bars60

オランダ王国
Kingdom of the Netherlands

ヨーロッパ

■地理
オランダはライン川下流の低湿地帯に位置し、国土の多くをポルダーと呼ばれる干拓地が占める。国土の1/4は海面下に位置する。国内の最高地点はドイツのアーヘンに近い南端のファールス(Vaals)にあるファールス山(Vaalserberg)における322.5m。ドイツ、ベルギーとの三国国境点(Drielandenpunt)に近い公園内に最高地点を示す小さな塔が築かれている。


オランダ王国
オランダ王国は現在互いに対等な立場で王国を形成している4つの国によって構成されている。女王および彼女の大臣は王国政府を形成する。憲章の第7条によれば、オランダ王国閣僚会議は、オランダ閣僚会議とそれを補完するアルバの全権公使(英語版)、キュラソー島の全権公使、シント・マールテン島の全権公使によって構成される。オランダ首相は王国閣僚会議の議長を務める。


北海
North Sea、東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。北東部のノルウェー沿岸では顕著な氷食地形をなしており、フィヨルドが連なっている。いっぽう南部沿岸は砂州と低湿地が主で、海岸沿いに砂州からなるフリジア諸島が連なる。とくに南部沿岸では浸食が激しく、オランダにあったフレヴォ湖が洪水によって海に開口し、海水の浸入によってゾイデル海となるなど、大洪水によって陸地の縮小が起こっていた。それを食い止めるために1000年ごろから特にオランダにおいて干拓が活発化し、「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」と呼ばれるほどに干拓が進んだ。

カリブ海
Caribbean Sea、は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。植民地時代から、カリブ海地域では活発な経済活動が行われている。カリブ海では年に1億7000万トンの原油が生産されており、世界最大の原油生産地域のひとつとなっている。また、カリブ海域では年に50万トンの漁獲高があり、周辺諸国では漁業が盛んに行われている。


アルバ
Arubaは、西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島。高度な自治が認められたオランダ王国の構成国。第二次世界大戦後の1954年に、オランダ領アンティル(州)の一部(県)に組み込まれたが、1986年単独の自治領(州)として分離した。現在に至るまでオランダの統治下にある。


ライン川
スイスアルプスのトーマ湖(Tomasee)に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、クレーヴェなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。

pagetop

マース川
Maas、は、フランス北東部を水源としベルギーを流れオランダで北海へ注ぐ川である。9世紀頃よりアルザス、ロレーヌ地方がフランスに併合されることとなるヴェストファーレン条約が締結された1648年まで、神聖ローマ帝国の西の国境線がこの河川であった。

ベネデン・メルウェデ川
Beneden-Merwede 直訳すると「下メルウェーデ」)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。ヴェルケンダム北岸でボーフェン・メルウェーデ川がベネーデン・メルウェーデ川とニューウェ・メルウェデ川に分岐し、ベネーデン・メルウェーデ川はそこからノールト川とアウデ・マース川に分岐するまでの約14.8kmの河川である。

マース・ワール運河
Maas-Waalkanaalは、オランダのマース川とワール川を接続するために開削された運河で、ヘルダーラント州のナイメーヘン近郊にある運河のことである。ライン川の分流であるワール川とマース川を接続することで、ライン川上流のドイツ各地と、マース川上流のベルギーやフランス北東部との航路を確保することを主な狙いとして、1920年から開削工事が始まり、1927年10月27日に供用された。

スヘルデ川
Schelde、は、フランス北部、ベルギー西部およびオランダ南西部を流れ北海に流入する川である。延長350km。名前はラテン語のScaldisに由来する。源流はフランス・エーヌ県にある。北流してベルギーに入り、ヘントでリス川(レイエ川)を合わせ、東に転じる。流域最大の都市アントウェルペン近くで西に転じ、オランダに入って北海に流入する。

ワール川
Waal)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。ライン川はオランダに入ってすぐの、ラインヴァールデン基礎自治体のパネルデン地区付近で北側にパネルデン運河(下流はレク川を経由して北海へ)、南側にワール川にと2分岐する。


ボネール島
Bonaire)は、カリブ海南部のベネズエラ沖合にあるオランダ領の島。ボネールとはアラワク諸族のカケティオス語の言葉で、低い土地を意味するBonayからなる。スペイン、ポルトガルはBojnajと呼び、後にスペルを変更しボネールとなった。フラミンゴの生息地として知られている。

キュラソー島
ベネズエラの北約60kmのカリブ海に位置するオランダ自治領の島。面積は448km2。人口173.400人(2006年)で、主都はウィレムスタッド。

シント・ユースタティウス島
(Sint Eustatius)は、カリブ海のリーワード諸島(小アンティル諸島北部)にある、オランダ領の島である。面積21km2の小さな火山島で、中心地は港町のオラニエスタッド(オレンジタウン)。18世紀には交易の中心地として繁栄した。

サバ島
(Saba)は、カリブ海のリーワード諸島(小アンティル諸島北部)にある、オランダ領の島である。断崖絶壁に囲まれた小さく急峻な火山島で、島の中央にそびえるシーナリー山(英語版)(877m)はオランダ領土の最高峰である。

フリースラント諸島
Waadeilannen、は、ヨーロッパ北西部、北海東側に連なる諸島。フリースラント地域の一部である。オランダとドイツの2カ国の沿岸をまたいで東西に広がる。古くからフリース人の定住する地域であった。フリースラント諸島とヨーロッパ本土で囲まれた海域・湿地帯はワッデン海と呼ばれる。

pagetop


シント・マールテン
Sint Maartenは、カリブ海のリーワード諸島(小アンティル諸島北部)にあるセント・マーチン島(オランダ語名: シント・マールテン島)南部にあるオランダの自治領。2010年10月、オランダ領アンティルは解体された。シント・マールテンはオランダの自治領となり、アルバやキュラソーとともにオランダ本国と対等な、オランダ王国の構成国となった。


デルタ計画
Deltawerken デルタウェルケン)とは、オランダのライン川河口の三角州(デルタ)を高潮から守るために作られたダム・堤防・水門・閘門などの一連の治水構造物建設およびその計画である。ライン川、マース川、スヘルデ川の河口に形作られた三角州は、何世紀もの間洪水に悩まされてきた。ゾイデル海開発でのアフシュライトダイク(堤防)が1933年に完成しオランダ中央部の治水対策が一定進んだ事に伴い、次にライン川とマース川の河口三角州の治水対策が計画された。

 


ロッテルダム港
Haven van Rotterdam ハーフェン・ファン・ロッテルダム)は、オランダ・ロッテルダムにある港湾で、世界第三位の貨物取扱量を誇る、ヨーロッパ最大の港である。ライン川が北海に注ぐ直前に位置し、外洋と河川の結節点として発展した。世界最大の石油化学工業地帯でもあり、石油メジャー各社のコンビナートが林立している。

アイセル湖
IJsselmeer アイセルメーア)はオランダの北ホラント州とフレヴォラント州・フリースラント州の間にある湖。広さは約1250 km2で深さは5〜6mと浅く、標高は海面下6mである。13世紀まではフレヴォ湖という淡水湖で、周囲は泥炭地であったが、海面上昇や高潮、洪水などにより海水が砂丘を破って侵入したためゾイデル海と呼ばれるようになった。 20世紀になって、高潮被害防止と干拓事業を目的としたゾイデル海開発により建設されたアフシュライトダイク(大堤防)によって、海から切り離され出来たのがこのアイセル湖である。

マルケル湖
Markermeer マルケルメーア)は、オランダの北ホラント州とフレヴォラント州の間にある湖。かつてこの湖はゾイデル海の一部であったが、高潮被害防止と干拓事業を目的としたゾイデル海開発の主要事業で、1933年に完成したアフシュライトダイク(大堤防)により淡水湖となったアイセル湖の南側部分である。

ゾイデル海開発
Zuiderzeewerkenとは、オランダのゾイデル海をアフシュライトダイク(堤防)によって北海から遮り、高潮被害防止と干拓事業を目的とした20世紀に行われた大規模な土木開発計画である。ゾイデル海を北海から遮断する全長32kmのアフシュライトダイク(大堤防)を建設する工事が始まったのが1927年であり、この時にゾイデル海開発が本格的に始まった。建設は予想より順調に進んで1932年5月に完成し、外海から隔離されたゾイデル海は淡水化されアイセル湖となった。

