freedom

ルクセンブルグ大公国
Grand Duchy of Luxembourg

ヨーロッパ

■地理
国土は南北82km、東西57kmにわたって広がる。神奈川県や佐賀県くらいの広さの国土に、人口は48万人強(神奈川県は約870万人、佐賀県は約87万人)。国土の大部分には丘と低い山地が広がる。首都ルクセンブルクの標高は379m。最高地点は同国北端に近いクナイフの丘 (Kneiff, 560m)。ローマ帝国時代から、街道が交わる重要拠点であった。北部はベルギーから続くアルデンヌ高原、南部はフランスから続くロレーヌ台地。東側のドイツとの国境は、モーゼル川が流れる。

西ヨーロッパ
Western Europe)は、西欧ともいい、ヨーロッパ地域の西部を指す。東ヨーロッパとは地理的特徴よりむしろ歴史、文化により区別される。基本的に、この概念は民主主義と関連していて、イギリスでは大憲章マグナカルタにより議会がつくられフランスでも三部会が開かれたことにより西欧といえば民主主義国家と考えられるようになった。

モーゼル川
モーゼル川(ドイツ語:Mosel、フランス語:Moselle)は、ヨーロッパのフランス、ルクセンブルクおよびドイツを流れる全長544キロの国際河川である。古代より河谷を利用した交通路が発展していた。モーゼル川沿いの都市であるトリーアには、ローマ帝国時代の浴場や、「ポルタ・ニグラ」と称される城門が残されている。かつては水量が安定しなかったため航行が困難であったが、19世紀末より河川の整備が進んだ結果、中規模の船舶の航行が可能になった。


ベネルクス
(Benelux) は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国の集合を指し示す名称。この3か国はいずれも立憲君主制を採用している。周辺の国に比べて国土が狭いという特徴があり、3か国すべてを合わせても、国土面積は隣国ドイツの1/5、フランスの1/9程度に過ぎない。


ノートルダム聖堂
ノートルダム教会、ノートルダム寺院、ノートルダム大聖堂は聖母マリアに捧げられ、名付けられた教会堂である。ノートルダム (Notre-Dame, 英語ではOur Lady) はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアを指している。ノートルダムを冠した教会堂は世界各地のフランス語圏の都市に建てられてきた。


ルクセンブルク家
(ルクセンブルクけ、独:Haus Luxemburg, 仏:Maison de Luxembourg, チェコ語:Lucemburkove)は、現在のルクセンブルクを発祥とした中世ヨーロッパの貴族、王家。ルクセンブルク家と言っても同じ男系が続いたわけではなく、ルクセンブルク=アルデンヌ家(ザルム家とも)、ナミュール=ルクセンブルク家、リンブルク=ルクセンブルク家の3家に分けられる。ルクセンブルク家は3家の総称でもあるが、特に神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出した最後の家系を指す場合が多い。

ブルゴーニュ公国
Etat bourguignon)は、14世紀から15世紀のフランス東部からドイツ西部にかけて存在した、ブルゴーニュ公領(Duche de Bourgogne)を中心とする、ヴァロワ=ブルゴーニュ家のブルゴーニュ公(Duc de Bourgogne)の支配領域ないしその支配体制をいう。ブルゴーニュ公領は、1031年から1361年にはカペー家傍系のブルゴーニュ家が支配し、1363年から1477年にはヴァロワ家傍系のヴァロワ=ブルゴーニュ家が支配した。


ハプスブルク家
ハプスブルク家(ドイツ語: Haus Habsburg)は、現在のスイス領内に発祥したドイツ系の貴族の家系。古代ラテン人の有力貴族であるユリウス一門(カエサル家)の末裔を自称し、中世の血縁制度を利用した政略結婚により広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、オーストリア大公国、スペイン王国、ナポリ王国、トスカーナ大公国、ボヘミア王国、ハンガリー王国、オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)などの大公・国王・皇帝の家系となった。ハプスブルク家はスイス北東部(バーゼル近郊)のライン川上流域を発祥地とする。この地にはハビヒツブルク(Habichtsburg:「鷹の城」)古城が現存するが、この「ハビヒツブルク」が訛って「ハプスブルク」になったと考えられている。

ナッサウ家
(Haus Nassau)は、ドイツ西部のライン地方を発祥としたヨーロッパの貴族、王家。1代限りだが神聖ローマ皇帝も出した家系で、現在のオランダ王家であるオラニエ=ナッサウ家、ルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家はともに同家の流れをくんでいる。


アルデンヌ
アルデンヌ(フランス語:Ardennes, オランダ語:Ardennen)は、ベルギー南東部、ルクセンブルク、および一部がフランスにまたがる地域の名。この地名はフランスではアルデンヌ県、およびそれを含むシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏の名にも用いられている。海抜350ないし500mの丘陵が続き(アルデンヌ高地ともいう)、大部分が森林で被われている。ローマ時代にケルトの森の女神アルデュイナ(Arduinna;ディアーナ(ローマ神話)と習合された)にちなみ、Arduenna Silva(アルドゥエンナの森)と呼ばれたのに由来するが、これは現在のアルデンヌより広く、サンブル川とライン川の間を現在のドイツ領も含めて指した。

pagetop


ボヘミア
(ラテン語: Bohemia、は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。またこの地方の服飾が、ドイツなど西ヨーロッパに伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。


南ネーデルラント
Southern Netherlands)は、スペイン(1579年 - 1713年)、オーストリア(1713年 - 1794年)及びフランス(1794年 - 1815年)により支配された低地諸国の一部の地域を指す。時代によって、スペイン領ネーデルラント、オーストリア領ネーデルラントとも呼ばれる。この領域は、現在のベルギーのほとんど(リエージュ司教領を除く:ここは神聖ローマ帝国の一部であった)とルクセンブルク(現在のベルギーのリュクサンブール州、ドイツのラインラント=プファルツ州の一部も含む)と、1678年までは北フランスの一部を含んでいた。


