人死亡 自爆テロか、400人以上負傷(2017/06/01朝日新聞)
 アフガニスタンの首都カブールで31日午前8時半(日本時間午後1時)ごろ、大きな爆発があった。アフガン治安当局は自動車爆弾による自爆テロとみている。

米、パリ協定離脱方針 温暖化対策に打撃 現地報道(2017/06/01朝日新聞)
トランプ米大統領が地球温暖化対策の新たな国際ルール「パリ協定」から離脱する方針を固めたと31日、米主要メディアが一斉に報じた。

pagetop

加計学園理事の内閣参与、前次官と接触 新学部も話題に(2017/06/01朝日新聞)
安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画について、同学園理事で内閣官房参与にも就いていた木曽功氏(65)が当時の前川喜平・文部科学事務次官と面会していたことがわかった。

原発の集中立地 本当に良きことなのか(2017/06/01東京新聞)
大飯原発は原子力規制委員会の規制基準に「適合」と判断された。だが、それは安全を保証するものではない。電力会社はおろか、自治体にも政府にも科学者にも、安全の保証などしようがないのが原発なのだ。

「9条さわるべきでない」 河野元衆院議長、改憲論を批判(2017/06/01朝日新聞)
自民党元総裁で衆院議長も務めた河野洋平氏が31日、東京都内で講演し、安倍晋三首相が憲法9条を改正して自衛隊の存在を明記する考えを表明したことについて「理解しようがない。9条はさわるべきではない」と批判した。

(特派員メモ パルディス)空っぽの「愛の楽園」(2017/06/01朝日新聞)
イランの首都テヘラン近郊のパルディスを訪れた。「楽園」という意味の街だ。

(声)「9条に自衛隊」賛否問う前に(2017/06/01朝日新聞)無職 土門良悦(宮城県 67)
憲法9条1項と2項を残して3項に自衛隊を規定する、という安倍晋三首相の改憲案について、報道各社の世論調査が出そろった。

『論』 「古希」の第五福竜丸 反核とともに技術伝えよ(2017/06/01東京新聞)
■論説主幹 佐田尾信作 /ここは東京都江東区夢の島の「第五福竜丸展示館」。「魚槽に氷を詰め、赤道直下まで出漁したそうです」。この船の展示後の修復に携わった木造文化財の専門家、日塔(にっとう)和彦の案内で甲板から船内に入れてもらった。

米NASA、初の太陽探査ミッション 来夏開始(2017/06/01CNN)
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を送り込んで太陽の大気を調べる初のミッションを2018年夏から開始する。

(問う「共謀罪」)審議を吟味、音読広がる 臨場感あふれる再現、苦笑いとため息(2017/06/01朝日新聞)
わかりにくい国会の質疑を声に出して読んでみよう――。「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案についての国会議員と大臣、首相らのやりとりを音読する活動に石川県の女性らが取り組んでいる。

pagetop

ロシア、シリア・パルミラに巡航ミサイル ISIS掃討で(2017/05/30CNN)
(CNN) ロシア海軍は31日、シリア中部の古都パルミラ東郊にある過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の拠点を巡航ミサイルで攻撃した。

世界最高強度の物質、3次元に転換成功 実用化へ前進か(2017/05/28CNN)
(CNN) 地球上で最も強度が高い物質とみられている2次元の極薄炭素シート、「グラフェン」の発見から15年。グラフェンは鉄よりもはるかに強度が高いが、建築資材として有用な3次元の物質に転換するのは至難の業とされてきた。

飼い猫と一緒に働ける会社 月5千円の「猫手当」も(21017/05/31朝日新聞)
ビルの二つのフロアにまたがるオフィスでは、計9匹の猫が社員らの仕事を見守っている。けんかを防ぐため、メスは上階、オスは下階。猫と飼い主が離れてしまうこともあるため、3カ月に一度、社員の席替えも行われている。

pagetop

「レイプが怖い」「水も食料も不足」 南スーダンはいま(21017/05/31朝日新聞)
日本の自衛隊が国連平和維持活動(PKO)から完全撤収した南スーダンで、深刻な食糧危機が起きている。民族紛争が全土に飛び火。治安の悪化で農業や畜産業ができなくなり、飢饉(ききん)が広がった。人口約1200万人のうち、約500万人弱の人々が深刻な食料不足に苦しんでいる。

