bars60

ドミニカ国
Commonwealth of Dominica
<中南米>

北中アメリカ

■地理
ドミニカ島はカリブ海は小アンティル諸島にあり、北はグアドループ海峡を経てグアドループ島、南はマルティニーク海峡を経てマルティニーク島と、2つ島の間に位置している。火山性の島で小アンティル諸島の中で最も山が多く、「Nature Island (自然の島)」として知られるほど植物が豊かな島である。最高峰は島の北部にあるディアブロティン山で高さ1447mである。


カリブ海
Caribbean Sea、は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。カリブ海全域を「カリブ地方」と呼ぶ。カリブ海は多島海で、この海域に浮かぶ数多くの島々を総称して「カリブ諸島」あるいは「カリブ海諸島」と呼ぶ。「カリブ」の名称は、コロンブスの北米大陸到達をさかのぼること約100年の昔より小アンティル諸島から南アメリカにかけて先住していたカリブ族の名に由来する。

西インド諸島
West Indies、は、南北アメリカ大陸に挟まれたカリブ海域にある群島である。アメリカ合衆国のフロリダ半島南端、および、メキシコのユカタン半島東端から、ベネズエラの北西部沿岸にかけて、少なくとも7000の島、小島、岩礁、珊瑚礁がカーブを描くようにして連なる。

ウィンドワード諸島 (西インド諸島)
Windward Islandsは、カリブ海の小アンティル諸島南部に連なる小規模な島々を指す。北はリーワード諸島につながり、南には南アメリカ大陸がある。英語のウィンドワード(windward)は「風上」を意味し、「リーワード諸島」は「風上の島々」にあたる。対義語は「風下」を意味するリーワード(leeward)であり、これに対応したリーワード諸島と対になっている。

小アンティル諸島
Lesser Antillesは、カリブ海の東端から東南端にかけて分布する諸島。西インド諸島・アンティル諸島の一部である。カリブ海と大西洋の境界となっている。諸島中、最大の島はトリニダード・トバゴのトリニダード島である。行政面においては、複数の小規模独立国と植民地で構成されている。

イスパニョーラ島
Ispayolaは、カリブ海にある大アンティル諸島に属する島であり、西側3分の1をハイチ共和国、東側3分の2をドミニカ共和国が統治している。東はモナ海峡、西はウィンドワード海峡およびジャマイカ海峡となっている。


マルティニーク
(Martinique)はフランスの海外県の1つであり、カリブ海に浮かぶ西インド諸島のなかのウィンドワード諸島に属する一島。海を隔てて北にドミニカ国が南にセントルシアが存在する。「世界で最も美しい場所」とコロンブスに呼ばしめ、彼を魅了したマルティニーク島の語源は島に住んでいた、カリブ人の言葉でマディニーナ(Madinina、花の島)、またはマティニーノ(Matinino、女の島)がマルティニークの語源になっている。

グアドループ
(Guadeloupe)は、カリブ海に浮かぶ西インド諸島のなかのリーワード諸島の一角をなす島嶼群である。最も大きい島はグアドループ島を結成している、バス・テール島とグランド・テール島で、他に、マリー・ガラント島、ラ・デジラード島、プティ・テール諸島、レ・サント諸島などの島々からなる。


アベス島
Isla De Aves Islandとはカリブ海にあるベネズエラ領の島。ベネズエラの軍事下の管理に置かれているため、一般人の島への上陸は難しく、島への上陸が出来るのは軍人及び関係者だけである。しかし、ベネズエラ人のみの上陸は特別な許可で上陸が許された。アマチュア無線家たちの最も関心の高い場所の一つともなっている。ドミニカ国が島の領有権を主張しており、排他的経済水域に置ける領土問題が起きている。因みにドミニカ国では英名でバード島(Bird Island)と呼んでいる。


<歴史>
■ヨーロッパの侵入以前
ヨーロッパ人が来る以前は、先住民アラワク族が住んでいたが14世紀頃に南アメリカから来たカリブ族に追いやられた。

■1493年
コロンブスが来島する。

■1903年
イギリス政府がカリブ族に彼らが暮らす島の北東部の海岸に3700エーカーの土地の所有権を与え、カリブ居留地 (Carib Reserve) が設立される。

