このページの最後へ↓

 point
news
130・2019/12/08sankaku
news

米、臨界前核実験を年2回計画 頻度増す、弾頭近代化が目的か(2019/12/23東京新聞)
 米国が2020会計年度(19年10月〜20年9月)から臨界前核実験を年2回実施する方針であることが22日、・・・

ルーマニア革命30年 人口流出2割 将来に影(2019/12/23東京新聞)1201
一九八九年に東欧ルーマニアでチャウシェスク独裁政権を倒した革命から二十二日で三十年を迎えた。

国会「迷答弁」路上に笑い声 全国上映、仕掛けたあの人(2019/12/22朝日新聞)
 意図的に論点をずらして答弁したり、回りくどい説明をしたり――。

空飛ぶクルマ、すでに浮遊成功 「移動革命」へ開発加速(2019/12/22朝日新聞)
人や物を乗せて無人で自動飛行し、垂直離着陸できる電動の「空飛ぶクルマ」。そんな未来の乗り物の開発が、・・・

核汚染、冷戦後も続く日常 キルギス、旧ソ連の秘密都市(2019/12/22朝日新聞)
核の超大国だった旧ソ連には、核兵器製造などを支える広大なネットワークがあった。

page top_____________

上海の名門大、「思想の自由」消えた 復旦大の規約、学生反発(2019/12/22朝日新聞)
中国・上海の名門大学、復旦大学が教育方針や運営方法などを定める規約を改め、理念に掲げていた・・・

日曜に想う)深まる教育格差、40年放置の罪 編集委員・曽我豪(2019/12/22朝日新聞)
 少数意見かもしれないが、最近議論をした自民党の若い議員の幾人かは、大学入試をめぐる今回の政権の対応について極めて本質的な危機感を抱いていた。

page top_____________

週のはじめに考える 大規模広域災害の時代(2019/12/22東京新聞)
東京は世界一安全だが、世界一リスクが大きい。言い換えれば、治安はいいが・・・

真実を救う国 葬る国(2019年12月18日東京新聞)
トランプ米大統領が破り捨てる書類を拾い集め、復元するホワイトハウススタッフの苦労が紹介されていたが・・・

インドの抗議デモ、死者14人に 下敷きの8歳男児も(2019/12/22東京新聞)
【ニューデリー共同】インド北部ウッタルプラデシュ州で21日、移民関連の法改正に対する抗議デモと警官隊が衝突し・・・

page top_____________

<この空の下>寂しさ抱えたまま(2019/12/22東京新聞)
「旦那さん思いの人でした」。今年十月、京成立石駅(東京都葛飾区)でホームから転落し、電車と接触して亡くなった・・・

防衛費最大に 膨張に歯止めかけねば(2019/12/21東京新聞)
日本を含むアジア・太平洋地域では、北朝鮮や中国が軍備を増強するなど、緊張緩和が進んでいるとは言い難い。

憲法の全て 知っておこう 月1回1条ずつ ゴールは8年後?(2019/12/21東京新聞)
日本国憲法の解説本を出版した大工、明良(あきよし)佐藤さん(76)=ペンネーム、栃木県茂木町=が、弁護士らでつくる市民団体とともに、憲法・・・

page top_____________

米宇宙軍が発足、陸海空と並ぶ、 軍拡競争激化の恐れ(2019/12/21琉球新報)
【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、米軍に陸海空などと並ぶ6番目の独立軍として宇宙軍を発足させた・・・

フェイスブック、また個人情報流出か 2億6千万人分(2019/12/21朝日新聞)
 米フェイスブック(FB)から約2億6700万人分の個人名や電話番号の個人情報が外部に流出した可能性が高いことが・・・

ディズニーから風船消えた ヘリウムガス、世界的な異変(2019/12/21朝日新聞)
 風船や病院のMRI(磁気共鳴画像装置)などに欠かせない「ヘリウムガス」が世界的な供給不足に陥っている。

(書評)『オーバーストーリー』 リチャード・パワーズ〈著〉(2019/12/21朝日新聞)
ただしフランス語の題は『樹木―世界』と訳せるもので、もともと「オーバーストーリー」が「樹冠」をあらわす英語だから・・・

page top_____________

(書評)『なぜならそれは言葉にできるから 証言することと正義について』 カロリン・エムケ〈著〉(2019/12/21朝日新聞)
 暴力を受けた人は、自分の身に何が起きたのか、理解することができなくなる。

