freedom

リトアニア共和国
Republic of Lithuania

ヨーロッパ

紀元前15000年頃、当時のリトアニアの大地はまだツンドラに覆われていたが、狩猟や魚釣りを行っていたインド・ヨーロッパ祖語の話し手が紀元前2000年から紀元前3000年ごろにかけてやってきたことが確認されている。

リトアニアの歴史
「リトアニア」という語は、1009年に「Lituae」(ラテン語の属格、主格は「Litua」)と記載されたのが最も古いものである。13世紀にはリトアニア大公国が建てられ、その後、リトアニアは周辺諸国を征服、15世紀には、リトアニア大公国はヨーロッパで最大の領土をもつ国となった。


■地理
リトアニア共和国はヨーロッパの北東部に位置する、バルト三国の中でもっとも大きな国である。フランスの地理学者による算定によれば、ヨーロッパの地理的中心はリトアニアの首都ヴィリニュスの北数kmの地点になる。ヴィシュティーティス湖をはじめとする多くの湖や、また湿地帯があるのが特徴的である。また混交湿地林が国土の約33%を覆っている。


バルト海
Baltic Seaとは、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸本土とスカンジナビア半島に囲まれた海洋であり、日本での古称は東海。面積40万平方km。平均深度は55mと浅い海洋であるが、最大深度は459mとなっている。平均水温は3.9度。特筆すべきこととして、平均塩分濃度が全海洋平均の31.9パーミルと比べて26パーミルとかなり低いことがあげられる。

ヴィシュティーティス湖
Lake Vistytisとは、リトアニア・マリヤーンポレ県とロシア・カリーニングラード州との境界にある湖。ポーランドにも近い。面積は17.87平方キロである。水域の多くはロシア領で国境はリトアニアの湖岸線近くに引かれている。そのためリトアニア側から湖水に入ると国境侵犯をすることとなる。

ネマン川
ネマン川は、ベラルーシに源を発して、リトアニアとロシア連邦カリーニングラード州を流れ、バルト海の一部であるクルシュ海(クルシュ潟)に注いでいる。長さは937キロで、ヨーロッパで14番目に長く、バルト海沿岸では4番目に長い。


バルト三国
バルト海沿岸のエストニア、ラトビア、リトアニアの3つの国をいう。3か国とも北大西洋条約機構(NATO)、欧州連合(EU)へそれぞれ加盟している。歴史的にエストニアやラトビアは北欧諸国やドイツと、リトアニアはポーランドとのつながりが深く、また3か国はロシアとも深く関わってきた。

ポーランド王国
1795年までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。

ロシア帝国
リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。帝政は1721年にツァーリ・ピョートル1世が皇帝(インペラートル)を宣言したことに始まり、第一次世界大戦中の1917年に起こった二月革命でのニコライ2世の退位によって終焉する。

ソビエト連邦構成共和国
ソビエト連邦の連邦政府との間に連邦条約を調印して、ソビエト連邦を構成する共和国となった諸国家。構成共和国は民族に基づいた行政区画であり、ソビエト連邦政府に直接属していた。ソビエト連邦は歴史的に高度な中央集権国家であり、ミハイル・ゴルバチョフによるペレストロイカとグラスノスチによるこの時代の地方分権と民主主義への改正が結果的には連邦崩壊を導いた。

リトアニア大公国
12世紀? - 1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人(リトアニア語版)はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてリトアニア人(リトヴィン人)(ベラルーシ語版)と呼ばれるようになった。

ポーランド・リトアニア合同
Unia polsko-litewska)は、1569年のポーランド・リトアニア共和国(二民族の共和国)創設までに、ポーランド王国とリトアニア大公国が長期にわたって繰り返していた一連の法令による諸同盟を指す。1791年、共和国が5月3日憲法によって短命ながら統一国家へと移行した際も、合同に数えられる。

リヴォニア戦争
Livonian War)とは、主にモスクワ国家(モスクワ大公国、ロシア・ツァーリ国)、ポーランド・リトアニア連合、スウェーデン王国が、リヴォニアを主戦場にして戦った戦争。1557年に、(リヴォニア帯剣騎士団が加盟していた)リヴォニア連盟とポーランド・リトアニア連合(のちのポーランド・リトアニア共和国)が相互安全保障条約を結んだことを、イヴァン雷帝がリヴォニアによるロシアへの敵対行為とみなし、ロシアがリヴォニア帯剣騎士団領に侵攻したことから始まった。戦争は1558年から1583年まで続いた。

pagetop

タンネンベルクの戦い (1410年)
1410年7月15日、ポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団の間で戦われた戦闘である。現在ポーランドのヴァルミア・マズールィ県にある、グルンヴァルト村・ステンバルク(タンネンベルク)村とウォドヴィゴヴォ(ポーランド語版)村の間にある平原で戦われた。この戦いで勝利をおさめたポーランド・リトアニアはさらに勢力を拡大、ヨーロッパで最大の版図をもつ強国として最盛期を迎えることになる。

ルブリン合同
リトアニア語:Liublino unija;ポーランド語:Unia lubelska)は、1569年7月1日に成立した制度的同君連合である。これにより、ポーランド王国とリトアニア大公国はポーランド・リトアニア共和国に統合された。実質的には、ポーランドによるリトアニアの併合であり、ポーランド・リトアニア共和国は、選挙された一人の君主(ポーランド王・リトアニア大公)・元老院・合同議会(Sejm)によって統治されることとなった。これは、リトアニア大公国がモスクワ・ロシアとの戦争(リヴォニア戦争を参照)によって危険な状態にあったことが原因だった。

リトアニア王国 (1918年)
Lietuvos Karalyste)は、短命な立憲君主制国家。第一次世界大戦末期、それまでドイツ帝国占領下にあったリトアニアに建国された。1918年2月16日、リトアニア協議会はリトアニアの独立を宣言、ドイツは1918年2月16日に独立を承認した。

ハンザ同盟
ハンザ同盟(ハンザどうめい)は、中世後期に北ドイツを中心にバルト海沿岸地域の貿易を独占し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟である。「ハンザ」は古高ドイツ語。現代ドイツ語では 「ハンゼ」(Hanse)と呼ばれる。古高ドイツ語「ハンザ」は「団体」を意味し、もともと都市の間を交易してまわる商人の組合的団体のことを指した。

pagetop


サユディス
サユディス(リトアニア語: Sajudis、「運動」の意)は1980年代後半から、1990年代初めにかけて、当時ソビエト連邦の支配下にあったリトアニアの独立運動を指導した政治組織。正式名称はリトアニア改革運動(リトアニア語: Lietuvos Persitvarkymo Sajudis)。1988年6月3日設立。ヴィータウタス・ランズベルギスが指導した。当初その目標は、リトアニアの自治を確立することにあったが、後に独立要求運動に発展する。1988年6月3日にリトアニア科学アカデミーで開かれた会合では、共産党員・非共産党員を問わず知識人たちが集まり、サユディス発起グループ(リトアニア語: Sajudzio iniciatyvine grupe)を形成した。このグループは35名からなり、そのうちのほとんどが芸術家であった。また、35名のうち17名が共産党員でもあった。このグループは、ゴルバチョフが推進したペレストロイカ、グラスノスチ、および民主化を支持する運動の組織化を目標としており、彼らはこれを「改革運動」と呼んだのだが、ここから単に「サユディス」として知られるようになった。

タタール人
Tatar xalqı)は、おもにロシア・CIS諸国(旧ソ連)に居住するテュルク系民族。タタールという名は、もともとキプチャク・ハン国支配期のロシア人によって東方・南方の草原地帯に住むモンゴル帝国のモンゴル系・テュルク系の人々を漠然と指す民族名称であったのが、ロシア帝国の拡大とともにロシア支配下の旧キプチャク・ハン国系のテュルク系ムスリム(イスラム教徒)の人々を指す語に転じ、やがて自称としても用いられるようになったものである。


■住居
かつてリトアニア人は農民層に多かったが、現在では多くが都市に進出しており、大半がアパートで暮らしている。国民の 59 % がアパートに住んでおり、次いで 32 % が一戸建て住宅、9 % が半一戸建て住宅に住む。


■食文化
シャコティスという伝統的なケーキが有名。また、トラカイに住むカライ派の人々は、肉のペストリーの一種でキビナイと呼ばれる伝統的な料理を作る。


<世界遺産>
ビリニュス歴史地区
旧市街の面積は、3.6平方キロメートルと欧州内でも最大級であり(東欧最大)、歴史的・文化的事物が集積されている。バルト三国のリガやタリンと較べて、旧市街地には城壁など明瞭な境界がなく、また旧市街地が形成される過程で、ドイツ騎士団やハンザ同盟の影響は見られない。旧市街の建築物は約1,500ほどあり、様々なスタイルのものが見られる。バロック様式のものが多いように思われているが、実際にはゴシックやルネッサンス様式もある。旧市街は1994年に世界遺産に登録されている。

クルシュー砂州
全長98km、、南のサンビア半島(Sambian Peninsula)から、リトアニア本土の港町クライペダの真向かいにある狭い海峡へと、北端が伸びている。バルト海の神話に拠れば、クルシュー砂州は海岸で戯れていた屈強な少女ネリンガ(Neringa)によって形成された。彼女は他の神話にも現れるが、そのいくつかではさながら女性版ヘラクレスのような女傑として描き出されている。実際には、クルシュー砂州はモレーンの島々が砂で繋がり、紀元前3000年ほど前には現在のような細長い砂州が出来上がったとされる。

ケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)
町への言及が最初に確認できるのは1279年のことである。ケルナヴェはその年にリトアニア大公国の首都としてドイツ騎士団に攻囲されたのである。1390年に騎士団は城も含む建造物群もろとも町を焼き払った。この襲撃のあと、町が再建されることはなく、残った住民たちは谷に残らずに丘の頂上に移住した。時代が進むと、都市の遺跡は土に覆われ、湿った泥炭地のようになった。これによって、遺跡は損壊することなく保存され、考古学者たちにとっては貴重な考古資料を提供している。この点から、ケルナヴェを「リトアニアのトロイ」と呼ぶ者たちもいる。


■言語
リトアニア語は、ラトビア語と共に現存している2つのインド・ヨーロッパ語族バルト語派の1つであり、リトアニアの公用語にもなっている。2001年国勢調査によると母国語話者の内訳はリトアニア語82.0%、ロシア語8.0%、ポーランド語5.6%、ベラルーシ語0.5%、ウクライナ語0.2%、ロマ語0.1%、ラトビア語0.1%、となっている。

リトアニア語
ietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語。インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属す。リトアニアの公用語で、話者人口はおよそ370万人。

イディッシュ語
Yiddish、は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派のうち西ゲルマン語群に属する高地ドイツ語(標準ドイツ語)の一つで、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。


■宗教
リトアニアの宗教は現在ローマ・カトリックが大勢を占め、他の宗教は少数となっている。しかし歴史的には多くの宗教が信奉されてきた。もともと現在のリトアニアにあたる地域はバルト人の土地であり、彼らは独自の多神教信仰を持っていた。しかしその後キリスト教が徐々にリトアニアに入ってくるようになった。農民層が中心のリトアニア人にカトリックが浸透するのは16世紀頃と言われている。

カライ派
Karaite Judaism,は、ラビ的ユダヤ教を避けるユダヤ教の一派。ミクラー(聖書)を受け入れ、ミシュナー・タルムードを受け入れない。 /qr'/は読むという意味で、ミクラーなどの語根でもある。また一方、ラビ・ユダヤ教よりも聖書解釈は深いところもある。


ジーモン・ダッハ
Simon Dach, 1605年7月29日 東プロイセン・メーメルラント、メーメル(現リトアニア・クライペダ)- 1659年4月15日)はドイツの詩人。ケーニヒスベルクで聖堂学校の校閲係となり、39年同大学の詩学教授。「ターラウのアンケ(ターラウのエンヒェン)Ännchen(Anke) von Tharau」の作者とされる。

ベン・シャーン
Ben Shahn, 1898年9月12日 - 1969年3月14日は、リトアニア生まれのアメリカの画家。ユダヤ系リトアニア人。1906年、7歳のとき、移民としてアメリカに渡る。ニューヨークのブルックリンに住み、石版画職人として生計を立てていたシャーンは、肉体労働者、失業者など、アメリカ社会の底辺にいる人々と身近に接し、彼らに共感をもっていた。シャーンが社会派リアリズムの画家として、戦争、貧困、差別などのテーマを扱い続けた。

ヘルマン・ミンコフスキー
Hermann Minkowski、1864年6月22日 カウナス近郊アレクソタス Aleksotas - 1909年1月12日)は、ロシア(リトアニア)生まれのユダヤ系ドイツ人数学者。ミンコフスキー空間と呼ばれる四次元の空間により、アインシュタインの相対性理論に数学的基礎を与えた。また、時空を表すための方法として光円錐を考えた。その他に数論や幾何学に関する業績がある。ミンコフスキーが学界に認められるきっかけとなった研究は、自然数を5個の平方数の和として表すことに関係したパリ科学アカデミーの懸賞問題であった。二次形式論はガウスが2,3変数の二次形式の理論を大きく発展させて以来、多くの数学者が研究していた。ミンコフスキーはn変数の二次形式について、自身がディオファントス近似(ディオファントス方程式にちなむ)と名づけた不等式を用い、格子と凸体という幾何学的概念を導入して研究した。そしていくつもの数論の定理を幾何学的に証明したり、新しい定理を得た。その後この方法は、「数の幾何学」として独立した大きな分野を形作ることとなった。

pagetop

ヴァルダス・アダムクス
Valdas Adamkus, 1926年11月3日 - は、リトアニアの政治家。リトアニア大統領(在任1998年から2003年、再任2004年から2009年)。1926年11月3日、リトアニア・カウナスのカトリックの一家に生まれる。父はリトアニア空軍学校の校長であった。学生時代にリトアニア独立派の活動家として、地下で青年を対象とした新聞を出版するなどした。シカゴに移ったのち、自動車工場や製図工として働きながらイリノイ工科大学で水力工学を学び、1960年に卒業。学業のかたわら、他のアメリカのリトアニア人とともに40,000人の署名を集め、ソ連によってシベリアへ連行されたリトアニア人の問題に関してアメリカ政府が取り組むよう政府に求めた。

ダリア・グリバウスカイテ
Dalia Grybauskaite1956年3月1日 - は、リトアニアの政治家。同国大統領(在任: 2009年7月12日 - )。リトアニア外務副大臣、財務大臣、欧州委員会文化・教育担当委員、欧州委員会財政計画・予算担当委員を務めた。リトアニア初の女性の国家元首で、しばしば「鉄の女」と称される。グリバウスカイテは、1956年3月1日、ヴィリニュスの労働者の家庭に生まれる。母は販売員のヴィタリヤ・コルサカイテ、父は電気技師で運転手のポリカルパス・グリバウスカスグリバウスカイテはサロメヤ・ネリス高校に通っていたが、本人によれば特によくできる生徒ではなく、成績もほとんどが5段階中4であったと語っている。最も好きな教科は歴史、地理、物理であった。11歳の頃スポーツを始め、バスケットボールの選手となる。19歳の時にリトアニア国立音楽協会で1年間働き、その後ジダーノフ記念レニングラード国立大学(現・サンクトペテルブルク大学)の学生となり政治経済学を学んだ[3]。また同時に地元の工場で働きはじめている。1983年、グリバウスカイテは大学を卒業(経済学士)、ヴィリニュスに戻りリトアニア科学アカデミーの秘書となる。

pagetop

ジョゼフ・アクロン
Joseph Isidor Achron, 1886年5月13日 (リトアニア・ラズディヤイ Lazdijai) - 1943年4月29日 ハリウッド)は、ユダヤ系ポーランド人のアメリカ合衆国のヴァイオリニスト・作曲家。正統派ユダヤ教徒に属した。はじめ父親からヴァイオリンの手ほどきでヴァイオリンを始め、その後に別の教師につく。7歳でワルシャワで最初の公開演奏を行う。その頃ポーランドからロシアに移り、1899年から1904年まで、ペテルブルク音楽院でレオポルト・アウアーのヴァイオリン科に在籍するかたわら、アナトーリ・リャードフに音楽理論を師事。

エイブラハム・カーハン
Abraham Cahan 1860年7月7日 - 1951年はリトアニア生まれのアメリカの作家。リトアニアのヴィルナで正統派ユダヤ教徒の家庭に生まれ育つ。1861年、アレクサンドル二世の暗殺により革命分子が大々的に検挙され始めたため、これを逃れるために渡米。ニューヨークの労働運動の主筆兼講師となり、イディッシュ紙『前進』を創刊。1924年までに『前進』は25万人以上の読者を獲得、非英語紙として最大の成功を収め、世界のイディッシュ紙の中で指導的な存在となった。

ダヴィド・ゲリンガス
David Gilevich Geringas、1946年7月29日 - は、リトアニアのヴィリニュス生まれのチェロ奏者。リトアニア語名、ダヴィダス・ゲリンガス(Davidas Geringas)。現在はドイツ国籍である。質の高い演奏活動と教育活動で尊敬を集め、現代を代表するチェリストの一人である。師であるムスティスラフ・ロストロポーヴィチから受けついだスケールの大きな演奏、鮮やかな音色が魅力である。

イサーク・レヴィタン
Isaac Ilyich Levitan1860年8月18日 - 1900年7月22日は、ロシアの風景画家。イサーク・レヴィタンは、現在のリトアニア・カウナス地方のキバルタイにあったシュテットル(ユダヤ人コミュニティー)に生まれた。教育を受けたユダヤ人家庭であったが、貧困に喘いでいた。父エリアシフはラビの子で、イェシーバーを完全に終え、その後は自身で勉強をしていた。彼はカウナスでドイツ語とフランス語を教えていた。1873年9月、イサークはモスクワ美術学校に入学した。そこでは実兄アヴェルが既に2年学んでいた。一年間模写クラスに在籍し、イサークは自然主義クラスへ籍を移した。その後すぐ風景画クラスへ移った。レヴィタンの師は、有名なアレクセイ・サフラソフ、ヴァシリ・ペロフ、ヴァシリ・ポレノフであった。学校での成功によって、レヴィタンは賞品の絵の具箱と2ダースの筆をもらった。

ユリエル・ワインライク
(Uriel Weinreich, 1926年月日 ヴィルナ - 1967年月日)は、リトアニア出身のアメリカの言語学者・イディッシュ語学者。ユリエル・ワインライクとも。 主に「言語接触」と「二言語併用」に関する理論的研究で開拓者的業績をあげた。優れたイディッシュ語学、社会言語学、方言学の研究を打ち立て、また意味論 (semantics) の容認度を増大させた。最も影響力の強いイディッシュ=英語辞典を編集した。
そのどれもがそれぞれの分野に多大な貢献をしているにもかかわらず、40歳で生涯を終えたため、理論的に大成する機会が失われてしまった。

ミハウ・カジミェシュ・オギンスキ
Michal Kazimierz Oginski, 1730年 - 1800年5月31日は、ポーランド・リトアニア共和国の有力政治家、マグナート、軍司令官、音楽家、作曲家。伯爵、のち公(帝国諸侯)。政治家・軍人のほか、オギンスキは高名な技術者・音楽家としての顔も持っていた。彼はピンスク〜ヴォルィーニ間に道路を建設し、ヴィリニュスに工廠を造営、またドニエプル川とネマン川の流域にかかるオギンスキ運河を築いた(1765年 - 1784年)。

pagetop

ポヴィラス・ヴァナガス
(Povilas Vanagas、1970年7月23日 - )は、リトアニア出身の男性フィギュアスケートアイスダンス選手。2000年世界フィギュアスケート選手権アイスダンス3位。1992年アルベールビルオリンピックから2006年トリノオリンピックまでオリンピック5大会連続アイスダンスリトアニア代表。パートナーは妻でもあるマルガリータ・ドロビアツコ。

ナウム・ガボ
1890年8月5日 - 1977年8月23日は、ロシア・アヴァンギャルドの美術家、彫刻家。、構成主義への初期からの参加者でもある。なお、アントワーヌ・ペヴスナーは実兄。1910年、ミュンヘンで学ぶ(薬学、工学、数学など美術とは関係のない分野であった)。そのときに、青騎士を知りその影響を受ける。1913年ごろ兄のいたパリを訪問し、キュビスムの影響を受ける。

ゼリグ・カルマノヴィチ
Zelig Hirsch Kalmanovich, 1885年 - 1944年は、リトアニアのユダヤ人で文献学、翻訳、史学、古文書の保管などに携わった学者である。イディッシュ語の教授としても知られる。1929年ユダヤ調査研究所の所長となりビリニュスに移住する。リトアニアがナチスに占領されるとドイツに送るビリニュス図書館の略奪品の選別を行わされる。首都ビリニュスのゲットーに収禁され、1944年にエストニアのナルヴァの強制収容所に送られ死亡。

ツェーザリ・キュイ
1835年1月18日 ヴィリニュス - 1918年3月26日は、ロシアの作曲家・音楽評論家・軍人で、ロシア五人組の一人である。民族的にはロシア人ではなく、母はリトアニア人、父がフランス人の混血である。ロシア国内における軍事教育家としての尊敬に値する業績の反面、西欧ではキュイは、「余技の」作曲活動によって知られていた。少年時代にヴィリニュスでピアノを始めて、ショパンの作品を学び、14歳で最初の作曲を始めた。ペテルブルクに送られる数ヶ月前に、当時ヴィリニュス在住であったポーランド人作曲家、モニューシュコに音楽理論の手ほどきを受けている。キュイの音楽の方向は、1856年にバラキレフとの出逢いによって変化し始め、いっそう真剣に音楽に関心を寄せて行く。

アロン・ギュルヴィッチ
(Aron Gurwitsch、1901年1月17日 - 1973年6月25日)は、リトアニア出身のアメリカ合衆国の哲学者、現象学者。現象学とゲシュタルト心理学の関係について考察した。1959年から1973年までニュースクール・フォー・ソーシャル・リサーチで教えた。

ロマン・ガリー
(Romain Gary, 1914年5月8日 − 1980年12月2日)は、フランスの小説家、映画監督、外交官。1914年、ロシア帝国領ヴィルナ(後にポーランド領ヴィルノ、現在はリトアニア共和国の首都ヴィリニュス)で生まれた。 14歳の時、母と共にフランスニースに移り住み、フランスに帰化した。1980年12月2日、拳銃自殺。自殺の直前にガリマール社の担当者へ、自分の死はジーン・セバーグの自殺とは関係ないことと、エミール・アジャールが自分であることを記した文書を送った。文書の最後は、「大いに楽しんだ。ありがとう。さようなら」と結ばれていた。

レオポルド・ゴドフスキー
(Leopold Godowsky, 1870年2月13日-1938年11月21日)は、ポーランドのピアニスト、作曲家、教師。「ピアニストの中のピアニスト The Pianist of Pianists」と呼ばれる。ゴドフスキーは現在のリトアニアの首都ビリニュスの近く、ソズウィ Sozły に生まれた。幼少の頃、彼はピアノ演奏と音楽理論のレッスンを受けていた。14歳になるとベルリン高等音楽院に入学し、エルンスト・ルドルフの下で研鑽を積み始めるも3ヶ月で辞めてしまう。それ以外では、彼は基本的に独学家だった。

pagetop

マクシミリアン・シテインベルク
Maximilian Osseyevich Shteinberg, *1883年7月4日 ヴィルナ - 1946年12月6日 レニングラード)は、ロシアの作曲家、音楽教師。グラズノフと並ぶリムスキー=コルサコフの愛弟子であり、ともにペトログラード音楽院でショスタコーヴィチを世に送り出した。東欧系ユダヤ人であるヘブライ学者の息子としてリトアニアに生まれる。1901年に初めてペテルブルクに上京して自然科学を学ぶかたわら、音楽に対する関心の深さから、ペテルブルク音楽院にも籍を置き、リャードフやグラズノフらの錚々たる顔ぶれに認められる。

イェヒエル・デ・ヌール
1909年5月16日 - 2001年7月17日)はポーランド出身のイディッシュ語・ヘブライ語作家。De-Nur とはヘブライ語で「火の」の意。Yehiel Dinur(ディヌール)、Jehiel Dinur とも書かれる。第二次世界大戦中、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に2年間収容される。生還後、1945年イギリスの委任統治下のパレスチナ(後のイスラエル)に移住し、 カ・ツェトニック 135633(Ka-tzetnik 135633)の名で、収容所での体験に基づくヘブライ語の著作を複数発表した。

