bars60

topmap2

作曲家 演奏家 指揮者 画家
文学 哲学 科学 先住民

 

Support Wikipedia

文学010203
<文学1>

フランソワ・ラブレー
(Francois Rabelais, 1483年? - 1553年4月9日[1])は、フランス・ルネサンスを代表する人文主義者、作家、医師。ヒポクラテスの医書を研究したことで著名となり、次いで中世巨人(ガルガンチュア)伝説に題材を取った、騎士道物語のパロディー物語『ガルガンチュワ物語』と『パンタグリュエル物語』からなる『ガルガンチュワとパンタグリュエル』で知られる。


ミゲル・デ・セルバンテス
(Miguel de Cervantes Saavedra, 1547年9月29日 アルカラ・デ・エナーレス - 1616年4月23日、マドリード)は、近世スペインの作家で、『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』(Don Quijote de la Mancha)の著者として著名。少年時代から、道に落ちている紙切れでも字が書かれていれば手にとって読むほどの読書好きであったが、父の仕事がうまくいかず、バリャドリード、コルドバ、セビーリャと各地を転々とする生活であったので、教育をまともに受けられなかった。


ジョン・バニヤン
(John Bunyan, 1628年11月28日 - 1688年8月31日)は、イギリスの教役者、文学者。『天路歴程』の著者として知られる。1658年、バニヤンは、免許無しで伝道したかどで起訴される。しかし彼は1660年11月にベッドフォードのシルバーストリートにある監獄に収容されるまで、投獄されること無く伝道を続けた。

ジョナサン・スウィフト
(Jonathan Swift、1667年11月30日 - 1745年10月19日)は、イングランド系アイルランド人の諷刺作家、随筆家、政治パンフレット作者、詩人、および司祭。著名な作品に『ガリヴァー旅行記』・『穏健なる提案』・『ステラへの消息』・『ドレイピア書簡』・『書物合戦』・『桶物語』などがある。

ローレンス・スターン
(Laurence Sterne, 1713年11月24日 - 1768年3月18日)は18世紀イギリスの小説家、牧師。未完の長編小説『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』の作者として知られる。大学時代に知り合った友人ハル・スティーヴンソンは裕福な蔵書家で、スティーヴンソンとの交流によって、フランスの滑稽文学やモンテーニュ、セルバンテス、ロック、ラブレーらの著作に親しく接した。

ホレス・ウォルポール
(Horace Walpole, 1717年9月24日 - 1797年3月2日)は、イギリスの政治家、貴族、小説家。ゴシック小説『オトラント城奇譚』で知られる。別荘のストローベリ・ヒルを改築して(工事は1750年頃から数十年にわたった)、自分好みの中世ゴシック風に仕立てたが、これが大変な評判になり、毎日見学者が来るほどであった。1757年からそこに印刷所をもうけ、自作やグレーその他友人の作品を次々と印刷出版した。

コデルロス・ド・ラクロ
(Pierre Ambroise Francois Choderlos de Laclos, 1741年10月18日 - 1803年9月5日)は、フランス・アミアン出身の砲兵士官で、小説『危険な関係』の作者。ラクロは南部フランスの駐屯地での貴族たちの生活をモチーフに、1782年に『危険な関係』(Les Liaisons dangereuses)を著した。当時のアンシャン・レジームと呼ばれた貴族社会の道徳的退廃と風紀の紊乱を活写した内容は、上梓当時は多くの人の顰蹙を買いつつも広く読まれた。

フリードリヒ・マクシミリアン・クリンガー
(Friedrich Maximilian von Klinger、1752年2月17日 - 1835年2月25日)は、ドイツの作家。ゲーテらと交流を持ち、シュトルム・ウント・ドランクの代表的な劇作家として活動。その後経済的に窮乏したため若くしてロシアに渡り、この地で出世を重ね将軍にまでのぼりつめる一方小説などの作品執筆を続けた。主な作品に『双生児』、前述の文学運動の名称のもととなった『シュトルム・ウント・ドランク』などがある。


ジェーン・オースティン
Jane Austen、1775年12月16日 - 1817年7月18日)は、イギリスの小説家。18世紀から19世紀イングランドにおける田舎の中流社会を舞台として、女性の私生活を結婚を中心として皮肉と愛情を込めて描き、その作品は近代イギリス長編小説の頂点とみなされている。


ヨハンナ・ショーペンハウアー
(Johanna Schopenhauer、1766年7月9日 - 1838年4月17日)は、ドイツの小説家。当時のドイツではかなり有名な女流作家であったが、現在では哲学者のアルトゥル・ショーペンハウアーの母として広く知られている。