ルクセンブルクの歴史
現在のルクセンブルク大公国は狭い国土ながらも主権を確保した独立国であるが、古来よりドイツ語圏とフランス語圏の境界、あるいは両属する地域として存在してきた。そのためフランス語とドイツ語が主な母語であったが、1984年に初めてルクセンブルク語が公用語に格上げされた。さらに、ルクセンブルクは多言語を操ることができる人々が多い上、人口の30%が外国人である。しかしこの多様性の中、ルクセンブルクはアイデンティティの確保に成功しており、その結果現在も独立国として存在している。このことは、1992年にマーストリヒト条約を調印したにもかかわらず、それに対して国民らが懸念を表したことからも明らかである。

pagetop

神聖ローマ皇帝
Holy Roman Emperor)は、神聖ローマ帝国の君主たる皇帝を指す歴史学の用語。実際の称号ではない。カール大帝以降を指す場合とオットー1世以降に限る場合がある。理念的には、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者とされた。カトリック世界において普遍的な世俗支配権を主張し、特にドイツとイタリアで国法上最も重要な位置を占め、指導的役割を担った。


ケルト人
Keltは、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族である。古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていたが、「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、ガリア地域に居住してガリア語またはゴール語を話した人々のみが「ガリア人」なのだとも考えられる。

ゲルマン人
Germanic peoplesは、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンジナビア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ系を祖先としインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派その他に属する言語を話していたと推定される諸部族の事を指す。ゲルマン人は古代時代にはローマ帝国を脅かす蛮族として活動し、中世にはローマ人(ラテン人)・キリスト教文化との混合によって中世ヨーロッパ世界を形成した。現代においては、ドイツ、オーストリア、スイス、ルクセンブルク、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク等に住む人々、イングランドのアングロ・サクソン人、ベルギーのフランデレン人、フランスのアルザス人、イタリアの南ティロル人がこの集団の系譜を引いているが、何れの勢力も長い歴史の中で複数の部族間の離合集散や異民族との混血を繰り返しており、古代のゲルマン人とは同質ではない(これはほかの民族も同様)。

ガリア
Gallia (ガッリア)とは、ガリア人(ケルト人の一派)が居住した地域の古代ローマ人による呼称。古典ラテン語での正確な発音は「ガッリア」。フランス語では Gaule(ゴール)。ガリア諸部族(ガリア人)は、長い期間にわたって互いに反目しあい、統一されることはなかった。紀元前58年にヘルウェティイ族の西進を契機として、共和政ローマの武将ガイウス・ユリウス・カエサルがガリア制圧の侵略戦争を開始した(ガリア戦争)。

ガリア戦争
Bellum Gallicum, ベッルム・ガッリクム/ベルルム・ガルリクム)は、紀元前58年から紀元前51年にかけて、ローマのガリア地区総督ガイウス・ユリウス・カエサルがガリア(現:フランス、ベルギー、スイス等)に遠征してその全域を征服し、共和政ローマの属州とした一連の戦争を指す。

コンコルダート
コンコルダートあるいは政教条約は、ラテン語の Concordatum(コンコルダトゥム)に由来する歴史用語で、カトリック教会の代表者であるローマ教皇と国家の間に国際法の形式に準じて結ばれる条約のこと。19世紀以降、近代国家が成立していく中で、近代的なスタイルの政教条約が結ばれていく。これは国家が教会の立場を認めるかわりに教会を国家の制限の下に置こうとする傾向の強いものであった。その代表的なものは1801年にフランスの第一執政ナポレオン・ボナパルトと教皇ピウス7世の間で結ばれたものである。

1848年革命
1848年にヨーロッパ各地で起こった革命。ウィーン体制の事実上の崩壊へと突き進んだ。2月にフランスで勃発した2月革命は、翌月以降にはヨーロッパ各地に伝播し3月革命となった。1848年の春に起こったこの2つの革命を総称して「諸国民の春」(Printemps des peuples, Volkerfruhling, Primavera dei popoli)という。1830年のフランス7月革命の結果即位したルイ・フィリップはブルジョワジー寄りの政策を採ったため、労働者、農民の不満が高まった。7月革命では一定の選挙権の拡大が行われたものの、こうした身分層までの選挙権拡大は行われなかった。この革命はそれまでのフランス革命やフランス7月革命とは異なり、以前のブルジョワジー主体の市民革命から、労働者主体の革命へと転化した。


まやかし戦争
第二次世界大戦初期における西部戦線のことを意味する。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻の後、1940年5月のドイツ軍のフランス侵攻まで、ドイツとフランス・イギリスは戦争状態にあったにも関わらず、陸上戦闘が皆無に近い状態であったためで、いかさま戦争とも言う。ドイツでは座り込み戦争(独: Sitzkrieg :ジッツクリーク)、フランスでは奇妙な戦争(仏: Drole de guerre :ドロール・ドゥ・ゲール)と呼ばれていた。・・・戦闘休止状態が長引くにつれ、国境をはさんで対峙する将兵たちにも戦意の低下が見られ、双方の兵士たちがタバコや菓子を交換し合うような光景も珍しくなくなり、敵前で堂々と日向ぼっこをするようにもなった。戦争状態にあり、しかも国境を接しているにもかかわらず戦闘が生じないことから「まやかし戦争(いかさま戦争)」との名称が生じた。