オランダの歴史
古代のネーデルラント(低地地方)はライン川下流以南がローマ帝国領、以北はフランク人やフリース人などが住むゲルマン系諸族の土地であった。森林が多い低地帯で、バタウィ族やフリース族などが共存していた。ネーデルラント(低地地方)は紀元前58年、ガイウス・ユリウス・カエサルが率いるローマ帝国軍の侵攻を受け、ローマ帝国領最北端の地域に編入された(ガリア戦争)。ただし、帝国軍はネーデルラント北部のフリースラント地方の大部分は平定することが出来なかった。

ネーデルラント連邦共和国
Republic of the United Netherlandsは、16世紀から18世紀にかけて現在のオランダおよびベルギー北部(フランデレン地域)に存在した国家。現在のオランダ王国の原型であり、オランダ共和国などとも呼ばれる。

オランダ海上帝国
Dutch Empireは、17世紀から18世紀にかけてオランダ(ネーデルラント連邦共和国)が本国及び植民地を拡大して築いた植民地支配及び交易体制を指す。17世紀初頭、ネーデルラント連邦共和国はオランダ東インド会社を設立、東インドに進出してポルトガルから香料貿易を奪い、さらにオランダ西インド会社も設立するなどして次第に植民地を拡大し、黄金時代を迎えた。17世紀から18世紀にかけて植民地主義大国として飛躍したことから、本国及び植民地一帯を指してオランダ海上帝国という。

オラニエ=ナッサウ家
(Huis Oranje-Nassau)は、現在のオランダ王室。元はドイツ西部のライン地方を発祥とする諸侯の家系であるナッサウ家の支流である。ネーデルラント連邦共和国時代には、総督の地位をほとんど独占した。ナッサウ家のうちナッサウ=ディレンブルク伯オットー1世 の家系は、14世紀から15世紀にかけてネーデルラントに勢力を伸ばし、随一の名門となっていた。


岩倉使節団
明治維新期の明治4年11月12日(1871年12月23日)から明治6年(1873年)9月13日まで、日本からアメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国に派遣した大使節団である。岩倉具視を正使とし、政府首脳陣や留学生を含む総勢107名で構成された。明治4年(1871年)11月12日(陰暦)に横浜港を船で出発し、太平洋を渡り、カリフォルニア州のサンフランシスコに上陸。アメリカ大陸を横断しワシントンD.C.を訪問したが、アメリカには約8ヶ月もの長期滞在となる。その後、大西洋を渡り、ヨーロッパ各国を訪問した。ヨーロッパでの訪問国は、イギリス(4ヶ月)、フランス(2ヶ月)、ベルギー、オランダ、ドイツ(3週間)、ロシア(2週間)、デンマーク、スウェーデン、イタリア、オーストリア(ウィーン万国博覧会を視察)、スイスの12カ国に上る。


ハプスブルク家
Haus Habsburgは、現在のスイス領内に発祥したドイツ系の貴族の家系。古代ラテン人の有力貴族であるユリウス一門(カエサル家)の末裔を自称し、中世の血縁制度を利用した政略結婚により広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、オーストリア大公国、スペイン王国、ナポリ王国、トスカーナ大公国、ボヘミア王国、ハンガリー王国、オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)などの大公・国王・皇帝の家系となった。

pagetop

ナッサウ家
Haus Nassau)は、ドイツ西部のライン地方を発祥としたヨーロッパの貴族、王家。1代限りだが神聖ローマ皇帝も出した家系で、現在のオランダ王家であるオラニエ=ナッサウ家、ルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家はともに同家の流れをくんでいる。

カルヴァン主義
Calvinismとは、すべての上にある神の主権を強調する神学体系、およびクリスチャン生活の実践である。宗教改革の思想家ジャン・カルヴァンにちなんでカルヴァン主義と名づけられている。このプロテスタントのキリスト教は、改革派の伝統、改革派信仰、改革派神学と呼ばれる。

ネーデルラント
Netherlands とは、「低地の国々」を意味し、現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3ヶ国(ベネルクス)にあたる低地地域内に存在した諸邦群を表す歴史学用語。1648年にヴェストファーレン条約によってスペイン・ハプスブルク家の支配から独立した。北部7州は連邦制・共和制(ネーデルラント連邦共和国)、フランスの支配(バタヴィア共和国、ホラント王国、フランス帝国への併合)を経て、オラニエ=ナッサウ家を王家とする現在のネーデルラント王国(オランダ)に到る。


フリース人
Frisiansとは、ゲルマン人の中でオランダとドイツの北海沿岸のフリースラントに居住していた民族集団をさす。一般的に体格ががっちりして背が高く、薄い金髪の民族である。

フリジア語
risian)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派の西ゲルマン語群アングロ・フリジア語群(英語版)に属するフリースラント固有の言語である。フリース語、フリスク語、フリースラント語、フリースランド語 とも呼ばれる。フリースラントは、オランダのフリースラント州周辺およびドイツの北海沿岸にまたがる。

パピアメント語
西インド諸島のアルバ島とボネール島、そしてキュラソー島の ABC諸島で話される言語である。元々それらの島はオランダの海外領土であり、ポルトガル語とスペイン語の影響が強く、それらが単語の約60%程を、オランダ語などが約25%を占める、混合したクレオール言語である。話者の殆どが二言語もしくは三言語話者である。使用人口は約32万9000人。


フランク人
Frankenは、西ヨーロッパにおいてフランク王国を建国した事で知られる部族集団。ラテン語ではFranci(フランキ)。語義は「自由な人」「勇敢な人」を意味すると言われ、英語で率直な性格を表す「フランク」の語源ともなった。また彼らの持つ独特の武器(フランキスカ)が民族名の元となったという説もある。フランクは、紀元前1世紀の「ガリア戦記」や1世紀の「ゲルマニア」に記録されたような他の古い勢力と違い、その存在は3世紀半ばになってから歴史上に現れる。しかも、他のゲルマニアの民族(部族)名が特定の集団を指したのに対し、「フランク人」は、ライン川とウェーザー川の間の地域に居住したカマウィ人やブルクテリ人といった複数の民族の総称として用いられた。

フランキスカ
(francisca)は、フランク族が投擲武器として用いた戦斧。様々な形があるが、概ね柄から刃にむけて湾曲している形状を有している。投擲向きに改良された物は重心が安定するように刃の部分が小さく柄の部分が太く作られており、さらに敵からフランキスカを投げ返されるのを防ぐ為に柄を折れやすくしたり、刃が抜けにくくなるように改良した物もあった。サクスをよく用いたサクソン族と同じくフランク族の名称はこの武器を頻繁に使った部族であったことに由来するとされる。

pagetop

ベネルクス
(Benelux) は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国の集合を指し示す名称。この3か国はいずれも立憲君主制を採用している。周辺の国に比べて国土が狭いという特徴があり、3か国すべてを合わせても、国土面積は隣国ドイツの1/5、フランスの1/9程度に過ぎない。

英蘭戦争
Anglo-Dutch Wars)は、17世紀後半の3次にわたるイングランドとオランダの戦争であるが、18世紀の戦争も同様に呼ばれる。海戦が中心で双方とも相手方の本土に侵攻することはなく、いずれも中途半端な結果に終わった。18世紀に行われた第四次英蘭戦争により、オランダの国力は疲弊し、海上交易における優勢を失った。

マーケット・ガーデン作戦
Operation Market Garden)は、第二次世界大戦中の1944年9月に行われた連合国軍の作戦。 連合軍がドイツ国内へ進撃する上で大きな障害となるオランダ国内の複数の河川を越えるために、空挺部隊を使用して同時に多くの橋を奪取する作戦であった。

ホラント王国
Kingdom of Holland)は、1806年から1810年まで現在のオランダに存在したフランス帝国の衛星国。この王国を指してオランダ王国と呼ぶこともある。フランス皇帝ナポレオン1世によって送り込まれた弟ルイ・ボナパルト(ローデウェイク1世)を国王とし、バタヴィア共和国に代わって成立した。国名は、かつてネーデルラント連邦共和国において中心的な存在であったホラント州に由来する。


<世界遺産>
スホクランドとその周辺
オランダ・フレヴォラント州の干拓地北東ポルダーにある、もとはゾイデル海に浮かぶ島であった場所。スホクラントが周りから高くなっているのは、最終氷期の氷河地形の名残であり、氷河が流れたあとに形成した土手がもとになっている。古代には広い低湿地が広がっていたオランダ北西部は、北海の海水面上昇と南への海水の進入により巨大な湾であるゾイデル海へと変わった。