漫画の「トーン」が絶滅危機 嘆く作家に届いた熱い展開(2019/12/20朝日新聞)
 漫画表現でキャラクターの陰影や背景の装飾に欠かせないトーンの生産が激減している。

「ウチナーンチュと米兵、どちらの気持ちも分かった」 基地の街で育った伝説のバンド「紫」のドラマーが明かした思い コザ騒動から49年(2019/12/20琉球新報)
 【沖縄】街に充満する焼け焦げた臭い、民衆の怒号―。49年前の1970年12月20日、コザ市(現沖縄市)で米軍人が起こした交通事故と米憲兵隊の事故処理に憤慨し

配備地未定でもイージスに129億円 防衛費膨張、5兆3133億円(2019/12/19東京新聞)
 二〇二〇年度予算案の防衛費は、六年連続で過去最大を更新して五兆三千百三十三億円となった。

page top_____________

(社説)伊藤氏の勝訴 社会の病理も問われた(2019/12/20朝日新聞)
ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS記者山口敬之氏を訴えた裁判で、・・・

コンテンツ、文化=経済の象徴 ネット時代、変わる創作物の概念(2019/12/20朝日新聞)
放送や音楽、映画、出版……。文化の世界で日々生まれる創作物を「コンテンツ」と呼ぶ。

障害者から多くを学ぶ ハビエル・フェセル監督 スペイン映画「だれもが愛しいチャンピオン」(2019/12/19東京新聞)
 知的障害者のバスケットボールチームを率いるコーチと選手の奮闘をテーマにしたスペイン映画「だれもが愛(いと)しいチャンピオン」が・・・

page top_____________

ノーベル賞・吉野彰さん会見「環境問題、攻めの姿勢で」(2019/12/20朝日新聞)
リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が20日・・・

(評・映画)「冬時間のパリ」 夫婦2組の行方、粋な会話劇(2019/12/20朝日新聞)
パリの出版関係者が紙からデジタルへの趨勢(すうせい)について語り合う。

社会保障改革 難題と向き合わぬのか(2019/12/20東京新聞)
 政府の全世代型社会保障検討会議が中間報告をまとめた。政権主導の改革を担うはずだが、その推進力は心もとない。

予算、最大の102兆6580億円 景気対策、増税収入超す(2019/12/20東京新聞)
 政府は二十日、一般会計の総額が百二兆六千五百八十億円となる二〇二〇年度予算案を閣議決定した。

安倍首相は「恥を知れ」 イラン大統領訪日抗議デモ―独(2019/12/20時事ドットコム)
【ベルリン時事】20日からのロウハニ・イラン大統領の訪日を前に、・・・

page top_____________

グレタさんの訴え届かず 日本、削減目標引き上げスルー(2019/12/19朝日新聞)
 排出量1位の中国と同3位のインドは11日、ブラジルと南アフリカとともに声明を発表。

(ニュースの顔)アブデルマジド・テブンさん アルジェリア大統領に初当選した(2019/12/19朝日新聞)
「地方の子は泥道を歩いて学校に通っている。しかも学校の食堂に食べ物がない」

(社説)桜を見る会 許されぬ政権の居直り(2019/12/19朝日新聞)
 国民の代表として行政監視機能を担う国会議員の質問を、あまりにも軽んじていないか。

page top_____________

(声)そんなことを閣議決定…ため息(2019/12/19朝日新聞)無職 田原可郎(宮崎県 77)
全閣僚が合意して政府の方針を決める閣議決定は、重要な政策や事柄ばかりだと思っていた。しかし「こんなことまで!?」・・・

ジュゴン、南西諸島で「絶滅寸前」 国際自然保護連合(2019/12/19朝日新聞)
 国際自然保護連合(IUCN)は、日本の南西諸島の海域に生息する哺乳類ジュゴンの地域個体群について、・・・

ウィーン名門バレエ校で喫煙推奨 体形維持求め、虐待の指摘(2019/12/19東京新聞)
【ウィーン共同】ウィーン国立歌劇場付属の名門バレエ学校で、未成年の生徒らに細い体形を維持させるために・・・