マキ (抵抗運動)
:maquis)とは、第二次世界大戦時のドイツ占領下におけるフランスのレジスタンス組織のひとつである。森や山など人里離れた場所に潜伏して活動した。この語には、地中海沿岸(特にコルシカ島)の灌木が密生した植生の意味があり、ここから転じて、コルシカ島では「マキをやる(prendre le maquis)」という表現が、警察の追及や他の一族からの復讐を逃れるため森に逃げ込むことを意味するようになった。


<世界遺産>
■ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞化都市
世界でも最も富裕な都市の1つであり、市の中心部にはノートルダム大聖堂および市庁舎がある。副都心のキルヒベルクには欧州司法裁判所、欧州投資銀行等の欧州連合の機関、ルクセンブルク大学、ラジオ・ルクセンブルクなどが存在する。

pagetop


■歴史遺産とエコツーリズム
大国に翻弄されながらも独立を維持してきたルクセンブルクは、その歴史を偲ばせる建造物が国内各所に点在している。特に首都の旧市街は世界遺産に登録されており、観光地として人気があるが、ベルギー(あるいは周辺各国)からの日帰り客も少なくない。エコツーリズムをメインとする観光地としては、鬱蒼とした森が広がるアルデンヌ地方や「小スイス」と称されるミュラータール、モーデル川沿いの丘陵地帯(※ワイン観光)などが挙げられる。鉄鋼業の中心地である南部(エシュ=シュル=アルゼット)には豊かな自然に加え、かつて鉄鉱石を運んだSL鉄道をはじめする産業遺産が残されている。


ツール・ド・ルクセンブルク
(Tour de Luxembourg)は、例年6月上旬、ルクセンブルクを舞台に行なわれる、自転車競技ロードレースにおける、ステージレースの名称。現在はチェコの自動車会社、シュコダがスポンサーとなり、シュコダ=ツール・ド・ルクセンブルクという名称になっている。2006年より、UCIヨーロッパツアー2.HCにランクされている。


■白ワインとチョコレートの国
モーゼル川流域は古代ローマ時代からワインの生産が盛んな地域 であり、良質な辛口の白ワインを産出することで知られている。隣国ベルギー同様にチョコレート菓子が世界的に知られており、王家御用達とされる「オーバーワイス」が代表的なブランド。

ワイン
wine)とは、主としてブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料である。葡萄酒(ぶどうしゅ)。通常、単に「ワイン」と呼ばれる場合には他の果汁を主原料とするものは含まない。ワインは最も歴史の古い酒の一つとされ、現在のグルジア周辺では遅くとも紀元前8000年頃からワインが飲まれていたらしい。また、アルメニアでは約6000年前のものとされる世界最古のワイン醸造所跡が発見されており、その頃には既に高度な醸造技術が確立されていた。

pagetop

リースリング
(Riesling)は、ドイツにおいて最も重要な地位を占める白ワイン用ぶどう品種である。ドイツでは1995年までは収穫率の良いミューラー・トゥルガウが栽培高1位だったが、1996年の統計ではリースリングがこれに代わっている。現在、世界でおおよそ5万ヘクタール弱の栽培面積をもつ。リースリングは冷涼地での栽培が望ましく、粘板岩、石灰岩、火成岩土壌に適応し晩熟で耐寒性に優れる。


アンリ (ルクセンブルク大公)
(Henri de Luxembourg,1955年4月16日 - )は、ルクセンブルク大公。1964年、祖母のシャルロット大公が父・ジャンに譲位したため、大公世子となる。 1998年から摂政を務める。長男のギヨーム大公子が1999年に成人した(ルクセンブルクの成人年齢は18歳)ことを受けて、ジャン大公の譲位により2000年10月7日に即位した。

ジャン=クロード・ユンケル
(Jean-Claude Juncker, 1954年12月9日 - )は、ルクセンブルクの政治家。キリスト教社会党元党首。1995年1月20日からはジャック・サンテールの後任として同国の首相を務めている。また1989年7月14日から2009年7月23日まで同国財務大臣を務めた。ユンケルはルダンジュで生まれ、少年時代の大半をベルヴォーで過ごした。父親はドイツ国防軍に徴発されて第二次世界大戦を戦い、終戦後は製鋼工となり、キリスト教労働組合連盟に入る。ユンケルはベルギーのクレールフォンテーヌで学び、ルクセンブルクに戻ったのちはリセ・ミシェル・ロダンジュでヨーロッパ・バカロレアを得た。

ジャック・サンテール
(Jacques Santer, 1937年5月18日- )はルクセンブルクの政治家。
キリスト教社会党は1979年以降、ルクセンブルクの政権与党第1党であり、サンテールは同党に属し、1979年から1989年まで蔵相を、1984年から1995年まで首相を務めた。首相としての業績に単一欧州議定書に関する協議を牽引し、同議定書はルクセンブルク協約の合意から実に20年が経過して発効した。

ジャン=クロード・オロリッシュ
(Jean-Claude Hollerich SJ, 1958年8月9日 - )は、ルクセンブルク出身のルクセンブルク大司教。2011年10月16日に叙階される。ルクセンブルクのディフェルダンジュ (Differdange) に生まれ、フィアンデン (Vianden) で育つ。1981年にローマの神学大学を卒業してイエズス会に入会し、1985年来日。上智大学で日本語を学んだ後、1989年からフランクフルト、ミュンヘンでドイツ学を学ぶ。1994年に上智大学外国語学部ドイツ語学科講師に就任し、1999年に同学科助教授[1]、2006年より教授となる。2011年7月12日、教皇ベネディクト16世によりルクセンブルク大司教に任命、10月16日ルクセンブルクのノートルダム大聖堂にて叙階され、ルクセンブルク大司教区で3人目の大司教(司教としては8人目)となった。