子犬・子猫、流通にひそむ闇 死亡リストを獣医師が分析(21017/05/31朝日新聞)
日本では繁殖から小売りまでの流通過程で約2万5千匹もの犬猫が死んでいる。なぜこれほどの数の犬猫が死ぬのか。朝日新聞はある大手ペットショップチェーンが作成した、仕入れた子犬・子猫の死亡リストを入手した。

(耕論)戦う米ジャーナリズム チャールズ・ルイスさん、アート・カレンさん(21017/05/31朝日新聞)
■国や所属超え、調査報道実る チャールズ・ルイスさん(ICIJ創設者)
偽ニュースがネット上を駆け巡り、大統領は虚偽の発言を繰り返す。「ポスト真実時代」をジャーナリズムは生き残れるのか、どう戦えばいいのか。

(リレーおぴにおん)ジャズと私:2 論理と感性、数学みたい 中島さち子さん(21017/05/31朝日新聞)
 小さい頃から、ピアノを即興で自由に弾くのが好きでした。中学時代に数学にはまったのも、発想の自由さにワクワクしたから。大学は数学科に進みましたが、即興好きが高じてジャズ研究会にはまり、ジャズピアニストに。

画家と写真家が2人展 木村浩子さん、山城博明さん、平和問う(2017/05/31琉球新報)
画家の木村浩子さんと報道カメラマンの山城博明さんが、沖縄の抱えている現状と平和に対する思いを形にした作品展「抗う南風と琉球すみれ 二人展」が30日から、那覇市の県立博物館・美術館の1階県民ギャラリーで開かれている。

pagetop

個人情報保護法  改正で過剰反応が心配(21017/05/31京都新聞)
私たちの個人情報をめぐる大事な動きなので注意しておきたい。きのう施行された改正個人情報保護法である。

「共謀罪廃案を」京都でも広がる 参院審議入り(21017/05/31京都新聞)
国際社会から見た日本の表現の自由とメディアについて講演した藤田さんは「国連特別報告者が『共謀罪』法案について犯罪の対象範囲が広く、監視の強化でプライバシーが侵害されかねないのに国民の保護や救済の措置が盛り込まれていないと指摘したが、政府はまともに答えていない」と解説し、法案の拙速な議論に懸念を示した。

比交戦で死者100人超(2017年05月30日京都新聞)
戒厳令下のミンダナオ島/【マニラ共同】フィリピンのアベリヤ大統領報道官は30日、戒厳令が出されている南部ミンダナオ島マラウイでの政府側とイスラム過激派との交戦で、死者が104人に上ったと明らかにした。

朝鮮半島周辺に米空母2隻 異例の態勢で対北朝鮮圧力(21017/05/31東京新聞)
【ワシントン共同】米海軍当局者は30日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とする原子力空母ロナルド・レーガンが日本時間31日までに日本海に入ったことを明らかにした。

pagetop

米スリーマイル原発閉鎖へ 19年、2号機は炉心溶融(21017/05/31東京新聞)
【ニューヨーク共同】米電力大手エクセロンは30日までに、米スリーマイルアイランド原発で発電を続けていた1号機を2019年9月末までに閉鎖すると発表した。

「総理は言えないから私が言う」 獣医学部新設、首相補佐官から要請(21017/05/31東京新聞)
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡り、前川喜平・文部科学省前事務次官が在職中の昨年九月、和泉洋人(いずみひろと)首相補佐官から学部新設の対応を急ぐよう直接要請されていたことを、三十日に明らかにした。

