bars60

ヘキサ立方体
 

 

「ヘキサ立方体は3次元の奥行きを量る数学的モデルです」
ヘキサグラムを構成する2つの正三角形が立方体の内の3面と外の3面の対角線となるヘキサ立方体は、正三角形が3次元の<縦・横・高さ>を計る座標となり、座標上に印された3次元の数値<縦・横・高さ>を通る放射線によりヘキサ立方体は正しく空間分割されます。
2つの正三角形の辺上が空間の内と外を計る基準線となります

 

ヘキサグラム
2つの正四面体の8つの頂点を結ぶと立方体となり正四面体の
稜線は立方体の対角線となっています
 

変容するヘキサ立方体
metamorphose

2つの正四面体の稜線であるヘキサグラムが内在するヘキサ立方体はヘキサグラム幾何学の3次元の基本構造を表す数学的モデルです。

それは放射線構造の中で部分と全体が同じ構造を保ちながら変化していく、奥行きを持った空間を計るための基本単位となるものです。

 

ヘキサ立方体

 

ヘキサグラム
3次元の自己相似性を表す
ヘキサ立方体の分割


ヘキサグラムキューブ

立方体の6つの面と2つの正四面体の稜線の関係を平面に展開すると
それぞれの稜線が対角線であることと直角関係に配置されていることが分かる



■このページのPDFバージョンです■


worldeyepatterncubeaxisbase

 

 

bians

 

bars150


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS