bars60

バハマ国
Commonwealth of The Bahamas
<中南米>

北中アメリカ

■地理
バハマ諸島は約700の島々と2,400の岩礁からなるほぼサンゴ礁の群島である。うち、30の島々に人が住む。ニュー・プロビデンス島にはバハマの首都ナッソーがある。


大西洋
Atlantic Ocean)とは、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。 なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。

西インド諸島
West Indies、は、南北アメリカ大陸に挟まれたカリブ海域にある群島である。アメリカ合衆国のフロリダ半島南端、および、メキシコのユカタン半島東端から、ベネズエラの北西部沿岸にかけて、少なくとも7000の島、小島、岩礁、珊瑚礁がカーブを描くようにして連なる。これらの島々が、大西洋と、メキシコ湾、カリブ海の境界線を形成している。

バハマ諸島
バハマ諸島には、約700の島がある。うち、30の島が有人島である。ニュー・プロビデンス島には、バハマの首都のナッソーがあり、バハマの中心になっている。

ビミニ
(Biminiは、バハマ西端、マイアミ(フロリダ州)から東へ81km(53マイル)に位置する諸島。主要都市:アリスタウン(Alice Town)交通:南ビミニ空港(South Bimini Airport)

アンドロス島
アンドロス島(Andros Island)は、西インド諸島はバハマにある島。面積2,323Km2で、バハマ諸島の中では一番大きな島である。首都のあるニュープロビデンス島の西方に位置する。アンドロス島は石灰岩からなるサンゴの島で、マングローブの泥地があり、クリークも多く見られる。島の東側は延長225Kmのアンドロス・バリア・リーフ(Andros Barrier Reef)になっている。主な見所はモーガンズ・ブラフ(Morgan's Bluff)で、海賊ヘンリー・モーガンが財宝を隠したと言われている場所。北部のレッド・ベイズ(Red Bays)にはアメリカのフロリダから逃亡した黒人奴隷とセミノール族の子孫が暮らす。

グランド・バハマ島
(Grand Bahama)は西インド諸島のバハマ北西部の島。
グランド・バハマ島は、バハマ諸島の中で最もアメリカ、フロリダ半島の近くに位置している。リトル・バハマ・バンクの海域にあり、島の面積は1,372Km2で、人口は約50,000人。フリーポート(Freeport)とルカヤ(Lukaya)からなる地区は、ニュー・プロビデンス島のナッソーに続くバハマ第2の都市である。

サン・サルバドル島
San Salvador Island、英名でワトリング島:Watling Islandとも言う)は、西インド諸島、バハマにある島。クリストファー・コロンブスが新大陸発見の後、最初に上陸した島だと言われている。バハマ諸島の東の端、大西洋に面した位置にある。面積は175km2で、人口950人が住む。島の中心地はコックバーンタウン。

エルーセラ島
(Eleuthera)とは西インド諸島はバハマにある島。エリューセラ島とも表記される。長細いサンゴ岩礁の島で、バハマ諸島では2番目に大きな島で、面積は425km2。人口約10,000人が住み、島民の経済収入は、主に農業と漁業が中心。島にはガバナーズ・ハーバー(Governor's Harbour)、ダンモア・タウン(Dunmore Town、ハーバー島)、ロック・サウンド(Rock Sound)、スパニッシュ・ウェルズ(Spanish Wells)などの町がある。 美しいサンゴ礁に囲まれた海岸は観光客が訪れる。島北部近くのハーバー島(Harbour Island)では約5kmにわたるピンク色の浜をしたピンク・ビーチ(Pink Beach)が有名。

イナグア島
(Inagua Island)とは西インド諸島のバハマにある島で、大きい方のグレート・イナグア島(Great Inagua Island)と小さい方のリトル・イナグア島(Little Inagua Island)からなる。バハマ諸島の最南端に位置し、キューバとイスパニョーラ島(ハイチ)の近くにある。東にはイギリス領カイコス諸島がある。グレート・イナグア島とリトル・イナグア島共にイナグア島を結成し、面積はグレート・イナグア島が1,544km2でリトル・イナグア島が30km2である。人口は約1500人で、全てグレート・イナグア島に住み、リトル・イナグア島は無人島である。中心地はグレート・イナグア島のマシュー・タウン(Matthew Town)。