アムステルダムのディフェンス・ライン
42の要塞が配置された全長135キロに及ぶ堤防で、各要塞はアムステルダム中心部から10 - 15kmに位置しており、戦時には防衛の為に低地部が容易に冠水するように設計されていた。冠水時の水深は30cm程度で、ボートが使えないように配慮されていた。また、防塞線の1km以内の建造物は、可燃性や可動性を考慮されて木製だった。

キンデルダイク-エルスハウトの風車群
アルブラセルワールト干拓地の排水を行うために、1740年代に19台の風車が建設された。この風車網は、オランダ国内で最大規模のものである。また、オランダの観光地の中で最もよく知られた場所のひとつである。

港町ヴィレムスタットの歴史地域

D.F.ワォーダ蒸気水揚げポンプ場
フリースラント州南部のアイセル湖に面する町レメル (Lemmer) にある蒸気式揚水場で、世界最大の設備を有する。1920年に完成。名称は建築に携わった技師D.F.ヴァウダ(Dirk Frederik Wouda, 1880年 - 1961年)にちなむ。

ドゥローフマーケライ・デ・ベームスター/ベームスター干拓地
元々は、オランダ東インド会社の海外派遣の食糧確保を目的として、農地の創出を企図したものであり、風車を利用して水を排出した。実際に農地として使われ始めたものの、排水の不十分さが原因で、一度は牧草地に転用された。

リートフェルト設計 シュレーダー邸
オランダのユトレヒト市内にあり、1924年に、オランダ人建築家ヘリット・リートフェルトによって未亡人のトゥルース・シュレーダー・シュラーダーと3人の子供たちのために設計、建築された邸宅である。設計の段階で、シュレーダー夫人は、リートフェルトに、この家には、壁を設けないように依頼した。 また、この邸宅は、デ・ステイル建築の最も知られた建築物である。赤・黄・青・白・灰・黒の線と面によって構成されたこの邸宅は、1917年に発表された「赤と青のいす」の造形原理を発展させたものである。2000年に、建築分野の現代の運動の証の1つとして見なされ、ユネスコの世界遺産に登録された。

アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域
「北のヴェネツィア」と呼ばれる都市のひとつであるオランダの憲法上の首都アムステルダムは、100km 以上の運河と、約90の島々、そして1500もの橋から成り立っている。アムステルダムの運河システムの多くは、都市計画の優れた産物である。アムステルダムは、オランダ独立戦争を境に没落していったアントウェルペンに代わり、16世紀末以降、国際的な中継貿易の拠点となっていった。


■農業
農業の全体の産業に占める割合は小さいものの、依然として重要な産業のひとつとなっている。高度な集約化・機械化により農業の生産性はヨーロッパ連合諸国の中でも高く、農民の生活は総じて豊かである。オランダ農業の発展は、土壌本来の肥沃さよりも創意と労力に負うところが大きく、土地はむしろやせている。


■エネルギー
オランダは天然ガスの世界第9位の産出国であり輸出国でもある。一方、石油や石炭は輸入している。一次エネルギー供給量の83%は国内生産で賄われている。天然ガスは、EU諸国内で2番目(世界では9番目)の生産量であり、EU内での総生産量の約30%に達している。2005年の推計では50〜60兆立方フィートの埋蔵量があると言われており、世界全体の埋蔵量の0.9%を占めている。


■通信・放送
インターネット接続の普及率は欧州諸国内で最高の約80%(2005年12月〜2006年1月欧州委員会調査。欧州平均は約40%)に達している。国内殆ど全ての地域でDSLとケーブルインターネットの高速接続が利用でき、高速接続の普及率は31.9%(2006年、OECD調査)とデンマークに続いて2位であり、日本の20.2%より高い水準にある。


マウリッツ・エッシャー
Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 - 1972年3月27日はウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家(版画家)である。建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。13歳まで土木技術について学び、ピアノのレッスンを受けていた。1937年にはベルギーに移り、1934年5月13日に2回目のアルハンブラ宮殿訪問をはたした。妻と共に宮殿の洗練された模様の膨大なスケッチをとり、ホテルで彩色している。旅行後は結晶学者であった兄のB.G.エッシャーから『結晶学時報』を読んでみるように勧められた。公式サイト

マタ・ハリ
Mata Hari、1876年8月7日 - 1917年10月15日はフランスのパリを中心に活躍したマレー系オランダ人の踊り子(ダンサー)、ストリッパー、Courtesan(フランス語:高級売春婦)。第一次世界大戦中にスパイ容疑でフランスに捕らえられ、有罪判決を受けて処刑された[1]。「マタ・ハリ」はダンサーとしての芸名であり、本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ(Margaretha Geertruida Zelle)。世界で最も有名な女スパイとして、女スパイの代名詞的存在となった。

バルト・ボーク
Bart Jan Bok 、1906年4月28日 - 1983年4月28日はオランダ生まれで、後にアメリカ合衆国の市民権を得た天文学者である。バート・ボック(あるいはボク)とも表記される。宇宙の構造を研究し、ガス星雲の中の小さい暗い斑点状の天体、ボーク・グロビュール(Bok globules:ボーク小球体、ボーク胞子)を発見した。

ヤン・オールト
an Hendrik Oort、1900年4月28日 - 1992年11月5日は、オランダの天文学者・天体物理学者。まれにオーアトと表記されることもある。 恒星の運動を統計的に研究し、銀河系にある恒星が地球から見ていて座方向にある一点を中心に公転していることを示し、さらに電波望遠鏡を用いて銀河系の渦巻き構造を明らかにした。また、長周期彗星の源としてオールトの雲の存在を提唱したことでも知られる。

アンドレ・リュウ
オランダの音楽家・指揮者・ヴァイオリニスト。マーストリヒト出身。世界中で演奏活動を行い、ヨーロッパやアメリカで爆発的な人気を誇っている音楽家である。近年では日本をはじめ、アジア各国でもその演奏は知られるようになった。

ヤーコプ・ファン・ロイスダール
Jacob Izaaksz van Ruisdael, 1628年頃 - 1682年3月14日は、17世紀のオランダの画家。最近は、姓をライスダールと表記する場合も多い。レンブラントやフェルメールが活躍した17世紀は、オランダ絵画の黄金時代と言われ、他にも多くの優れた画家が輩出した。こうしたオランダ絵画の黄金時代において、もっとも重要な風景画家と見なされるのがヤーコプ・ファン・ロイスダールである。

アドリアーン・ブラウエル
Adriaen Brouwer, 1605年 - 1638年1月は、フランドルの画家で、17世紀のフランドルとオランダで活動した。ブラウエルはフランドルとオランダの居酒屋で時を過ごしたと言われている。彼の作品はその典型として詳しく描きこまれておりまた小さく、人間の感情を探るための手段として乱痴気騒ぎ、酔っぱらい、愚かさを、五感に基づく痛みと恐怖とに反応することや、それを表に表すことを描いている。

トン・コープマン
Ton Koopman, 1944年10月12日 オーファーアイセル州ズウォレ - はオランダのオルガン奏者、チェンバロ奏者、指揮者。1979年にアムステルダム・バロック管弦楽団を設立し、1992年にはアムステルダム・バロック合唱団を併設。わけてもバッハの宗教曲やモーツァルトの交響曲の演奏・録音を通じて、オリジナル楽器演奏運動の雄となる。

トーマス・スティルチェス
Thomas Joannes Stieltjes、1856年12月29日 - 1894年12月31日は、オランダの数学者。オーファーアイセル州ズウォレで生まれ、フランスのトゥールーズで死去した。彼はモーメント問題の分野における先駆者であり、また連分数に関する貢献でも知られる。スティルチェスは1873年にデルフト工科大学に進学したが、授業に出席せずにカール・フリードリヒ・ガウスやカール・グスタフ・ヤコブ・ヤコビの著作を読むことに時間を費やした結果、試験に落第してしまった。

pagetop

ウィレム・メンゲルベルク
Willem Mengelberg, 1871年3月28日 - 1951年3月22日は、オランダの生んだ20世紀前半における大指揮者の一人。フランツ・ヴュルナーの弟子であるため、ベートーヴェン直系の曾孫弟子ということもでき、ベートーヴェン解釈には一目を置かれた。メンゲルベルクは美声に恵まれ、幼少期から父(ブランデンブルク門の彫刻を担当)の彫刻工房の職人たちをまとめて教会音楽を中心とした合唱指揮などを行っていた。また、ケルンでの学生時代は、バイオリン・管楽器などオーケストラの楽器の広く演奏する腕前を持っていた。