アルギルダス・ブトケヴィチュース
1958年11月19日 - )はリトアニアの政治家。現在、同国首相。1985年、リトアニア共産党党員となり、1991年10月からはリトアニア社会民主党党員。1995年から1997年にかけて、リトアニア社会民主党ヴィルカヴィリュキス支部長を務めた。ヴィルカヴィリュキス地区自治体の議員を務めた後、1996年リトアニア議会選挙、2000年議会選挙で国会議員に当選。2012年議会選挙では祖国同盟の推し進めてきた原発計画への反対を掲げ社会民主党を第1党に導いた。建設計画が進められているヴィサギナス原子力発電所については、計画の総事業費や詳細な工程が明らかになっていないことを理由に見直す考えを明らかにした。

ヴィータウタス
Vytautasヴィータウタス、1352年 - 1430年10月27日、在位1401年 - 1430年)は、リトアニア大公国の大公である。ケーストゥティスの子にあたる。父が従兄弟のヨガイラ(後のポーランド王ヴワディスワフ2世)と大公の地位をめぐって敗れて殺されると、プロイセンに亡命する。その後、1383年にヨガイラと和睦して帰国した。キプチャク・ハン国(ジョチ・ウルス)の内戦に際しては、トクタミシュを支持し、彼のグループと同盟関係を結んだ。

アンターナス・スメトナ
Antanas Smetona1874年8月10日 - 1944年1月9日)は、リトアニアの政治家。リトアニア共和国の初代大統領である。スメトナは、ヴィリニュス県ウクメルゲ近郊の村ウジュレニス (Užulėnis) の小さな農家に生まれ、タウイェナイ (Taujenai) の小学校で学んだ。パランガの予備ギムナジウムを卒業後、カトリック教会の聖職者を目指してカウナスにあるサモギティア神学校の入学試験に合格した。しかし、様々な状況からすぐ後に計画を変え、ラトビアのイェルガヴァにあるギムナジウムへ入学した。

杉原千畝
杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)は、日本の官僚、外交官。1900年(明治33年)1月1日、岐阜県加茂郡八百津町に生まれる。第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。外務省からの訓命に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。

ゲディミナス
(Gediminas, 1275年 - 1341年)は、中世リトアニア大公国の君主、リトアニア大公(在位:1316年 - 1341年)。これは主にリトアニア人とルーシ人の君主を意味していた。帝国としてのリトアニア大公国の実質的な創始者である。キリスト教化に抵抗した熱心な異教徒との評価があるが、実際はより複雑な事情があった。

pagetop

サルナス・ヤシケビシウス
Sarūnas Jasikevicius、1976年3月5日 - )は、ギリシャ男子プロバスケットボールリーグA1エスニキの名門、パナシナイコスに所属するリトアニアカウナス出身のプロバスケットボール選手。ヨーロッパを代表する司令塔として君臨。世界的に強豪であるリトアニア代表の中心選手として、長年チームを引っ張っている。

ウィルギリウス・アレクナ
(Virgilijus Alekna、1972年2月13日 - )は、リトアニアの陸上競技選手。専門は円盤投。シドニーオリンピック、アテネオリンピックで2大会連続の金メダルを獲得した。このうち、2004年のアテネオリンピックでは、ハンガリーのローベルト・ファゼカシュがオリンピック新記録で1位となっていたが、競技後の尿サンプルの提出を拒んだため、失格となり、アレクナが繰り上がりの金メダルとなったものである。

マリウス・ザロムスキー
(Marius Zaromskis、男性、1980年7月30日 - )は、リトアニアのキックボクサー、総合格闘家。シャウレイ出身。アメリカン・キックボクシング・アカデミー所属。現DREAMウェルター級王者。2008年5月10日、Cage Rage英国ウェルター級王者決定戦に出場。チェ・ミルズと対戦するも、TKOで敗れ、王座獲得に失敗した。2012年5月11日、Bellator初参戦となったBellator 68でワーチーム・スピリットウルフと対戦し、相手の右瞼をカットさせ、2R終了時にドクターストップでTKO勝ち。

ヴィータウタス・ランズベルギス
(Vytautas Landsbergis、1932年10月18日 - )は、リトアニアの政治家。リトアニア独立革命を指導。独立後、共和国の国会議長として、リトアニアの元首となった。音楽学者でもある。1978年から1990年まで、リトアニア音楽アカデミーで教鞭をとる。近代リトアニアの代表的作曲家ミカロユス・チュルリョーニスの研究者として知られる。

リトアニア Lithuania
ヨーロッパ北東部の共和制国家である。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の一つであり、北にラトビア、東にベラルーシ、南にポーランド、南西にロシア(カリーニングラード州)と国境を接し、西はバルト海に面している。首都はヴィリニュス。

リトアニア共和国はヨーロッパの北東部に位置する、バルト三国の中でもっとも大きな国である。ヴィシュティーティス湖をはじめとする多くの湖や、また湿地帯があるのが特徴的である。また混交湿地林が国土の約33%を覆っている。

ヴィリニュス
Vilniusはリトアニア共和国の首都で、同国最大の都市である。人口は 558,165 人(2009年現在)。かつてポーランド領だったこともある。バルト三国で唯一海に面していない首都で、バルト海に面したリトアニア主要港のクライペダからは 312 km 離れている。


ヴィリニュス国際空港
Vilnius International Airportは、リトアニアの首都、ヴィリニュス市の南7kmにある国際空港である。1944年に開港。リトアニア航空の本拠ハブ空港であり(2009年1月より経営難で運航停止中)、エア・バルティックもハブ空港として利用している。年間百万人の乗降客を誇る国内最大の空港である。