安倍首相/過去に加計役員「報酬、1年で14万円」参院委(2017/05/30毎日新聞)
安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、自身の1993年の衆院初当選後に数年間、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の役員に就いていたことを認めた。

「共謀罪」人権・環境団体も対象、法相認める 参院審議入り(2017/05/30東京新聞)
 犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案は二十九日、参院本会議で審議入りした。

辺野古新基地:「命の海を壊さないで」 護岸工時続く海上で市民ら反対の声(2017/05/30沖縄タイムス)
米軍キャンプ・シュワブの工事用ゲート前でも新基地に反対する市民らが座り込んで抗議を続けている。午前9時には市民約50人を機動隊員約50人が強制排除。

pagetop

社説[米最新兵器]狭い沖縄で試験、なぜ?(2017/05/30沖縄タイムス)
 開発中の最新兵器の実用化に向けた試験訓練を行う米海兵隊の実験部隊が米軍キャンプ・ハンセンに到着している。

社説 相次ぐ原発再稼働 住民の不安 置き去りに(2017/05/30ヒロシマ平和メディアセンター)
関西電力が今月、高浜原発4号機(福井県高浜町)を再稼働させた。来月上旬には3号機も動かす。

PKO撤収完了 貢献の在り方考えたい(2017/05/30東京新聞)
一九九二年のカンボジアから本格的に始まった日本のPKOは、海外での武力の行使を禁じた憲法九条の下、紛争当事者間の停戦合意や必要最小限の武器の使用など、参加五原則に基づいて派遣されてきた。

pagetop


加計学園「民主政権前向き」 首相答弁 民進「議論のすり替え」(2017/05/30朝日新聞)
民進の野田佳彦幹事長は同日の記者会見で、「議論のすり替えだ。安倍内閣になってからのトップダウン型の国家戦略特区を活用し、長年の友人のために特別扱いしたのとは(話が)全然違う」と反論。

(憲法を考える)自衛隊追記、その先に危うさ 9条改正論 集団的自衛権、新条文で拡大も(2017/05/30朝日新聞)
 安倍晋三首相が打ち出した憲法9条改正論は、9条1項と2項は残しつつ、自衛隊の存在を新たに書き加えるという内容だ。

(社説)「共謀罪」審議 国内外の懸念に応えよ(2017/05/30朝日新聞)
各国のプライバシー保護状況を調査・監視する国連の特別報告者が、法案への懸念を書いた手紙を安倍首相に送った。

(WEBRONZA)学者生命かけて伝えたい(2017/05/30朝日新聞)
「学者としての命をかけるならここだ、そういう覚悟でこの場に立っています」――。

何度も働きかけ、証言 前次官「補佐官の焦り感じた」 加計新学部(2017/05/30朝日新聞)
 前川喜平・前文部科学事務次官が、安倍晋三首相の補佐官から昨年9〜10月に直接、獣医学部新設に向けた手続きを急ぐよう求められていたと証言した。

pagetop

日印原子力協定  「核不拡散」と相いれぬ(2017/05/30京都新聞)
 インドへの原発輸出に道を開く日印原子力協定の承認案が衆院で可決され、協定は締結・発効の見通しとなった。

「7割以上の県民反対だ」 辺野古新基地建設で市民が抗議(2017/05/30琉球新報)
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、キャンプ・シュワブのゲート前では30日午前9時すぎから、石や鉄板を載せたトラックやミキサー車など計43台が基地内に入った。

核なき世界への鍵 5・27から1年 <下> 被爆者の思い 廃絶へ「目覚め」願う(17年5月25日ヒロシマ平和メディアセンター)
「核兵器禁止条約」の交渉経過を知らせるメールに目を通し、条約制定を求める署名運動の戦略を練る。

pagetop

そこが聞きたい/空き家問題 東洋大教授・野澤千絵氏(2017/05/29毎日新聞)
無秩序な宅地開発抑制を/全国に約820万戸の空き家があり、街中に広がるスポンジの穴のように空き家が増える「都市のスポンジ化」が進んでいる。野村総合研究所の予測=1=によると、2033年には3戸に1戸が空き家になる計算だ。