■1930年
植民地政府のクレオール人警察がカリブ族が密輸をしているとカリブ族地域のサリュビアで密輸品を探して強制家宅捜索。密輸品だとされる品物を押収した事で、カリブ族と衝突。カリブ族地域で抗議の反乱暴動が起きる。イギリスの軽巡洋艦デリーが出動し、カリブ族の暴動の鎮圧に乗り出し、カリブ族首長トーマス・ジョリー・ジョンら2人は警察に投獄射殺される。首長が射殺された事でカリブ族の首長制は一時衰退し、カリブ居留地でのカリブ族の土地所有権は破棄される。この衝突事件はカリブ戦争と呼ばれた。

■1978年
イギリス連邦の加盟国として、独立する。パトリック・ジョンが初代首相に就任。11月29日カリブ居留地法により、カリブ族が暮らす地域に内部自治政府が出来る。

■1980年
ユージェニア・チャールズが選挙でカリブ初の女性首相になる。

■1981年
パトリック・ジョンが後押しするクーデターが未遂事件が2件。

■1991年
グレナダ、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島と共に政治連合を結成するための初会合を開催。


■国民
住民は、アフリカ系、ヨーロッパ系、ムラートなどである。コロンブスが来る前から住んでいた先住民のカリブ族が残っているのは、東カリブではこの国だけで、現在3000人以上が島の北東の海岸に3700エーカーのテリトリーを持ちそこに住んでいる。


■言語
英語が公用語だが、フランスの支配が長かったため、日常生活においてはフランス語がベースのパトワと呼ばれるクレオール語も広く使われている。


■宗教
ローマ・カトリックが61.4%


カトリック教会
ローマ・カトリック教会、ラテン語:Ecclesia Catholicaはローマ教皇を中心とし、全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。カトリック教会の教説(教え)は「聖書と聖伝」という言葉であらわされるように、旧約聖書、新約聖書およびイエス・キリストと使徒の教えに由来し、教父たちによって研鑽され、多くの議論を経て公会議などによって確立されてきたものである。カトリック教会は伝統的に七つの秘跡(サクラメント)を認めてきた。秘跡とは、神の恵みを実際にもたらす感覚的しるしで、イエス・キリストによって制定され、教会にゆだねられたものである。

サクラメント
sacramentumは、キリスト教において神の見えない恩寵を具体的に見える形で表すことである。それはキリスト教における様々な儀式の形で表されている。ただし、現在のキリスト教においては教派によってその指し示す内容、更には日本語訳として用いられる表現さえも異なっていることに注意する必要がある。例えば、カトリック教会では秘跡、聖公会では聖奠、プロテスタント教会では礼典、正教会では機密と呼ばれる。


ムラート
(Mulatto, Mulato)は、ラテンアメリカ及び北アメリカでヨーロッパ系白人と、アフリカ系の特に黒人との混血を指す言葉である。ムラットともいう。元々は、片方の親がヨーロッパ系(特に父親)でもう片方の親がアフリカ系(母親)の子供のことを指していたが、現在ではある程度両方の血統が混じっている人々のことを指すようになった。「黒人と白人の混血者」と説明されることも多い。


■食文化
基本的にはクレオール料理。クレオール料理のレストランでは、調理された米・肉(鶏・豚・七面鳥など)・芋・豆などが1つの大きな皿に乗って提供される。また、マウンテン・チキン(Mountain chicken)と呼ばれるヒキガエル科のカエルの脚(Frog legs)を使ったドミニカ国の郷土料理があるが、希少種となった現在では政府により捕獲が禁止されているため、レストランで食べることはできない。その他にmanicou(オポッサム)の肉料理などもある。大手ファーストフードチェーンはケンタッキーフライドチキン(KFCコーポレーション)とサブウェイがある。酒類地場産の代表的な酒としてクブリ(Kubuli)というビールがあり、ドミニカ人の間でよく飲まれている。市中では近隣諸国のラム酒やワインを手に入れることが可能。

