bars60

topmap2

作曲家 演奏家 指揮者 画家
文学 哲学 科学 先住民

 

Support Wikipedia

世界の作曲家123
<作曲家2>

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。


ヨーゼフ・マルティン・クラウス
(Joseph Martin Kraus, 1756年6月20日 ミルテンベルク - 1792年12月15日 ストックホルム)はドイツ生まれのスウェーデンの作曲家。「スウェーデンのモーツァルト」という異名を持つ。マンハイムのイエズス会ギムナジウムに学んだ後、マインツ、エアフルト、ゲッティンゲンの各大学で哲学と法学を学ぶ。彼は音楽家以外に劇作家、著述家、画家としても活動しており、一生の大半を音楽の旅に費やしたモーツァルトとは全く違う運命をたどった。


ルイジ・ケルビーニ
(Luigi Cherubini, 1760年9月14日フィレンツェ - 1842年3月15日パリ)はイタリア出身のフランスの作曲家・音楽教師。6歳の時に音楽家の父親から音楽教育を受け、13歳までに宗教曲をいくつか作曲した。1778年から1780年まで、ボローニャとミラノで音楽を学ぶ。

フランツ・ダンツィ
(Franz Ignaz Danzi, 1763年6月15日 - 1826年4月13日はドイツのチェリスト・指揮者・作曲家。マンハイム、ミュンヘン、シュトゥットガルト、カールスルーエの宮廷楽団員として過ごした。ダンツィは青年時代にモーツァルトを知って敬意を抱き、ベートーヴェンと同時代人であったが(同世代の多くと同じく)ベートーヴェンの音楽については強烈な(賛否相半ばする)感情を寄せていた。

ヤクプ・シモン・ヤン・リバ
(Jakub [Simon] Jan Ryba、1765年10月26日 - 1815年4月8日)は、18世紀末から19世紀初頭に活動したボヘミアの作曲家。クリスマスキャロルや《チェコの降誕祭ミサ曲》の作曲家として名を遺している。

フェルディナンド・パエール
(Ferdinando Paer, 1771年6月1日 - 1839年5月3日)はイタリアの作曲家。パルマ出身。専門的にはパーエルと綴られる。フランツ・リストの師として知られる。ヴァイオリン奏者のギレッティに楽理を師事。最初のオペラ《 La Locanda de vagebon-di》は、パエールがまだ16歳の時に出版され、その他のオペラもそれに続き、たちまちイタリア全土にその名が轟いた。

ヨハン・ネポムク・フンメル
(Johan Nepomuk Hummel, 1778年11月14日 ポジョニ - 1837年10月17日 ヴァイマル)は当時で言うハンガリー(現在はスロヴァキア)出身のオーストリア系作曲家、ピアニスト。8歳のとき、アウフ・デア・ヴィーデン劇場の指揮者に就任した父に従ってウィーンへ移り、モーツァルトの家に住込みで2年間に渡ってピアノを師事。


フェルナンド・ソル
Fernando Sor, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) - 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限りの高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。


ジョン・フィールド
(John Field, 1782年7月26日 - 1837年1月23日)は、19世紀の初めに活動したアイルランドの作曲家、ピアノ奏者であり、特に最初に「夜想曲」(Nocturne)を書いた作曲家として知られる。

フランソワ・オーベール
(Francois Auber, 1782年1月29日 - 1871年5月12日)、は、フランスの作曲家。フランスのカーンに生まれる。ケルビーニに作曲を師事。オペラの分野で活躍し、50あまりの作品を遺した。1842年、音楽・演劇学校(現・パリ国立高等音楽院)の院長に就任する。

フェルディナント・リース
(Ferdinand Ries, 1784年11月28日 - 1838年1月13日)はドイツのボン出身の作曲家。ベートーヴェンの弟子であり、師の回想録を出版した。主な作品には8つの交響曲、ヴァイオリン協奏曲、9つのピアノ協奏曲、室内楽曲などがある。

