bars60

topmap2

作曲家 演奏家 指揮者 画家
文学 哲学 科学 先住民

 

Support Wikipedia

科学010203
<科学2>

レオンハルト・オイラー
(Leonhard Euler, 1707年4月15日 - 1783年9月18日)は数学者・物理学者であり、天文学者(天体物理学者)である。フェルマー以降進展がなかった整数論において、ラグランジュの出現まではほとんど一人で研究し続け、二次形式や原始根、フェルマーの小定理の拡張など、部分的ではあるが広大な結果を残した。

ジャン・ル・ロン・ダランベール
Jean Le Rond d'Alembert、1717年11月16日 - 1783年10月29日)は、フランスの哲学者、数学者、物理学者。ディドロとともに『百科全書』の責任編集者となり、その刊行(1751年)にあたっては序論を執筆した。

ヘンリー・キャヴェンディッシュ
(Henry Cavendish, 1731年10月10日 − 1810年2月24日)は、イギリスの化学者・物理学者である。1797から1798年にかけて、いわゆる「キャヴェンディッシュの実験」を行い、地球の比重を測定し、その結果を1798年に発表した。

ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
(Joseph-Louis Lagrange, 1736年1月25日 - 1813年4月10日)は、イタリアのトリノで生まれフランスで活動した数学者、天文学者である。オイラーと並んで18世紀最大の数学者といわれている。またマリー・アントワネットの数学教師でもあり、「なぜ私が残されたのかわからない」と彼女やラヴォアジエの処刑を嘆き、一生苦しんだ。


ウィリアム・ハーシェル
(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 - 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ハーシェルは音楽に携わるうちに次第に数学にも興味を抱くようになり、さらに天文学も学ぶようになった。1773年頃から本格的に天文学に携わり、自ら望遠鏡を製作し始め、天文学者のネヴィル・マスケリンと面識を得るようになった。


ピエール=シモン・ラプラス
(Pierre-Simon Laplace, 1749年3月23日 - 1827年3月5日)は、フランスの自然科学者、数学者、物理学者、天文学者。これから起きるすべての現象は、これまでに起きたことに起因すると考えた。ある特定の時間の宇宙のすべての粒子(原子のこと)の運動状態が分かれば、これから起きるすべての現象はあらかじめ計算できるという考え方である。

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
(Pierre-Joseph Redoute、1759年7月10日 - 1840年6月20日)は、南ネーデルラント出身のベルギーの画家、植物学者。「バラの画家」として知られる。 ユリやバラなどの植物を描いた博物画を多く残しており、「花の画家」「バラの画家」と呼ばれている。

ジョゼフ・フーリエ
Jean Baptiste Joseph Fourier1768年3月21日 - 1830年5月16日)は、フランスの数学者・物理学者。フーリエは1768年3月21日に、フランス中部、ヨンヌ県のオセールで仕立屋の9番目の息子として生まれた。8歳のときに父親の死去によって孤児となり、地元のベネディクト派司教のもとへあずけられた。

トマス・ヤング
(Thomas Young, 1773年6月13日 - 1829年5月10日)はイギリスの物理学者。また視覚の研究から光学の研究にむかい、光の干渉現象を再発見して(ヤングの実験)光の波動説を主張した。音楽では、鍵盤楽器の調律法のひとつであるヤング音律(ヴァロッティ=ヤング音律とも呼ばれる)を1799年に考案し、翌年発表した。

ハンス・クリスティアン・エルステッド
(Hans Christian Orsted:1777年8月14日 - 1851年3月9日)はデンマークの物理学者、化学者である。電流が磁場を形成することを発見し、電磁気学の基礎を築いた。1796年には美学と物理学の論文が賞を受賞している。1799年、イマヌエル・カントの哲学を扱った論文 "The Architectonicks of Natural Metaphysics" で博士号を取得した。

アンリ・ナビエ
(Claude Louis Marie Henri Navier、1785年2月10日- 1836年8月21日)は、フランスの数学者、物理学者。流体力学における基礎方程式、ナビエ-ストークス方程式に名前を残している。