ダブル・ヘディッド・ショット諸島
(double headed shot Cays)とはカリブ海のバハマに属する島々。バハマ諸島の中では一番西の方にある。フロリダ半島の南、キューバの中央海岸から北に位置する。ケイ・サル・バンク(Cay Sal Bank)の海域に、アンギラ島(Anguilla Cays)、サル島(Cay Sal)、ダマス島(Damas Cays)、エルボー島(Elbow Cays)、デッドマン島(Deadman's Cays)、ムエルトス島(Muertos Cays)、ドッグ・ロックス(Dog Rocks)などのケイ(Cay)と呼ばれる無数の小さな岩礁の島々からなり、美しい環礁に囲まれた島々の海はダイビングに適している。島には灯台がある。


アラワク族
Arawakとは、南米ボリビアの北西部やペルーのモンクーナヤ地方、スリナムとガイアナおよびアマゾン下流域などに定住するインディアンで、アラワク語を話す。スペイン人による新大陸侵入以来、アラワク族は急激にその数を減じて行った。特に、西インド諸島に定住していたアラワク族は、敵対していたカリブ族やヨーロッパ人の侵攻などにより、民族としての滅亡への道を辿る。


セミノール
セミノール(Seminole)は、もともとはフロリダ州のインディアンで、現在はその州とオクラホマ州に住んでいる。セミノールは18世紀に出現し、ジョージア州、ミシシッピ州、アラバマ州、そしてフロリダ州から来たインディアンで構成され、もっとも著しく多かったのはクリーク族で、サウス・カロライナ州とジョージア州の奴隷制度から逃亡してきたアフリカ系アメリカ人と同じくらい多かった。


<歴史>
■1492年10月12日
イタリア人クリストファー・コロンブスが到達。上陸した島がサン・サルバドル島(サマナ島と言う島だと言う説もある)と名づけられた。これがコロンブスによる新大陸の発見となる。コロンブスの開いたスペインからバハマのルートを通って、多くのヨーロッパ人がやって来ると、島に居た先住民のインディオは強制労働やヨーロッパ人が持ち込んだ疫病などで死に絶えてしまった。16世紀には絶滅してしまったインディオの代わりにアフリカから初めて、奴隷として多くの黒人がバハマ諸島に連れて来られた。

■1647年
イギリスが植民地化を開始する。1718年にイギリスは、「黒髭」と呼ばれたエドワード・ティーチ (Edward Teach) をはじめとする海賊たちの拠点だったバハマに対し、ウッズ・ロジャーズ (Woodes Rogers) を初代総督(Royal Governor of the Bahamas) に任じ掃討を命じた。1783年、ヴェルサイユ条約において正式にイギリス領と認められる。

■1776年
アメリカ独立戦争から逃れようとしたイギリス王党派が、多くの黒人奴隷を引き連れて移り住む。1782年から83年にかけて、スペインに占領される。しかし、領有権を取り戻したイギリスは、その年に奴隷を解放。1920年から1933年までは、アメリカで禁酒法が制定され、これにより、バハマは酒などの密輸の一大中心地となった。1940年から1945年まで、ウィンザー公(元イギリス国王エドワード8世)がバハマ総督を務める。1945年以後、反植民地運動が起こった。

■1964年1月7日
自治権獲得。1969年、 "Commonwealth of the Bahama Islands" に改称。1973年7月10日、独立。国名を "Commonwealth of The Bahamas" とする。英連邦王国の一国として独立した。1976年に商船用に便宜置籍国の国旗を設置。

■1983年
バハマ政府が関与した麻薬密輸のスキャンダルが発覚。1987年、総選挙でも麻薬密売に関するスキャンダルを乗り越え与党が大勝した。

■1992年
長期にわたった進歩自由党のリンデン・ピンドリング政権はヒューバート・イングラハム政権にかわった。


カジノ
(casino)は、ギャンブルを行う施設の一つ。ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。語源は家を指すイタリア語の「Casa」に縮小の語尾「-ino」が付いたものである。カジノはヨーロッパ起源とされる。ルイ15世の時代にフランスにおいて、カジノの元となる上流階級向けや庶民向けの賭博場が広まった。フランス革命によって王政が倒れると賭博に対する制限が無くなり更に流行したが、総裁政府の時代には賭博場を公認としてコントロールしつつ、課税するようになった。