カール・マリア・フォン・ウェーバー
Carl Maria Friedrich Ernst von Weber, 1786年11月18日 - 1826年6月5日)は、ドイツのロマン派初期の作曲家、指揮者、ピアニストモーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてヴァーグナーへと流れを導いた作曲家として重要である。

ヘンリー・ローリー・ビショップ
(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 - 1855年4月30日)はイングランドの作曲家。1809年の最初の歌劇『チュルケスの花嫁』はドルーリー・レーン劇場で上演されたが、不幸なことに上演直後に劇場が火災に見舞われ、建物と一緒に楽譜も炎によって失われた。


マリア・シマノフスカ
(Maria Szymanowska, 1789年12月14日 - 1831年7月25日)はポーランドの女性ピアニスト・作曲家。とりわけ1820年代において、ヨーロッパ全土で精力的な演奏旅行を行なった19世紀のポーランド人ヴィルトゥオーゾの先駆者であった。ピアノのために演奏会用練習曲や夜想曲を作曲した最初のポーランド人でもあり、「ブリヤン様式( stile brillant )」による作品は、ショパンを予告するものとなっている。



ジョアキーノ・ロッシーニ
Gioachino Antonio Rossini, 1792年2月29日 - 1868年11月13日)は、イタリアの作曲家。美食家としても知られる。『セビリアの理髪師』や『ウィリアム・テル』などのオペラ作曲家として最もよく知られているが、宗教曲や室内楽曲なども手がけている。


フランツ・シューベルト
Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、「歌曲の王」と呼ばれることもある。ウィーン近郊で生まれた。メーレン(モラヴィア)にいたドイツ系の農夫の息子である父のフランツ・テオドールは教区の教師をしており、母エリーザベト・フィッツは結婚前ウィーン人家族のコックをしていた。


ジャック・アレヴィ
(Jacques-Fromental Halevy, 1799年5月27日 - 1862年3月17日)は、19世紀前半のフランスを代表するオペラ作曲家・音楽教師。とりわけ『ユダヤの女』の成功によって名を残す。門人にグノー、ビゼー、ルコック、サン=サーンスらがいる。

アルベルト・ロルツィング
(Gustav Albert Lortzing, 1801年10月23日 ベルリン - 1851年1月21日 ベルリン)はドイツの作曲家。ベルリンに俳優を両親に生まれ、19歳の時にデュッセルドルフやアーヘンの劇場で役者デビューを果たし、時おりテノールやバリトンのパートを歌った。

エクトル・ベルリオーズ
(Louis Hector Berlioz, 1803年12月11日 - 1869年3月8日)は、『幻想交響曲』で良く知られているフランスのロマン派音楽の作曲家である。この他に『死者のための大ミサ曲』(レクイエム、1837年)にみられるように、楽器編成のはなはだしい拡張や、色彩的な管弦楽法によってロマン派音楽の動向を先取りした。

ミハイル・グリンカ
Mikhail Ivanovich Glinka、1804年6月1日スモレンスク近郊ノヴォスパスコイェ Novospasskoye - 1857年2月15日ベルリン)は国外で広い名声を勝ち得た最初のロシア人作曲家。グリンカは、青年時代にイタリア、晩年にドイツに留学して、作曲理論を学んでおり、この間にはオペラよりも、器楽曲の創作を追究した。

ファニー・メンデルスゾーン
(Fanny Mendelssohn-Hensel, 1805年11月14日 - 1847年5月14日)はドイツのピアニスト・作曲家、アマチュアの指揮者。19世紀前半において、フランスのルイーズ・ファランクと並んで女性作曲家のパイオニアとなったことにより、女性作曲家およびジェンダー研究の対象として再認識されている。

ノルベルト・ブルグミュラー
(Norbert Burgmuller, 1810年2月8日 デュッセルドルフ - 1836年5月7日 アーヘン)は、ドイツ生まれの作曲家。定職に就くことなく音楽家仲間の中で生活したが、26歳で急死。メンデルスゾーンの葬送行進曲 Op.103はノルベルトのためのものである。