松尾貴史のちょっと違和感/安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚(2017年5月21日毎日新聞)
民進党の福島伸享衆院議員が、まさに安倍昭恵氏と森友学園のズブズブの関係について質(ただ)したのに対し、安倍晋三総理大臣が「ズブズブの関係とか、そういう品の悪い言葉を使うのはやめたほうがいい。それが民進党の支持率に出ている」とまたぞろ、まるで答えにならない答弁をした。

スーダンで医療活動に取り組む川原医師 継続支援の必要性語る(2017/05/29東京新聞)
 アフリカ・スーダンで医療活動に取り組んでいる川原尚行医師(51)の活動報告会が二十七日、北区西ケ原の滝野川会館で開かれた。

首相と党総裁の使い分け(2017/05/29東京新聞)
安倍晋三首相は、自民党総裁でもある。生身の人間を切り分けることはできないが、立場は時に切り替えることができる。あるときは首相として、あるときは党総裁として。歴代の首相は二つの立場を比較的、厳密に使い分けていたように思う。

(政治断簡)恋々としてますが、なにか? 政治部次長・高橋純子(2017/05/29朝日新聞)
個人宅に置き換えてみる。自慢の大きな本棚をダミー本で埋めている家主を、私は信頼できない。だって家主は思っているはず。中身なんてどうでもいい。

pagetop

アボリジニー、格差なお 教育・雇用遅れ、改憲求める声も 先住民の差別撤廃、国民投票50年(2017/05/29朝日新聞)
 オーストラリアで、長く差別の対象とされてきたアボリジニーなどの先住民を「国民」と認めた1967年の国民投票から、27日で50年がたった。ただ今も、健康や教育の面で格差が残る。

(社説)日印原発協定 やはり懸念がぬぐえぬ(2017/05/29朝日新聞)
 核廃絶へ国際社会の先頭に立つ。その使命を負う唯一の戦争被爆国が取るべき行動なのか。

音楽で訴える 「共謀罪」法案(2017/05/29朝日新聞)
「共謀罪」法案を知ってもらおうと、約10組のミュージシャンが28日、東京・新宿で野外音楽イベントを開いた。演奏の合間に民主党政権時の法相らが法案の問題点を説明。足を止め、聴き入る人もいた。

pagetop

子ども食堂支援  枠はめず柔軟に対応を(2017/05/29京都新聞)
 経済や教育面など困難な環境下の子どもたちを支える「子ども食堂」の取り組みが、全国各地で活発化している。

「日本一懐かしい遊園地」るなぱあくが人気 企画続々 (2017/05/28上尾新聞)
 群馬県の前橋市中央児童遊園「るなぱあく」が人気だ。昨年度の遊具の延べ利用者は約146万人で、1954年の開園以降、最多を更新した。

<社説>嘉手納配備増大 住民軽視にもほどがある(2017/05/28琉球新報)
米空軍嘉手納基地に6月1日から、在韓米軍烏山(オサン)基地所属のU2偵察機4機と空軍兵約180人が一時的に配備される。さらに嘉手納基地所属のF15C戦闘機が5月26日、飛行中に重さ2・3キロの部品を脱落させた。

pagetop

社説[辺野古着工1カ月]局面打開へ新たな手を(2017/05/28沖縄タイムス)
 政府が新基地建設に向け名護市辺野古沿岸部を埋め立てる護岸工事に着手して25日で1カ月が過ぎた。キャンプ・シュワブのゲート前では連日、新基地建設に反対する市民の座り込みと、機動隊による強制排除が繰り返されている。

【動画】ダムに沈む霊廟を大移動、重さ1100トン(2017.05.26ナショナルジオグラフィックス)
1万2000年の歴史ある町がダムの底に、ほかにも8遺跡が移設待ち