ルートヴィヒ・ティーク
(Ludwig Tieck、 1773年5月31日-1853年4月28日)はドイツのロマン主義を代表する作家・詩人・編集者。ルートヴィヒ・ティークは1773年5月31日、ベルリンで綱作り職人の子として生まれた。1782年からフリードリヒ・ヴェルダー・ギムナジウムに通い、そこで終生の友ヴァッケンローダーと友誼を結んでいる。その後ハレ大学・ゲッティンゲン大学などで歴史や哲学、新旧の文学を学んでいる。

アヒム・フォン・アルニム
(Achim von Arnim, 1781年1月26日 - 1831年1月21日)は、ドイツの詩人・文学者。ベルリンのギムナジウムへ通い、ハレ大学とゲッティンゲン大学で法律と数学を学んだ。膨大な量の論文を科学雑誌に投稿した。そして兄と共に1801年から1804年までヨーロッパ中を教養旅行に出かけ、1806年から1808年にかけて友人クレメンス・ブレンターノと共に、4巻からなる民族童話集『少年の魔法の角笛』を共同で執筆、そして1808年にロマン主義において重要な『隠者新聞』(Zeitung fur Einsiedler)をハイデルベルクで発刊した。


ベッティーナ・フォン・アルニム
(Bettina von Arnim, 1785年4月4日 - 1859年1月20日)は、ドイツの女流作家・文学者。ドイツロマン主義の最盛期の代表として著名な人物で、また同時代の著名なロマン主義の文学者アヒム・フォン・アルニムの妻でもある。


オノレ・ド・バルザック
(Honore de Balzac 発音例, 1799年5月20日 - 1850年8月18日)は、19世紀フランスを代表する小説家。バルザックの小説執筆スタイルは以下のようなものであった。まずコーヒーを牛飲し、主として夜間に長時間にわたって、何回も推敲を繰り返しながら執筆した。執筆が終わると、疲れをおしてすぐに社交界に顔を出した。バルザックの小説の特性は、社会全体を俯瞰する巨大な視点と同時に、人間の精神の内部を精密に描き、その双方を鮮烈な形で対応させていくというところにある。


アレクサンドル・デュマ・ペール
Alexandre Dumas, 1802年7月24日 - 1870年12月5日)は、フランスの小説家。やがて、元歴史教師でフランス史に造詣が深いオーギュスト・マケと組んで、歴史小説も発表するようになった。当時、新聞各紙は購読者を増やすために小説を連載するようになっており、これに目をつけたデュマは、新聞各紙に、『モンテ・クリスト伯(巌窟王)』、『三銃士』に始まる『ダルタニャン物語』、『王妃マルゴ』、『王妃の首飾り』などを連載し、どれもベストセラーとなった。

プロスペル・メリメ
(Prosper Merimee、1803年9月28日パリ - 1870年9月23日カンヌ)はフランスの作家、歴史家、考古学者、官吏。小説『カルメン』で知られる。画家であり文学者であったレオノール・メリメと画家のアンヌ・メリメの息子として生まれ、プロスペルは法律学を修めると同時に多くの外国語(現代ギリシア語、アラビア語、英語、ロシア語)を学んだ。当時、メリメは地方の「骨董屋」や学識者と数多く文通していた。ポワティエの「東方骨董協会」理事長のシェルジェがその一例で、メリメはこの街で、1850年に解体の危機にあった聖ヨハネの洗礼堂など数多くの遺跡を保全した。

ジョルジュ・サンド
(George Sand、1804年7月1日 − 1876年6月8日)はフランスの女流作家であり、初期のフェミニストとしても知られる。1840年代には政治志向を強め、民主主義・社会主義の思想を懐いてアラゴ、カール・マルクス、ミハイル・バクーニンら政治思想家・活動家と交流した。1848年の2月革命に際しては政治活動に参加したが、その後ノアンに隠棲し執筆に専念した。その後も女性権利拡張運動を主導するとともに文学作品を書き続け、ヴィクトル・ユーゴー、ギュスターヴ・フローベール、テオフィル・ゴーティエ、ゴンクール兄弟ら多くの文学者と友情を結んだ。

アルフレッド・ド・ミュッセ
(Alfred Louis Charles de Musset, 1810年12月11日 - 1857年5月2日)は、フランスのロマン主義の作家。詩、小説、戯曲などを広く手がけた。1833年から1834年にかけてジョルジュ・サンドと交際した。1857年、47歳のとき大動脈疾患と過剰なアルコール摂取により、その短い生涯を閉じた。


ウィリアム・メイクピース・サッカレー
(William Makepeace Thackeray, 1811年7月18日 - 1863年12月24日)は、イギリスの小説家。「パンチ」などに寄稿し、優れた批評眼を養う。上流階級を痛烈に批判した『虚栄の市』で文名を高め、ディケンズと並びヴィクトリア朝を代表する小説家。同時期に並び称されたディケンズが、処女作から常に中・下層の庶民、ことに貧民の側に立って、市井の人情味にあふれる作品を書いたのに対して、中の上といった階級の出身で教育にも恵まれていたサッカレーは自ずと、自分の属する階級の人間性、ことにその腐敗や俗物根性(スノビズム)を痛烈に暴露することに優れていた。