オポッサム
(Opossum) は、有袋類オポッサム目 Didelphimorphia オポッサム科 Didelphidae の総称である。1目1科。アメリカ大陸に分布する。オポッサムは、外見は少しネズミに似ているが、カンガルーやコアラなどと同様に腹に育児嚢(いくじのう)という袋をもつ有袋類であり、ネズミに似た外見をしていることから、フクロネズミとも呼ばれる。


<世界遺産>
モゥーン・トワ・ピトン国立公園
標高1342mのトワ・ピトン山を含めた5つの火山がある。火山特有の荒涼地の中に、約50近くの噴気孔と温泉湖があり、熱帯雨林や透明度が高く神秘的な湖など、豊かな自然が残っている。ハチドリやアマツバメ、ハト、オウム目(アマゾニア・インペリスとレッド・ネックトの2種類のオウムは保護条令があるにもかかわらず絶滅の危機がある。)など175種の鳥類、そして世界最大のカブトムシであるヘラクレスオオカブトムシや、ナナフシなどの昆虫も数多く生息している。

ニコラス・リヴァプール
Nicholas Joseph Orville Liverpool、1934年9月9日 - は、ドミニカ国の元首。2003年10月2日から同国の第6代大統領を務めている。1934年にイギリス領リーワード諸島(英語版)グランド・ベイに生まれ、1957年にハル大学に入学。在学中の1960年に法学の学士号を取得し、翌年にはインナー・テンプルの法廷に立った。また、1965年にはシェフィールド大学で博士号を取得した。その後、1998年から2001年まで駐米大使を務めた。2008年7月に、リヴァプールは大統領職の一期目が満了になったことを受けて大統領続投を表明し、ルーズベルト・スカーリット首相とアール・ウィリアムズ野党党首から指名を受けた。

ルーズベルト・スカーリット
Roosevelt Skerrit, 1972年 - は、ドミニカ国の首相(在任:2004年1月8日 - )。独身。1972年6月、首都ロゾーに生まれる。高校教師から、2000年1月の国政選挙に出馬し初当選。チャールズ内閣では、教育大臣(兼、スポーツ、青年問題担当大臣)。2004年1月6日に、ピエール・チャールズ (Pierre Charles) 前首相が急死。翌7日、与党ドミニカ労働党 (Dominica Labor Party, DLP) は、スカーリットを新党首に選出。ドミニカ国の首相は、名誉職的地位にある大統領によって与党党首が任命されることになっているため、翌8日の任命をもって、31歳の首相が誕生した。2004年2月現在、国政のリーダーとしては最年少である。

ユージェニア・チャールズ
(Dame Eugenia Charles, DBE, 1919年5月15日 - 2005年9月6日)は、ドミニカ国の政治家。同国第3代首相を務めた。また、同国史上初の(そして2012年現在唯一の)女性首相である。保守政党のドミニカ自由党(DFP)所属。

シモン・ボリバル
Simon Jose Antonio de la Santisima Trinidad Bolivar y Palacios、1783年7月24日 - 1830年12月17日)は、南米大陸のアンデス5ヵ国をスペインから独立に導き、統一したコロンビア共和国を打ちたてようとした革命家、軍人、政治家、思想家である。ボリバルは1783年、現在のベネズエラ、カラカスのクリオーリョの名家に生まれた。幼くして両親を亡くしたが、アメリカ大陸有数の資産家ボリバル家の男子としてさまざまな家庭教師を付けられた。このときの教師の1人シモン・ロドリゲスの考えがボリバルに大きな影響を与えている。さらに教育を受けるため、16歳のとき1799年にスペインで任官していたおじを頼ってヨーロッパに渡った。修学のためヨーロッパを旅行している。南米の自然学者だったドイツ人のアレクサンダー・フォン・フンボルトに南米独立にかける思いを語って一笑に付されるなどの屈辱的な経験もあったが、遊学中にスペインでマリア (Maria Teresa Rodriguez del Toro y Alaysa) と知り合うと、1802年に現地で結婚し、妻を連れてベネスエラに帰国した。しかし翌1803年、熱帯の気候に耐えられなかったマリアは黄熱病でその生涯を閉じ、以降ボリバルは深い喪失感を抱いて生涯再婚することはなかった。1804年に傷心のままヨーロッパに戻り、しばらくはナポレオンに仕えたが、このころの、南アメリカでのスペインからの独立の機運を機に、祖国ベネズエラの独立を志すようになったといわれている。