ロベルト・シューマン
(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)は、ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。父は出版業者で、著作も行っていた。シューマンはそのような環境の中で、早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作を試み、豊かな才能を示した

アンブロワーズ・トマ
(Charles Louis Ambroise Thomas, 1811年8月5日 メス - 1896年2月12日)はフランスのオペラ作曲家。代表作は「君よ知るや南の国」を含む『ミニョン Mignon』(1866年)と『ハムレット Hamlet』(1868年)。そのほか約20曲のオペラ作品や室内楽曲、合唱曲などがある。

ジャン=バティスト・サンジュレー
(Jean-Baptiste Singelee, 1812年9月25日 - 1875年9月29日)は、ロマン派音楽期のベルギーの作曲家。彼はブリュッセルのベルギー王立歌劇場でヴァイオリン・ソリストを務め、同地とヘントでオーケストラを監督した。

ルイ・ジェームズ・アルフレッド・ルフェビュール=ヴェリー
(Louis James Alfred Lefebure-Wely, 1817年 - 1869年)は、19世紀フランスのオルガン奏者・作曲家。即興演奏の名手として知られる。サン=サーンスの恩師の一人としても知られている。

アドルフ・フォン・ヘンゼルト
(Adolf von Henselt, 1814年5月12日 - 1889年10月10日)はドイツ・ロマン派音楽の作曲家・ピアニスト。バイエルン王国シュヴァーバッハ(ニュルンベルク近郊)出身。ロシア帝国に渡って、今日まで続くロシア・ピアノ楽派の基礎を築いた。

シャルル・グノー
(Charles Francois Gounod,1818年6月17日 - 1893年10月18日)は、フランスの作曲家。わけても、ゲーテの『ファウスト』第1部に基づく同名のオペラで有名である。バチカンの実質的な国歌である『賛歌と教皇の行進曲』を作曲したことでも知られている。


ジャック・オッフェンバック
(Jacques Offenbach, 1819年6月20日-1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家、チェリストである。オペレッタの原型を作ったともいわれ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家である。なお、ドイツ語読みでオッフェンバッハと呼ばれることもある。


アンリ・ヴュータン
(Henri Francois Joseph Vieuxtemps, 1820年2月17日 - 1881年1月6日)は、フランスで活躍したベルギー人のヴァイオリニスト・作曲家。織匠とヴァイオリン職工の家系に生まれる。音楽を愛好する家庭環境のもとに、アマチュアの父親と地元の音楽家からヴァイオリンの手ほどきを受け、6歳でピエール・ロードの作品を弾いて公開デビューを果たした。

アドルフ・ブラン
Adolphe Blanc, 1828年6月24日 アルプ=ドゥ=オート・プロヴァンス − 1885年5月 パリ)はフランスの室内楽の作曲家。19世紀半ばのフランスに珍しい器楽曲の作曲家として、ジョルジュ・オンスローや同世代のテオドール・グヴィと並び立つ存在。とりわけ木管楽器のための合奏曲に聴くべきものが多い。

ジョルジュ・ビゼー
(Georges Bizet, 1838年10月25日、パリ - 1875年6月3日、ブージヴァル)はフランスの作曲家である。父は声楽教師、母はピアニストで、幼い頃から音楽に親しみ、記憶力が抜群であった。

モデスト・ムソルグスキー
Modest Petrovich Mussorgsky, 1839年3月21日 - 1881年3月28日)は、ロシアの作曲家で、「ロシア五人組」の一人。「五人組」の中では、そのプロパガンダと民謡の伝統に忠実な姿勢をとり、ロシアの史実や現実生活を題材とした歌劇や諷刺歌曲を書いた。

マックス・ブルッフ
(Max Christian Friedrich Bruch, 1838年1月6日 - 1920年10月2日)はケルンに生まれベルリンで没したドイツの作曲家。教師で有名な歌手であった母親から教育を受け、音楽、特に作曲に早くから才能を示した。ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調が、ロマン派の協奏曲として特に有名でよく演奏される。