アンディ・シュレク
(Andy Schleck、1985年6月10日- )は、ルクセンブルク出身の自転車競技選手。兄も同じく、ロードレース選手のフランク・シュレク。父のジョニー・シュレクも元自転車選手だった。チームCSC(現 サクソバンク)のスタジエル(セミプロ)選手を経て、2005年に同チームとプロ契約。2010年まで兄・フランクとともに同チームに在籍。ジュニア時代の2003年には、国内選手権の個人ロード、個人タイムトライアルの両方を制している。

キム・キルシェン
(Kim Kirchen、1978年7月3日- )はルクセンブルク出身の自転車競技選手。キム・キルヒェンという表記もよく使用される。ちなみに、ルクセンブルク・スポーツマンオブザイヤーを5回(2000、2003〜2005、2007)受賞しているが、同郷の名自転車選手である、シャルリー・ゴールの4回を上回っており、現在のルクセンブルクを代表する自転車競技選手である。2010年、チーム・カチューシャへ移籍。ツール・ド・スイスの期間中、ホテルで心臓発作を起こし倒れ、病院へ搬送された。医師によって安全のために昏睡状態に置かれる等の処置が取られたが一命を取りとめ、現在はレースへの復帰を目指している。

ロベール・シューマン
(Robert Schuman, 1886年6月29日 - 1963年9月4日)は、ルクセンブルク生まれのフランス人政治家である。人民共和運動の党員で、欧州連合創立者の一人とみなされている。ロベール・シューマンの父ジャン=ピエール・シューマン(1837年 - 1900年)は、ルクセンブルクとの国境に近いロレーヌ地方エヴランジュに生まれたフランス市民であったが、ロレーヌ地方が1871年にドイツ帝国領になるとドイツ市民になった。独身で謙虚で地味なシューマンは宗教的な生活に徹した人物で、ピウス12世、トマス・アクィナス、ジャック・マリタンの著作に強く影響された。2004年5月15日、間もなく列福の元となる主教区の調査が完了すると発表され、このことによりシューマンは福者に列せられるであろうと発表された。

ヨハン・フォン・ルクセンブルク
Johann von Luxemburg, 1296年8月10日 - 1346年8月26日は、ルクセンブルク家のボヘミア王(在位:1310年 - 1346年)およびルクセンブルク伯(在位:1313年 - 1346年)。父は神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世、母はブラバント公ジャン1世の娘マルガレータ。息子に皇帝カール4世がいる。父と息子は皇帝に即位したものの、自身は帝位を得ることはなかった。後に病によって失明したため、ヨハン盲目王(Johann der Blinde)と呼ばれる。

ルイス・ピロット
(Louis Pilot、1940年11月11日 - )はルクセンブルク南西部のエシュ=シュル=アルゼット出身、元ルクセンブルク代表のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。地元のクラブであるCSフォラ・エシュでプロデビューすると、20歳でベルギーのスタンダール・リエージュに移籍し、11季で通算337試合に出場した。4度のジュピラーリーグ優勝、2度のベルギーカップ優勝に貢献した。ルクセンブルク代表には1959年に初招集され、1971年に退くまでに49試合に出場し、7得点を記録した。1968-69シーズンには、ルクセンブルクの最優秀スポーツ選手賞を受賞している。

マーク・ジラルデリ
(Marc Girardelli、1963年7月18日 - )は、ルクセンブルクの男子アルペンスキー選手。1980年代後半から1990年代にかけて活躍したオールラウンダー。ピルミン・ツルブリッゲン、アルベルト・トンバらと並び、この時代のアルペンスキー界を代表するスターである。1980年よりFISワールドカップへの参戦を開始。1983年に回転でFISワールドカップ初勝利を飾ると、翌1984年にはFISワールドカップ・回転の種目別チャンピオン、1985年・1986年にはFISワールドカップの総合チャンピオンを獲得(1985年は回転・大回転の種目別タイトルも獲得)と目覚しい躍進を見せる。

ルクセンブルク大公
ルクセンブルク語:Groussherzog vu Letzebuerg)は、ルクセンブルク大公国の君主で国家元首である。1815年の成立当初、ルクセンブルク大公国はオラニエ=ナッサウ家のオランダ国王が大公を兼ねる同君連合下にあり、事実上オランダ連合王国(現在のベルギーを含む)の州の一つだった。しかし、1839年にベルギーが独立した際、オランダ本土と分断された上に大公国の西半分がベルギー領(リュクサンブール州)として分割された。以後、独立国家としてのルクセンブルクの体制作りが始まった。

フランク・シュレク
(Frank Schleck。1980年4月15日- )はルクセンブルクの自転車競技選手。2005年、ルクセンブルク国内選手権・個人ロードを制覇(弟・アンディは同年の個人タイムトライアルを制した)。またチューリッヒ選手権では2位、ジロ・ディ・ロンバルディアでは3位に入り、この年より実施されたUCIプロツアー総合13位となる。

マリー・ミュラー
(Marie Muller 1985年7月29日- )はルクセンブルクの柔道選手。ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州・フィルダーシュタット出身。2006年に膝を負傷して8ヶ月に及ぶリハビリテーションに取り組んでいた時に、ルクセンブルクのスポーツクラブからルクセンブルク代表でやってみないかとの要請を受けると、塾考の上快諾して、2007年からはルクセンブルク代表として国際大会に出場するようになった。

シャルリー・ゴール
(Charly Gaul、1932年12月8日-2005年12月6日)は、ルクセンブルク・ファフェンタル出身の名自転車競技選手。悪天候への耐性が異常なまでに強く、「山岳の天使」(Angelo della Montage:伊)の異名をとったロードレース史上屈指の山岳王。1958年のツール・ド・フランス。終盤の第21ステージ・個人タイムトライアルを制し、総合でも前ステージまでトップだったイタリアのヴィト・ファヴェロを交わしてトップに立つ。最後はファヴェロに3分10秒の差をつけて総合優勝を果たした。