グスタフ・レオンハルト
Gustav Leonhardt, 1928年5月30日 - は、オランダのきわめて高名な鍵盤楽器奏者・指揮者・教育者。ピリオド楽器による古楽演奏運動の第一人者にして指導者である。オルガンやクラヴィオルガヌム、フォルテピアノ、クラヴィコードによっても録音を残しているが、とりわけチェンバロ奏者として名高い。1967年の映画『アンナ・マクダレーナ・バッハの日記』にヨハン・ゼバスティアン・バッハ役で出演し、クラヴィーア演奏の腕前を披露している。

ヨハネス・フェルメール
(Johannes Vermeer, 1632年 - 1675年)は、17世紀にオランダで活躍した画家。誕生日、死亡日ともに不明。絹織物職人として活動するかたわら居酒屋・宿屋を営んでいた父はヨハネス誕生の前年に画家中心のギルドである聖ルカ組合に画商として登録されている。父親の死後、1655年に実家の家業を継いで、居酒屋・宿屋でもあった「メーヘレン」の経営に乗り出している。こういった収入やパトロン、先述の大変裕福だった義母などのおかげで、当時純金と同じほど高価だったラピスラズリを原料とするウルトラマリンを惜しげもなく絵に使用できた。

ベアトリクス (オランダ女王)
Beatrix Wilhelmina Armgard van Oranje-Nassau、1938年1月31日 - は、オランダ女王(在位:1980年4月30日 - )。バールンで生を受けた。1940年、ナチス・ドイツのオランダ侵略で祖母ウィルヘルミナ女王、母ユリアナと共にイギリスへ亡命し、その後、遠縁であるカナダ総督夫人アリスを頼り、カナダへ渡った。そのため、初等教育をカナダで受けている。

ピエト・モンドリアン
(Piet Mondrian、本名ピーテル・コルネリス・モンドリアーン Pieter Cornelis Mondriaan 1872年3月7日 - 1944年2月1日)は19世紀末-20世紀のオランダ出身の画家。ワシリー・カンディンスキーと並び、本格的な抽象絵画を描いた最初期の画家とされる。モンドリアンは1872年、オランダのアメルスフォールトに生まれた。幼少の頃に叔父に連れられて郊外にスケッチに出るなどして絵画への興味を抱く。1892年から3年間、アムステルダム国立美術アカデミーにおいて伝統的な美術教育を受けた。

フランス・ハルス
(Frans Hals, 1581年/1585年頃 - 1666年8月26日)は、17世紀のオランダで活躍した画家。ハルスは、オランダ絵画の黄金時代を代表する画家の1人で、レンブラントよりはやや年長ながら、ほぼ同時代に活躍している。オランダのハールレムで活躍し、作品にはハールレムの住人を描いた肖像画が多い。人々の生き生きとした表情を捉える描写力は卓越している。笑っている人物画を多く描いたことから「笑いの画家」と呼ばれている。

ヨハン・ワーヘナール
(Johan Wagenaar, (1862年11月1日 ユトレヒト − 1941年6月17日 デン・ハーグ)はオランダのロマン派音楽の作曲家・オルガン奏者。早くから楽才は明らかだったものの、なかなか音楽教育を受けることはできず、13歳になって初めてピアノ、オルガン、ヴァイオリン、音楽理論、作曲を学んだ。最初の指導者に作曲家のリヒャルト・ホルやオルガニストのサムエル・デ・ランヘ(サミュエル・ド・ランジュ)がいる。

エドワード・ヴァン・ヘイレン
(Edward Van Halen、本名:Edward Lodewijk Van Halen、1955年1月26日 - )は、アメリカのギタリスト、作曲家、音楽家。1955年1月26日、オランダのナイメーヘンで生を受ける。父はオランダ人、母はインドネシア系。アメリカ移住後に、テレビで観たロック(ビートルズ)に影響され、弟のエディがドラムを、兄のアレックスがギターをはじめる。デビュー前から、右手の指でのハンマリングやプリングにより音を出す「ライトハンド奏法」(現在では「タッピング」という呼び方が一般的)を駆使した独特のギターサウンド広め、後世のギタリストに多大な影響を与えた。

コーネリアス・ファン・エーステレン
(Cornelius van Eesteren、1897年7月4日 - 1988年2月21日)は、オランダを代表する都市計画家で建築家。1929年から1960年までの長きに渡ってオランダ・アムステルダム市で都市計画の責任者の地位に就任し、アムステルダム綜合拡張計画を主担当として担当していた人物。建築運動デ・スティル(De Stijl)にも主導者として参加した。

マルト・スタム
Martinus Adrianus Stam、1899年-1986年は、オランダの建築家。都市計画家。家具デザイナー。デザイナーとしては、1926年に発表した「S-33」といういすが世界で初めてスチール製パイプのキャンチレバー構造チェアとして知られる。アムステルダム市では現在、マルト・スタム賞を設けている。オランダ・ブルメレント生まれ。 1928年から29年まで、バウハウスの客員講師。建築と都市計画を担当。

ピーター・デバイ
(Peter Joseph William Debye, 1884年3月24日 - 1966年11月2日)は、オランダ・マーストリヒト出身の物理学者・化学者で、1936年のノーベル化学賞受賞者である。1912年 - 非対称分子の電気双極子モーメントの研究、これにより分子モーメントの単位名にデバイの名前が使われている。

pagetop

ピーター・ファン・デン・ホーヘンバンド
(Pieter Cornelis Martijn van den Hoogenband, 1978年3月14日 - )はオランダの競泳選手。身長193cm、体重80kg。オリンピックの男子競泳自由形で、合計3つの金メダルを獲得した。1999年のヨーロッパ選手権では6個もの金メダルを獲得したため、彼は2000年のシドニーオリンピックでは優勝候補筆頭となったが、ライバルも非常に強かった。200m自由形では、オーストラリアの若きスターであったイアン・ソープと競い合った。準決勝で、彼は世界新記録(当時)をたたき出したが、ソープも0.02秒差のタイムを出して反撃した。

クレメンス・ノン・パパ
(Jacob Clemens non Papa)は盛期ルネサンスのフランドル楽派の作曲家。流行のさまざまな様式によって多くの作品を残す。とりわけオランダ語による詩篇唱の編曲集が有名。クレメンス・ノン・パパは、同時代の多くの作曲家とは違って、決してイタリアに行かなかったらしく、その楽曲にイタリアの影響が認められないという結果になっている。つまりクレメンス・ノン・パパは、フランドル楽派の「北国訛り」の旗頭ということになる。

ベルト・レーリンク
(Bernard Victor Aloysius (Bert) Roling、1906年12月26日 − 1985年3月16日)は、オランダの法学者、裁判官。日本では、極東国際軍事裁判(東京裁判)において判事を務めた。ナチス・ドイツの占領下では、ユトレヒト裁判所の裁判官であったが、ドイツ当局が推し進めた一方的な法改定に対して背く内容の判決を出した事から、当局側はオランダ法務省に対してレーリンクを逮捕する様求めた。これに対して、法務省はレーリンクを地位の低いミッデルブルフの裁判所に異動させる事によって、当局の圧力をかわした。

デービッド・バーグマン
(David Franciscus Johan Bergman , 1981年8月16日 - )は、オランダ出身のプロ野球選手(投手)。オランダリーグを代表する先発投手として活躍し、2007年シーズンには12勝で最多勝をマークしている。140km/h前後のストレートとスライダーを武器とする。

マールテン・ステケレンブルフ
(Maarten Stekelenburg, 1982年9月22日 - )はオランダ、ハールレム出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。セリエA・ASローマ所属。2004年9月3日、リヒテンシュタイン戦でオランダ代表デビューを果たし、3-0で完封した。2010 FIFAワールドカップではブラジル戦でカカのミドルシュートをセービングするなどファインプレーを連発し、評価は上昇している。

ブレンダ・シュルツ=マッカーシー
(Brenda Schultz-McCarthy, 1970年12月28日 - )は、オランダ・ハールレム出身の女子プロテニス選手。主に1990年代に活躍し、当時の女子プロテニス界で最速サーブを誇る“ビッグ・サーバー”タイプの選手として知られた。WTAツアー通算でシングルス7勝、ダブルス9勝を挙げ、1995年の全米オープンで女子ダブルス準優勝者になった。

ポール・バーホーベン
(Paul Verhoeven, 1938年7月18日 - )は、オランダ・アムステルダム出身の映画監督。ライデン大学で数学と物理学を学び、後にオランダ海軍に従軍しドキュメンタリーを制作するようになる。その後テレビ界入りし、1960年代に中世オランダが舞台のテレビシリーズ『Floris』の監督を務めルトガー・ハウアーと出会う。以降、ルトガー・ハウアーはバーホーベン作品の常連となる。