フランティシェック・ヴィンツェンツ・クラマーシュ
(Frantisek Vincenc Kramar, *1759年11月27日 モラヴィアのチェスカー・カメニツェ - †1831年1月8日 ウィーン)はボヘミア出身のウィーン古典派の作曲家。クロンマーは300曲以上の作品を残し、そのうち100曲以上の弦楽四重奏曲と、13曲の弦楽三重奏曲、30曲の弦楽五重奏曲、ヴァイオリン協奏曲、オーボエ協奏曲、クラリネット協奏曲、吹奏楽、7つの交響曲、管楽器のためのパルティータ、ミサ曲などの宗教曲がある。

フランソワ・ドヴィエンヌ
(Francois Devienne, 1759年1月31日 - 1803年9月5日)は18世紀フランスの作曲家・木管楽器奏者。パリ音楽院のフルート教授を務めた。オート=マルヌ県のジョワンヴィルに、鞍職人の家庭に生まれる。14児の末子であった。地元で聖歌隊員として最初の音楽教育を受ける。

エティエンヌ=ニコラ・メユール
Etienne Nicolas MEhul, 1763年6月24日 - 1817年10月18日)はフランスの作曲家。アルデンヌ県のジヴェに生まれる。実家があまりに貧しかったために正規の音楽教育を受けられず、地元の貧しい盲目の教会オルガニストに音楽の手ほどきを受けた。それでもメユール少年は才能ゆえに、わずか10歳でレコレREcolletsの女子修道院のオルガニストに採用されるほどだった。

ジモン・マイール
(Johann Simon Mayr, 1763年6月14日 - 1845年12月2日)は、イタリアで活躍したドイツ人作曲家。イタリアではカルロ・レンツィやフェルディナンド・ベルトーニらに入門。1802年にベルガモに移り、レンツィの後継者としてベルガモ大聖堂の終身教会楽長に就任。同地の音楽界の中心人物となり、演奏会を組織して、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作品を紹介した。

top


ベルンハルト・ロンベルク
(Bernhard Heinrich Romberg, 1767年11月13日 Dinklage - 1841年8月13日 ハンブルク)はドイツのチェリスト、作曲家。ロンベルクは、チェロの設計と演奏にいくつかの革新をもたらしたことで知られる。彼はチェロの指板(fingerboard)を長くしてC線の下側を平たくし、そのことによってより振動しやすくなるようにした。


ピエール・ロード
Jacques Pierre Joseph Rode, 1774年2月16日 − 1830年11月25日)は19世紀フランスのヴァイオリニストで作曲家。無伴奏ヴァイオリンのための《24のカプリース(または練習曲)》によりヴァイオリン学習者に親しまれている。

ガスパーレ・スポンティーニ
Gaspare Luigi Pacifico Spontini, 1774年11月14日 - 1851年1月24日)はイタリア出身のオペラ作曲家・指揮者。アンコーナ地方のマイオラーティ(現在のマイオラーティ・スポンティーニ)出身。19世紀の最初の20年間は、フランス第一帝政におけるオペラ・セリアの最重要人物として活躍。

シャルル・シモン・カテル
(Charles Simon Catel, 1773年6月10日 - 1830年11月29日)は、フランスの作曲家。カテルの楽曲の中には、師ゴセックと同様、現在の吹奏楽曲の原形ともいえる曲が含まれている。

ジギスムント・フォン・ノイコム
Sigismund Ritter von Neukomm, 1778年7月10日 ザルツブルク - 1858年4月3日 パリ)は、オーストリアの作曲家、ピアニスト。ノイコムはザルツブルク大学で哲学と数学を学ぶ一方で、ミヒャエル・ハイドンに師事して理論を学んだ。


ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven、1770年12月16日ごろ[2] - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家。音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。