フリードリヒ・ヘッベル
(Christian Friedrich Hebbel、1813年3月18日 - 1863年12月13日)はドイツの劇作家・詩人・小説家。北ドイツ、ホルシュタイン州のヴェッセルブーレンに生まれた。家が貧しかったため独学で教養を身につけ創作を試みた。やがて愛人エリーゼ・レンジングの献身に支えられて処女作『ユーディット』を完成。

テオドール・シュトルム
(Hans Theodor Woldsen Storm、1817年9月14日-1888年7月4日)は、ドイツの法律家、作家。代表作に『みずうみ』『白馬の騎手』など。ドイツ文学における詩的リアリズム(市民的リアリズム)を代表する作家の一人。死の年である1888年に最後の傑作『白馬の騎手』を書き上げた。 フーズムには彼が住んだ家の一軒が、テオドール・シュトルム博物館として保存されており、彼が作品を書いた机、愛用のピアノ、友人達との書簡類などが展示されている。

テオドール・フォンターネ
(Theodor Fontane, 1819年12月30日 ノイルッピン Neuruppin(現在ブランデンブルク州) - 1898年9月20日 ベルリン)は、ドイツの作家(小説、詩)であり薬剤師。彼はドイツの詩的リアリズムを代表するもっとも重要な作家と見なされている。彼の主要な小説の大部分は彼が60歳以降になって書かれたものであり、作中の登場人物たちが抱える生の葛藤に対して、批判的でありながらも愛情にあふれた距離感を示している。

ギュスターヴ・フローベール
Gustave Flaubert 1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、癲癇の発作を起こしたことを機に文学に専念。9歳の頃すでに物語を書くことを試みており、また両親に連れられて観劇に行くと劇作家を夢見て芝居の脚本を書くなどしていた。ルーアンの祭りでは悪魔と戦う聖アントワーヌ(聖アントニウス)の人形芝居に夢中になり、この主題は長く彼の生涯に付きまとうことになる。

アンリ・ミュルジェール
Henri Murger、1822年3月27日 パリ - 1861年1月28日)はフランスの詩人・小説家。アンリ・ミュルジェールはオペラ『ラ・ボエーム』の原作である小説『ボヘミアン生活の情景(Scenes de la Vie de Boheme)』の著者として知られる。この小説はパリの屋根裏部屋で暮らす貧しいボヘミアン作家、画家、音楽家、哲学者らとその恋人達の生活情景を描いたもの。

ジョージ・マクドナルド
(George MacDonald, 1824年12月10日 - 1905年9月18日)は、スコットランドの小説家、詩人、聖職者。日本では、『リリス』などの幻想文学や、『お姫さまとゴブリンの物語』などの児童向けファンタジーの作者として知られる。1850年、ウェスト・サセックス州アランデル(Arundel)で牧師の口を得たが、彼の説教は不人気で、給料を半分に減額された。その後マンチェスターで職を得たが、健康上の理由で辞職。

ジョージ・メレディス
(George Meredith, 1828年2月12日 - 1909年5月18日)は19世紀イギリスの小説家。彼が21歳のとき、詩人トーマス・ラブ・ピーコックの娘メアリー(当時30歳の未亡人)と結婚するが、その9年後に妻メアリーは画家のヘンリー・ウォリスと駆け落ちしてしまう。この体験をもとに『リチャード・フェヴェレルの試練』を書いて小説家として成功した。代表作は1879年に発表された『エゴイスト』。絢爛たるヴィクトリア朝式の文体を駆使して、ウィットあふれる心理喜劇風の作品を多く残した。

ジョゼ・デ・アレンカール
(Jose Martiniano de Alencar、1829年5月1日 - 1877年12月12日)とは、ブラジルのロマン主義文学を代表する文学者である。1829年に北東部のセアラー州、メセジャーナに生まれる。サンパウロ法科大学(現在のサンパウロ大学の前身)に入学した後、1848年にオリンダ大学に転入し、1850年にサンパウロ法科大学を卒業した。

パウル・フォン・ハイゼ
(Paul Johann Ludwig von Heyse、1830年3月15日 - 1914年4月2日)は、ドイツの著名な作家。1910年ノーベル文学賞を受賞。彼は書籍、詩そして60を超える物語を著し、その多さと多様さからドイツ文学界の巨人となっていた。