マイケル・ファラデー
(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イングランド人の化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。1845年、ファラデーは多くの物質が磁場に対して弱く反発することを発見し、その現象を反磁性 (diamagnetism) と名付けた。

カール・アドルフ・フォン・バセドウ
(Carl Adolph von Basedow、1799年3月28日 - 1854年4月11日)はドイツの医師。バセドウ病の発見者として知られる。1840年には後にバセドウ病と呼ばれることになる症例を報告。晩年、解剖中に紅斑熱に感染し、1854年、息を引き取った。

ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット
(William Henry Fox Talbot、1800年2月11日 - 1877年9月17日)は写真技術の先駆者の一人で、カロタイプと呼ばれる初期の写真を発明した人物。政治家、考古学者、語源学者でもあった。イギリス人。

ハインリヒ・レンツ
(Heinrich Friedrich Emil Lenz, 1804年2月12日 - 1865年2月10日)は、1833年のレンツの法則で有名なエストニアの物理学者。1833年、「磁界の変化によってコイルに発生する起電力はコイルを貫く磁力線の変化に比例し、発生する電流の向きは磁力線の変化を妨げるような向きとなる」というレンツの法則を発見し、1842年にジュールの法則をジュールとは別に発見した。

チャールズ・ダーウィン
(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)はイギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。エディンバラ大学で医学、ケンブリッジ大学でキリスト教神学を学んでいるときに自然史への興味を育んだ。

ユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー
(Julius Robert von Mayer, 1814年11月25日 - 1878年3月20日)は、ドイツの物理学者。マイヤーは、物体の運動や熱、電気といった現象の原因となるものを考え、それを「力」と呼んだ。そして、その「力」の量は常に一定であり、消滅することはないと主張した。

ルイ・ピエール・グラチオレ
(Louis Pierre Gratiolet、1815年7月6日 - 1865年2月16日)はフランスの解剖学者、動物学者。歴史上初めて大脳を5つの脳葉(前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉、島葉)に分けて記述した。

ジョセフ・ダルトン・フッカー
(Sir Joseph Dalton Hooker, 1817年6月30日- 1911年12月10日)は、イギリスの植物学者である。南極、インド、シッキム地方などを調査し多くの植物標本を収集した。1873年から1878年の間ロンドン王立協会の会長を務めた。


マックス・フォン・ペッテンコーファー
(Max Josef von Pettenkofer、1818年12月3日 - 1901年2月9日)は、ドイツ(バイエルン王国)の衛生学者、化学者。姓はペッテンコーフェルとも表記される。化学的手法を用いて衛生学の発展に寄与し、ミュンヘン大学にドイツ初の衛生学講座を設立してその教授を務めた。「近代衛生学の父」「環境医学の父」「実験衛生学の父」とも呼ばれる。


アルマン・フィゾー
(Armand Hippolyte Louis Fizeau, 1819年9月23日−1896年9月18日)は、フランスの物理学者。地上で初めて光速度を測定したことを始め、光学における業績がある。物理学史上有名なのは1849年に回転歯車を用いて光速度の測定を行なった野外実験である。彼の得た値は313000km/sであった。

フローレンス・ナイチンゲール
(Florence Nightingale、1820年5月12日 - 1910年8月13日)は、イギリスの看護婦、社会起業家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の生みの親。病院建築でも非凡な才能を発揮した。クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。

ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー
Rudolf Ludwig Karl Virchow, 1821年10月13日、- 1902年9月5日、ベルリン)はドイツ人の医師、病理学者、先史学者、生物学者、政治家。白血病の発見者として知られる。姓は「フィルヒョー」と表記することもあり。彼は細胞病理学、比較病理学(人間と動物に共通する疾患の比較)、人類学の基礎を作った。

グレゴール・ヨハン・メンデル
Gregor Johann Mendel、1822年7月20日[1] - 1884年1月6日)は、オーストリア・ブリュン(現在のチェコ・ブルノ)の司祭。植物学の研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見したことで有名。遺伝学の祖。