ジャン=クロード・オロリッシュ
(Jean-Claude Hollerich SJ, 1958年8月9日 - )は、ルクセンブルク出身のルクセンブルク大司教。2011年10月16日に叙階される。ルクセンブルクのディフェルダンジュ (Differdange) に生まれ、フィアンデン (Vianden) で育つ。1981年にローマの神学大学を卒業してイエズス会に入会し、1985年来日。上智大学で日本語を学んだ後、1989年からフランクフルト、ミュンヘンでドイツ学を学ぶ。1994年に上智大学外国語学部ドイツ語学科講師に就任し、1999年に同学科助教授、2006年より教授となる。ドイツ語学科長、上智大学カトリックセンター長、同ヨーロッパ研究所所長、同副学長(学生総務担当)歴任。

ルクセンブルグ Luxembourg
西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。 首都はルクセンブルク市。 隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる小国のひとつ。

ルクセンブルク
ルクセンブルク市(フランス語: Ville de Luxembourg、ドイツ語: Stadt Luxemburg、ルクセンブルク語: Stad Letzebuerg)は、ルクセンブルク大公国の首都である。人口は90,000人(2009年)。周囲のコミューンを含めた都市圏人口は、103,973人。アルデンヌの高地にあり、標高はおよそ500m。ペトリュス川がモーゼル川の支流のアルゼット川に合流する所に位置する。北緯49度36分、東経6度8分。ブリュッセルから188km、ケルンからは190km。
世界でも最も富裕な都市の1つであり、市の中心部にはノートルダム大聖堂および市庁舎がある。


ルクセンブルク大学
仏 Universite du Luxembourg)は、ルクセンブルクに存在する唯一の大学。2003年8月13日に設立された。同大学が設立される前は、Cours universitairesと呼ばれる、学部教養課程に相当するコースしかなかったため、学位を取得するためには近隣諸国(ベルギー、フランス、ドイツ、オーストリア、イギリスなど)の大学に編入する必要があった。この大学が設立されたことによって、これらの学生が自国で学位を取得できるようになった。ちなみに学部によっては修士課程、博士課程も併設されている。


外務省:ルクセンブルグ大公国
在ルクセンブルグ日本国大使館


ルクセンブルク-フィンデル空港
ルクセンブルク-フィンデル空港(仏: Fluchhafe Letzebuerg-Findel、英: Luxembourg-Findel International Airport)は、ルクセンブルクにある国際空港。同国唯一の空港であるため、運航は国際線のみである。

pagetop


ルクセンブルク駅
ルクセンブルク駅(ルクセンブルク語: Gare Letzebuerg,フランス語: Gare de Luxembourg,ドイツ語: Bahnhof Luxemburg)はルクセンブルクの首都であるルクセンブルク市の南側にあるターミナル駅である。駅はルクセンブルク国鉄により運営されている。ルクセンブルク国内の鉄道交通の拠点で、ルクセンブルク国鉄のほとんどの路線の起終点になっている他、ベルギー、フランス、ドイツなど周辺国へ向かう列車のターミナルとして国際駅の役割も果たしている。

ルクセンブルク国鉄
Luxembourg Railways,CFL)はルクセンブルクの国営鉄道である。2005年には1,410万人の旅客と1,170万tの貨物を輸送している。 3,090人の職員数を有し、ルクセンブルクでは7番目に職員数が多い企業となっている。


デュルビュイ
(Durbuy)は、ベルギーのワロン地域に属するリュクサンブール州の都市である。2007年1月1日の人口は10,633人で、1km2あたりの人口密度は67.9人であった。面積は156.61km2である。中世にはデュルビュイは商業・工業の重要な中心都市であった。現在は観光・保養都市となっている。巨石記念物で知られるWerisやBarvaux-sur-Ourthe、Bomalといった町はデュルビュイ近郊に位置する。

エヒタナハ
Echternach、は、ルクセンブルク東部のコミューンで、市資格を持つ。ドイツ国境と接するルクセンブルク最古の町である。ノーサンブリア王国出身の修道士で、のちに初代ユトレヒト司教となり、フリジア人のキリスト教化に尽力した、聖ウィリボードが698年に創建したエヒタナハ修道院の壁周辺に、定住地としてエヒタナハは発展した。

pagetop

エシュ=シュル=アルゼット
Esch-sur-Alzette、ルクセンブルク語:Esch-Uelzecht、ドイツ語:Esch-an-der-Alzette または Esch-an-der-Alzig)は、ルクセンブルクの、市資格を持つコミューン。ルクセンブルク南西部に位置する、人口も人口密度も国内第2のコミューンである。北東約15kmには首都ルクセンブルク市がある。フランスと国境を接している。

グレーヴェンマハ
Grevenmacher、は、ルクセンブルク大公国グレーヴェンマハ広域行政区グレーヴェンマハ郡のコミューンである。ルクセンブルクに12ある市の1つで、広域行政区および郡の首府である。周辺はブドウとワインの産地で、グレーヴェンマハは農産物取引の中心地である。


ディーキルヒ広域行政区
Distrikt Dikrech、は、ルクセンブルクに所在する広域行政区のひとつである。5つの郡と43の基礎自治体からなる。

グレーヴェンマハ広域行政区
Distrikt Greiwemaacher、 は、ルクセンブルクに所在する広域行政区のひとつである。3つの郡と26の基礎自治体からなる。