カウナス
リトアニア第2の都市で、ソビエト連邦併合以前のリトアニアの首都(臨時)。人口は約355,550人(2008年)。リトアニアのほぼ中央に位置し、ネムナス川とニャリス川の合流点にある市の中心部は歴史的な町並で有名。カウナスの歴史は、少なくとも10世紀まで遡ることができ、最初に、現存する文書に登場するのは1361年のことである。

pagetop


外務省:リトアニア共和国
在リトアニア日本国大使館


パネヴェジース
パネヴェジースはリトアニアの中部に位置する。バルト地方の中心地ヴィリニュスとリガの途中にある。良い道路基盤を持つ地理的位置と、国際高速道E67が、ビジネスの機会をパネヴェジースに提供している。市は鉄道でシャウレイとダウガフピルスに、狭軌によって同様にルビキアイ/アニクシュシャイとビルジャイともつながっている。この鉄道は歴史記念物として保存され、観光名所とされている。

クライペダ
Klaipedaは、リトアニアのバルト海に面した海港都市。同国唯一の海港である。人口は 18万5899 人(2007年)で、1989年の 20万2900 人から減少傾向にある。ほとんどの住民はリトアニア人である。今日クライペダはスウェーデン、デンマーク、ドイツ、ポーランドと連絡する主要なフェリー港である。クライペダはダネ川の河口近くに位置する。

ウテナ
Utenaは、リトアニア北東部の都市。ウテナ県の県庁所在地である。リトアニアで最も古い街の一つで、その名は1261年の文献に登場する。工業都市であり、衣服や食料、ビールの工場がある。特にウテノス・アルス(ウテナ・ビール)社のブルワリーが有名。近年では、街中に広場や公園を整備したため、余暇や観光を楽しむ人の数も増えてきている。

シャウレイ
リトアニア第4の都市。シャウレイ県の県庁所在地。人口128,396人(2007年)。この都市にはソビエト連邦の圧制により処刑された人々や、シベリアへ流刑された者を惜しんで、立てられた5万個以上ある十字架の丘があり、ソ連軍が撤去する度に立てられ、現在のような状態が出来上がった。

ジェマイティヤ
ジェマイティヤ地方は自然の美観、文化遺産、歴史遺産にあふれており、観光開発の可能性は高く、多くのリトアニア人観光客や外国人観光客を魅了する。外国からは、ラトヴィア、ポーランド、ドイツ、スペイン、フィンランド、スウェーデンなどから観光客が多く訪れる。

pagetop

ズーキヤ
伝統的にズーキヤの人々はズーキヤ方言(あるいは南アウクシュタイティヤ方言)を話す。これはアウクシュタイティヤ方言の下位方言に位置づけられている。他の地方と同様、ズーキヤ地方でも学校教育やメディアを通してリトアニア語の標準語が浸透しており、ズーキヤ方言は廃れつつある。

パランガ
Palangaは、リトアニア西部の都市。バルト海に面し、全長18kmの砂浜と美しい砂丘から夏はリゾート地としてにぎわう。

ウクメルゲ
ウクメルゲの名は、1333年の文献に初めて登場する。それは主に、ヴィルクメルゲ川とシュヴェントイ川 (Sventoji) の合流地点近くの丘の上に作られた木製の要塞として描かれている。

ケダイネイ
リトアニア中部の都市。リトアニアの都市の中でも最も古い都市の一つ。ネヴェジス川沿いに位置している。人口は30,835人(2009年現在)。1372年のリヴォニア年代記『Hermann de Wartberge』で初めてこの都市について言及されている。街の旧市街地の歴史は17世紀にまでさかのぼる。

タウラゲ
リトアニアの都市。タウラゲ県の県庁所在地でもある。ユーラ川沿いに位置する工業都市で、ロシア連邦・カリーニングラード州との国境やバルト海岸に近い。1915年、第一次世界大戦により、タウラゲ市内の施設の多くがドイツ軍によって破壊された。1941年6月22日、ドイツはバルバロッサ作戦を開始、ソ連軍が撤退し、タウラゲはその日のうちにドイツ国防軍に占領された。約4,000人のユダヤ人がタウラゲやその周辺の村で殺害された。


リトアニアの教育
リトアニアの教育は、教育法で定められているとおり、6歳あるいは7歳から16歳までは義務教育で、無料で受けることができる。リトアニアにおける教育は長らく中央集権化されてきたが、現在ではほぼすべての学校が独自のシステムを導入している。ただしそれらのシステムはそれほど多様化されておらず、すべての学校でほぼ同様の科目を学ぶことができる。また、生徒は自由に転校することができる。


ヴィリニュス大学
Vilnius Universityは、リトアニア共和国ヴィリニュス県ヴィリニュス市に本部を置くリトアニアの国立大学である。1579年に設置された。この地方ではクラクフのヤギェウォ大学(1364年)、ケーニヒスベルクの大学(1544年)に次いで創立された、最も古い大学の一つである。

カウナス工科大学
Kauno Technologijos Universitetas、略称: KTUは、リトアニア・カウナスに位置する大学である。バルト三国で最も大規模な工科大学である。

クライペダ大学
Klaipėdos Universitetas、略称: KUは、リトアニア・クライペダにある国立総合大学。1991年に設立。学生数は約10,000人。1991年1月1日、セイマス(国会)の法令によりクライペダ大学が設立され、それまでクライペダにあった高等教育機関はクライペダ大学に編入された。

リトアニア農業大学
リトアニア大学に農業森林学科が再設された後、1924年9月3日、ドトヌヴァ (Dotnuva) に農業アカデミーが設立された。初代学長にはポヴィラス・マトゥリオニス (Povilas Matulionis) 教授が選出された。当時のリトアニア経済は困難に直面しており、政府が高等教育機関の新設を支援することは難しかったが、そんな中でもアカデミーは発展を遂げていった。

ミコラス・ロメリス大学
Mykolo Romerio universitetas、略称: MRU)は、リトアニアの首都ヴィリニュスにある国立大学。2004年に設立。大学の名称は、リトアニアの法学者、裁判官で、リトアニア共和国憲法の父と呼ばれる、ミコラス・ロメリスに由来する。

シャウレイ大学
Siauliy universitetas、略称: SU)は、リトアニア・シャウレイにある国立大学。1997年設立。学部から修士課程、博士課程まである。2007年現在、学生数は12,000名。

