AKIRAのコラム(2002.2003年)
AKIRA自己紹介 ●宇宙人の会話
幼児虐待 ■地雷と子供たち ■妖怪変化 ■冷戦構造とバブル
あせる大企業? ■ドル安政策 ■ドル安政策と石油危機 
バブルと共産・社会主義国家 ■体制の崩壊と終焉 ■ ■代替エネルギー
相対性社会 ■どうなる経済 ■こだわりは「冷戦」 ■こだわりは「冷戦」2

 

あきらの思い出

2002年夏、天神祭へ二人で行って

バックのこの写真をバースが撮りました.

彼は新しいデジカメを持っていて使って見たかったのです。

使い方も分からず適当にシャッターを押したらきれいに撮れていました。

ディズニーランドやピエロが大好きだったAKIRA・・・

帰りに中之島の公園で缶ビールを飲みながら、とりとめもなく話をしたとき

彼はこう言いました。

「バースさん、僕は無理してないから長生きすると思うけど、

バースさんは無茶が多いから長生きはできないねって」

それはこの僕にあまり無理をするなよって言う、彼の優しさでした。

あんなに元気だったあきら。

特にここ数年は毎週一度は必ず会って話していたのに・・・

2003年春、肺炎で急逝しました。

まだまだ彼とはいっぱい話したかったし、

やりたいことがいっぱいあったのに、残念です。

あきらのために、彼が自分のホームページに書いていた言葉を

ここに残したいと思います。

「バースさんのホームページみたいに僕も頑張ってコンテンツ増やすからね」と

つい一ヶ月前、元気に言ってたのに・・・

forever akira

バース

back

 


自然エネルギーへ
今や自然エネルギーを有効に使えるだけの科学力があります。原発を完全に無くし、
化石燃料をなるだけ減らして行くことが未来に対する人類共通の責任です。

 

bars600
バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリド
メモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ||デザイン寺子屋らなこる展示室
リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