平和協力 問われる意義 南スーダンPKO撤収完了(2017/05/28東京新聞)
南スーダン国連平和維持活動(PKO)で最後まで現地に残っていた陸上自衛隊十一次隊の田中仁朗(よしろう)隊長を含む約四十人が二十七日、帰国し、今回で約三百五十人全員の撤収が完了した。

世界がびっくり 南京玉すだれ 手軽で華麗「クールジャパン」(2017/05/28東京新聞)
 ♪あ、さて、あ、さて、あ、さてさてさてさて…。軽妙な口上に合わせ、竹製のすだれが次々と形を変えていく。「南京玉すだれ」で知られる日本伝統の芸能が今、静かなブームになっている。

pagetop

首相在任第5位  おごらず異論に耳傾けよ(2017/05/28京都新聞)
安倍晋三首相の在任日数が28日で1981日になった。小泉純一郎元首相を抜き、歴代5位の長さだ。自民党総裁の任期延長も決まり、歴代1位の超長期政権も首相の視野には入っているだろう。だがここに来て、その政治姿勢に不信を募らせる国民も少なくないのではないか。

栃木、初代王者 バスケBリーグ(2017/05/28朝日新聞)
バスケットボール男子のプロリーグ「Bリーグ」は27日、東京・国立代々木競技場でチャンピオンシップ決勝があり、栃木ブレックス(東地区1位)が川崎ブレイブサンダース(中地区1位)を85―79で破り、初代王者に輝いた。

(社説)憲法70年 学問の自由は誰のために(2017/05/28朝日新聞)
 憲法23条は、誰のために「学問の自由」を保障しているのだろうか。直接には「学問をする人」、つまり学者や研究者を対象にした条文だ。

(輝く人)面白いことをまじめに イグ・ノーベル賞受賞者、馬渕清資さん(2017/05/28朝日新聞)
 人を笑わせ、考えさせた研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」を2014年に受賞した北里大名誉教授の馬渕清資さん(66)。バナナの皮が滑りやすいナゾを解き、一躍有名になりました。

(窓)店主を励ます「わすれもの」(2017/05/28朝日新聞)
 東京・亀有の住宅地にある「内山菓子店」。店主の内山吉雄さん(90)は、いつも店のシャッターを1枚だけ開けて、客を待っている。

pagetop

  KIJI LIST backpoint nextNEWS LIST
70
2017/05/28sankaku06/16
freedom

民主主義の荒廃した姿 「共謀罪」法成立 東京社会部長・長谷川玲(2017/06/16朝日新聞)

「共謀罪」法が成立 「私」への侵入を恐れる(2017/06/16東京新聞)

(声)「共謀罪」再び日本孤立の道か(2017/06/15朝日新聞)作家 赤川次郎(東京都 69)

(問う「共謀罪」)国会、どう見る 識者らに聞く(2017/06/15朝日新聞)

(社説)大田さん逝く 「沖縄と日本」問い続け(2017/06/14朝日新聞)

作業員1人の肺から2万2千ベクレル 茨城・原子力機構(2017/06/07朝日新聞)

対米従属国家の「漂流」と「政治的退廃」=特別寄稿・内田樹(2017/06/06毎日新聞)

世界の作家も「共謀罪」NO 国際ペン「表現の自由侵害」(2017/06/06東京新聞)

(問う「共謀罪」 学問の世界から)怒りの抗議、重なるリットン調査団 加藤陽子さん(2017/06/06朝日新聞)

(政治断簡)「自由」を壊す技法とは 編集委員・松下秀雄(2017/06/05朝日新聞)

子犬・子猫、流通にひそむ闇 死亡リストを獣医師が分析(21017/05/31朝日新聞)

「共謀罪」人権・環境団体も対象、法相認める 参院審議入り(2017/05/30東京新聞)