テオ・ファン・ゴッホ
(Theo(本名Theodoor) van Gogh、1957年7月23日 - 2004年11月2日)は、オランダ出身の映画監督・テレビプロデューサー・著述家・俳優である。テオはハーグで生まれた。曾祖父は画家フィンセント・ファン・ゴッホの弟テオドルス(テオ)・ファン・ゴッホであった。テオの父親はオランダの諜報機関AIVDのメンバーであった。テオは法学校中退後、劇場の支配人となるが映画製作に情熱を抱いており、1981年に "Luger" で映画監督としてデビューする。

pagetop

ディック・ブルーナ
Dick Bruna、Hendrik Magdalenus Bruna、1927年8月23日- )は、オランダのグラフィックデザイナー、絵本作家。ナインチェ・プラウス(うさこちゃん、ミッフィー)やブラック・ベアの生みの親として知られる。絵が好きなおとなしいタイプの少年で、いつもスケッチブックに絵を描いてはそれを大切にしていた。また、父が出版社を経営していたこともあって、さまざまな本に読み親しんだ。20歳になったディックはオランダに戻り、父や祖父に改めて「自分は経営者には向いていない、アーティストになることを認めてほしい」ことを告げ、ディックを後継者にするつもりでいた父を説得し、これを了承。アーティストとしての道を歩むこととなる。

オランダ Netherlands
西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。海外領土としてカリブ海に6つの島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、政治の中心は王宮や国会の所在地であるデン・ハーグ。ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクス三国と呼ばれる。

デン・ハーグ
事実上のオランダの首都で、アムステルダムとロッテルダムに次ぐオランダ第3の都市でもある。13世紀にその原型が作られた騎士の館(リッデルザール)と称される建物が現在の国会議事堂となっている。国会議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれており、ほぼすべての首都機能を持っている政治の中心都市である。

アムステルダム
憲法上に規定されたオランダの首都。元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ17世紀の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。市内には、1632年に創立された公立のアムステルダム大学と、1880年に創立されたキリスト教系のアムステルダム自由大学がある。どちらも学生数2万人を超える大規模な大学である。


スキポール空港
Schiphol Airport、アムステルダム国際空港とも)は、オランダ最大の空港で、アムステルダム南西の北ホラント州 ハーレマーメール基礎自治体に位置する。

pagetop

アイントホーフェン空港
Vliegbasis Eindhovenは、オランダの北ブラバント州 アイントホーフェンの西約8kmにある軍民共用空港である。アイントホーフェン空港はオランダで2番目の規模の空港であり、2007年には約150万人の利用客があった。

クィーン・ベアトリクス国際空港
Queen Beatrix International Airportとは、アルバの主都、オラニエスタッドにある国際空港。空港名は、現オランダ女王ベアトリクスの名を冠している。

フローニンゲン・エールデ空港
Groningen Airport Eeldeとは、オランダのドレンテ州 ティナールロ基礎自治体のエールデ地区にある民間空港である。フローニンゲンの南10kmの位置にある。

マーストリヒト・アーヘン空港
Maastricht Aachen Airportとは、オランダのリンブルフ州 ベーク基礎自治体にある民間空港である。マーストリヒトの北東9km、ドイツのアーヘンの北西30kmの位置にある。

フラミンゴ空港
Flamingo International Airport)は、カリブ海にあるオランダの特別自治体(旧オランダ領アンティル)・ボネール島の空港。

プリンセス・ジュリアナ国際空港
Princess Juliana International Airportは、カリブ海のオランダ自治領シント・マールテン(セント・マーチン島南半部)にある国際空港である。大型旅客機がビーチ上の低空を通過して着陸することで知られている。


オランダ鉄道
NS, Nederlandse Spoorwegenは、オランダの鉄道を運営する鉄道事業者で、旧オランダ国鉄を継承した、全国組織の鉄道事業者である。オランダ鉄道は、日本の約1割に相当する40,000平方キロの国土に、約2800kmの鉄道網を有し、日本やドイツと並んで、鉄道密度が高い国である。また、旅客輸送密度はヨーロッパで群を抜いて高く、鉄道が国内交通で重要な役割を果たしている。


アムステルダム中央駅
Station Amsterdam Centraal スタシオン・アムステルダム・セントラール)は、1889年に開業したオランダの首都アムステルダムにあるオランダ鉄道の駅である。Amsterdam CSとも略記される。駅舎は建築家P.J.H.カイペルスとA.L.ファン・ゲントによって設計された。アムステルダム中央駅はオランダにおいて著名建築家によって設計された最初の駅である。それまでは鉄道の技術者や無名の建築家が設計していたが、アムステルダム中央駅はその重要性からアムステルダム国立美術館を設計した実績を持つカイペルスが起用された。ネオゴシックとネオルネサンスを融合させた様式であり、国立美術館とは強い類似が見られる。


ロッテルダム中央駅
Station Rotterdam Centraal スタシオン・ロッテルダム・セントラール)はオランダのロッテルダム市 中央区(Centrum)にあるオランダ鉄道(NS)とロッテルダム電鉄(RET)の駅。オランダ鉄道(NS)の1957年に建設された旧駅舎は2007年に撤去され、2013年に新駅舎が開業する予定である。


ラインバーン商店街
(Lijnbaan)は、オランダ、ロッテルダムの中心地にある商店街。旧商店街が1940年5月14日のドイツ空軍による空襲によって壊滅的な打撃を受けた後、1953年に建設された。道路を完全に歩行者専用としたため、最初に歩行者天国を始めた発祥の地と言われている。

pagetop


クレラー・ミュラー美術館
オランダ・ヘルダーラント州エーデのデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のオッテルロー村(Otterlo)にある、美術館である。アントン・クレラー・ミュラーと、その夫人ヘレン・クレラー・ミュラーのコレクションを基に1938年に開設された。フィンセント・ファン・ゴッホに関するコレクションで知られ、その絵画87点におよぶ規模はアムステルダムのゴッホ美術館とならび、2大ゴッホ美術館と称される。


フローニンゲン大学
University of Groningenは、オランダ北部の都市フローニンゲン市にある大学である。オランダでも2番目に古く、3番めに大きな大学で、現在20,000名以上の学生が学んでいる。

ユトレヒト大学
Universiteit Utrechtはオランダのユトレヒトにある公立大学。1636年に設立され、オランダの大学としてはライデン大学に次ぐ古さを誇っている。また、ヨーロッパの大学としても最も規模の大きな大学の一つである。1584年に設立されたユトレヒト市図書館は、大学の設立と一体のもので、これはオランダ北部では最大規模のものである。2004年の時点で、大学の26,787人の生徒、8,224人の教授陣を有する。

アイントホーフェン工科大学
(Technische Universiteit Eindhoven)は、オランダのアイントホーフェンにある公立大学。TU/eと略される。


ユトレヒト
Utrechtは、オランダのユトレヒト州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。オランダ第4の都市であり、ユトレヒト州の州都でもある。首都アムステルダムから30キロほど南に位置する。ユトレヒトの起原はローマ帝国が47年頃に建てた要塞である。これは現在よりも北を流れており、ローマ帝国の国境であるライン川河畔にあった。ユトレヒト旧市街でひときわ目立つ大聖堂の塔の姿が今日望めるのは、その塔を越える高さの建物を建ててはいけないという暗黙の了解が長い間守られてきたことによる。

ロッテルダム
Rotterdamは、オランダの南ホラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。ロッテルダム港を擁する世界屈指の港湾都市で、人口規模はアムステルダムに次いでオランダ第2位である。世界都市であり、国内の他都市に比べて近代的なビルが立ち並ぶ。

アイントホーフェン
Eindhovenは、オランダの北ブラバント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)で、ドメル川沿いにある南部を代表する工業都市。オランダ第5位の人口を擁する都市で、周辺の自治体を含むアイントホーフェン都市圏の人口は70万人に達する。

スヘルトーヘンボス
Den Boschは、オランダ南部に位置する都市または広域行政区。北ブラバント州の州都。スヘルトーヘンボスで行われているカーニバルがオランダ最古(記録に残る限りで1385年)のものである。カーニバル期間中、スヘルトーヘンボスは架空の国ウテルドンク("Oeteldonk": 湿地のカエル)と呼ばれ、ウテルドンク国プリンス、アマデイロ25世(2006年-)の統治下に置かれる。ウテルドンク(蘭:Oeteldonk)の名前は、スヘルトーヘンボスの街を囲む湿地帯(donk)と、その湿地帯に住むカエル(oetel)に由来すると言われている。