フィンランド首相を「レジ係」 内相発言でエストニア謝罪(2019/12/19琉球新報)
【ロンドン共同】バルト3国エストニアのヘルメ内相(70)は17日までに、隣国フィンランドの女性のマリーン首相(34)を「レジ係」と呼んだ上で中傷した。

page top_____________

東海第二原発工事、700億円予算オーバー 回避困難か(2019/12/17朝日新聞)
 日本原子力発電(原電)が運営する東海第二原発(茨城県)で、・・・

核軍縮へ「米ロは対話再開を」 ゴルバチョフ氏、朝日新聞と会見(2019/12/17朝日新聞)
核兵器が増え続けた米ソ冷戦期に初めて核削減へ道筋を付け、・・・

(社説)気候変動会議 これでは未来が危ない(2019/12/17朝日新聞)
 CO2削減量を国際的にやり取りするルールについても合意できず、来年のCOP26に先送りされた。

page top_____________

モスクワ記録的暖冬 サンタ「グレタさん来てほしい」(2019/12/17東京新聞)
モスクワの十二月は通常、日中も氷点下の冷え込みになるが、十八、十九日ごろには五度にまで気温が上がると予想され、・・・

国の借金、戦争末期水準 18年度残高 GDPの2倍(2019/12/17東京新聞)
 日本が抱える借金の規模が太平洋戦争の末期とほぼ同じ水準になっている。

小さな電力を束ねて制御 仮想発電所「VPP」実用化へ(2019/12/16朝日新聞)
 太陽光発電などの再生可能エネルギーが広がるなか、「仮想発電所」(VPP=バーチャルパワープラント)と呼ばれる仕組みが注目されています。

アンナ・カリーナさん死去 「気狂いピエロ」など主演(2019/12/16朝日新聞)
デンマーク出身で、俳優を目指して10代でパリに移る。映画界の鬼才で元夫のジャン・リュック・ゴダール監督の代表作

page top_____________

厚生年金 どの職場にも適用を(2019/12/16東京新聞)
 非正規雇用でも職場の規模に関係なく厚生年金に加入できる。

中国、アーセナル戦の放送を中止 選手がウイグル族弾圧を批判(2019/12/16東京新聞)
 中国中央テレビが15日のサッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナル―マンチェスター・シティーの放送を中止した。

内閣支持率 続落42% 不支持43% 1年ぶり逆転(2019/12/16東京新聞)
政府が二十三日に閣議決定する方針の海上自衛隊の中東派遣については反対が51・5%、賛成は33・7%だった。

「脱トランプ氏で、温室ガス半減」COPで発言したのは(2019/12/15朝日新聞)
 トランプ政権が代われば、米国の温室効果ガスを今後10年間で半分にできる――。

原子力に警鐘、武谷三男の史料発掘 特高検挙時の手記も(2019/12/15朝日新聞)
 原子力など最先端科学技術の安全性に警鐘を鳴らした理論物理学者で思想家の武谷三男(たけたにみつお)(1911〜2000)が10代のころ書いた日記や、戦時中、特高警察に検挙された際の手記などが大量に見つかった。

page top_____________

「亡国感」が襲う台湾 「火の手が家の前に迫っている」(2019/12/15朝日新聞)
 反政府デモが続く香港情勢が、来年1月11日の台湾総統選の様相を一変させている。

ヘイト禁止条例 共生の土台を築くには(2019/12/13東京新聞)
 公共の場所でのヘイトスピーチ(憎悪表現)を罰則付きで禁止する全国初の条例が川崎市議会で成立した。

page top_____________

税制改正大綱 企業に手厚過ぎないか(2019/12/13東京新聞)
二〇二〇年度の与党税制改正大綱が決定した。次世代通信規格(5G)普及やベンチャー投資を行う企業への優遇措置が柱だ。

国連大使、中村哲さんを追悼 「人々に人生ささげた」(2019/12/13東京新聞)
【ニューヨーク共同】日本の石兼公博国連大使は12日、米ニューヨークでの会合であいさつし、・・・

page top_____________

「民主主義踏みにじる行為だ」 辺野古土砂投入から1年 玉城知事、政府を批判 早期の工事中止求める(2019/12/13琉球新報)
 沖縄県の玉城デニー知事は13日の定例記者会見で、政府が辺野古新基地建設を進める・・・

「何で運動場使えないの」 普天間第二小6年の國吉なぎさん 米軍ヘリ窓落下で強いられる苦痛を作文に 米軍機接近のたびに避難(2019/12/13琉球新報)
【宜野湾】「周りの学校は当たり前に運動場が使えるのに、何で普二(ふに)っ子だけが使えないんだろう」。