ルクセンブルク広域行政区
Distrikt Letzebuerg、は、ルクセンブルクに所在する広域行政区のひとつである。4つの郡と47の基礎自治体からなる。


ビレロイ&ボッホ
ビレロイ&ボッホ(Villeroy & Boch)は、ドイツの陶磁器メーカー。フランソワ・ボッホにより、マイセンに遅れること39年後の1748年に、現在のフランス・ロレーヌ地方に創業した。その後、ルクセンブルクにも工場を設立し、ハプスブルク家の援助を受け、王室御用達の窯として発展する。1836年、同業者でありライバルでもあるビレロイ家と合併して「ビレロイ&ボッホ」となり、ドイツに本社を構える。以後工業化を推進し、いち早く機械化と量産体制を堅め、マイセン、ロイヤルコペンハーゲンに並ぶ世界三大陶磁器メーカーの一つとなる。


■政治
立憲君主制。国家元首はナッサウ=ヴァイルブルク家が世襲するルクセンブルク大公。内閣とともに行政権を執行する。2009年現在、世界唯一の大公国である。議会は代議院による一院制。全60議席、任期5年。議員は、直接選挙で選出される。また、議会に対して助言をする国務院(コンセイユ・デタ)がある。メンバーは全21名で、首相の推薦に基づき、大公が任命する。

立憲君主制
Constitutional monarchy)とは、憲法によって規定された君主制である。世界の立憲君主制国家の分布は左図の通り。代表的な立憲君主制国家にはイギリスやタイなどがある。また、制限君主制と混同されやすいが、憲法の有無と君主権の強弱は関係ない。憲法が存在しても、その憲法で君主に絶対的な権力を付与する定めになっていれば絶対君主制である。


ウィーン会議
Congress of Vienna)は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。ヨーロッパ諸国の代表が集い、議長はオーストリアの外相メッテルニヒが務めた。ウィーン会議は、フランス革命とナポレオン戦争終結後のヨーロッパの秩序再建と領土分割を目的として、1814年9月1日から開催された。


欧州共同体
1992年に調印された欧州連合条約のもとで導入された欧州連合の3つの柱のうち、第1の柱を構成する政策の枠組み。またはその政策の実現のために設置されている国家間の共同体。ECとも。欧州共同体は超国家主義の原則に基づいており、欧州連合の前身である欧州経済共同体が起源となっており、共同体としても欧州経済共同体設立条約から改称された欧州共同体設立条約が法的根拠となってきた。


北大西洋条約機構
北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカ合衆国とカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟。第二次世界大戦が終わり、東欧を影響圏に置いた共産主義のソビエト連邦との冷戦が激しさを増す中で、イギリスやフランスが主体となり、1949年4月4日締結の北大西洋条約により誕生した。


■鉄鋼業を中心とする重工業
かつてのルクセンブルクは大国に翻弄される貧しい農業国に過ぎなかったが、1960年代よりアルセロールに代表される鉄鋼業が経済を牽引し、経済大国の基礎を築いた。事実、前述のアルセロールは、鉄鋼業において世界首位の売り上げを誇る巨大企業に成長することになる。オイルショックを契機に低成長時代へ突入したが、産業構造の転換によって停滞期から抜け出すことに成功。現在では金融サービス業をはじめとする第三次産業がGDPの約80%を占めるようになった[12]。特にインドに本拠地を置くミタルスチール社のアルセロール買収(2006年)は、同国における鉄鋼業の衰退を象徴する出来事と言えよう。とはいえ、合併後(アルセロール・ミッタル)も依然として同国に本社機能を置いている点では変わりはない。

■低い失業率と小さい経済格差
ルクセンブルクは概して失業率が低い国であり、多くとも4%台で推移している。事実、リーマンショック以降ですら 4.4%(2008年現在)と低い失業率を維持しているが、これでも同国としては記録的に高い数字である。ちなみに、同年のユーロ圏における平均失業率は7%台後半であり、北欧の福祉国家(およびワークシェアリング政策を採用するオランダ)を除けば欧州で最も低い失業率を誇る。

pagetop


■国民
住民はケルト人、ゲルマン人などの混血が主である。外国人の割合は高く、3分の1程度である。主な外国人はポルトガル人、イタリア人、フランス人、ドイツ人である。神聖ローマ(ドイツ)帝国から分離した歴史上ドイツ系の国民と見なすことができるがフランスの影響も強く、ドイツ語系の方言を古い母語としながら公的にはフランス語が主流となっている点では、フランスのアルザス地方と相似している。

カトリック教会
Ecclesia Catholica)はローマ教皇を中心とし、全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。カトリック教会自身による定義は「教会憲章(Lumen Gentium)」にみられる「ペトロの後継者(ローマ教皇)と使徒の後継者たち(司教)によって治められる唯一、聖、カトリック、使徒的な教会」という表現にもっともよく表されている。


■言語
言語はフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語の3つが公用語とされているが、法令などの公文書には主にフランス語が使われ、家庭内、友人間、地元に密着した店ではルクセンブルク語(母語)が使われる。また、言語学的にルクセンブルク語はドイツ語の一方言と言ってよいほどドイツ語に似ているため、テレビや映画などドイツ語放送も人気があるようである。

pagetop

ルクセンブルク語
ルクセンブルク語(標準ドイツ語: Luxemburgisch, ルクセンブルク語: Letzebuergesch, フランス語: Luxembourgeois)は、ルクセンブルクの国語、公用語のひとつ。ルクセンブルクではドイツ語系の言語が話される一方でフランス語の使用地域にも近く、法令などの公文書には主にフランス語が使われ、日常語としてはドイツ語が一般に使われる。このルクセンブルクで使用される「ドイツ語方言」を、「国語」として整備したのがこの「ルクセンブルク語」である。1984年にルクセンブルクの公用語として採用された。


