bars60

topmap2

作曲家 演奏家 指揮者 画家
文学 哲学 科学 先住民

 

Support Wikipedia

世界の作曲家123
<作曲家3>

アリス・メアリ・スミス
(Alice Mary Smith, 1839年5月19日 ロンドン - 1884年12月4日 ロンドン)は19世紀イギリスの女性作曲家。ロンドン王立音楽アカデミーに学び、ウィリアム・スタンデール・ベネットとジョージ・マクファーレンに作曲を師事。

エマニュエル・シャブリエ
(Alexis-Emmanuel Chabrier, 1841年1月18日 - 1894年9月13日)はフランスの作曲家。狂詩曲『スペイン』の作曲者としてよく知られる。幼い頃からピアノや作曲に興味を示し、とくにピアノの腕前は天才といわれるほどであった。しかし、父親の強い勧めによってパリで法律を学び、内務省に就職した。

エルフリーダ・アンドレー
Elfrida Andree, 1841年2月19日 ヴィスビュー − 1929年1月11日 ヨーテボリ)はスウェーデンの女性オルガニスト・作曲家・指揮者。。ルードヴィグ・ヌールマンとニルス・ゲーゼに師事。スウェーデンにおける女性解放運動の活動家であり、スカンジナビア諸国で最初に公式の女性オルガニストに就任した。

パブロ・デ・サラサーテ
(Pablo Martin Meliton de Sarasate y Navascuez, 1844年3月10日 - 1908年9月20日)は、スペイン・パンプローナ出身の作曲家、ヴァイオリン奏者。バスク人である。8歳のときに初めての公演をし、10歳のときにスペイン女王イサベル2世の前で演奏を披露した。その後パリ音楽院で学び、13歳のときヴァイオリン科の一等賞を得た。

リッカルド・ドリゴ
(Riccardo Eugenio Drigo, 1846年6月30日 パドヴァ - 1930年10月1日 同地)は、イタリアのバレエ作曲家、指揮者。ロシア・サンクトペテルブルクの国立バレエ団(Imperial Ballet)のカペルマイスターおよび音楽監督としての長いキャリアで知られる。


アガーテ・バッケル=グロンダール
(Agathe Backer Grondahl, 1847年12月1日 ホルメストラン - 1907年6月4日 オスロ)はノルウェーのピアニスト・作曲家。バーナード・ショーが注目するほど国際的に名声のあるピアニストであったが、後年に聴力を失い、音楽活動を断念した。


バンジャマン・ゴダール
(Benjamin (Louis Paul) Godard, 1849年8月18日 パリ − 1895年1月10日 カンヌ)は19世紀フランスの作曲家。オペラ作曲家としての成功を望み、おびただしい数の作品を遺したが、こんにちではほとんどが忘れられており、かろうじてサロン小品の作曲家として記憶されているにすぎない。

パーヴェル・パプスト
1854年5月15日 - 1897年6月9日)は、東プロイセン出身でロシアで活躍したピアニスト、作曲家である。教育者としてモスクワ音楽院教授も務めた。パプストは、偉大なフランツ・リストが折り紙をつけたように、当時の最も偉大なピアニストの一人であった。

セシル・シャミナード
(Cecile Louise Stephanie Chaminade, 1857年8月8日 - 1944年4月13日)は、フランスの作曲家・ピアニスト。出版作品と演奏活動によって、経済的に自立した最初の女性作曲家といわれる。当時のパリ音楽院の作曲科は女性に対して公式な入学許可を与えていなかったため、個人教授でル・クーペやサヴァール、マルシックにピアノを、バンジャマン・ゴダールに作曲を師事した。

ジャコモ・プッチーニ
(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini, 1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。

エセル・スマイス
(Ethel Mary Smyth, 1858年4月23日 - 1944年5月8日) はイギリスの作曲家。19世紀後半の女性作曲家としては、フランスのオーギュスタ・オルメスやシャミナード、アメリカのエイミー・ビーチと並ぶ偉大なパイオニアである。


クロード・ドビュッシー
(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 - 1918年3月25日)は、フランスの作曲家である。長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などとを用いて独自の作曲を実行した。


ホレイショ・パーカー
(Horatio Parker, 1863年9月15日 - 1919年12月18日)はアメリカ合衆国の作曲家・音楽教師。アーサー・フットと並んで、第2次ニューイングランド楽派の中では最も伝統墨守の態度をとり続けた。

ポール・デュカス
(Paul Abraham Dukas、1865年10月1日 - 1935年5月17日)はフランスの作曲家である。デュカスは孤独を愛し、作品は完璧を目指す為、1年に1作あるいは、『アリアーヌ』のように10年を要したものもあった。

エリック・サティ
(Erik Alfred Leslie Satie、1866年5月17日 - 1925年7月1日)は、フランスの作曲家である。サティは「音楽界の異端児」「音楽界の変わり者」と称され、西洋音楽に大きな影響を与えたと見なされている(ドビュッシー、ラヴェルも「その多くの作曲技法はサティによって決定づけられたものだ」と公言)。


ギヨーム・ルクー
(Guillaume Lekeu, 1870年1月20日 - 1894年1月21日)はベルギー生まれの作曲家。セザール・フランクの最後の弟子として将来を嘱望されたが、24歳で夭折した。感受性豊かで情熱的な筆致が特徴。


ルイ・ヴィエルヌ
(Louis Victor Jules Vierne, 1870年10月8日 ポワティエ − 1937年6月2日 パリ)はフランスの著名なオルガニスト・作曲家・音楽教師。2歳の時に初めてピアノを聴き、シューベルトの子守唄を演奏してもらったところ、聴いたばかりの子守唄を、即座にそらで弾いてみせた。

アンリ・ラボー
(Henri Rabaud, 1873年11月10日 パリ - 1949年9月11日 ヌイイ)はフランスの作曲家・音楽教育者。チェロ教師の父と声楽家の母をもち、他の一族も錚々たる顔ぶれの音楽家であった。パリ音楽院で楽理をアンドレ・ジェダルジュに、作曲をジュール・マスネに師事。

ミカロユス・チュルリョーニス
(Mikalojus Konstantinas Ciurlionis、1875年9月22日 - 1911年4月10日)は、リトアニア人画家・作曲家。短い生涯の間に、約300点の絵画と約200点の楽曲を遺した。美術作品の多くは、リトアニア国立チュルリョーニス美術館(カウナス市)に蒐集されている。


トイヴォ・クーラ
(Toivo Timoteus Kuula, 1883年7月7日 ヴァーサ - 1918年5月18日 ヴィープリ)はフィンランドの作曲家・指揮者。地方の貧しい家庭に生まれる。シベリウスに作曲を学ぶかたわらパリに留学して、フランク楽派の洗礼を受ける。

パウル・アブラハム
(Paul Abraham、1892年11月2日 - 1960年5月6日)はオペレッタ作曲家。ユダヤ系だったために、1933年にドイツを追われ、ベルリンの住居を捨てざるを得なかった。ウィーンとパリを経てニューヨークに亡命。アメリカ合衆国などでは映画音楽も作曲し、この分野でも評価された。

ピョートル・チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky、1840年5月7日(ユリウス暦では4月25日) - 1893年11月6日(ユリウス暦10月25日))は、ロシアの作曲家。チャイコフスキーの繊細な心はあらゆる弱いものに向けられた。孤児や可哀想な動植物、同性愛などへも、彼らに理解を寄せて共に時間を過ごす事もあった。


ヨハン・スヴェンセン
(Johan [Severin] Svendsen, 1840年9月30日 - 1911年6月14日) はノルウェーの作曲家・指揮者・ヴァイオリニスト。より高名な親友のエドヴァルド・グリーグとは対照的に、スヴェンセンは響きの美しさというよりは、管弦楽法の技巧によって名を揚げた。


アントニン・ドヴォルザーク
Antonin Leopold Dvorak1841年9月8日 - 1904年5月1日)は、チェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家というにとどまらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。


エドヴァルド・グリーグ
(Edvard Hagerup Grieg、1843年6月15日 - 1907年9月4日) は、ノルウェーの作曲家である。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。彼の民族音楽からの深い影響は組曲「ペール・ギュント」1曲目、「朝」の冒頭がノルウェーの民族楽器であるハリングフェーレの共鳴弦を端からつま弾いた時の旋律から始まっていることからもうかがうことができる。

ガブリエル・フォーレ
(Gabriel Urbain Faure, 1845年5月12日 - 1924年11月4日)はフランスの作曲家である。フランス南部、ミディ=ピレネー地域圏のアリエージュ県、パミエで教師だった父の元に五男一女の末っ子として生まれた。一家にそれまで音楽家になったものはいなかったが、幼い頃から教会のリード・オルガンに触れるうちに天性の楽才を見出される。

top


オーギュスタ・オルメス
(Augusta Mary Anne Holmes, 1847年12月18日 - 1903年1月28日)は19世紀フランスの女性作曲家の先駆者。母親はアイルランド人。熱烈なワグネリアンだったことや、女性が職業芸術家になることがはしたないとされた当時の風潮から、当初は「ヘルマン・ゼンタ」という偽名で作品を発表した。


アレクサンドル・ルイジーニ
(Alexandre Clement Leon Joseph Luigini, 1850年3月9日 - 1906年7月29日)はフランスの舞台音楽の作曲家、ヴァイオリニスト。リヨン出身。父方の祖父母はモデナ出身のイタリア人で、祖父は同地の歌劇場のオーケストラでトランペット奏者を務めており、父親はその指揮者であった。