コクヨ、買収は失敗 ぺんてる株、過半数届かず(2019/12/13朝日新聞)
コクヨは12日、子会社化に向けて過半数の取得をめざしたぺんてる(非上場)の株式について・・・

page top_____________

(社説)安倍政権 道理失う ご都合主義(2019/12/13朝日新聞)
 無理が通れば道理が引っ込むという。道理ある政治を手にするには、理屈にあわぬ政権の説明は見過ごせない。

宅配運転手の過酷な毎日 休めば罰金、倒れて病院行けず(2019/12/13朝日新聞)1201
 クリスマスから年末年始にかけて贈り物需要がピークを迎え、世界中の宅配運転手や配達員は大忙しです。

知らない大人に突然カシャ「怖い」 無断撮影の通報多発(2019/12/11朝日新聞)
街中で子どもが知らない大人から写真を撮られるケースが多発している。「あの写真、何に使われるんだろう」。

page top_____________

九電玄海原発の敷地内で火災 放射性物質漏れなし(2019/12/11朝日新聞)
10日午後4時ごろ、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の敷地内の変電所付近から出火、・・・

国会軽視「ない」尽くし 開かない・示さない・出てこない(2019/12/11朝日新聞)
議論するための委員会を開かない、やりとりを深めるための資料を示さない、・・・

「反社勢力、定義は困難」 政府、答弁書を閣議決定(2019/12/11朝日新聞)
政府が2007年にまとめた指針では、反社会的勢力を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して・・・

(後藤正文の朝からロック)意思引き継ぐひとりに(2019/12/11朝日新聞)
中村哲さんが銃撃されて亡くなった。とてもショックを受けている。

page top_____________

「戦争は地獄の縮図だ」 エチオピアのアビー首相、ノーベル平和賞授賞式(2019/12/11朝日新聞)
エチオピアのアビー首相に10日、ノーベル平和賞が贈られた。

国防費転用の「壁」建設認めず 米南部の地裁、政権控訴へ(2019/12/11琉球新報)
【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州エルパソの連邦地裁は10日、トランプ政権が約36億ドル(約3910億円)の・・・

page top_____________

秘密保護法5年 政府を監視できるよう(2019/12/11東京新聞)
特定秘密保護法の施行から五年。政府は適用対象の行政機関を大幅に減らした。特定秘密の保有実績がないためだ。

菅官房長官「高級ホテル50カ所」発言に被災地は怒り心頭 (2019/12/11東京新聞)
 「ふざけるなって話ですよね。まだ仮設住宅で不便な生活を続けている人もおられるのに…」。

NYでも医師中村哲さんしのぶ 在住アフガン人が追悼集会(2019/12/11東京新聞)
 【ニューヨーク共同】アフガニスタン東部で殺害された非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)をしのび、・・・

チリ空軍機、南極付近で遭難 搭乗38人は絶望か(2019/12/11時事ドットコム)
【サンパウロ時事】南米チリ南端のプンタアレナスから同国の南極基地に向かっていた空軍のC130輸送機が・・・

page top_____________

フィンランド新首相に34歳女性 現職で世界最年少か(2019/12/10朝日新聞)
 北欧フィンランドの新首相に、サンナ・マリン交通・通信相(34)が就任する見通しになった。

アゴ、イリコ…「だし」の違い 小学生が考える身近な海(2019/12/10朝日新聞)
プロジェクトは、海洋問題を多くの人に知ってもらおうと日本財団(東京)が取り組む「海と日本プロジェクト」の一環。

page top_____________

科学の入り口、易しく刺激的に ノーベル賞・吉野さん愛読「ロウソクの科学」(2019/12/10朝日新聞)10日にノーベル化学賞を受賞する吉野彰(あきら)さんが小学生時代に読んだ、英国の科学者ファラデー・・・

 

(社説)臨時国会閉幕 政権の専横を忘れまい(2019/12/10朝日新聞)
 説明責任を顧みず、論戦から逃げ回る。安倍政権の立法府軽視も極まった観がある。

貧困とは…ともに考えた 高校生、ノーベル平和賞・ユヌスさんと対話(2019/12/10朝日新聞)
 そして、京都を訪れたユヌスさんに、府立嵯峨野高校の4人は単刀直入に聞いた。

page top_____________

ウクライナ和平、完全停戦で合意 4国会議、捕虜交換も(2019/12/10東京新聞)
【パリ共同】ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領は9日、パリで初会談し、・・・