リトアニア・ヨナス・ジェマイティス将軍陸軍士官アカデミー
Generolo Jono Zemaicio Lietuvos karo akademija、略称: LKA)は、リトアニアの首都ヴィリニュスにある国立の高等教育機関。1994年にセイマス(国会)によって設立、リトアニア国防省が管轄する。設立当初は「リトアニア陸軍士官アカデミー」と称したが、1998年からは、校名にヨナス・ジェマイティス将軍の名を冠している。彼はソヴィエトに対するパルチザン(1944年 - 1953年)を指揮した。

ヴィリニュス芸術アカデミー
Vilniaus dailes akademija、略称: VDA)はリトアニアの首都ヴィリニュスにある大学。芸術に関する様々な学位を授与している。2007年現在の学生数は1,983名(学部1,596名、修士346名、博士29名)。

ヴィリニュス・ゲディミナス工科大学
Vilniaus Gedimino technikos universitetas)は、リトアニア共和国ヴィリニュス県ヴィリニュス市に本部を置くリトアニアの国立大学である。1969年に設置された。国内に2つある工科大学のうちの1つである(もう1つはカウナス工科大学)。

pagetop


国立チュルリョーニス美術館
Nacionalinis Mikalojaus Konstantino Ciurlionio dailė虞 muziejus、略称: NCDM)は、リトアニア・カウナスにある美術館。主に、画家で作曲家のミカロユス・チュルリョーニス(1875年 - 1911年)の作品が展示されている。チュルリョーニスの作品や関連する収集品のほか、17世紀から20世紀のリトアニアの民俗芸術作品や、さらにはエジプトの美術作品、貨幣も展示されている。


アウクシュタイティヤ
リトアニアに5つある民族誌上の地方の一つ。現在のリトアニア北東部にあたる。アウクシュタイティヤ地方はリトアニア北東部にあたり、その他にラトビアやベラルーシも一部含む。

マジェイケイ
Mazeikiai、は、リトアニア北西部の都市。テルシェイ県の最大都市でもある(ただし中心都市はテルシェイ)。ヴェンタ川沿いに位置している。人口は約4万人で、リトアニアで8番目の規模である。1980年、石油精製工場「マジェイケイ・ナフタ」 ("Mazeikiy Nafta") ができる。これは、現在でもリトアニアで最大の工場の一つである。アメリカのエネルギー会社、ウィリアムス ("Williams") への民営化をめぐってはリトアニア政府内でのスキャンダルや騒動を巻き起こした。

pagetop

テルシェイ
Telsiai)は、リトアニアの都市。人口29,883人(2009年)。テルシェイ県およびジェマイティヤの中心都市。マスティス湖の北側に位置している。

ヴィサギナス
Visaginas)は、リトアニア東部の都市。県最大のドゥルークシェイ湖の近くにある。ヴィリニュス=ダウガフピルス鉄道が町に並行して走り、この2都市に便利なコミュニケーションを提供している。高速道路は、ヴィサギナスを国内全ての他都市とつないでいる。ヴィサギナスは、ヴィサギナス湖そばのマツの森の中で成長した。

ドルスキニンカイ
Druskininkaiは、リトアニア南部のネムナス川沿いにある温泉街である。ベラルーシやポーランドとの国境に近い。人口は 16,215 人(2009年現在)。リゾート地としての歴史は19世紀にまで遡る。

エレクトレナイ
Elektrenai)は、リトアニア・ヴィリニュス県の都市で、2000年以降エレクトレナイ基礎自治体の中心都市である。リトアニアの二大都市、ヴィリニュスとカウナスのほぼ中間に位置する。エレクトレナイはリトアニアで最も近年に創設された街の一つで、ソビエト連邦時代に発電所の労働者の居住地として作られた。

ヴァレナ
Varena、は、リトアニア・アリートゥス県の都市。ワルシャワ・サンクトペテルブルク間に鉄道が敷設され、1862年、セノイ・ヴァレナ(「旧ヴァレナ」の意)の南4kmの地点に都市が建設された。当時は小規模な居住地であったがその後発展を遂げ、1950年にはヴァレナ地区自治体の中心都市となった。

クピシュキス
Kupiskis)はリトアニアの都市。クピシュキス地区自治体の中心都市である。レヴオ川およびクパ川の沿岸に位置しており、都市名もクパ川に由来する。第二次世界大戦前、クピシュキスには1,500人近くのユダヤ人が居住していた。

pagetop

モレタイ
Malaty)は、リトアニア北東部に位置するウテナ県の都市である。リトアニアの首都ヴィリニュスの人々のリゾート地として知られている。2009年の人口は6,883人である。ヴィリニュスの約 60 km 北、ウテナの 30 km に位置している。ヴィリニュスの司教の私有地として Malaty の名前で14世紀に歴史に現れた。

ネリンガ
Neringos savivaldybe) は, リトアニアの最も西に位置する自治体で、国立公園クルシュー砂洲の中央部付近にある。リトアニアで最も少ない人口の自治体である。この自治体の南には、ロシア連邦カリーニングラード州との国境がある。

ラミーガラ
Ramygala)はリトアニアのパネヴェジース県に属する都市。19世紀末には、3つの通路と祭壇を備えた、ゴシック・リヴァイヴァル様式の教会が新たに建造された。屹立する鐘楼が特徴であり、第二次世界大戦の戦火を被り破損したが、1950年代に再建された。

カルヴァリヤ
Kalvarija)は、リトアニアのマリヤーンポレ県に属する都市。カルヴァリヤという都市名はゴルゴダの別名、カルヴァリーにあやかって名付けられた。カルヴァリヤには1万人以上の住民がいたが、第二次世界大戦の戦火を被り街の3分の2が破壊され、その影響で人口も減少した。

シュヴェンチョニース
Svencionys)はリトアニアの都市。首都ヴィリニュスの北 84 km に位置する。人口は5,562人(2009年現在)。人口の約3分の1がポーランド人の少数民族である。

トラカイ
Trakai、は、リトアニアの都市。湖畔のリゾート地でもある。首都ヴィリニュスの西方28 km に位置する。ヴィリニュスに近いため、トラカイは人気のある観光地である。町の面積は11.52平方キロメートルで、2009年の調査では人口は5,357人である。

シャケイ
Sakiai はリトアニア・マリヤーンポレ県の都市。国内第2の都市カウナスの西65kmに位置する。19世紀初頭、シャケイは市としての権利を有することとなる。街には学校やカトリック教会、ルター派教会、ユダヤ教のシナゴーグ、そして郵便局があった。第二次世界大戦中、街はドイツ軍によって破壊された。