ジャン・アンリ・ファーブル
(Jean-Henri Casimir Fabre、1823年12月21日 - 1915年10月11日)はフランスの生物学者である。昆虫の行動研究の先駆者であり、研究成果をまとめた『昆虫記』で有名である。同時に作曲活動をしたことでも知られ、数々の曲を遺し、プロヴァンス語文芸復興の詩人としても活躍している。

ロータル・マイヤー
(Julius Lothar Meyer、1830年8月19日 - 1895年4月11日) は、ドイツの化学者・医師。元素の周期表の作成をメンデレーエフとほぼ同時に行った。1857年に血液中のヘモグロビンが酸素と結合することを発見した。

ジェームズ・クラーク・マクスウェル
(James Clerk Maxwell、1831年6月13日 - 1879年11月5日)はイギリス(スコットランド)の理論物理学者である。マイケル・ファラデーによる電磁場理論をもとに、1864年にマクスウェルの方程式を導いて古典電磁気学を確立した。さらに電磁波の存在を理論的に予想しその伝播速度が光の速度と同じであること、および横波であることを示した。


ドミトリ・メンデレーエフ
Dmitrij Ivanovich Mendelejev、1834年1月27日(グレゴリオ暦2月8日) -1907年1月20日(グレゴリオ暦2月2日))はロシアの化学者であり、元素の周期律表を作成し、それまでに発見されていた元素を並べ周期的に性質を同じくした元素が現れることを確認し、発見されていなかった数々の元素の存在を予言したことで知られている。

ラウラ・バッシ
(Laura Bassi, 1711年10月31日 - 1778年2月20日)はイタリアの女性物理学者。ヨーロッパの大学で初めて教授となった女性である。ボローニャに、法律家の娘に生まれた。1731年にボローニャ大学の教授に任命された。

トビアス・マイヤー
(Johann Tobias Mayer、1723年2月17日-1762年2月20日)は、18世紀ドイツの地理学者、天文学者、物理学者、数学者である。月の見え方から地上の緯度・経度をもとめるために自作の望遠鏡で正確な月の地図と、月・太陽の距離、運行を示す月・太陽表を作成した。

シャルル・ド・クーロン
(Charles-Augustin de Coulomb、 1736年6月14日 - 1806年8月23日)はフランス・アングレーム出身の物理学者・土木技術者。彼が発明したねじり秤を用いて帯電した物体間に働く力を測定し、クーロンの法則を発見した。

ルイージ・ガルヴァーニ
(Luigi Galvani、1737年9月9日 - 1798年12月4日)はイタリアのボローニャ出身の医師、物理学者である。はじめ神学を学び、本人は教会の聖職者となることを望んでいたが、両親は医者になるよう教育を受けさせた。

アレッサンドロ・ボルタ
(Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta、1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリアの自然哲学者(物理学者)。電池(ボルタ電池)を発明した。(Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta、1745年2月18日 - 1827年3月5日)は、イタリアの自然哲学者(物理学者)。電池(ボルタ電池)を発明した。

ジャック・シャルル
(Jacques Alexandre Cesar Charles, 1746年11月12日 - 1823年4月7日)はフランスの発明家、物理学者、数学者、気球乗り。1783年8月27日、シャルルとロベール兄弟はシャン・ド・マルス公園(現在はエッフェル塔が建っている)で世界初の水素入り気球の飛行試験を行った。

フランツ・ガル
Franz Joseph Gall、1758年3月9日 - 1828年8月22日)は、ドイツの医師。骨相学の創始者とされる。脳の解剖学、神経の生理学を研究し、神経解剖学の進歩に貢献した。1800年ころ、彼は「骨相学」(cranioscopy)という頭蓋骨のかたちから、人格、個々の発達、道徳間隔などを決定づけるという方法を考え出した。

top

ジョン・ドルトン
(John Dalton, 1766年9月6日 - 1844年7月27日)は、イギリスの化学者、物理学者ならびに気象学者。ドルトンは相対原子質量(原子量)の表を出版した。最初の表には、水素、酸素、窒素、炭素、硫黄、リンという6種類の元素が掲載されており、水素原子の質量を1としている。