タックス・ヘイヴン
tax haven)とは、一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のことである。租税回避地(そぜいかいひち)とも呼ばれる。「ヘイヴン」 (haven) は、英語で「避難所」の意である。タックス・ヘイヴンは、小さな島国など産業が発達しない国が、国際物流の拠点となることを促進するために作った制度である。貿易の拠点となれば定期的に寄港する船乗りなどが外貨を消費するため、海洋国家にとっては有利な方法だと考えられてきた。


 

クリストファー・コロンブス
Christopher Columbus、1451年頃 - 1506年5月20日)は探検家・航海者・コンキスタドール、奴隷商人。定説ではイタリアのジェノヴァ出身。大航海時代においてキリスト教世界の白人としては最初にアメリカ海域へ到達したひとりである。コロンブスと海とのかかわりは10代の頃から始まった。最初は父親の仕事を手伝って船に乗り、1472年にはアンジュー公ルネから対立するアラゴン王国のガレー船・フェルナンディア号拿捕の命を受けた船に乗ってチュニスに向かったという説もある。

フアン・ポンセ・デ・レオン
(Juan Ponce de Leó冪遯 1460年 - 1521年7月)は、スペインの探検家、コンキスタドール。スペインの都市サンテルバス・デ・カンポス(バリャドリッド県)に生まれる。若い頃より、イベリア半島にあるムーア人最期の地、グラナダ征服の戦争に参加する等していた。ポンセ・デ・レオンは新世界への2度目の航海で、クリストファー・コロンブスにも同行している。

アイビー・ダモント
アイビー・リオーナ・ダモント卿(Dame Ivy Leona Dumont, 1930年10月2日 - )は、バハマ国総督。バハマ総督としては初の女性総督であり、2002年1月1日に就任し(2001年11月13日より臨時代行)、2005年11月までその職にあった。

アルバート・カートライト
(Albert Cartwright Jr,1987年10月31日-)は、バハマ・ナッソー出身の野球選手(二塁手)。現在はフィラデルフィア・フィリーズ傘下のAA級リーディング・フィリーズに所属する。右投右打。2012年には第3回WBCのイギリス代表に選ばれた。

バハマ Bahamas
西インド諸島のバハマ諸島を領有する国家。英語圏に属し、イギリス連邦の加盟国であると同時に英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。島国であり、海を隔てて北西にアメリカ合衆国のフロリダ半島が、南西にキューバが、南東にハイチが存在する。首都はニュー・プロビデンス島のナッソー。

ナッソー
ナッソー(Nassau)は、バハマの首都。2000年における人口は約21万人。ニュープロビデンス島に位置する。北緯25度に位置するため熱帯性の気候で、ナイトライフ(カジノ)や海水浴を楽しむ旅行客が多く訪れる。ナッソーは当初、チャーチル・タウンとして設立されたが、後にオラニエ=ナッサウ家(英語ではOrange-Nassau)出身のウィリアム3世にちなんでナッソーと名づけられた。


リンデン・ピンドリング国際空港
Lynden Pindling International Airportは、ニュー・プロビデンス島のナッソー近郊にある空港。バハマの中心となる空港である。旧名ナッソー国際空港であり、2006年7月に名称が変更された。

ニュープロビデンス島
New Providenceとは西インド諸島バハマ諸島の主島で、バハマの首都ナッソーがある。ほぼ平坦なサンゴの島で、中央には大きなキラニー湖(Laik Killarney)がある。北部の付近にパラダイス島(Paradise Island)、サルト・キー(Salt Cay)、アソール島(Athol Island)がある。面積は207km2で、人口は21,0832人(2000年)。


外務省:バハマ国
在ジャマイカ日本国大使館兼轄


ベリー諸島
(Berry Islands、地元ではベリース、The Berriersとも言う)とはカリブ海のバハマにある諸島。ニュープロビデンス島から50Km北側に位置し、ケイ(キー、Cay)と呼ばれる約30の小さな岩礁の環礁からなる。総面積は約78Km2。人口は634人で、ベリー諸島で一番大きな島グレートハーバー・ケイ(Great Harbor Cay )に集中している。空港もある。

pagetop


■歴史
先住民のアラワク族が定住していた土地に、1492年10月12日、イタリア人クリストファー・コロンブスが到達。上陸した島がサン・サルバドル島(サマナ島と言う島だと言う説もある)と名づけられた。これがコロンブスによる新大陸の発見となる。コロンブスの開いたスペインからバハマのルートを通って、多くのヨーロッパ人がやって来ると、島に居た先住民のインディオは強制労働やヨーロッパ人が持ち込んだ疫病などで死に絶えてしまった。16世紀には絶滅してしまったインディオの代わりにアフリカから初めて、奴隷として多くの黒人がバハマ諸島に連れて来られた。