(声)ひどすぎる問答無用の一強政治(2017/05/27朝日新聞)無職 五月女哲夫(神奈川県 69)

加計学園問題「行政ゆがめられた」 前文科次官、文書「確実に存在」(2017/05/26東京新聞)

「共謀罪」衆院通過 戦前の悪法を思わせる(2017/05/24東京新聞)

山田洋次監督「家族はつらいよ2」 免許返納、孤独死… ドタバタ劇に(2017/05/23東京新聞)

(声)「沖縄の縮図」に教わる平和(2017/05/23朝日新聞)

「共謀罪」可決  監視社会招く懸念拭えない(2017/05/21京都新聞)

(声)沖縄は日本の何なのだろう(2017/05/15朝日新聞)主婦 新谷ミサヲ(神奈川県 70)

特集ワイド/没後8年、今こそ清志郎ソング 反戦反核「予言」リアルに(2017/05/10毎日新聞)

(社説)憲法70年 9条の理想を使いこなす(2017/05/04朝日新聞)

(社説)憲法70年 この歴史への自負を失うまい(2017/05/03朝日新聞)

<社説>辺野古県民集会 沖縄は屈しない、諦めない(2017年5月1日琉球新報)

ローマ法王、米朝の緊張に危機感 「多くの人に破滅」(2017/04/30CNN)

チェルノブイリ事故から31年(2017/04/28京都新聞)

(時時刻刻)辺野古強行、迷走の末 沖縄の「分断」図る政権(2017/04/26朝日新聞)

なぜ沖縄ばかり…辺野古埋め立て強行、揺れる市民(2017/04/25朝日新聞)

(日曜に想う)「平和の扇動者」、古びない 編集委員・福島申二(2017/04/16朝日新聞)

(インタビュー)学術と軍事研究 日本学術会議検討委委員長・杉田敦さん(2017/04/13朝日新聞)

(声)「問答無用」はファシズムへの道(2017/04/11朝日新聞)僧侶 鈴木磐(愛知県 75)

(考論 長谷部×杉田)首相官邸「暴走」の底流(2017/04/10朝日新聞)

週のはじめに考える 緊急事態条項という罠(2017/04/09東京新聞)

諫早、止まらぬ税金投入 国の干拓事業、湾閉め切り20年(2017/04/06朝日新聞)

教育勅語 復権など許されない(2017/04/05東京新聞)

「パン屋」怒り収まらず(2017/04/05琉球新報)

芸術とは政治的、声上げるべきだ 映画「ムーンライト」バリー・ジェンキンス監督(2017/04/03朝日新聞)

英離脱通告のEU それでも存在意義あり(2017/04/03東京新聞)

社説[43年ぶり県史「沖縄戦」]研究成果 継承に生かせ(2017/03/30沖縄タイムス)

「高浜」高裁決定 あと戻りしてないか(2017/03/29東京新聞)

軍事研究禁止 学問の自由を守るため(2017/03/28東京新聞)

(社説)森友学園問題 説得力ない首相の説明(2017/03/25朝日新聞)

チャック・ベリーさん死去 米ロックの父、ジョニー・B・グッド(2017/03/20東京新聞)

オランダ総選挙 与党が第1党へ、極右政党は届かず(2017/03/16CNN)

3・11とメディア 福島 もう一つの真実(2017/03/11東京新聞)

3・11とイチエフ廃炉 “非日常”がなおそこに(2017/03/10東京新聞)

今こそ チェーホフ 「人間とは」作品とともに追究(2017/03/09東京新聞)

週のはじめに考える 政治の劣化と安倍一強(2017/03/05東京新聞)

女性議員の数 クオータ制導入しては(2017/03/03東京新聞)

(社説)森友学園 政治家の関与、解明を(2017/03/03朝日新聞)

(政治断簡)多数派のエゴ、その先は 編集委員・松下秀雄(2017/02/26朝日新聞)

豊中の学校用地 払い下げ適正だったか(2017/02/24東京新聞)