アッセン
Assenはオランダ ドレンテ州の州都である基礎自治体(ヘメーンテ)。フローニンゲンの南西24km、アムステルダムの北東130kmに位置する。繊維、印刷業などの軽工業と観光業などのサービス業が盛んで、各種医療機関が集中するドレンテ州の医療の中心でもある。郊外に新石器時代の遺跡が残されており、街の博物館に先史時代の発掘物が展示されている。

pagetop

バールン
Baarnは、オランダのユトレヒト州に位置する基礎自治体(ヘメーンテ)であり、町である。郊外には王室の御用邸があり、その一つスーストデイク宮殿にはエンマ女王、ユリアナ女王、ユリアナ女王の夫君のベルンハルト王配が暮らした。

レリスタット
Lelystadは、オランダのフレヴォラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。フレヴォラント州の州都であり、また、オランダで最も新しく誕生した都市のひとつである。レリスタットには、フレヴォラント干拓地およびアイセル湖の重要なインフラ設備が数多く存在している。

レーワルデン
(Leeuwarden)はオランダの都市。フリースラント州の州都。オランダ北部の重要な牛市場があり、酪農製品の製造が盛ん。干拓事業により造られた土地の為、標高は海面下であり、ワデン海やアイセル湖に程近い。オランダの代表的な酪農の町で、運河が通り、酪農製品の集散地となっている。

アーネム
Arnhemは、オランダのヘルダーラント州の州都。ライン川に沿った美しい街で庭園都市、公園都市などとも呼ばれる。北西10キロにデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園があり、同公園内にフィンセント・ファン・ゴッホのコレクションで知られるクレラー・ミュラー美術館があることから、アーネムを経由して訪れる観光客も多い。

マーストリヒト
Maastricht, は、オランダ南東端部、リンブルフ州の基礎自治体(ヘメーンテ)である。マーストリヒトはオランダで最も古い町であるといわれているが、オランダで最初にローマ帝国から都市権を得たのはナイメーヘンである(西暦98年)。8000年から25000年前の旧石器時代の遺構が、市内の西部で発見されている。ローマ人が住みつく少なくとも500年前には、マース川が浅瀬になり対岸に容易に渡ることができる地点にケルト人が住んでいた。

pagetop

フローニンゲン
Groningen フローニンヘンはオランダのフローニンゲン州にある基礎自治体(ヘメーンテ)で、オランダ北部における商工業の中心都市。1959年に発見されたフローニンゲン・ガス田は南北45km・東西25kmの大きさで、世界で10本の指に入る埋蔵量を有する。

ミデルブルフ
Middelburg)はオランダ南西部の都市で ワルヘラン半島に位置するゼーラント州の州都である。人口46,000人ほどの市で、その歴史は8世紀後半から9世紀始めにさかのぼることができる。初めてミデルブルフについての記録が残るのは、ヴァイキングの侵略に対するワルヘラン島の3つの防御点の一つで地名は'中央の城砦'の意味に由来する。844年に修道院が立てられ、これはスペインからの独立時まで、存続した。

ハールレム
(Haarlem)はオランダの北ホラント州にある基礎自治体 (ヘメーンテ)であり、州都が置かれている都市。ニューヨークのハーレム地区の名称は、このハールレムに由来する。街の中心部から北海沿岸まで約5キロ程度。スパールネ川沿いに位置する。印刷業のほか、チューリップやヒヤシンスなどの球根栽培も盛ん。

アルメレ
Almereは、オランダのフレヴォラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。アムステルダムの東約30kmの位置にあり、1968年に干拓されたフレヴォラント南干拓地(Zuidelijk Flevoland)の西部にある。オランダで最も新しく誕生した都市のひとつである。

アペルドールン
Apeldoorn アポドォン)は、オランダのヘルダーラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。16世紀より製紙産業が盛んで、オランダ王室の基となったオラニエ=ナッサウ家の夏の離宮であるヘット・ロー宮殿があることでも有名である。

デン・ヘルダー
Den Helder)は、オランダの北ホラント州にある基礎自治体、都市。デン・ヘルデルとも表記される。北ホラント半島の先端を占め、海軍の重要な基地が置かれている。

エンスヘーデ
Enschede、はオランダのオーファーアイセル州にある基礎自治体 (ヘメーンテ)である。東側はドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州と接している。中世から20世紀初頭にかけて繊維産業で栄えた街である。

ブレダ
(Breda) は、オランダの北ブラバント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。ロッテルダムの南南東30 kmに位置する、オランダ南部の主要都市である。11世紀ごろ、ブレダは神聖ローマ帝国の直轄領であった。1252年に都市権を得た後、レンガ製の城壁とローマ様式の門の建設を許された。1327年にブラバント公ヤン3世がこの地の領有権を得た。

ズヴォレ
(Zwolle)はオランダオーファーアイセル州の都市で、同州の州都。アムステルダムの北東約120kmに位置する。西暦800年頃フリージア人の商人とカール大帝の軍隊によって、街は設立された。ズヴォレの名前は、丘を意味するSuolleに由来している。

フィリップスブルフ
(Philipsburg)は、カリブ海のリーワード諸島にあるセント・マーチン島(シント・マールテン島)にある町で、島の南半部を占めるオランダ自治領シント・マールテンの首府である。島の北部(フレンチ・サイド)サン・マルタンの中心地マリゴと比べるとやや静かな街であるが、市街を東西に貫く目抜き通り「フロント・ストリート」(Front Street)を中心として免税店などの店が立ち並ぶ、観光地的な町である。町並みはオランダ風でパステル調着色の家々が立ち並ぶ。

pagetop

ナイメーヘン
Nijmegen)はオランダのヘルダーラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)である。オランダで初めてローマ帝国の都市権を得た街として知られる。ライン川の下流のワール川の南岸に街が形成されており、市街地中心よりドイツ国境まで7km程度の距離である。

ティルブルフ
Tilburg)は、オランダの北ブラバント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)で、オランダで第6位の人口を擁する都市である。ティルブルフでは多くの祭りが開催される。フェスティヴァル・ムンディアル(ワールド・ミュージック)、ジャズ・フェスティヴァル、インディーズ系フェスティヴァルなどがある。ベネルクス諸国最大ともいわれる移動遊園地が、毎年7月に10日間開催される。

ゼーラント州
(Zeeland、海の国の意)は、オランダ南西部の州。州都はミデルブルフ。北東は南ホラント州、東は北ブラバント州。南はベルギーのオースト=フランデレン州・ウェスト=フランデレン州と境界を接する。


八十年戦争
Tachtigjarige Oorlogは、1568年から1648年にかけて(1609年から1621年までの12年間の休戦を挟む)ネーデルラント諸州がスペインに対して反乱を起こした戦争。これをきっかけに後のオランダが誕生したため、オランダ独立戦争と呼ばれることもある。


外務省:オランダ王国
在オランダ日本国大使館
オランダ政府観光局


キリスト教民主アピール
Christen Democratisch Appel CDAはオランダの中道右派、キリスト教民主主義政党。1980年10月11日設立。カトリック、プロテスタント双方の信者に支えられ、とりわけ農村部の高齢者の間で支持が厚いが、キリスト教民主アピールが一時期中道政党を標榜していたことから、各階層のあらゆる宗教の信者を惹き付けている。

労働党
Partij van de Arbeid、略称:PvdA)はオランダの社会民主主義政党。2007年2月22日以降、第4次バルケネンデ政権の与党でもあったが、現在は野党に転じている。欧州社会党および社会主義インターナショナルに加盟。

自由民主国民党
Volkspartij voor Vrijheid en Democratie、略称:VVDは、オランダの自由主義政党。現在、第一院・第二院の両方において第一党である。党首のマルク・ルッテは現在、首相を務めている。


1.面積:41,864平方キロメートル(九州とほぼ同じ)
2.人口:1,653万人(2009年オランダ中央統計局)
3.首都:アムステルダム
4.言語:オランダ語
5.宗教:キリスト教(カトリック30%、プロテスタント19%)、イスラム教(4%)、その他(5%)、無宗教(42%)