石炭火力 なぜ“卒業”できないか(2019/12/10東京新聞)
開催中の気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で日本の石炭火力発電依存が批判を浴びている。なぜ減らせないのだろうか。

page top_____________

温暖化のツケ 干ばつ続く豪州 シドニーさらに給水制限(2019/12/10東京新聞)
【シドニー=共同】記録的な干ばつが続くオーストラリアの最大都市シドニーとその周辺で十日、・・・

海沿いにクマ出没 消波ブロックで横たわり、一夜過ごす(2019/12/08朝日新聞)
 三重県紀北町長島の海岸で8日午後4時ごろ、成獣のツキノワグマが消波ブロックと崖の間で横たわり、動けなくなっているのを、散歩中の町民が見つけた。

デモのグレタさん「権力者はついてこなければならない」(2019/12/08朝日新聞)
現地報道によると、デモには政府情報で1万5千人、主催者発表で約50万人が参加。グレタさんはデモのゴール地点のステージから「権力を持つ人々は私たちについてこなければならない。

page top_____________

帰らぬ愛犬…わかっていた 北海道、ある軍用犬の物語(2019/12/08朝日新聞)
1939年。当時映画館で本編の合間に上映されていた子ども向けニュース映画「アサヒコドモグラフ」は、犬たちが中心の行進の模様を伝えた。

中村哲さん、福岡に帰郷 NGO会長「全て継ぐ」(2019/12/09東京新聞)
 アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)の遺体が9日朝、羽田空港から遺族と共に福岡空港に到着した。

香港「80万人」デモ 抗議半年 区議選後で最大規模(2019/12/09東京新聞)
【香港=浅井正智】香港の中心部で八日、民主派団体主催の大規模デモが行われ、普通選挙の実現など「五大要求」を政府に突きつけた。

NZ火山島が噴火、複数行方不明 50人が観光、負傷者も(2019/12/09東京新聞)
【シドニー共同】ニュージーランド北島沖にある火山島ホワイト島が9日、噴火した。

page top_____________

山谷が愛した、癒やし犬 まりや食堂の「甲斐」 絵本に(2019/12/09東京新聞)
 簡易宿泊所が集まる東京・山谷地区(台東、荒川区)で格安弁当を販売する「まりや食堂」に、労働者たちを癒やし、愛された犬がいた。

雨に負けず阻止訴え 県民大行動 辺野古で750人(2019/12/08琉球新報)
【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設を巡り7日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で「県民大行動」が開かれた。

page top_____________

<社説>照明弾の民間地落下 危険な訓練直ちにやめよ(2019/12/07琉球新報)
 まかり間違えば人命に関わる惨事につながりかねない。米軍に対し危険な演習を直ちにやめるよう強く求めたい。

アフガニスタンで死亡した中村哲医師が沖縄で語ったこと 現地診療所に「オキナワ」 第1回沖縄平和賞受賞(2019/12/04琉球新報)
「私たちの活動を「非暴力による平和の貢献」として沖縄県民の皆さまが認めて下さったことは、特別に意味のあることだと受け止めております」

page top_____________


 

日曜に想う)深まる教育格差、40年放置の罪 編集委員・曽我豪(2019/12/22朝日新聞)

「ウチナーンチュと米兵、どちらの気持ちも分かった」 基地の街で育った伝説のバンド「紫」のドラマーが明かした思い コザ騒動から49年(2019/12/20琉球新報)

障害者から多くを学ぶ ハビエル・フェセル監督 スペイン映画「だれもが愛しいチャンピオン」(2019/12/19東京新聞)

(社説)桜を見る会 許されぬ政権の居直り(2019/12/19朝日新聞)

(社説)気候変動会議 これでは未来が危ない(2019/12/17朝日新聞)

(後藤正文の朝からロック)意思引き継ぐひとりに(2019/12/11朝日新聞)

貧困とは…ともに考えた 高校生、ノーベル平和賞・ユヌスさんと対話(2019/12/10朝日新聞)

石炭火力 なぜ“卒業”できないか(2019/12/10東京新聞)

桜を見る会疑惑 逃げ切りは許されない(2019/12/07東京新聞)

広がる格差、ある家族の物語 「家族を想うとき」ケン・ローチ監督(2019/12/06朝日新聞)

pagetop

中村哲さん死亡 憲法の理念を体現した(2019/12/05東京新聞)