(論壇時評)東芝と原発 時代が止まってはいないか 歴史社会学者・小熊英二(2017/02/23朝日新聞)

(社説)豊中の小学校 不可解な点が多すぎる(2017/02/22朝日新聞)

(日曜に想う)「安全のため」奪われる自由 編集委員・大野博人(2017/02/19朝日新聞)

ブルーナさん死去 「ミッフィー」作者 89歳(2017/02/18朝日新聞)

社説[閣僚の資質]国民欺く言動は許せぬ(2017/02/17沖縄タイムス)

社説[首相「5年内困難」]危険性除去放棄するな(2017/02/16沖縄タイムス)

(声)立憲主義を無視する「戦闘」否定(2017/02/15朝日新聞)主婦 山田宏子(神奈川県 78)

 

(声)米国に媚びただけの首脳会談(2017/02/14朝日新聞)非常勤地方公務員 荒川和成(千葉県 65)

(社説)明治150年 歴史に向きあう誠実さ(2017/02/11朝日新聞)

山城さん家族 街頭に 長期勾留に支援者らと釈放訴え(2017/02/11琉球新報)

(社説)PKO日報 国民に隠された「戦闘」(2017/02/09朝日新聞)

<社説>軍事研究助成制度 科学者の決意を示す時だ(2017/02/08琉球新報)

<社説>辺野古海上工事強行 海域破壊取り返せない 県は提訴し対抗策尽くせ(2017/02/07琉球新報)

「沖縄ヘイト」言説を問う(4) 沖縄大非常勤講師・親川志奈子さん(36)(2017/02/07東京新聞

軍事と研究、薄らぐ境界 政府が具体策検討、学者側になお慎重論(2017/02/04朝日新聞)

格納容器内最大530シーベルト(2017/02/02共同通信)

社説 「共謀罪」法案 名称変えても危惧残る(2017/01/30ヒロシマ平和メディアセンター)

(社説)核燃料サイクル 再処理工場を動かすな(2017/01/30朝日新聞)

女性の政治参画  クオータ制導入を急げ(2017/01/29京都新聞)

東京MX「ニュース女子」に対する辛淑玉さん見解(2017/01/27琉球新報)

(社説)施政方針演説 未来を拓くと言うなら(2017/01/22朝日新聞)

<社説>報道立ち入り規制 表現の自由を侵す暴挙だ(2017/01/20琉球新報)

「我々は成し遂げた」 オバマ大統領が残した名言10選(2017/01/19朝日新聞)

台湾の原発ゼロ 福島に学んで、そして(2017/01/17東京新聞)

社説[「共謀罪」提出へ]危うい本質は変わらず(2017/01/16沖縄タイムス)

給付型奨学金  さらなる制度の拡充を(2017/01/15京都新聞)

共謀罪 内心の自由を脅かす(2017/01/14東京新聞)

<社説>台湾原発全廃へ 日本も国民の安全重視を(2017/01/13琉球新報)

オバマ政権8年  未完の「チェンジ」継ぐのは(2017/01/12京都新聞)

共謀罪  人権脅かす懸念拭えぬ(2017/01/11京都新聞)

メルケル首相の新年の挨拶(じゅん / 2017年1月8日みどりの1kWh)

週のはじめに考える 脱炭素化紀元元年(2017/01/10東京新聞)

筆洗/<なんのために生まれて なにをして生きるのか>(2017/01/09東京新聞)

(声)鉄道の廃線、本当にいいのか(2017/01/08朝日新聞)日本語講師 井上由巳子(東京都 75)

 

<社説>共謀罪提出へ 監視招く悪法は必要ない(2017/01/07琉球新報)

年のはじめに考える 平和こそ「希望の光」(2017/01/05東京新聞)

新年を迎えて  分断克服し共存への対話を(2017/01/01京都新聞)

(社説)靖国参拝 「真珠湾」は何だったか(2016/12/28朝日新聞)