エミール・ガボリオ
Etienne Emile Gaboriau、1832年11月9日 - 1873年9月28日)はフランスの大衆小説作家。25歳の時週刊紙《ジャン・ディアブル》紙に入社し、アレクサンドル・デュマと知り合う。当時の大衆小説の大家ポール・フェヴァルの秘書として代作をするようになり、その材料を仕入れるために警察やモルグ(遺体置き場)を回り歩き、後に探偵小説を書くようになってからこれらの知識が役に立つことになった。第2作以降の主役である探偵・ルコックは、シャーロック・ホームズなど後世の探偵小説に多大な影響を与えた。


ペドロ・アントニオ・デ・アラルコン
(Pedro Antonio de Alarcon,1833年3月10日 - 1891年7月19日)は、19世紀のスペインの小説家である。1833年、スペインのグラナダに近いグアディスで生まれた。1859年から1860年スペイン・モロッコ戦争に志願兵として参加した。 その記録が『アフリカ戦争の証人の日記』としてまとめられている。スペインの伝承歌謡にもとづく短編小説『三角帽子』(1874年)の作者として知られる。

ウィーダ
(Ouida, 1839年1月1日 - 1908年1月25日)は、イギリス・サフォーク州出身の女性作家。二十歳頃より小説を書き始め、1863年にデビュー作となる『囚れの身となって("Held in Bondage")』を発表して作家活動に入る。代表作に1867年『二つの旗の下に("Under Two Flags")』等。これはこの作家の出世作になっており、後に映画化されている。

マシャード・デ・アシス
(Joaquim Maria Machado de Assis、1839年6月21日 - 1908年9月29日)はブラジルの小説家、詩人、短編作家である。彼の母語はブラジルポルトガル語だったが、初等教育を終えただけの身でありながらも教会で習ったラテン語に加えて英語やフランス語を独学で学び、ウィリアム・シェイクスピア、ディケンズ、ダンテ、ソフォクレス、セルバンテス、ショーペンハウアーなどから影響を受けた。


カール・マイ
(Karl Friedrich May、1842年2月25日 - 1912年3月30日)は、ドイツの小説家。ザクセン州ホーエンシュタイン=エルンストタール出身。貧困の中で育ち、大学中退後に窃盗などにより服役した際に多くの本を読んだことから文学に目覚め、出所後に出版活動を開始。


アナトール・フランス
(Anatole France, 1844年4月16日 - 1924年10月12日)は、20世紀前半のフランスを代表する詩人・小説家・批評家。1881年 長編小説『シルヴェストル・ボナールの罪(Le Crime de Sylvestre Bonnard)』を発表。アカデミー・フランセーズ(Academie francaise)の賞を受賞する。1896年 アカデミー・フランセーズの会員(席次38)に選出される。1921年 ノーベル文学賞を受賞。

フランシス・ホジソン・バーネット
Frances Eliza Hodgson Burnett,1849年11月24日 - 1924年10月29日)は、イギリス生まれのアメリカ合衆国の小説家、劇作家。1886年には『小公子』(Little Lord Fauntleroy)を雑誌『セント・ニコラス』に発表する。児童向けとして書かれた本だったが、母親達に大いに人気を博し、バーネットの次男ヴィヴィアンの髪型を元にした主人公のロングカールの髪型とオスカー・ワイルドの正装を元にしたレースの襟がついたベルベットのスーツが大流行した。

ロバート・ルイス・スティーヴンソン
(Robert Louis Balfour Stevenson、1850年11月13日 - 1894年12月3日)は、イギリスのスコットランド、エディンバラ生まれの小説家、冒険小説作家、詩人、エッセイストである。1882年『新アラビア夜話』を出版した。同年、フランスに家を買ったが、父の病気が悪化したのでボーンマスに移り住んだ。1883年『宝島』を出版、1885年『プリンス・オットー』を出版、1886年『誘拐されて』を出版、同年にはまた代表作の一つである『ジキル博士とハイド氏』を出版した。

ウラジミール・コロレンコ
1853年7月27日(ユリウス暦7月15日) - 1921年12月25日)は、ロシアの短編小説家・ジャーナリスト。1885年に瀕死の農夫が見た不思議な夢を描いた短編『マカールの夢』を発表し、作家としての名声を獲得。その後も『盲音楽師』『川がはしゃぐ』など、人道主義的な立場から、ロシアの民衆や自然を描いた数多くの短編を発表して高く評価された。

フセーヴォロド・ガルシン
Vsevolod Mikhajlovich Garshin、1855年2月14日 - 1888年4月5日)は、ロシアの小説家。作品に『赤い花』『四日間』『信号』などがある。中学を卒業後、工業専門学校に通っていたガルシンは、1877年に開戦した露土戦争が激しくなると従軍を志願してブルガリアなどに赴いた。この戦地での経験や取材を元に、『四日間』や『戦争情景』などの作品を書き上げた。