ジョルジュ・キュヴィエ
Baron Georges Leopold Chretien Frederic Dagobert Cuvier、1769年8月23日 - 1832年5月13日)は、フランスの博物学者である。比較解剖学の大立て者であり、古生物学にも大きな足跡を残した。器官や骨のひとつからも、その動物の全体像が知れると言っている。


アンドレ=マリ・アンペール
(Andre-Marie Ampere, 1775年1月20日 - 1836年6月10日)は、フランスの物理学者、数学者。幼いころから知識欲が強く、数字すら知らないころに小石や干しインゲンとビスケットのかけらを使って複雑な足し算を解いたと言われている。


カール・フリードリヒ・ガウス
Carolus Fridericus Gauss)(1777年4月30日 - 1855年2月23日)はドイツの数学者、天文学者、物理学者である。ガウスはドイツのブラウンシュヴァイクで、煉瓦職人の親方であった父親と、清楚な母親の元に生まれた。算術の教師は彼の才能を見るにつけ、このような天才に自分が教えられることは何もないと言ったそうである。

ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー
(Joseph von Fraunhofer, 1787年3月6日 - 1826年6月7日)は、ドイツの光学機器製作者、物理学者である。太陽光のスペクトルの中のフラウンホーファー線、光学分野のフラウンホーファー回折に名前を残している。ドイツの応用研究と技術移転の機関「フラウンホーファー研究機構」は彼の名前に由来する。

top

ニコラ・レオナール・サディ・カルノー
Nicolas Leonard Sadi Carnot、1796年6月1日 パリ - 1832年8月24日 パリ)はフランスの軍人、数学者、物理学者で、仮想熱機関「カルノーサイクル」の研究により熱力学第二法則の原型を導いたことで知られる。少年時代から、水車のメカニズムなど、科学的な現象に興味を持っていたという。

ウィリアム・ラッセル
(William Lassell、1799年6月18日 - 1880年10月5日)はイギリスの天文学者である。海王星の衛星トリトン、土星の衛星ヒペリオンを発見した。醸造業者として財産を貯え、その財産を天文学の研究に用いた。

クリスチャン・ドップラー
(Johann Christian Doppler, 1803年11月29日 - 1853年3月17日)は、オーストリアの物理学者、数学者、天文学者。オランダ人の化学者・気象学者であるクリストフ・ボイス・バロットが、1845年、オランダのユトレヒトで、列車に乗ったトランペット奏者がGの音を吹き続け、それを絶対音感を持った音楽家が聞いて音程が変化する事で証明した。


ヘルマン・シュレーゲル
(Hermann Schlegel 1804年6月10日 - 1884年1月17日)はドイツの鳥類学者、動物学者。シーボルトらが日本で収集した脊椎動物を研究し、テミンク、デ・ハーンらと『Fauna Japonica 』(日本動物誌)を執筆した。日本産のカエルの一種シュレーゲルアオガエルにはその名が記念されている。


クロード・ベルナール
(Claude Bernard, 1813年7月12日 - 1878年2月10日)は、フランスの医師、生理学者。「内部環境の固定性」と言う考え方を提唱。この考え方は後に米国の生理学者・ウォルター・B・キャノンによって「ホメオスタシス」という概念に発展させられた。

top

アンデルス・オングストローム
(Anders Jonas Angstrom、1814年8月13日-1874年6月21日)はスウェーデンの天文学者、物理学者である。分光学に基礎を築いた一人である。長さの単位オングストローム(1オングストローム=1×10-10m)に名前を残している。

ルドルフ・ウォルフ
(Johann Rudolf Wolf、1816年7月7日 - 1893年12月6日)はスイスの天文学者、数学者である。太陽黒点の研究によって知られる。1848年に太陽活動の度合いを示す指数の計算法、ウォルフ黒点相対数を提案しこれは今日も使用されている。