(ザ・コラム)残された言葉 日本人は変わったのか 駒野剛(2016/12/29朝日新聞)

<社説>辺野古工事再開 法治国家否定する暴挙だ 政府の虚勢に民意揺るがず(2016/12/28琉球新報)

「この海に基地いらぬ」 オスプレイ事故「海人」変えた 辺野古工事再開(2016/12/28朝日新聞)

ゲバラと広島、つながり今に 革命、共に戦った日系2世を映画化(2016/12/26朝日新聞)

防衛費5兆円超 「節度」なき膨張を憂う(2016/12/24東京新聞)

(声)カジノ、依存症対策のまやかし(2016/12/22朝日新聞)高校教員 稲田智子(長崎県 55)

「もんじゅのため死ぬことなかった」 自殺した職員の妻(2016/12/21朝日新聞)

オスプレイ 飛行再開、理解できぬ(2016/12/20東京新聞)

<社説>日ロ首脳会談 領土進展なしは首相の責任(2016年12月18日琉球新報)

アベノミクスよ、どこへ 理論的支柱の「教祖」が変節(2016/12/13朝日新聞)

カジノ法案 それが「美しい日本」か(2016/12/08東京新聞)

撤収し「9条の貯金」守れ 駆けつけ警護、識者に聞く 水島朝穂・早大教授(2016/12/04朝日新聞)

政治家 行きつけ20選政治資金特集「支出編」(2016/12/01朝日新聞)

暴走は何をもたらすのか(2016/11/30琉球新報)

カストロ前議長死去 ゲリラ率い左翼の「砦とりで」(2016/11/27東京新聞)

(耕論)保護者なき日本 宮台真司さん、白井聡さん(2016/11/25朝日新聞)

「女性活躍」掲げるが… 日本、男女格差111位 賃金・政治進出に遅れ(2016/11/19朝日新聞)

『潮流』 ガリレオの問い掛け(2016年11月17日ヒロシマ平和メディアセンター)

(WEBRONZA)侮蔑語が世界的に広がっている(2016/11/15朝日新聞)

オバマ政権がTPP断念 日本、急ぐ理由失う(2016年11月13日東京新聞)

土人、シナ人……復活する差別語・侮蔑語(2016/11/08朝日新聞WEBRONZA)

週のはじめに考える 若手に研究費をばらまけ(2016/11/06東京新聞)

憲法公布70年 感激を忘れぬために(2016/11/03東京新聞)

(憲法を考える)届かぬ少数者の声 改憲勢力3分の2、問われる民主主義(2016/10/30朝日新聞)

(社説)核禁条約交渉 被爆国が反対とは(2016/10/29朝日新聞)

(社説余滴)イヤな感じの三つの理由 坪井ゆづる(2016/10/28朝日新聞)

福島廃炉費用、年数千億円に(2016/10/25共同通信)

(社説)核燃サイクル 高速炉の虚構を捨てよ(2016/10/23朝日新聞)

(社説)「土人」発言 差別構造が生んだ暴言(2016/10/21朝日新聞)

どアホノミクスへ「最後の通告」 アベクロの天敵 同志社大大学院教授・浜矩子が直言(2016年10月14日サンデー毎日)

新潟新知事 国民的不信の代弁だ(2016/10/18東京新聞)

(異論のススメ)保守とは何か 奇っ怪、米重視で色分け 佐伯啓思(2016/10/07朝日新聞)

(声)自民議員の起立拍手は異様だ(2016/09/29朝日新聞)

廃炉費の転嫁  負担押し付けは筋違い(2016/09/27京都新聞)

(天声人語)シールズの育んだ芽(2016/09/20朝日新聞)

 

 

 

map

bians
バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロット
ユニバーソーリドメモランダム物置小屋らなこる展示室
|ラブソング
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
リンク・県別リンク・世界の国|リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト|  

サイトポリシーサイトマップリンク著作権お問い合わせWORKS

chibikero