オスカー・ワイルド
(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の旗手のように語られる。1874年(20歳)、オックスフォード大学モードリン・カレッジ(Magdalen College)に進学し、ジョン・ラスキンの講義を聴き、評論家ウォルター・ペイターのサロンの常連となり、『ルネッサンス』を勉強した。

アイザック・ウォルトン
(Izaak Walton, 1593年8月9日 - 1683年12月15日)は、イギリスの随筆家、伝記作家。"The Compleat Angler"(『釣魚大全』)の著者として有名。53年のロンドン在住中に初版が発行された"The Compleat Angler"(『釣魚大全』)は、その後作者自身とチャールズ・コトンにより増補・改訂が為され、76年にほぼ今の形となった。釣りの楽しみの実践的書物であるとともに、故事伝承・歌・随想なども随所に織りまぜられており、その素朴で味わい深い文章ともあいまって、古くから釣り人のみならず数多くの読者に親しまれてきた。

ハンス・ヤーコプ・クリストッフェル・フォン・グリンメルスハウゼン
Hans Jakob Christoffel von Grimmelshausen, 1621年あるいは1622年 - 1676年8月17日)は、ドイツの作家。彼は10歳のときにヘッセンの軍隊に誘拐され、彼らに囲まれる形で三十年戦争の軍人生活という冒険を味わうこととなった。1668年に17世紀最大のドイツ文学作品と評される『阿呆物語』を出版した。

ダニエル・デフォー
(Daniel Defoe, 1660年 - 1731年4月21日)は、イギリスの著作家、ジャーナリスト。『ロビンソン・クルーソー』を書いたことで有名である。デフォーは有名なパンフレット作者、ジャーナリストとなり、そして、英語での小説が書かれ始めた時期に作家となり、先駆者の一人として知られる。パンフレット作成及び政治的な活動により捕らえられ、1703年7月31日にさらし台にあげられた。

ヘンリー・フィールディング
(Henry Fielding, 1707年4月22日 - 1754年10月8日)は、18世紀イギリスの劇作家、小説家である。小説『トム・ジョーンズ』が代表作で、「イギリス小説の父」と呼ばれる。伯爵家の末裔で、父は軍人であった。イートン校で学んだ後、ロンドンに出て劇作家になり、風刺の効いた芝居を書いて人気を博した。

クリスティアン・ゲッレールト
(Christian Furchtegott Gellert, 1715年7月4日 - 1769年12月13日)はドイツの詩人。ゴットホルト・エフライム・レッシングによってドイツ文学黄金時代を築いた先駆者の一人に挙げられている。文学論に秀で、詩学や倫理学、修辞学において多くの独自スタイルを確立するに至り、1745年よりライプツィヒ大学にて教鞭をとるとともに啓蒙的な創作に従事した。

top

クリストフ・マルティン・ヴィーラント
(Christoph Martin Wieland, 1733年9月5日 - 1813年1月20日)は、ドイツの詩人・翻訳家・作家。ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテやフリードリヒ・シラーなどと並びドイツの古典主義時代において重要かつ大きな影響力を持った人物の一人である。

マルキ・ド・サド
(Marquis de Sade、1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族、小説家。サドの作品は暴力的なポルノグラフィーを含み、道徳的に、宗教的に、そして法律的に制約を受けず、哲学者の究極の自由(あるいは放逸)と、個人の肉体的快楽を最も高く追求することを原則としている。サドは虐待と放蕩の廉で、パリの刑務所と精神病院に入れられた。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ
Joseph Karl Benedikt Freiherr von Eichendorff, 1788年3月10日 - 1857年11月26日)は、ドイツの小説家、詩人。ラチブシュ近くのルボーヴィッツ城生まれ。後期ロマン主義に属する詩人。代表作は、ナポレオン戦争下に書いた『予感と現在』などである。

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール
(Anne Louise Germaine de Stael,1766年4月22日 - 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。スイスの政治家・財政家ジャック・ネッケルの娘として、パリで生誕。幼くして、両親に連れられて、百科全書派の哲学者や文学者の集うサロンに足を運び、彼らから、その才能ぶりを絶賛される。

top


E.T.A.ホフマン
(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann, 1776年1月24日 − 1822年6月25日)はドイツの作家、作曲家、音楽評論家、画家、法律家。文学、音楽、絵画と多彩な分野で才能を発揮したが、現在では主に後期ロマン派を代表する幻想文学の奇才として知られている。小説では自動人形やドッペルゲンガーといった不気味なモチーフを用い、現実と幻想とが入り混じる特異な文学世界を作り出した。