ジェームズ・プレスコット・ジュール
James Prescott Joule、1818年12月24日 - 1889年10月11日)はイギリスの物理学者。生涯、大学などの研究職に就くことなく、家業の醸造業を営むかたわら研究を行った。ジュールの法則を発見し、熱の仕事当量の値を明らかにするなど、熱力学の発展に重要な寄与をした。病弱であったため正規の学校教育は全く受けず、自宅にて家庭教師について学習を行った。

レオン・フーコー
(Jean Bernard Leon Foucault 、1819年9月18日 - 1868年2月11日)は、フランスの物理学者。フーコーの振り子の実験で知られる。1851年 - フーコーの振り子の実験により地球が自転していることを実験的に証明した。1852年 - ジャイロスコープを発明した。病弱であったため学校には通わず、自宅にて教育を受けた。初めは外科医を志し医学を学んでいたが、アルマン・フィゾーに出会い物理学に転向。

top

ジョン・ティンダル
(John Tyndall、1820年8月2日 - 1893年12月4日)はアイルランドの物理学者、かつ登山家である。物理学者として一般に知られる業績としては、チンダル現象を発見したことである。登山家としてはアルプス山脈5番目の最高峰ヴァイスホルンの初登頂に成功し(1861年8月19日)、また、マッターホルンの初登頂を競った(エドワード・ウィンパーが1865年に初登頂した)。

ヨハン・ロシュミット
(Johann Josef Loschmidt、1821年3月15日 カールスバート近郊プチルン Putschirn(現チェコ・ポチェルニ )- 1895年7月8日)は、オーストリアの化学者、物理学者である。ロシュミットは、1856年気体分子の大きさを求めた。1861年ベンゼンの構造を有名なケクレに先駆けて発見した。

ルイ・パスツール
(Louis Pasteur, 1822年12月27日 - 1895年9月28日、パストゥールとも)は、フランスの生化学者、細菌学者。「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉でも知られる。分子の光学異性体を発見。牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション・低温殺菌法とも)を開発。

アルフレッド・ラッセル・ウォレス
(Alfred Russel Wallace, 1823年1月8日 - 1913年11月7日)は、イギリスの博物学者、生物学者、探検家、人類学者、地理学者。アマゾン川とマレー諸島を広範囲に実地探査して、インドネシアの動物の分布を二つの異なった地域に分ける分布境界線、ウォレス線を特定した。

top

テオドール・ビルロート
(Christian Albert Theodor Billroth, 1829年4月26日 - 1894年2月6日)は、ドイツ出身のオーストリアの外科医。胃癌切除手術に初めて成功した。作曲家ヨハネス・ブラームスの親友でもあった。

エティエンヌ=ジュール・マレー
(Etienne-Jules Marey、1830年3月5日、ボーヌ - 1904年5月16日、パリ)はフランスの生理学者、医師。1867年からコレージュ・ド・フランスで教鞭を執った。1882年、ライフル銃の形をした連続写真撮影機である写真銃を発明し、映画撮影機の原型となった。

ヴィルヘルム・ヴント
(Wilhelm Max Wundt, 1832年8月16日 - 1920年8月31日)は、ドイツの生理学者、哲学者、心理学者。 実験心理学の父と称される。ヴントは、心理学は経験科学であるとし、形而上学を攻撃した。心理学は直接経験の学であると論じている。心理学と物的科学の差別は経験を眺める見地にあるのであって、扱う「経験」の定義そのものが違うのではないとした。

ヨハネス・ファン・デル・ワールス
(Johannes Diderik van der Waals、1837年11月23日 - 1923年3月8日)は、オランダの物理学者。分子の大きさと分子間力を考慮した気体の状態方程式を発見し、1910年にオランダ人として3人目のノーベル物理学賞を受賞した。

top

科学010203
<科学2>

 

 

map

 

birthnew850
バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロット
ユニバーソーリドメモランダム物置小屋らなこる展示室
|ラブソング
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
リンク・県別リンク・世界の国|リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト|  

サイトポリシーサイトマップリンク著作権お問い合わせWORKS