1568年 対スペイン独立戦争
1648年 オランダ連邦共和国独立
1810年 フランスにより併合
1815年 オランダ王国独立
1839年 ベルギーの独立を承認
1867年 ルクセンブルクの独立
1940年 ドイツによる占領
1945年 オランダの解放
1949年 インドネシアの独立
1975年 スリナムの独立

pagetop

■主要産業:石油精製、化学、電気、食品加工、天然ガス

■主要貿易品(2009年、Eurostat)(1)輸出:原油、機械類、電気機器(2)輸入:原油、機械類、輸送機器


ユーロ
ユーロはヨーロッパでは23の国で使用されている。この23か国のうち17か国が欧州連合加盟国である。ユーロは準備通貨としてはアメリカ合衆国ドルの次に重要な通貨の地位を有していた。さらに、一時は第2の基軸通貨と呼ばれていた。しかし、近年のユーロ危機で、通貨連盟の矛盾が表面化しその存続を危ぶむ意見さえも出るようになってきている。


■政治
政体は立憲君主制で、国家元首はベアトリクス女王(1980年4月30日即位)。2010年2月20日、キリスト教民主アピール (CDA) 、労働党 (PvdA) とキリスト教同盟 (CU) の3党連立から労働党が離脱したことで第4次バルケネンデ政権が崩壊した。これを受けて同年6月9日に第二院の総選挙が実施され、マルク・ルッテ率いる自由民主国民党 (VVD) が31議席を得て第1党となった。

■経済
エネルギー・資源産業では、オランダは天然ガスの大生産地であり輸出国でもある。石油精製産業も重要であり、代表企業としてロイヤル・ダッチ・シェルが国内だけでなく、石油メジャーとして世界中でエネルギー資源開発を行っている。製造業では、ユニリーバやハイネケンなどに代表される食品・家庭用品産業、フィリップスに代表される電器産業、DSMに代表される化学産業が代表的な産業である。

pagetop


ヴェストファーレン条約
Peace of Westphaliaは、1648年に締結された三十年戦争の講和条約で、ミュンスター条約とオスナブリュック条約の総称である。英語読みでウェストファリア条約とも呼ばれる。近代における国際法発展の端緒となり、近代国際法の元祖ともいうべき条約である。この条約によって、ヨーロッパにおいて30年間続いたカトリックとプロテスタントによる宗教戦争は終止符が打たれ、条約締結国は相互の領土を尊重し内政への干渉を控えることを約し、新たなヨーロッパの秩序が形成されるに至った。この秩序をヴェストファーレン体制ともいう。


ニュークリア・シェアリング
(Nuclear Sharing)とは、「核兵器の共有」という北大西洋条約機構(NATO)の核抑止における政策上の概念である。NATO内の核保有国である三カ国(フランス、イギリス、アメリカ)のなかで唯一アメリカだけがニュークリア・シェアリングのための核兵器を提供している。現在ニュークリアシェアリングを受けている国は、ベルギー、ドイツ、イタリア、オランダである。


■国民
住民はゲルマン系のオランダ人が83%で、それ以外が17%である。オランダ人以外としては、トルコ人、モロッコ人、あるいは旧植民地(アンチル諸島、スリナム、インドネシアなど)からの移民などがいる。

■文化
オランダは、他国で思想・信条を理由として迫害された人々を受け入れることで繁栄してきたという自負があるため、何ごとに対しても寛容であることが最大の特徴といえる。現在でも他の欧州諸国に比して実に多くの移民が、その暮し易さのために、合法・非合法を問わず在住している。 合法的に入国を果たしたEU域外からの移民については、オランダ語講習、社会化講習、就職相談をセットにした、いわゆる「市民化講習」の実施を他のヨーロッパ諸国に先駆けて行うなど、一定の移民対策も講じてはいる。

pagetop


オランダの映画
オランダの映画産業は小規模なものだが、いくつかの活発な時期を経て、比較的に繁栄してきているといえる。最初のブームは第一次世界大戦中に、オランダが中立国であったときに起こり、ホランディア (Hollandia) といった映画スタジオが長編作品を制作していった。第二の波は1930年代で、トーキーの時代に起こった。1934年から1940年の間には37本の長編映画が封切られた。この後の成長を支えた要因の一つは、音声技術を携えて海外からオランダに渡ってきた人々がいたことが挙げられる。その多くはヒトラーの政権を逃れたドイツからの人々であった。

ロッテルダム国際映画祭
(International Film Festival Rotterdam, IFFR) は、オランダのロッテルダムで開催される映画祭。1972年に始まり、毎年1月の終わりに開催されている。1995年の第24回以降は、長編映画のコンペティション部門の上映作品を、長編初監督作品か、長編2作目に限っている。このため、新人監督に賞を授与する映画祭となっている。


レンブラント・ファン・レイン
Rembrandt Harmensz. van Rijn、1606年7月15日 - 1669年10月4日は、17世紀を代表する、オランダの画家。単にレンブラントと呼ばれることも多い。大画面と明暗を画面上に強く押し出したルミニズムの技法を得意とし、「光の画家」「光の魔術師」(または「光と影の画家」「光と影の魔術師」)の異名を持つ。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やデッサンでも数多い作品を残した。620年、14歳のレンブラントはラテン語学校から飛び級でライデン大学への入学許可を受けた。進学したのは兄弟の中で彼のみであり、兄たちは家業の製粉業に就いていた。両親は彼に法律家への道を期待していたが、実際にそこに籍を置いたのはわずか数ヶ月に過ぎず同年末もしくは翌年には画家を志向した。1624年に18歳のレンブラントは当時オランダ最高の歴史画家と言われたアムステルダムのビーテル・ラストマンに師事した。

pagetop

アンネ・フランク
Annelies Marie Frankは、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女。オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家での事を日記に書き続けた。1944年8月4日にゲシュタポに隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。ゲシュタポに荒らされた隠れ家には、アンネが付けていた日記が残されていた。オットーの会社の社員で隠れ家住人の生活を支援していたミープ・ヒースがこれを発見し、戦後まで保存した。8人の隠れ家住人の中でただ一人戦後まで生き延びたオットー・フランクはミープからこの日記を手渡された。オットーは娘アンネの戦争と差別のない世界になってほしいという思いを全世界に伝えるため、日記の出版を決意した。

ヘリット・リートフェルト
Gerrit Thomas Rietveld 1888年6月24日 - 1964年6月25日は20世紀オランダの建築家、デザイナー。オランダのユトレヒトに生まれた。家具職人の父のもとで修業し、1911年に自分の家具工場をはじめる。1918年、モンドリアンらとともに芸術運動デ・ステイルに参加。デザイナーとしては「赤と青のいす」、建築家としては、世界遺産にも登録されているシュレーダー邸が有名である

クリストフ・ボイス・バロット
Christophorus Henricus Diedericus Buys Ballot、1817年10月10日 - 1890年2月3日はオランダの気象学者である。気象に関するボイス・バロットの法則やボイス・バロット表で知られる。ボイス・バロットの法則(Buys Ballot's law)は、北半球において、風を背にして立つと低気圧の中心が左手の方向にあるという法則で、アメリカの気象学者ウィリアム・フェレルが少し早く発見したが、学会誌にボイス・バロットが発表したので、ボイス・バロットの名前で呼ばれる。

マルク・ルッテ
(Mark Rutte, 1967年2月14日 - )はオランダの政治家。自由民主国民党 (VVD) 所属。現在、同国首相(2010年10月14日 - )。ルッテはヒムナシウムに通い、1979年から1985年までの間、とくに芸術を専攻した。ルッテはもともと音楽学部へ進学してコンサート・ピアニストを志していたが、実際には1992年までライデン大学で歴史学を学んだ。その傍らでルッテは自由民主国民党の青年団体である「自由と民主主義」の役員を務め、1988年から1991年にかけては代表を務めた。

フランシナ・ブランカース=クン
(Francina Elsje “Fanny” Blankers-Koen、1918年4月26日 - 2004年1月25日)は、1948年に行われたロンドンオリンピックで4つの金メダルを獲得したことで知られるオランダの女性陸上競技選手である。成し遂げた当初、女性アスリートに対して渋い顔をする時代において、彼女は既に二児の母親であったことから『空飛ぶ主婦』(The Flying Housewife)という称号を得ることになる。1999年には国際陸上競技連盟による『今世紀を代表する女性アスリート』(Female Athletic of the Century)に選出された。