ルクセンブルクの国旗
ルクセンブルクの国旗(Flag of Luxembourg)は、赤・白・水色の三色旗。1845年から1848年の間に初めて使用され、公式には1972年6月23日に制定された。1830年のベルギー独立革命の際、初めてこれらの三色が使用され、1845年6月12日に水平三色旗のデザインが定着した。但し法律で国旗が規定されるのは前述の通り1972年になってからである。


■国名
英語で Grand Duchy of Luxembourg (グランド・ダチィ・オヴ・ラクセンバーグ)。通称、 Luxembourg 。


1.面積:2,586平方キロメートル
2.人口:502,066人(2010年、 ルクセンブルク統計局)
3.首都:ルクセンブルク
4.言語:ルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語
5.宗教:国民の大多数はカトリック

963年 ルクセンブルク領の誕生
1354年 ルクセンブルク公国に昇格。その後、他国による統治
1815年 大公国として自治を回復
1839年 領土が現在のルクセンブルク大公国とベルギー領リュクサンブール州に二分される(ロンドン条約)
1867年 永世中立国
1940年 ドイツによる侵攻(1944年解放)
1948年 中立政策を放棄、オランダ、ベルギーとともにベネルクス関税同盟を発足させる。
1949年 NATO(北大西洋条約機構)加盟
1952年 ECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)加盟
1958年 EEC(欧州経済共同体、後の欧州連合)・EURATOM(欧州原子力共同体)加盟
1999年 ユーロ導入

■主要産業:金融業、鉄鋼業

■主要貿易品目(1)輸出 金属、自動車、紙・繊維製品(2)輸入 自動車、石油類、鉄スクラップ、医薬品


ユーロ
欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨である。1999年1月1日に決済用仮想通貨として導入された。この時点では現金のユーロは存在しなかった。3年後の2002年1月1日に初めて現金通貨としてのユーロが発足した。この時、導入国の従来の通貨に代わり、ユーロが法定通貨となった。ユーロ硬貨はユーロ圏16か国のほかに、合意によって認められている3か国がそれぞれ鋳造しており、裏面は各国で独自のデザインを採用している。


カルヴァン主義
Calvinism)とは、すべての上にある神の主権を強調する神学体系、およびクリスチャン生活の実践である。宗教改革の思想家ジャン・カルヴァンにちなんでカルヴァン主義と名づけられている。このプロテスタントのキリスト教は、改革派の伝統、改革派信仰、改革派神学と呼ばれる。


■ユーロ圏を代表する国際金融センター
前述の通り、かつては鉄鋼や化学といった重工業を中心とした工業国であったが、現在では銀行業や金融サービスを中心とした金融大国である。特にユーロ圏におけるプライベート・バンキングの中心地であり、世界的に見てもスイス(非EU加盟国)に匹敵する規模を誇る。デイリーテレグラフ紙によれば、金正日の持つ隠し資産の大半がルクセンブルクの銀行に預けられているという。


■世界最高水準の豊かさ
IMFの統計によると、2010年のルクセンブルクのGDPは524億ドルであり、日本の青森県とほぼ同じ経済規模である。ルクセンブルクの経済は世界でもトップレベルの豊かさを誇る。特に21世紀以降は、一人当たりの国内総生産において世界首位の座を維持し続けている[4]。ちなみに、一人当たりの国民総所得 (GNI) では世界第4位だが、購買力平価ベースでは世界首位(2009年度現在)。GNIとは、ある国籍を持つ国民が国内外で稼いだ所得の総和であるから、単純に考えれば「世界で最も所得が多い(=金持ちの)国民」ということができる。


■主要な国内産業
ルクセンブルクには多種多様な産業が発達し、民間セクターにおける経済活動が極めて盛んな国の一つである。国内産業は、大別して重工業と金融の二分野における割合が大きい。また、国策として情報通信分野における産業振興を図った結果、欧州における情報通信産業(放送メディア産業)の中核を担うことになった。


アルセロール
( Arcelor ) は、ルクセンブルクに本社を置く鉄鋼メーカーである。2006年にミッタル・スチールによる敵対的買収により、アルセロール・ミッタルになっている。粗鋼生産は4650万トン以上と、ヨーロッパでは圧倒的な最大手で、世界でもオランダのミッタル・スチールに次ぐ2位であった。自動車用などの薄板類に強いユジノールと、条鋼類を主力製品としていたアーベットが統合したことで、幅広い品種において、欧州で大きなシェアを持つようになった。

pagetop


■軽い税負担による国外企業の誘致
ルクセンブルクは先進国の中でも特に税率が低い国であり、数多くの国外企業を誘致することに成功している。近年ではインターネット関連企業の誘致に力を注いでおり、スカイプ社やeBay社、Apple社などを筆頭として数多くのインターネット関連企業が本社機能を移転している。ただし、本社機能を完全移転したスカイプ社のような事例は稀であり、その大半は欧州本社である。


ヒューゴー・ガーンズバック
(Hugo Gernsback, 1884年8月16日 − 1967年8月19日)は、ルクセンブルク生まれのアメリカの小説家、SF作家、編集者。SFの著名な賞であるヒューゴー賞はガーンズバックにちなんで名づけられた。1926年、世界初のSF専門誌『アメージング・ストーリーズ』を創刊し、過去の優れたSF作品の再録や投書欄、読者の作品コンテストが人気を集めた。これにより彼は“アメリカSFの父”、“現代SFの父”と呼ばれるようになった。

アンネ・クレマー
(Anne Kremer, 1975年10月17日 - )は、ルクセンブルク・ルクセンブルク市出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス2勝を挙げている。シングルス自己最高ランキングは18位。身長165cm、体重55kg、右利き。ベースライン・プレーヤーで、両手打ちのバックハンド・ストロークを最大の武器にする。クレマーはテニス選手のほとんどいないルクセンブルクで、1991年から競技経歴を始めたが、長い間アマチュア選手であった。1996年のウィンブルドンで4大大会にデビューした時は、予選3試合を勝ち上がった後、本戦1回戦で日本の杉山愛に 5-7, 4-6 で敗れた。

pagetop

エドワード・スタイケン
(Edward Steichen, 1879年3月27日 - 1973年3月25日)は、アメリカ合衆国の写真家。ルクセンブルクに生まれ、のちアメリカに移住。1902年には、アルフレッド・スティーグリッツらとともに、フォト・セセッションを結成し、ピクトリアリスム作品で名を成す。その後、ファッション写真を多く撮影するようになる。主として「ヴォーグ」で活躍し、ファッション写真の黎明期を代表する写真家となる。あわせて、ポートレートの分野においても有名。

ガブリエル・リップマン
(Jonas Ferdinand Gabriel Lippmann、1845年 8月16日 - 1921年 7月13日)は ルクセンブルク生まれのユダヤ人の物理学者、発明家。光の干渉現象に基づいた天然色写真の技法の開発により、ノーベル物理学賞を受賞。ルクセンブルクにてフランス系ユダヤ人の家に生まれる[2]。3歳のとき一家がフランスに戻り、パリに移り住んだ。そこで、自宅で両親から教育を受ける。1868年、高等師範学校に入学。しかし興味のある科目しか勉強しなかったため教員試験に受からなかった。

カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン
(Prinz Karl Alexander von Lothringen und Bar, 1712年12月12日 - 1780年7月4日)は、ロートリンゲン公(ロレーヌ公)レオポルトの息子で神聖ローマ皇帝フランツ1世の弟。オーストリアで軍司令官、およびネーデルラント総督を務めた。またドイツ騎士団総長でもあった。オーストリア継承戦争の際にはオーストリア軍の主要な指揮官の1人だったが、1742年のホトゥジツェの戦いや1745年のホーエンフリートベルクの戦いでプロイセン王フリードリヒ2世に、1746年のロクールの戦いでフランスの将軍モーリス・ド・サックスに敗れている。

pagetop

マリー=アデライド
(Marie-Adelaide、1894年6月14日 - 1924年1月24日)はルクセンブルク大公(在位:1912年 - 1919年)。ルクセンブルク大公ギヨーム4世の長女。ルクセンブルクではそれまで女子の継承が認められていなかったが、ギヨーム4世の6人の子は全員女子であり、傍系の男子も生存していなかった。そのため1907年に継承法が改正されて、マリー=アデライドが大公位継承者とされ、ギヨーム4世の死去により1912年に即位した。

ジャン (ルクセンブルク大公)
Jean Benoit Guillaume Robert Antoine Louis Marie Adolphe Marc d'Aviano、1921年1月5日 - は、ルクセンブルクの大公(在位:1964年11月12日 - 2000年10月7日)。1921年、大公家の居城ベルク城でシャルロット大公の長男(第一子)として誕生し、ローマ教皇ベネディクトゥス15世に洗礼を施された。ルクセンブルク国内で初等教育を修了し、イギリスのノースヨークシャー州にあるローマ・カトリック系の寄宿学校アンプルフォース・カレッジ(Ampleforth College)に進学した。1939年に成人(ルクセンブルクの成人年齢は18歳)すると、正式に大公世子となった。

ジレ・ミュラー
(Gilles Muller, 1983年5月9日 - )は、ルクセンブルク・シフランゲ出身の男子プロテニス選手。2008年の全米オープンでベスト8に入った選手である。まだツアーの優勝はないが、シングルスで2度の準優勝がある。シングルス自己最高ランキングは42位(2011年10月)。身長193cm、体重92kgで、左利きの長身選手。5歳からテニスを始め、高校を卒業した16歳からフランスに留学する。ジュニア選手時代は、2001年のウィンブルドン男子ジュニアシングルス部門で準優勝した後、続く全米オープン男子ジュニアで優勝がある。

pagetop

アーノ・マイヤー
(Arno Joseph Mayer, 1926年6月19日 - )は、アメリカ合衆国の歴史学者。プリンストン大学名誉教授。ルクセンブルクのユダヤ系の生まれ。1944年、アメリカに帰化。イェール大学で博士号取得。ブランダイス大学およびハーヴァード大学を経て、プリンストン大学歴史学部教授に就任。

カール4世 (神聖ローマ皇帝)
(Karl IV.,1316年5月14日 - 1378年11月29日)は、ルクセンブルク家出身の神聖ローマ皇帝(在位:1355年 - 1378年)。文人皇帝として知られ、しばしば、最初の「近代的」君主と称される。金印勅書の発布やプラハ大学の創設、教皇のローマ帰還への尽力などで知られる。カール4世は1316年5月14日、ボヘミア王国の都プラハで生まれた。母はプシェミスル家最後のボヘミア王ヴァーツラフ3世の妹エリシュカである。

ニコラ・フランツ
(Nicolas Frantz、1899年11月4日-1985年11月8日)は、ルクセンブルク・マメール出身の名自転車競技選手。1923年にプロ転向。同年、ルクセンブルク国内選手権・プロ個人ロードレースを制覇するが、以後1934年まで、同種目12連覇を達成。また、1922年のアマチュアの国内選手権個人ロードレースを制覇した他、1923年、1924年の国内選手権・シクロクロス(プロ)も優勝している。

pagetop

 



birth100

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダムラナコルラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