ドミニカ国 Dominica
カリブ海の西インド諸島を構成するウィンドワード諸島最北部に位置するドミニカ島全域を領土とする共和制国家。島国であり、海を隔てて北西にフランス領グアドループが、南東にフランス領マルチニークが存在する。首都はロゾー。


■国名
正式名称は英語で Commonwealth of Dominica。1493年にコロンブスが来島し、その日が日曜日(ドミンゴ)だったのでドミニカ島と命名されたという。先住民のカリブ族は高い山々からなるこの島の事を高い彼女の体を意味するWai'tukubuliと呼んでいた。

ロゾー
Roseauは、ドミニカ国の首都であり、最大の都市である。カリブ海に面したドミニカ島の西海岸に位置し、人口は16,582人(2007年)。主な輸出品はライム、ライムジュース、エッセンシャルオイル、香辛料、バナナ、グレープフルーツ、ココアなどである。


メルビル・ホール空港
Melville Hall Airportはドミニカ国マリゴットにある空港。本空港は1944年に計画され、1961年11月22日に開港した。


ドミニカ国の軍事
ドミニカ国では軍隊によるクーデター事件があったため、1981年以降、軍隊を保有していない。人員300名のイギリス連邦ドミニカ国警察隊(Commonwealth of Dominica Police Force)を保有。この中には特殊部隊と沿岸警備隊が含まれる。
1996年3月、東カリブ諸国機構(OECS)加盟国にバルバドスを加えた7カ国での域内安全保障システムを設立。

pagetop


外務省:ドミニカ国
在トリニダードトバゴ日本国大使館兼轄


■交通
島内に空港はケインフィールド空港とメルビル・ホール空港の2つの空港があるが、小型のプロペラ機でしか発着できない。ドミニカ国へはバルバドスかアンティグア島から連絡機で渡る。道路網の改善が最優先事項といえる。


ドミニカ国の国旗
1978年11月3日に制定された。その後1981年と1988年に一部改変されている。緑の旗地を白、黒、黄色の三色の帯で十字に切り、中央の丸囲みをした赤地に国鳥の「ミカドボウシインコ」というオウムをあしらい、ライムカラーの緑の星10個(10教区を表す)を円に沿って配列している。オウムは、常に高く志向する国民の願望を、緑の星は教区の数と平等を、そして中央の赤丸は社会正義を実現する国家の約束を表している。


■国名
正式名称は英語で Commonwealth of Dominica。1493年にコロンブスが来島し、その日が日曜日(ドミンゴ)だったのでドミニカ島と命名されたという。先住民のカリブ族は高い山々からなるこの島の事を高い彼女の体を意味するWai'tukubuliと呼んでいた。


1.面積:790平方キロメートル(奄美大島とほぼ同じ)
2.人口:6.7万人(2009年 ECLAC)
3.首都:ロゾー
4.民族:アフリカ系、ヨーロッパ系、シリア系、カリブ族
5.言語:英語(公用語)、フランス語系パトワ語
6.宗教:キリスト教(カトリック、プロテスタント等)等

1493年 コロンブスにより「発見」
1805年 英国植民地
1958年〜1962年 英領西インド諸島連邦に加盟
1967年 英国自治領
1978年 独立

pagetop

■主要産業:農業(バナナ、ココナツ、柑橘類)、観光業、製造業(石鹸等)

■主要貿易品目(1)輸出 バナナ、石鹸、野菜(2)輸入 機械・輸送機器、工業製品、食料品、化学製品


東カリブ・ドル
カリブ海の8つの国家と地域で使われて、東カリブ諸国機構の東カリブ通貨同盟で発行される通貨。英語名が「East Caribbean dollar」なのでしばしばECドルともいう。そのうちアンティグア・バーブーダ、ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の6つは独立国である。残りの2つ、アンギラとモントセラトはイギリスの海外領土である。


イギリス連邦
Commonwealth of Nations、旧名 British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、イギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。