ニコロ・パガニーニ
(NiccoloPaganini, 1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアのヴァイオリニスト、ヴィオラ奏者、ギタリストであり、作曲家である。パガニーニがヴァイオリンを弾き始めたのは5歳の頃からで13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれ、その頃から自作の練習曲で練習していた。

top

ルイ・シュポーア
(Louis Spohr, 1784年4月5日 ブラウンシュヴァイク - 1859年10月22日 カッセル)はドイツの作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者。1813年から1815年までウィーンのアン・デア・ウィーン劇場の指揮者を務めて、ベートーヴェンと親しくなり、その《交響曲 第7番》と《戦争交響曲》の初演にも参加。

ピエトロ・ライモンディ
(Pietro Raimondi, 1786年12月20日 ローマ − 1853年10月30日)は、古典派音楽からロマン派音楽への移行期に活動したイタリアの作曲家。当時においてはオペラや宗教音楽の作曲家として有名であったが、彼はまた対位法技術の革新者でもあり、巨大な音楽的同時性の創造でも知られる。


ニコラ=シャルル・ボクサ
(Robert Nicolas-Charles Bochsa, 1789年8月9日 - 1856年1月6日)は、19世紀フランスの作曲家・ハープ奏者。波瀾万丈の生涯を送り、世界各地を転々とした。1817年、通貨偽造や結婚詐欺(または重婚)、文書偽造への連坐により、告訴を免れるためにイングランドに逃亡。欠席裁判によって懲役刑が課された。


マッテオ・カルカッシ
(Matteo Carcassi, 1792年 - 1853年1月16日)は、イタリア出身のロマン派の作曲家、ギタリスト。フィレンツェ(イタリア)出身。幼少時よりピアノを、次いでギターを習い始める。16歳で定期的な演奏活動を開始し、その後、30年以上演奏活動を続けた。

top

イグナーツ・モシェレス
(Ignaz Moscheles, 1794年5月23日 - 1870年3月10日)はチェコの作曲家、ピアノ奏者。プラハに生まれ、ライプツィヒに没す。もう一つの重要な文献は、モシェレスとフェリックス・メンデルスゾーンの間で交わされた書簡であり、リーズ大学のthe Brotherton Collection at the University of Leedsに保管されていたものが、1888年になってイグナーツの息子でメンデルスゾーンの名づけ子であるフェリックス・モシェレスによって出版されている。

ガエターノ・ドニゼッティ
(Gaetano Donizetti, 1797年11月29日 - 1848年4月8日)は、イタリアのベルガモに生れて同地で没したオペラの作曲家。ジョアキーノ・ロッシーニやヴィンチェンツォ・ベッリーニと共に19世紀前半のイタリアを代表するオペラ作曲家として人気を博した。

ヨーゼフ・ランナー
(Josef Lanner, 1801年4月12日 - 1843年4月14日)はオーストリアの作曲家・ヴァイオリン奏者である。ウィーンのザンクト・ウルリヒ出身。彼の業績はなんといってもシュトラウス一家に先立ってウィンナワルツを確立させたことであろう。そのため彼は「ワルツの始祖」とも呼ばれることがある。

アドルフ・アダン
(Adolphe-Charles Adam, 1803年7月24日 - 1856年5月3日)はフランスの舞台音楽の作曲家・音楽評論家。パリに生まれる。父親はピアニスト・音楽教師・作曲家。他人の作品を学ぶよりは即興演奏が好きな子供だった。

フランツ・ラハナー
(Franz Paul Lachner, 1803年4月2日、ライン・アム・レヒ - 1890年1月20日、ミュンヘン)は、ドイツの指揮者、作曲家。作曲家としてオペラ、8曲の交響曲、室内楽曲などの多数の作品を遺している。彼の作品はベートーヴェンとシューベルトの影響を強く受けている。

top

ルイーズ・ファランク
(Louise Farrenc, *1804年3月31日 パリ - †1875年9月15日 パリ)はフランスの女性作曲家・ピアニスト・教育者・音楽学者。幼少からピアニストのセシル・ソリアにピアノを師事。15歳のときパリ音楽院でアントニーン・レイハに作曲と音楽理論、楽器法を師事。