■政治
イギリスの女王を君主とし、総督をその代理人とする、立憲君主制。議会は、両院制 (二院制) 。民選議員で構成される下院 (41議席) と、与党党首の推薦により総督が任命する議員で構成される上院 (16議席) からなる。両院とも任期は5年。2007年5月の総選挙による下院の議席配分は、自由国民運動党 (FNM) が23、進歩自由党 (PLP) が18で、与野党が逆転した。

■国名
正式名称は Commonwealth of The Bahamas (英語: コムンウェルス・オブ・ザ・バハーマズ)、通称は The Bahamas。バハマは、スペイン語の Baja mar (バハマール。水位の下がった海、引き潮)から転じたという説が有力。

pagetop


1.面積:13,878平方キロメートル(700余りの小島から成る。福島県とほぼ同じ。)
2.人口:34.2万人(2009年 ECLAC)
3.首都:ナッソー
4.民族:アフリカ系 85%、欧州系白人12%、アジア系及びヒスパニック系 3%
5.言語:英語(公用語)
6.宗教:キリスト教(プロテスタント、英国国教会、カトリック等)等

1492年 コロンブスが「発見」
1782年 スペイン領となる
1783年 ヴェルサイユ条約により正式に英領となる
1964年 英国自治領となる
1973年 独立

■主要産業:観光、オフショア金融業
■主要貿易品目(1)輸出 鉱物・塩、動物、ラム酒、化学製品、果物(2)輸入 機械・輸送機器、化学製品、燃料、食品、動物


バハマ・ドル
Bahamian dollar)は、バハマ国で使用されている通貨。ISO 4217でのコードは、BSD。発行は、バハマ中央銀行。バハマは、アメリカ合衆国の南東に位置し、アメリカ合衆国ドルと1:1で取引されている。


■政治
イギリスの女王を君主とし、総督をその代理人とする、立憲君主制。議会は、両院制 (二院制) 。民選議員で構成される下院 (41議席) と、与党党首の推薦により総督が任命する議員で構成される上院 (16議席) からなる。両院とも任期は5年。2012年5月の総選挙による下院の議席配分は、進歩自由党 (PLP) が29、自由国民運動 (FNM) が9で、与野党が逆転した。


バハマの軍事
Royal Bahamas Defence Force、RBDF)は、バハマの軍事組織。2007年時点で全軍種の総員860人[2]。国家安全保障省の下、国防軍は海軍が主体となっており、これを補完する形でその他の部隊から成る。

pagetop


■経済
観光業とタックス・ヘイヴンなどの金融業が経済の中心である。首都ナッソーを始めカジノに興ずる観光客も多い。旧イギリス領であることから、日本と同様、車は左側通行であるが、地理的にアメリカ合衆国からの輸入車が多く、左ハンドル車が多く見かけられる。

■国民
人種構成は、アフリカ系黒人が 85%、白人が 12%、アジアやラテンアメリカ系人が 3%。宗教は、バプティスト 32%、英国国教会 20%、ローマ・カトリック教会 19%、メソジスト教 6%、チャーチ・オブ・ゴッド 6%、他のプロテスタント 12%、その他が2%、無宗教または不明が3%。


バプテスト教会
Baptist、は、バプテスマ(浸礼での洗礼)を行う者の意味に由来しており、イギリスの分離派思想から発生したキリスト教プロテスタントの一教派。個人の良心の自由を大事にする。バプテストは17世紀頃にイギリスで始まり、現在ではアメリカ合衆国に最も多く分布している。アメリカ合衆国の宗教人口はプロテスタントが最も多いが、その中で最も多いのがバプテストである。アメリカNo.1と言われるこの保守派に属するバプテスト派、殊に南部バプテスト連盟は、アメリカ合衆国の非カトリック教派団体として最大の規模を誇る。

pagetop

イングランド国教会
Church of England)は、16世紀のイングランド王国で成立したキリスト教会の名称、かつ世界に広がる聖公会(アングリカン・コミュニオン)のうち最初に成立し、その母体となった教会。イギリス国教会、英国国教会、また「国教会」という訳語が不正確であるとしてイングランド教会、英国聖公会[2]とも呼ばれる。