フリードリヒ・フーケ
(Friedrich de la Motte Fouque, 1777年2月12日 - 1843年1月23日)は、ドイツの初期ロマン主義作家、詩人。フーケは軍人を辞めた後、作家に転身し、1811年に『ウンディーネ』を発表した。これは彼の代表作となり、後にドイツで長い間読み継がれることとなる。『ウンディーネ』には別れた最初の妻への想いが込められているため、実に美しくて悲しい物語になったと言われている。1813年に『魔法の指輪』、1814年に『ジントラムの道連れ』を発表した。

スタンダール
(Stendhal、1783年1月23日 - 1842年3月23日)は、グルノーブル出身のフランスの小説家。父の期待を受けて勉学にいそしんだスタンダールは、1799年、優秀な成績で理工科学校の入学試験に合格する。しかし、慣れないパリの生活でノイローゼになり、母方の祖父のアンリ・ガニョンの従兄弟のノエル・ダリュの家に引き取られる。不遇の時代に、スタンダールは1822年、39歳の時に『恋愛論』、1830年に『赤と黒』を発表している。

top


メアリー・シェリー
(Mary Wollstonecraft Godwin Shelley、1797年8月30日 - 1851年2月1日)は、イギリスの小説家。ゴシック小説『フランケンシュタイン』で名を残したが、SFの先駆者と呼ばれたり、あるいは創始者と見なす者も少なくない。1816年5月、メアリーはパーシー・シェリーと駆け落ちし、バイロンやバイロンの友人のジョン・ポリドリ(John William Polidori)らと、スイスジュネーヴ近郊のレマン湖畔のディオダティ荘に滞在していた。天候不順で長く降り続く雨のため屋内に閉じこめられていた際、バイロンが一人一作ずつ小説を書いてみようと提案。バイロンが断片を書き、これに触発されてポリドリがのちに書き上げた小説が『吸血鬼』で、これはバイロン作と宣伝されたため、話題を呼び好評を博することになる。メアリは、その時に得た着想で一年かけて書き上げ、1818年3月11日に匿名で出版された作品が、小説『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメシュース』(Frankenstein: or The Modern Prometheus)である。


アレクサンドル・プーシキン
1799年6月6日(旧暦5月26日) - 1837年2月10日(旧暦1月29日))は、ロシアの詩人・作家。プーシキンは早くから文学に親しみ、また乳母はロシアの民話や民謡に詳しく、彼に影響を与えた。次第に政治色を帯びた詩を発表するようになり、文学的急進派の代弁者となっていった。それを疎んだ政府は、1820年に彼をキシニョフへ送る。1823年にはオデッサに移り住むが、再び政府と衝突し、1824年に両親の住む北ロシア、プスコフ県ミハイロフスコエ村に送られる。


ヴィクトル・ユーゴー
Victor-Marie Hugo1802年2月26日 - 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。ベルギーの首都ブリュッセルに落ち着いたユーゴーは、さっそくナポレオンへの批判を開始した。1852年8月にはブリュッセルでナポレオン3世を弾劾した「小ナポレオン」を出版した。これは1843年の戯曲『城主』の失敗以来10年ぶりの新作であり、以降ユーゴーは再び精力的に執筆を再開する。

エドワード・ブルワー=リットン
Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton, 1st Baron Lytton、1803年5月25日 - 1873年1月18日)は、イギリスの小説家、劇作家、政治家。小説『ポンペイ最後の日』(The Last Days of Pompeii )が代表作として知られ、戯曲『リシュリュー 』(Richelieu; Or the Conspiracy)に登場する文句「ペンは剣よりも強し」 (“The pen is mightier than the sword”)」は名高い。

top

ニコライ・ゴーゴリ
1809年4月1日(ユリウス暦3月20日) - 1852年3月4日)は、ウクライナ生まれのロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナ人。1834年から1835年までペテルブルク大学で歴史を教える。その後、ウクライナ物を集めた『ミルゴロド』や、ペテルブルクを舞台にした『肖像画』、『ネフスキー大通り』、『狂人日記』、『鼻』などの中編小説で文名はいよいよ高まる。1836年の戯曲『検察官』によってその名は広く一般に知られるところとなるが、その皮肉な調子は非難の対象となり、それを避けてゴーゴリはローマへ発った。

エリザベス・ギャスケル
(Elizabeth Cleghorn Gaskell, 1810年9月29日 - 1865年11月12日)は、イギリスの小説家。2010年は生誕200年にあたる。 聡明で善良な性格であったギャスケルは、ディケンズのような個性の強烈さには欠けたが、善意をもって社会問題を捉え、ペーソスとユーモアに満ちた文体によって、特に中流階級の読者を教化することができた。ジョルジュ・サンドは「ギャスケル夫人の作品を読めば、それだけいい人間になることができる」と言っている。