デジデリウス・エラスムス
(Desiderius Erasmus Roterodamus, 1466年?10月28日 - 1536年7月12日)は、ネーデルラント出身の人文主義者、カトリック司祭、神学者、哲学者。エラスムスの思想は宗教改革運動と対抗宗教改革運動の双方に大きな影響を与えた。『ユートピア』を著したトマス・モアとの親交や自由意志に関するマルティン・ルターとの論争でも知られる。

pagetop

バールーフ・デ・スピノザ
Baruch De Spinoza, 1632年11月24日 - 1677年2月21日はオランダの哲学者、神学者。一般には、そのラテン語名ベネディクトゥス・デ・スピノザ (Benedictus De Spinoza) で知られる。デカルト、ライプニッツと並ぶ合理主義哲学者として知られ、その哲学体系は代表的な汎神論と考えられてきた。また、ドイツ観念論やフランス現代思想へ強大な影響を与えた。幼少の頃より学問の才能を示し、ラビとなる訓練を受けたが、家業を手伝うために高等教育は受けなかった。伝統から自由な宗教観を持ち、神を自然の働き・ありかた全体と同一視する立場から、当時のユダヤ教の信仰のありかたや聖典の扱いに対して批判的な態度をとった。

ハンス・ダルファー
(Hans Dulfer、1940年5月28日 - )はオランダのテナーサックス奏者。ジャズを基本としながらもファンク色の色濃い作品を数多く発表している。オランダ・アムステルダム生まれ。10代半ばでテナーサックスを始め、17歳でデビュー。元々ジャズの抱えていた(クラシック音楽に対する)反骨精神と斬新さを追い求めた結果として、ファンクやパンク・ロックの色合いの強い音楽性が出来上がっていったと言われている。

ヘンドリク・ペトルス・ベルラーヘ
(Hendrik Petrus Berlage、1856年2月12日 ― 1934年8月12日)オランダを代表する建築家、都市計画家。オランダの近代建築の父と呼ばれる。1920年から1935年にかけて建設されたアムステルダム南部計画市域拡張部分が「アムステルダム派」の中核的宣言の背景を成し、そのできばえはウィリアム・ホルフォードやジークフリード・ギーディオンに絶賛される。アムステルダム生まれ。

pagetop

ヤン・ペーター・バルケネンデ
Jan Peter Balkenende(ヘルプ / リンク), 1956年5月7日 - は、オランダの政治家。キリスト教民主アピール所属。2002年7月22日から2010年10月14日まで、4期にわたって同国首相を務めた。2001年10月1日、バルケネンデはヤープ・デ・ホープ・スヘッフェルの後任としてキリスト教民主アピールの議員団長に選出された。同年11月3日には翌年5月の選挙において比例名簿の最上位となることが決まった。選挙の結果、キリスト教民主アピールは第二院における最大政党の地位を奪回した。

ヨハン・ホイジンガ
Johan Huizinga、1872年12月7日 - 1945年2月1日はオランダの歴史家。学位論文のテーマは古代インド演劇であった。ホイジンガはブルクハルトのルネサンス観には、疑問を持っていた。彼は『中世の秋』で14〜15世紀のブルゴーニュ公国の文化について考察を行っているが、第8章で遊びと真面目が截然としていない文化たるキリスト教社会にあって、卑猥な言葉も隠し言葉もこれらは全て民族的背景を基盤とし、貴族文化の成熟の象徴であると称えている(これを発展させ、人間の本質を「遊戯」に見出したのが『ホモ・ルーデンス』である)。

ヘイケ・カメルリング・オネス
(Heike Kamerlingh Onnes, 1853年9月21日-1926年2月21日) はオランダの物理学者である。1870年、フローニンゲン大学に入学。その後1871年から1873年までドイツに留学し、ハイデルベルク大学にてローベルト・ブンゼン、グスターブ・キルヒホッフらの教えを受けた。4.2Kで、水銀の電気抵抗が突然消滅した。当初オネスは試料の電極がショートしたと思ったが、その後で現実に電気抵抗がゼロになったのだと気づいた。これが超伝導現象を発見した瞬間だった。オネスは「水銀は新たな状態へと遷移した。この状態の特異な電気的特性から、これを超伝導状態 (superconductive state) とでも呼ぼう」と記している。

アベル・タスマン
(Abel Janszoon Tasman、1603年 - 1659年10月10日)はオランダの探検家。特にオランダ東インド会社(VOC)の元で行った1642年と1644年の航海が有名。 1643年には現在のタスマニア島とニュージーランド、フィジーへ到達した最初のヨーロッパ人となった。1633年にオランダ東インド会社への勤務でバタビア(現在のジャカルタ)へ赴任、4年後にアムステルダムへ帰国後、さらに10年の契約で妻とバタビアへ再赴任した。

ジョニー・ハイケンス
Jonny [Wim] Heykens, 1884年9月24日 フローニンゲン - 1945年6月28日 ヒルフェルスム)は、オランダの作曲家。「ハイケンスのセレナーデ」(Standchen, Op.21-1)の作曲者として知られる。この曲は1943年に日本放送協会のラジオ番組「前線へ送る夕」(ぜんせんへおくるゆうべ)のテーマ曲として採用されたことで一般に知られるようになり、戦後は旧日本国有鉄道(国鉄)の客車の車内放送用チャイムに第一主題の旋律の末尾部分が採用され、今日でもカシオペアを除いた全てのJRの客車列車と、789系、秩父鉄道のパレオエクスプレスに使用されている。

ダニエル・ベルヌーイ
Daniel Bernoulli, 1700年2月9日 - 1782年3月17日)はスイスの数学者・物理学者。オランダのフローニンゲンに、数学者ヨハン・ベルヌーイの息子として生まれる。伯父としてやはり数学者のヤコブ・ベルヌーイがいる。自然科学の分野以外で特記すべきは、経済理論へのベルヌーイの先駆的な貢献である。1738年に、「リスクの測定に関する新しい理論」というラテン語で書かれた論文が、学術雑誌『ペテルブルク帝国アカデミー論集』に掲載された。

ヒエロニムス・ボス
(Hieronymus Bosch/本名:Jeroen van Aken、1450年頃- 1516年8月9日)は、ルネサンス期のネーデルラント(フランドル)の画家。初期フランドル派に分類される。史料が乏しく、伝記には不明な点が多いものの、現在のオランダのベルギー国境近くにあるス・ヘルトーヘンボスの画家一家に生まれた。父はアントニス・ファン・アーケン(Anthonis van Aken)、祖父はヤン・ファン・アーケン(Jan van Aken)、兄のホーセン(Goossen)および3人のおじ達は画家であった。

pagetop

アーノルド・スコルテン
(Arnold Scholten, 1962年12月5日-)は、オランダ・デン・ボス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代は中盤の底、右サイド、そしてリベロとして活躍。ブラジルの名選手にたとえられ「白いソクラテス (Witte Soctrates)」と呼ばれた。

ピエール・ド・ラ=リュー
(Pierre de La Rue, 1460年頃〜1518年11月20日)はルネサンス音楽の作曲家。ジョスカン・デ・プレと同世代の作曲家で、アレクサンダー・アグリーコラやアントワーヌ・ブリュメル、ロイゼ・コンペール、イザーク、ヤーコプ・オブレヒト、ガスパル・ファン・ヴェールベケらと並んで、15世紀末から16世紀初頭にかけてネーデルラント楽派様式の指導力を担った一人。

ヘラルト・テル・ボルフ
(Gerard ter BorchまたはTerburg、1617年12月 - 1681年12月8日)は、オランダの画家。ズウォレ(現在のオーファーアイセル州の町)で生まれた。彼は芸術家であった父親から良い教育を受け、非常に幼い頃から才能の片鱗を見せた。テル・ボルフの現存する作品は比較的少ない。80作品のみが知られる。このうち6作品はエルミタージュ美術館、5作品はルーヴル美術館、4作品はアルテ・マイスター絵画館、2作品がウォレス・コレクションに収められている。

ルトガー・ハウアー
(Rutger Hauer, 1944年1月23日 - )は、オランダ出身の俳優。両親は演劇学校の教師である。両親が不在のことが多かったため、彼と妹たちは乳母に育てられた。アムステルダムで育ち、15歳のとき家出して海に行き、貨物船に乗りデッキを磨いて一年を過ごす。家に戻った彼は、3年間、電気技師や大工として働きながら夜間学校の演劇クラスに通った。

ヨリス・イヴェンス
(Joris Ivens、1898年11月18日 ナイメーヘン - 1989年6月28日 パリ)は、オランダのちにフランスの映画監督。ドキュメンタリー映画のビッグ・ネームであり、文明の発展とその不平等に関してときに戦闘的な視線をもちながら、最後の作品群をアジアへと捧げた。1898年11月18日、オランダ・ヘルダーラント州のナイメーヘンに生まれる。「オランダ写真界の元祖」といわれる人物を祖父に持つ。

pagetop

 



birth100

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダムラナコルラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