週のはじめに考える 見えぬものを観る勇気(2019/12/01東京新聞)

ローマ教皇 東日本大震災被災者との集い「私たちに最も影響する悪の一つは、無関心の文化です」(2019/11/26東京新聞

誰もが作家、地獄の予兆 想像できないノイジーな世界へ(2019/11/26朝日新聞)

ローマ教皇、核廃絶訴え 「核の威嚇に頼り、平和提案できるか」 長崎・広島で(2019/11/25朝日新聞)

週のはじめに考える ミイラ取りの未来(2019/11/24東京新聞)

pagetop

英の監督、原爆の子の像に千羽鶴 佐々木さんの人生映画に(2019/11/23琉球新報)

(政治季評)サッチャーとメルケル 共通する三つの内的資質 豊永郁子(2019/11/21朝日新聞)

(多事奏論)政治と想像力 「当事者」に頼るだけですか? 高橋純子(2019/11/20朝日新聞)

「赤狩り」で失った映画出演 102歳元俳優が憂える今(2019/11/19朝日新聞)

(時時刻刻)桜を見る会、収拾図る首相 異例の取材対応、招待者の増加「反省」(2019/11/16朝日新聞)

議事堂が史上初の浸水被害、気候変動対策否決の直後に ベネチア(2019/11/15CNN)

pagetop

アンジーは心躍る「歴史上、最も人々の関係が深い時代」(2019/10/22朝日新聞)

再生エネルギー、24年に5割増 IEA予測、太陽光発電がけん引(2019/10/21東京新聞)

「消されるかも」で撮り始めた 監督が見たアリ地獄企業(2019/10/21朝日新聞)

バンクシー、ネット販売 デザインに作品使用 「金持ち購入控えて」(2019/10/19東京新聞)

(評・映画)「“樹木希林”を生きる」 希代のプロに、無謀に挑んだ(2019/10/18朝日新聞)

15歳の新星ガウフ、トゥンベリさんの活動から刺激(2019/10/18時事ドットコム)

pagetop

「関電と縁切りたい」金品受領問題、営業現場にも影(2019/10/18朝日新聞)

(声)アビイ・ロードが運ぶ50年(2019/10/17朝日新聞)木工ひき物業 秋山正義(東京都 69)

(多事奏論)自由と萎縮 ありもしない危機?ご冗談を 高橋純子(2019/10/16朝日新聞)

タワマンで目覚めた階級意識 格差、広がる自己責任論(2019/10/15朝日新聞)

関電にみるトップとムラの絆 もはや「反経済的勢力」?(2019/10/15朝日新聞)

科学の扉)炭素、新しい形を求めて リング・結び目・土星形…、美が宿す可能性(2019/10/14朝日新聞)

(日曜に想う)フランスの沈黙、破った大統領 編集委員・大野博人(2019/010/13朝日新聞)

核廃絶求める1千万筆超、提出 ヒバクシャ国際署名「機運高めたい」(2019/10/12朝日新聞)

pagetop

(声)納得できない首相所信表明(2019/10/11朝日新聞)

ノーベル化学賞 「ET革命」を目指して(2019/10/10東京新聞)

安倍首相答弁 まるで人ごとのようだ(2019/10/09東京新聞)

物理学賞、太陽系外の惑星を発見 宇宙研究3氏に(2019/10/07東京新聞)

気候デモ「185カ国760万人」 主催NGO発表 グレタさんも参加(2019/09/30朝日新聞)

常連さんゴメン、もう限界…消費増税複雑で老舗続々閉店(2019/09/30朝日新聞)

週のはじめに考える さあ、本屋に行こう(2019/09/29東京新聞)

関電不正 原発マネーの闇を暴け(2019/09/28東京新聞)

pagetop

関電20人に金品3.2億円 岩根社長「一時的に保管」(2019/09/27朝日新聞)

福島第1汚染水毎時3シーベルト(2019/09/27京都新聞)

環境少女グレタさん、中傷に反論 子供嘲笑「理解できない」(2019/09/26東京新聞)

戦争に使われる 子ども守れていない 平和賞・ムラドさん講演(2019/09/25東京新聞)

「絶滅の始まりなのに経済の話ばかり」 グレタさん怒りの演説 気候行動サミット(2019/09/24東京新聞)

考古学で世界最大級 来年開館、大エジプト博物館の全容(2019/09/23朝日新聞)