チャールズ・ディケンズ
Charles John Huffam Dickens, 1812年2月7日 - 1870年6月9日)はヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家である。主に下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した。『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』などは、忘れ去られるこのことなく現在でも度々映画化されており、英語圏外でもその作品が支持され続けていることを反映している。

top

ミハイル・レールモントフ
1814年10月15日(グレゴリオ暦)/10月3日(ユリウス暦)−1841年7月27日(グレゴリオ暦)/7月15日(ユリウス暦))は、ロシアの詩人、作家。レールモントフは早くから作品を書いていたが、有名になったのはプーシキンを決闘に追いこんだ宮廷貴族への憎悪に貫かれた詩《詩人の死1837年》以後である。"復讐を、陛下よ復讐を!"との叫びが入ったこの詩は筆写されて流布し、転任の形式でカフカスへ流される原因になったが、カフカスにおいて彼の才能はむしろ開花した。祖母の奔走により1年足らずで首都に戻ることはできたが、危険人物として政府に監視されることになる。

イワン・ツルゲーネフ
1818年11月9日(ユリウス暦10月28日) - 1883年9月3日(ユリウス暦8月22日))は、19世紀ロシアの代表的な小説家の一人。ロシア帝国の貴族。1847年から雑誌に発表された『猟人日記』(1852年)で、貧しい農奴の生活を描き、農奴制を批判したことで逮捕・投獄される。この作品は農奴解放に大きな役割を果たした。その後も、1854年の『ムムー』でも地主のもとで使われる農奴たちの悲劇と精神の解放を描いている。

ハーマン・メルヴィル
(Herman Melville、1819年8月1日 - 1891年9月28日)は、アメリカの作家、小説家。ニューヨーク出身。代表作は『白鯨』など。1840年、捕鯨船アクシュネット号の乗組員となり、翌年太平洋へ航海、きびしい環境に嫌気が差し1842年7月9日、マルケサス諸島のヌクヒーバで仲間と脱走、先住民タイピー族に捕らえられ辛酸をなめる。マルケサス諸島の体験を元に1845年処女作『タイピー』を発表。1850年8月、尊敬する先輩格の文豪ナサニエル・ホーソーンと出会う。翌年『白鯨』を発表するなど精力的に創作活動を続ける。

アン・ブロンテ
Anne Bronte , 1820年1月17日 - 1849年5月28日)は、イギリスの小説家。ヨークシャーのソーントン生れ。彼女とシャーロット、エミリーの最初の作品であった詩集は1846年に出版された。一年後彼女の最初の小説『アグネス・グレイ』は姉エミリーの『嵐が丘』三巻と共に出版された。シャーロットの『ジェーン・エア』が出版されたのはその一ヶ月後であった。

top

フョードル・ドストエフスキー
1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。1846年、処女作『貧しき人々』を批評家のヴィッサリオン・ベリンスキーに「第二のゴーゴリ」と激賞され、華々しく作家デビューを果たす。

ウィルキー・コリンズ
(William Wilkie Collins, 1824年1月8日 - 1889年9月23日)はイギリスの小説家、推理作家、劇作家である。ヴィクトリア朝の人気作家であり、初期の長編推理小説作家として重要である。1860年の『白衣の女』は伝説的な大ヒットとなった。書店には購入を求める人々が列をなし、時の蔵相グラッドストーンがその続きを読みたいがために知人とのオペラ鑑賞をすっぽかしたほどである。


ジュール・ヴェルヌ
(Jules Verne, 1828年2月8日 - 1905年3月24日)は、フランスの小説家。H・G・ウェルズとともにSFの開祖として知られ、SFの父とも呼ばれる。フランス西部ペイ・ド・ラ・ロワール地方のナントで生まれる。家はロワール川の中州の一つであるフェイド島にあり、子供時代はほとんどこの家庭で過ごした。そして、この人里離れた孤立が彼の想像力と兄弟との絆を強くした。また、この当時のナントは交易が盛んで、異国情緒豊かな港町であった。ヴェルヌは平和主義者・進歩主義者として有名であった。目立った活動はしていないもののボナパルティズムを奉じるナポレオン3世に常に批判的であった。また被圧迫民族解放の擁護者で彼の作品にはネモ船長をはじめ「虐げられた民族」が様々なところで登場する。

top


レフ・トルストイ
Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 - 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)は、帝政ロシアの小説家・思想家である。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。

エクトール・アンリ・マロ
(Hector Henri Malot, 1830年5月20日 - 1907年7月17日)はフランスの小説家。フランス北西部のルーアン近くのラ・ブイユの当時村長の家に生まれた。パリに出て劇作家になろうとしたが成功せず、小説家となった。新聞連載後刊行という形で生涯60編あまりの長編小説を発表した。現在知られている代表作は『家なき子』Sans famille(1878年)で、児童文学の古典として知られる。