フェリックス・メンデルスゾーン
Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 ハンブルク - 1847年11月4日 ライプツィヒ)は、ドイツロマン派の作曲家、指揮者。富裕な銀行家アブラハム・メンデルスゾーンとレア・ザロモンの息子として出生。

フレデリック・ショパン
Fryderyk Franciszek Chopin1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。


フェルディナンド・ダヴィッド
Ferdinand David, 1810年1月20日 ハンブルク - 1873年7月19日 クロスターズ)はドイツ系ユダヤ人のヴァイオリニスト・作曲家。その超絶技巧から、フェリックス・メンデルスゾーンが自作の《ヴァイオリン協奏曲ホ短調》の初演を委ねたことで歴史に名を残した。


フランツ・リスト
Liszt Ferenc, 1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、ハンガリーに生まれ、ドイツやオーストリアなどヨーロッパ各国で活躍したピアニスト・作曲家。ピアニストとしては演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に貢献をした。演奏会形式としての「リサイタル」を初めて行った人物と言われている。

top

ジギスモント・タールベルク
(Sigismond Thalberg, 1812年1月8日 - 1871年4月27日)は19世紀スイス出身、ロマン派のピアニスト・作曲家。同時代者のフレデリック・ショパン、フランツ・リストなどと並んで、19世紀において最も傑出したピアノの名手の一人だった。

ローベルト・フランツ
(Robert Franz, 1815年6月28日 - 1892年10月24日)はドイツのリート作曲家。 1835年から1837年までデッサウのフリードリヒ・シュナイダーに作曲を師事。1837年に生地に帰郷し、1841年にウルリヒ教会のオルガニストに就任。

ジュゼッペ・ヴェルディ
(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813年10月10日 - 1901年1月27日)は、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、主にオペラを制作した。代表作は『ナブッコ』、『リゴレット』、『椿姫』、『アイーダ』などがある。彼の作品は世界中のオペラハウスで演じられ、またジャンルを超えた展開を見せつつ大衆文化に広く根付いている。

クララ・シューマン
(Clara Josephine Wieck-Schumann, 1819年9月13日 - 1896年5月20日)は、ドイツのピアニスト、作曲家。ピアノ教師フリードリヒ・ヴィーク(Friedrich Wieck)の次女(長女は生後まもなく死亡)として生まれる。19世紀に活躍した女流ピアニストであり、また作曲家ロベルト・シューマンの妻としても広く知られている。

top

フランツ・ドップラー
Doppler Albert Ferenc;Albert Franz Doppler、1821年10月16日 オーストリア帝国領ガリツィア・ルヴフ − 1883年7月27日 バーデン・バイ・ウィーン)はフルート曲で有名なハンガリー人の作曲家。

スティーブン・フォスター
(Stephen Collins Foster、1826年7月4日 - 1864年1月13日)は、ヘンリ・クレイ・ワークと並んで、19世紀半ばのアメリカ合衆国を代表する歌曲作曲家。20年間に約200曲を作曲し、その内訳は135曲のパーラーソングと28曲のミンストレルソングである。


アレクサンドル・ボロディン
(Alexander Porfir'evich Borodin, 1833年10月31日(ユリウス暦)/11月12日(グレゴリオ暦) - 1887年2月15日/2月27日)はロシアの作曲家、化学者、医師。ロシア音楽の作曲に打込んだロシア5人組の一人である。


ツェーザリ・キュイ
1835年1月18日 ヴィリニュス - 1918年3月26日)は、ロシアの作曲家、音楽評論家・軍人で、ロシア五人組の一人である。五人組の中ではもっとも目立たないが、10曲のオペラを残したほか、ピアノ曲『25の前奏曲』など素朴な作品もある。

 

top

世界の作曲家123
<作曲家2>


 

Human nature, it is the most important element. It must be in the basic for everything

|バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