パリ条約 (1763年)
Treaty of Paris、は、ヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争[1]とインドのカーナティック戦争などの講和条約。1763年にイギリス、フランス、スペインの間で締結され、欧州外での覇権は(西欧諸国の中では)イギリスが握る時代の幕開けとなった[2]。イギリスはこの時、西インド諸島のグアドループ、マルティニーク、セントルシア、セネガル沖のゴレ島、インドの商業都市などをフランスに返還した。フランスはかわりに上記以外に西インド諸島ではドミニカ、グレナダ、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、トバゴ島をイギリスに返還した。

pagetop


グレナダ侵攻
Invasion of Grenadaとは、1983年にカリブ海に浮かぶ島国グレナダでクーデターが起きた際、アメリカ軍および東カリブ諸国機構参加国軍が侵攻した事件である。イギリスの植民地であったグレナダは1974年に独立した。当時、首相だったエリック・ゲーリーとその一族は組織化したギャングによる敵対派への厳しい対応で知られており、外国資本と癒着し独裁を強め失業と貧困が広がり深刻化していった。


米州ボリバル同盟
反米・左派的な中南米(ラテンアメリカ・カリブ)諸国8カ国が加盟している政治・経済協力の国際組織である。結成時の名称は米州ボリバル代替統合構想。スペイン語(大半の参加国の公用語)名称は Alianza Bolivariana para los Pueblos de Nuestra America で、ALBA(アルバ)と略す。これはスペイン語で「夜明け」という意味でもある。英語(一部参加国の公用語)名称は Bolivarian Alliance for the Americas。「ボリバル」は、南米諸国独立運動の英雄シモン・ボリバルのことである。


地域安全保障システム
Regional Security System、RSSは、東カリブ海地域の安全保障協定である。1970年代後半から1980年代前半にかけて、地域の安定に影響を与えていた軍事的脅威への集団的対応の必要性から1982年に設立された。

pagetop


■政治
ドミニカ労働党 Dominica Labour Party 通称 Labour  現在(2009年12月)の与党。統一労働者党  United Workers Party  通称 Workers 野党。ドミニカ自由党 Dominica Freedom Party 通称 Freedom 野党(現在議席なし)先住民のカリブ族にはドミニカ国政府とは別に島の北東の海岸に3700エーカーのテリトリーを持ち、1903年以来、自治政府が設けられている。カリブ評議会があり、首長と評議会代表として大臣がいる。首長は5年任期であり、また議会の1代表も選挙で決める。1930年のカリブ戦争とも呼ばれた、ドミニカ国政府の警察による強制的な密輸捜査が切っ掛けで起きた、警察とカリブ族との衝突事件はカリブ族の主権の危機に陥った。


ドミニカ国際連合事務総長代表使節団
Mission of the Representative of the Secretary-General in the Dominican Republic,DOMREP)は、1965年から1966年にかけてドミニカ共和国で活動した国際連合平和維持活動。1961年に独裁者的な大統領のラファエル・トルヒーヨが暗殺されて以降、ドミニカ共和国は政情不安定な状態が続いていた。1962年にフアン・ボッシュ・ガビノが大統領となるが、その急進的な社会制度改革には反発もあり、クーデターやカウンタークーデターが繰り返された。軍部も分裂し、内戦状態に至った。

西インド連邦
West Indies Federation)は、1958年から1962年までの間に存在したイギリス連邦内の自治国である。カリブ海地域のイギリス植民地で構成され、連邦制を採用していた。カリブ海のイギリス領島嶼を統合し、将来的な独立を視野に入れた、外交と防衛を除く自治権を有する半独立国としてスタートした。しかし、広大なカリブ海に点在する島々を無理矢理繋ぎ合わせたため、島によって人種、産業、政治制度、歴史の相違は著しく、国の中心的役割を担うトリニダード島とジャマイカ島は1500キロメートルもの隔たりがあるなど、当初から問題は山積していた。

pagetop


コロニアル
(colonial)とは、植民地を示す英語のコロニー (colony)またはスペイン語のコロニア (colonia)の形容詞形で、「植民地の」という意味の言葉である。中南米では、コロニアルはスペイン統治時代のことを指す。 例えば、スペイン統治時代の建物の形式(白い建物でベランダをつける等)を「コロニアル様式」などと言ったりする。