ニコライ・レスコフ
Nikolai Semyonovich Leskov, 1831年2月16日 - 1895年3月5日)は、ロシアの作家、ジャーナリスト。代表作には、『魅せられた旅人』『美容師』『僧院の人々』など。『ムツェンスク郡のマクベス夫人』は、ドミトリー・ショスタコーヴィチによりオペラ化された。ジャーナリストとして社会問題を取り上げたこともあり、農民に対する関心と共感という点でレフ・トルストイと、宗教的傾向という点でフョードル・ドストエフスキーとそれぞれある種の近親性をもっている。

ルイス・キャロル
(Lewis Carroll、1832年1月27日 - 1898年1月14日)は イングランド北西部チェシャー州ダーズベリ出身のイギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人である。1856年に、キャロルは後に有名になるこの筆名で書かれた最初の作品を発表した。『The Train』誌に発表された Solitude(孤独)と題された短い詩の上に、「Lewis Carroll(ルイス・キャロル)」の名前が記された。この筆名は彼の本名のもじりである。

top

ホセ・エルナンデス
(Jose Hernandez、1834年11月10日 - 1886年10月21日)とは、アルゼンチンの詩人、ジャーナリスト、軍人、政治家である。ガウチョの生活風景を歌った詩文にして、ガウチョ文学の最高峰、「アルゼンチンの聖書」とも呼ばれ、アルゼンチンの国民文学と称される『マルティン・フィエロ』(Martin Fierro)の著者として知られる。

ポリーナ・スースロワ
1839年 − 1918年)は、普通ポリーナ・スースロワと呼ばれるロシアの短編小説家であり、フョードル・ドストエフスキーの愛人としても有名である。スースロワはドストエフスキーの長編小説に登場する女性のモデルとなっていると考えられており、例えば『賭博者』のポリーナや『白痴』のナスターシャ・フィリポブナ、『罪と罰』のカテリーナ・イワーノヴナ・マルメラードワ、『悪霊』のリザヴェータ・ニコラエヴナ、『カラマーゾフの兄弟』のカテリーナとグルーシェンカの2人などがそれにあたる。

エミール・ゾラ
(Emile Francois Zola, 1840年4月2日 - 1902年9月29日)は、フランスの小説家で、自然主義文学の定義者であり、代表的存在でもあった。18歳でパリに戻り、バカロレア(大学入学資格試験)に挑戦するが失敗し、出版社アシェット書店で働きながら(配送部に入社。後に広報部に移動)作家を目指してロマン主義的な作品を作った。このころから、評論を手がけ始め、マネなどの印象派の画家を擁護する批評を発表した。晩年は空想的社会主義に傾き、社会・政治活動に精力的に参加した。

ピョートル・クロポトキン
Pjotr Aljeksjejevich Kropotkin, 1842年12月9日 - 1921年2月8日)は、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者。プルードン、バクーニンと並んで、近代アナキズムの発展に尽くした人物であり、学者としての長年の考証的学術研究に基づき、当時一世を風靡した社会進化論やマルクス主義を批判し、相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えた。

top

ジョリス=カルル・ユイスマンス
(Joris-Karl Huysmans, 1848年2月5日 - 1907年5月12日)は、フランスの19世紀末の作家。フランドルの代々画家の家系[1]に生まれ、父の代でフランスに帰化した。内務省に勤める傍ら小説を執筆、1874年に社会への鋭い観察眼による散文詩風の『薬味箱』を自費出版。エミール・ゾラに共鳴して自然主義小説を書くようになり、娼婦の世界を描いた『マルト、一娼婦の物語』でゾラに認められ、その門下グループとなって幾つかの作品を書く。

ギ・ド・モーパッサン
(Henri Rene Albert Guy de Maupassant 発音例)、1850年8月5日 - 1893年7月6日)は、フランスの自然主義の作家、劇作家、詩人。『女の一生』などの長編6篇、『脂肪の塊』などの短篇約260篇、ほかを遺した。1872年、22歳のとき、パリに出て海軍省の小役人になった。伯父の親友で、母の知り合いでもあったギュスターヴ・フローベール(1821 - 1880)の指導を受けるようになる。フローベールの家で、ツルゲーネフ、ゴンクール兄弟、ゾラ、ドーデーらに出会い、1875年に短篇『剥製の手』を、1876年に詩『水辺にて』が雑誌に掲載された。


ホセ・マルティ
(Jose Julian Marti Perez, 1853年1月28日 - 1895年5月19日)はキューバの文学者、革命家。19世紀後半のキューバ独立革命に参加し、現在でもキューバ史に於ける英雄として広く知られている。メンディベの経済的援助で初等教育を修了したマルティは芸術にも興味を持ち、1867年にハバナにある美術専門学校に入学する。在学中にマルティはそこで、多くの愛国的な詩や戯曲を書いている。

top

文学010203
<文学1>

 

 


 

Human nature, it is the most important element. It must be in the basic for everything

|バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