<社説>温暖化若者一斉デモ 気候危機に関心と行動を(2019/09/23琉球新報)

pagetop

週のはじめに考える 「自由」の自由取り戻す(2019/09/22東京新聞)

(日曜に想う)嘆くことさえ操られる人形たち 編集委員・大野博人(2019/09/22朝日新聞)

憲法変えようとする人 怪しいと思え れいわ・山本代表インタビュー(2019/09/22東京新聞)

(インタビュー)AIが支配する世界 ヘブライ大学教授・歴史学者、ユヴァル・ノア・ハラリさん(2019/09/21朝日新聞)

pagetop

東電旧経営陣に無罪 「人災」の疑問は残る(2019/09/20東京新聞)

(社説)軍事研究 「ノー」の意識広く深く(2019/09/19朝日新聞)

不屈の政治家カメジローの存在感 12分に込めた生き様(2019/09/18朝日新聞)

敬老の日に考える 「物語」を召しあがれ(2019/09/16東京新聞)

pagetop

首相特命ポスト乱立 兼務ばかり 本気度に疑問符(2019/09/13東京新聞)

「スイミー」「あおくんときいろちゃん」…人気絵本、誕生の舞台裏は 「みんなのレオ・レオーニ展」(2019/09/10朝日新聞)

トランプ氏の環境政策批判 ミック・ジャガーさん(2019/09/09琉球新報)

pagetop

大谷翔平、今季初4番弾は172キロ&高さ34Mのムーンショット! 復活17号は15戦ぶり弾(2019/09/08フルカウント)

2度捨てられ、ヨレヨレだった公園の猫 家猫として生きていた | sippo(シッポ)

(インタビュー)性暴力が無罪になる国 弁護士・角田由紀子さん(2019/09/06朝日新聞)

(インタビュー)入管、長期化する収容 弁護士・児玉晃一さん(2019/09/05朝日新聞)

ミクロ界のミケランジェロ、トルコの極小芸術家(2019/09/05時事ドットコム)

pagetop

週刊ポスト謝罪、抜け落ちる議論 「断韓」特集に作家は(2019/09/04朝日新聞)

(後藤正文の朝からロック)従う、従わないの手前で(2019/09/04朝日新聞)

「平均値」はもう限界 格差広がる日本に新指標のススメ(2019/09/04朝日新聞)

法王、気候変動阻止目指し「ライフスタイルの変更」呼び掛け(2019/09/03時事ドットコム)

pagetop

旧東独の右傾化 不満の行き先が心配だ(2019/09/03東京新聞)

早世した静岡の画家 スペインでの個展に驚きの31万人(2019/09/01朝日新聞)

(書評)『専門知は、もういらないのか 無知礼賛と民主主義』 トム・ニコルズ〈著〉(2019/08/31朝日新聞)

pagetop

柏崎刈羽の廃炉 約束になっていない(2019/08/30東京新聞)

楽曲と織りなす「人間賛歌」 「ロケットマン」エルトン・ジョンの半生描く(2019/08/29東京新聞)

<社説>日米貿易交渉合意 国力かさに押し切られた(2019/08/28琉球新報)

pagetop

(日曜に想う)赤裸々な「私」のディストピア 編集委員・福島申二(2019/08/25朝日新聞)

火星に「ローリング・ストーンズ・ロック」 岩石、NASAが命名(2019/08/25東京新聞)

pagetop

火災・伐採、縮むアマゾン 政権は開発優先、焼失面積8割増 ブラジル(2019/08/24朝日新聞)

エルトン・ジョンから勇気感じて=英映画「ロケットマン」監督語る(2019/08/22時事ドットコム)

pagetop

大谷翔平、初のシーズン100安打に王手! 5の3、今季8度目“猛打賞”で大台目前(2019/08/21フルカウント)

(社説余滴)消えぬ記憶を絵に残す 高木智子(2019/08/18朝日新聞)

俳優ピーター・フォンダさん死去 米映画「イージー・ライダー」(2019/08/17東京新聞)

pagetop

天皇と靖国神社 不参拝の姿勢は重い(2019/08/17東京新聞)

終戦の日の言葉から 令和も不戦受け継いで(2019/08/16東京新聞)

終戦の日も空襲があった 「神風日本」信じた少年の記憶(2019/08/15朝日新聞)

終戦の日に考える 憲法の下 令和は流れる(2019/08/15東京新聞)

pagetop

「森友」捜査終結 幕引きも忖度なのか(2019/08/14東京新聞)

「大学にヘリが落ちた」煙、悪臭の方向に急ぐ 現場は米軍が封鎖、県警を排除 15年前に沖縄で起きたこと(2019/08/13琉球新報)

pagetop

<つなぐ 戦後74年>「プーク」90周年 戦禍をくぐった人形劇団(2019/08/12東京新聞)

週のはじめに考える 強制隔離に抗った医師(2019/08/11東京新聞)

(書評)『人権の世界地図』 アンドリュー・フェイガン〈著〉(2019/08/10朝日新聞)

市長「日本、核廃絶主導を」 首相、核禁条約に言及せず 広島、原爆投下から74年(2019/08/07朝日新聞)

(社説)あいち企画展 中止招いた社会の病理(2019/08/06朝日新聞)

「文化の独立性汚した」 あいちトリエンナーレ出展者(2019/08/06東京新聞)

pagetop

また謎のクジラ大量打ち上げ、20頭死ぬ アイスランド(2019/08/05時事ドットコム)

「アビイ・ロード」再発売へ ビートルズ、50周年記念(2019/08/03東京新聞)

異例のヒット、中国SF「三体」 科学の未来信じる作者(2019/08/02朝日新聞)

干された山本太郎氏、腐れ縁断った…れいわ現象に識者は(2019/08/02朝日新聞)

駅前にビートルズ大学 「抱きしめたい」の衝撃を講義(2019/08/01朝日新聞)

三鷹事件 司法は闇に目をつぶる(2019/08/01東京新聞)

pagetop

辺野古反対を世界的な運動に ドイツ平和団体が連帯呼び掛け(2019/08/01東京新聞)

小惑星が地球にニアミス 25日に、直前まで観測されず(2019/07/30東京新聞)

フジロックに玉城デニー沖縄県知事が出演 ギターでボブ・ディラン演奏も 「沖縄」をテーマにトーク(2019/07/29琉球新報)

政権批判で?テレビ番組PRゼロ 映画「新聞記者」 「忖度」ニモマケズヒット!(2019/07/26東京新聞)

<社説>首相演説でやじ排除 警察は公平中正堅持せよ(2019/07/25琉球新報)

pagetop

原爆写真、初公開に反発 米政権、日本の世論警戒(2019/07/24東京新聞)

政治語ったあの夜から 石田純一さん「ご覧の通りです」(2019/07/23朝日新聞)

自民、1人区「10敗」の波紋 参院選(2019/07/23朝日新聞)

pagetop

(日曜に想う)期待を語れず不安を管理する政治 編集委員・大野博人(2019/07/21朝日新聞)

「思考を解き放て」 テクノの先駆者ジェフ・ミルズ(2019/07/19時事ドットコム)

「誰一人取り残さない」社会へ 沖縄県がSDGsに関する有識者会議設置を発表(2019/07/19琉球新報)

pagetop

マイケル没後10年 軽やかに“壁”を越え(2019/07/18東京新聞)

次期EU委員長に独国防相 初の女性、欧州議会が承認(2019/07/17琉球新報)

(多事奏論)「議論」という言葉 首相の「売り文句」を奪い返せ 高橋純子(2019/07/17朝日新聞)

pagetop

袋に何十羽も詰められ、捨てられ…「傷ついた闘鶏を助けたい」 沖縄・東村の男性が保護(2019/07/16琉球新報)

たとえ干されようとも いだてん俳優、覚悟の政治発言(2019/07/15朝日新聞)

国民的バンドを解散、僕は芸能界から消えた 知った裏話(2019/07/15朝日新聞)

沖縄のジュゴン死骸来週にも解剖(2019/07/14京都新聞)

pagetop

週のはじめに考える ステルスなる世の中よ(2019/07/14東京新聞)

(多事奏論)米社会とメディア 「トランプ慣れ」という病 沢村亙(2019/07/13朝日新聞)

はやぶさ2、再着陸 「太陽系の歴史のかけら手にした」(2019/07/12東京新聞)

pagetop

 

 

↑このページの最初へ


自然エネルギーへ

今や自然エネルギーを有効に使えるだけの科学力があります。原発を完全に無くし、化石燃料をなるだけ減らして行くことが未来に対する人類共通の責任です。


bians


フリーダム
dream & harmony


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS

 

 

カウンター