フランシスコ・タレガ
Francisco Tarrega, 1852年11月21日 - 1909年12月15日)は、スペインの作曲家・ギター奏者。最初の音楽教師エウゲニ・ルイスとマヌエル・ゴンサレスはいずれも盲人であった。1862年にギター奏者のフリアン・アルカスに神童と認められ、その奨めによりスペイン楽壇の中心地バルセロナを訪れる。

ハンス・ロット
(Hans Rott, 1858年8月1日 - 1884年6月25日)は、オーストリアの作曲家。作曲家としては習作的な管弦楽曲を残したに過ぎず、今日では無名だが、生前は恩師アントン・ブルックナーや学友グスタフ・マーラーから高く賞賛されており、ブルックナーは、いつしかロットが大収穫をもたらすことを信じていた。

クリスティアン・シンディング
(Christian August Sinding, 1856年1月11日 - 1941年12月3日)はコングスベルに生まれオスロに没したノルウェーの作曲家。短く叙情的なピアノ曲を数多く作曲したため、同郷の作曲家エドヴァルド・グリーグの後継者とみなされているが、今日ではピアノ曲『春のささやき』(Fruhlingsrauschen, 1896年)の作曲者としてのみ知られている。

top


グスタフ・マーラー
(Gustav Mahler, 1860年7月7日 - 1911年5月18日)はウィーンで活躍した作曲家、指揮者。交響曲と歌曲の大家として知られる。父親ベルンハルトは独力で酒造業を創業し経営しており、地元ユダヤ人社会の実業家(成功者)であった。私生活においては読書家であった。


フレデリック・ディーリアス
(Frederick Delius, 1862年1月29日 - 1934年6月10日)は、イギリスの作曲家。イギリスを代表する作曲家の一人として見なされることが多いが、両親はドイツ人であり、また本人も長じた後はアメリカ合衆国およびフランスに居住した。ノルウェーの作曲家グリーグと親交があった。

ピエトロ・マスカーニ
(Pietro Mascagni, 1863年12月7日リヴォルノ - 1945年8月2日ローマ)は、イタリアのオペラ作曲家、指揮者。パン屋の両親の元に生まれる。父はピエトロに法律を学ばせたが、彼は音楽に強い関心を持ち、伯父を味方につけて故郷の音楽院で本格的に音楽を学ぶ。20歳にならぬうちに交響曲、オペラ、カンタータなどを作曲し、その才能を認められる。

ジャン・シベリウス
(Jean Sibelius, 1865年12月8日 - 1957年9月20日)は、フィンランドの作曲家である。歌曲にはフィンランドの詩人で、スウェーデン語で詩を発表しているヨハン・ルードヴィグ・リューネベリの詩を用いているものが多い。

top

パウル・リンケ
(Paul Lincke、1866年11月7日 - 1946年9月3日)はドイツのオペレッタの作曲家である。ドイツでは「ベルリン・オペレッタの父」と呼ばれて尊敬されている。行進曲『ベルリン気質』(ベルリンの風、ベルリンの大気とも。Berliner Luft)は、ベルリンの市歌となるほど有名。

レオポルド・ゴドフスキー
Leopold Godowski レオポルト・ゴドフスキ, 1870年2月13日 - 1938年11月21日)は、ポーランドのピアニスト、作曲家、教師。「ピアニストの中のピアニスト The Pianist of Pianists」と呼ばれる。

シャルル・トゥルヌミール
(Charles Tournemire, 1870年11月3日、ボルドー - 1939年11月3日、アルカション)は、フランスの作曲家。オルガン奏者として卓越した即興演奏でも有名だった(録音も残っている)。

アルノルト・シェーンベルク
(Arnold Schonberg, 1874年9月13日 - 1951年7月13日) はオーストリアの作曲家・指揮者・教育者。調性を脱し無調音楽に入り12音技法を創始したことで知られる。ウィーンにて生誕。初めはウィーン人らしくカトリックのキリスト教徒として育てられる。8歳よりヴァイオリンを習い始める。

エルッキ・メラルティン
(Erkki Gustaf Melartin, 1875年2月7日 - 1937年2月14日)は、フィンランドの作曲家である。作風は概ね民族主義的であり、シベリウス以上に叙情的な傾向を示す。

モーリス・ラヴェル
(Joseph-Maurice Ravel , 1875年3月7日 - 1937年12月28日)はバレエ音楽『ボレロ』の作曲や、『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランスの作曲家。バスク系フランス人。

 

top

世界の作曲家123
<作曲家3>


 

Human nature, it is the most important element. It must be in the basic for everything

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