■経済
バナナが経済の中心である。観光業は他のカリブ諸島と比べると遅れているが、国の有望な産業でもある。ドミニカの通貨はEast Caribbean Dollar(東カリブ・ドル)である(sign: $; code: XCD)。


バナナ
甘蕉、実芭蕉、学名 Musa spp. はバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称。また、その果実のこと。いくつかの原種から育種された多年草である。原産地は熱帯アジア、マレーシアなど。バナナの栽培の歴史はパプアニューギニアから始まったと考えられている。果皮の色は品種によって異なり、一般的に知られるものは緑色から黄色であるが、桃色から紫まで多様である。

クレオール料理
フランス、スペイン、フランス領アンティル、西アフリカ、そして南北アメリカの食文化の影響が混合されており、イタリア料理の特徴も備えている。「聖なる三位一体(Holy Trinity)」(料理のベースとなる、タマネギ、セロリ、ピーマンを炒めたもの)や使用する食材はケイジャン料理と漠然と似ており、ガンボやジャンバラヤなどの料理は両者に共通している。

pagetop


パトワ
Patoisは、言語学における公式の定義ではないが、ある地域(特にヨーロッパのフランス語圏)の標準語や有力言語に対する方言や少数言語全般を指す用語である。パトワという用語は、フランスと他のフランス語圏の国々では、1643年以来、非パリ風フランス語と、ブルトン語、オック語、アルピタン語などのいわゆる地域言語を指すのに使用されてきた。フランス語の"patois"の由来は不確かである。ひとつの説では、「不器用に扱う、不器用にいじる」を意味する古フランス語の"patoier"から派生したとする。したがって、この語感は、不器用な物言いという概念から起こったのかもしれない。別の説では、ラテン語で故郷を意味する"patria"から借用され、言語の変種の地方での広がりを指しているとされる。


クレオール言語
意思疎通ができない異なる言語の商人らなどの間で自然に作り上げられた言語(ピジン言語)が、その話者達の子供によって母語として話されるようになった言語を指す。公用語や共通語として話されている地域・国もある。ピジン言語では文法の発達が不十分で発音・語彙も個人差が大きく複雑な意思疎通が不可能なのに対し、クレオール言語の段階ではそれらの要素が発達・統一され、複雑な意思疎通が可能になる。

pagetop


アラワク族
Arawakとは、南米ボリビアの北西部やペルーのモンクーナヤ地方、スリナムとガイアナおよびアマゾン下流域などに定住するインディアンで、アラワク語を話す。かつては南米からカヌーでカリブ海の島々に渡り住んでいた。スペイン人が新大陸侵攻を始める前は、カシーケと言われる首長を頂点に、近隣の部族との戦争でとらえられた捕虜を奴隷として使う成層社会を形成していた。スペイン人による新大陸侵入以来、アラワク族は急激にその数を減じて行った。特に、西インド諸島に定住していたアラワク族は、敵対していたカリブ族やヨーロッパ人の侵攻などにより、民族としての滅亡への道を辿る。小アンティル諸島に定住していたアラワク族は、まず、同じ南米から来たカリブ族に追いやられた。そして、西インド諸島の島々がヨーロッパ人により次々と征服されると、キューバやジャマイカやイスパニョーラ島など大アンティル諸島の島々に定住していたアラワク族は強制労働を強いられた。追い討ちをかけるように、ヨーロッパ人が持ち込んだ病気により、免疫力が殆ど無いアラワク族は激減して行った。その結果、現在では、西インド諸島では民族としてのアラワク族は存在しない。

カリブ族
Caribsとは南アメリカを原住地とするカリブ語系のインディオである。西インド諸島は小アンティル諸島の島嶼カリブ、中米カリブ海沿岸のブラック・カリブ、コロンビア、南アメリカのベネズエラ、ガイアナ、スリナム、仏領ギアナ、ブラジルに散在する大陸カリブの3つに区分される。バーベキューやハリケーン、カニバルなどの単語をもたらした。小アンティル諸島に居住していた。コロンブスの到来の約100年前には南アメリカから小アンティル諸島を北上し、先住民のアラワク族を征服した。大アンティル諸島のタイノ族も襲っていたが、プエルトリコの東部を除き、定住していたかは不明である。

pagetop



birthnew850

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダムラナコルラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