カトリック教会
Ecclesia Catholica)はローマ教皇を中心とし、全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。「カトリック」の語源はギリシア語の「カトリケー(普遍的)」やラテン語では「カトリクス(Catholicus)」等である。日本ではかつて「天主公教会」とも称された。

メソジスト
(Methodist)とは、18世紀、英国でジョン・ウェスレーによって興されたキリスト教の信仰覚醒運動の中核をなす主張であるメソジズム(Methodism)に生きた人々、および、その運動から発展したプロテスタント教会・教派に属する人々を指す。特徴としては、日課を区切った規則正しい生活方法(メソッド)を推奨した。メソジストという名称は「メソッド」を重んじることから「几帳面屋」(メソジスト)とあだ名されたことに始まった。


エリザベス2世
Elizabeth II、1926年4月21日 - はグレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)女王。同国を含むイギリス連邦王国16カ国の女王(在位:1952年2月6日 - )。イギリス国教会の首長。実名はエリザベス・アレクサンドラ・メアリー(英語: Elizabeth Alexandra Mary)。出生時においては、伯父の王太子エドワード、父に次いで第3位王位継承者であったが、当時独身のエドワードおよびその子供への王位継承が期待されており、彼女の即位を予想する者はいなかった。

pagetop

アーサー・フォルケス
Sir Arthur Alexander Foulkes、1928年5月11日 - は、バハマの政治家。バハマの総督(在任:2010年4月14日 - )。聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCMG)。1967年に下院議員に選出され、リンデン・ピンドリング(英語版)政権下でコミュニケーション相と観光相を務めた。当初は進歩自由党(PLP)に属していたが、1971年に自由国民運動(FNM)を旗揚げした。

フアン・ポンセ・デ・レオン
(Juan Ponce de Leon 1460年 - 1521年7月)は、スペインの探検家、コンキスタドール。スペインの都市サンテルバス・デ・カンポス(バリャドリッド県)に生まれる。若い頃より、イベリア半島にあるムーア人最期の地、グラナダ征服の戦争に参加する等していた。ポンセ・デ・レオンは新世界への2度目の航海で、クリストファー・コロンブスにも同行している。

黒髭
Blackbeard、1680年? - 1718年11月22日)はイギリス生まれの海賊。1716年から1718年にかけてカリブ海を荒らしまわった事で知られる。黒髭は船を襲う時は、何振りもの剣とナイフ、数丁のピストルを身につけて現れ、あだ名となった豊かな黒髭に麻の切れ端や火をつけた導火線を編みこんでいた。この余りに印象的な黒髭の姿が、後の小説や劇、映画などに登場する海賊の姿の元になった。黒髭は、バハマ諸島のナッソーとカロライナの2箇所に拠点を持っていた。ナッソーに住んでいるときに海賊共和国(Privateers Republic)の行政長官に選ばれている。ノースカロライナ州の長官、チャールズ・エデンは、協定を結び、黒髭の戦利品の一部と船舶の保護と引き換えに、恩赦を与えている。その後、元私掠船の船長であるウッズ・ロジャーズが海賊退治に乗り出し、ナッソーを襲撃し、拠点を壊滅させたため、黒髭はナッソーを放棄することを余儀なくされている。

pagetop

ウッズ・ロジャーズ
(1679年 - 1732年7月16日)は、イギリスの海賊、初代バハマ総督。ロジャーズは1709年11月から1710年1月にかけて、メキシコ、バハ・カリフォルニア・スル州サンルーカス岬周辺で活動し、マニラ・ガレオンの略奪に成功した。帰国後ロジャーズとその部下エドワード・クックによって書かれた報告は、岬周辺のインディアンに関する民族学的に重要な資料となった。ロジャーズがジョージ1世によってバハマ総督に任命されたのは、1718年2月6日のことである。彼はバハマの海賊を殺し、また追放し、エドワード・ティーチ(黒髭)を海賊共和国の行政長官 (magistrate of the "Privateers Republic") の座から引きずりおろすなど、カリブの海賊抑圧に大きな役割を果たした。1717年に知事になってからの彼は、海賊の多くに恩赦を与えた。

pagetop

 

 

bars

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロット
ユニバーソーリドメモランダム物置小屋らなこる展示室
|ラブソング
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
リンク・県別リンク・世界の国|リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト|  

サイトポリシーサイトマップリンク著作権お問い合わせ

カウンタ