パブラデ
Pabradeは、リトアニアの都市。ジェイメナ川 (Zeimena) 沿いの都市で、シュヴェンチョニースの南西38kmに位置する。ヴィリニュスとダウガフピルスを結ぶ鉄道路線が近くを通っている。

シャルチニンカイ
Salcininkai)は、リトアニアの都市。首都ヴィリニュスの南東に位置し、ベラルーシとの国境に近い。1956年、シャルチニンカイは市に制定され、現在ではシャルチニンカイ地区自治体の中心都市となっている。多民族都市としても知られ、民族構成はポーランド人(72%)、リトアニア人(13%)、ロシア人(7%)、ベラルーシ人(4%)となっている。ポーランド人の割合はリトアニアの都市の中で最も高い。


■国名
リトアニア語における正式名称は、 Lietuvos Respublika (リエトゥヴォス・レスプブリカ) 。通称 Lietuva (リエトゥヴァ)、略称は LR 。公式の英語表記は、 Republic of Lithuania 。通称 Lithuania (リスエイニア)。1009年3月9日付け(正しくは2月14日であったとみられる)の年代記において "Lituae" と記されたのが、歴史上リトアニアの国名が登場する最初の例である。


1.面積:6.5万平方キロメートル
2.人口:323.0万人(2011年4月現在)(リトアニア統計局)
3.首都:ビリニュス(人口約54万9000人)
4.言語:リトアニア語
5.宗教:主にカトリック

1236年 リトアニア大公国成立。
1336年 ヨガイラ王、ポーランド王を兼ねる。
(リトアニア・ポーランド王国成立)
1569年 リヴォニア戦争によりポーランドと同盟(二民族一共和国)
1795年 第3次ポーランド分割により大部分がロシア領となる。
1918年 独立を宣言。
1920年 ソ連より独立。
1940年 ソ連に併入。
1990年2月 共和国最高会議選挙。
1990年3月 独立回復宣言。
1991年9月6日 ソ連国家評議会バルト三共和国の国家独立に関する決定を採択。
2001年5月 WTO加盟。
2004年3月 NATO加盟。
2004年5月 EU加盟。

■主要産業:石油精製業、食糧・飲料生産業、電力生産・配電業(2009年末イグナリナ原発閉鎖により現在は縮小)

■主要貿易品目(1)輸出 石油製品、自動車及びその他の輸送車両、家具
(2)輸入 石油及び原油、天然ガス、医薬品

pagetop


リタス
litas; Lt)はリトアニアの通貨。補助通貨単位はツェンタス(centas)で、1リタス=100ツェンタスである。リタスが最初に導入されたのは第一次世界大戦後にリトアニアが独立を宣言した1922年のことで、その後リトアニアではソビエト・ルーブルと等価で交換された暫定通貨タロナスを経て、1993年6月25日にリタスが再導入された。リタスの名称はラトビアのラッツと同様に、国名にちなんでつけられた。


欧州連合
欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。欧州連合条約第2条では欧州連合の存在価値について、以下のようにうたっている。仮訳: 連合は人間の尊厳に対する敬意、自由、民主主義、平等、法の支配、マイノリティに属する権利を含む人権の尊重という価値観に基づいて設置されている。これらの価値観は多元的共存、無差別、寛容、正義、結束、女性と男性との間での平等が普及する社会において、加盟国に共通するものである。

リトアニア社会民主党
Lietuvos socialdemokraty partija)は、リトアニアの社会民主主義政党。欧州社会党に参加している。現在のリトアニア社会民主党は、リトアニア民主労働党と(旧)リトアニア社会民主党が合併して誕生した。民主労働党は1990年まではリトアニア共産党として活動していた政党である。

秩序と正義
Tvarka ir teisingumas)は、リトアニアの国民保守主義政党。設立は2002年。秩序と正義の前身、自由民主党は2002年にロランダス・パクサスらによって設立された。

リトアニア・ポーランド人の選挙運動
LLRA Lietuvos lenkų rinkimų akcija、は、リトアニアに住むポーランド人のための中道右派保守政党である。党の本部はヴィリニュスにある。党のテーマカラーは、ポーランドの国旗と同じ赤と白。

労働党 (リトアニア)
Darbo Partija、略称:DP)は、2003年に成立したリトアニアの政党である。欧州自由民主改革党に参加している。農村部やロシア系住民の一部から支持を得ている。


■経済
国連の分類によれば、リトアニアは平均所得の高い国に位置づけられており、鉄道、空港、4車線の高速道路などの近代的なインフラが整備されている。リトアニアの経済構造は知識集約型経済へと少しずつ着実に移行してきており、とりわけバイオテクノロジーやレーザー産業が特にさかんで、バルト三国におけるバイオテクノロジーの製造はリトアニアに集中している。


■国民
人口の83.1% が、リトアニア人である。少数派として、ポーランド人(6.0%)、ロシア人(4.8 %)、ベラルーシ人(1.1%)、ウクライナ人(0.6%)などがいる。


フリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダー
Friedrich Wilhelm August Argelander、1799年3月22日 - 1875年2月17日はドイツの天文学者である。最初の近代的星表「ボン掃天星表」 (Bonner Durchmusterung) を作成した。

pagetop

エマ・ゴールドマン
Emma Goldman, 1869年6月27日 - 1940年5月14日とは、リトアニア生まれのアナキストでありフェミニスト。ラディカルな解放思想やフェミニズムによる著作、発言などで知られる。15歳で姉とともにアメリカに渡った。後にロシア革命期の見聞を語ることになる。またイギリス滞在歴も長く、後年にはイギリスで自伝を執筆している。日本のフェミニスト、とりわけ伊藤野枝に大きな影響を与えた。リトアニアのカウナスでユダヤ系の家庭に生まれる。暗殺が起こるなどの政情不安から、13歳のときに一家はペテルブルクに移住した。経済的事情で学校にも行けずに働くことになった。「女に学問はいらない」と説いて早く結婚させようとする父と対立することになる。

ヴラド・ペルルミュテール
Vlado Perlemuter, 1904年5月26日 - 2002年9月4日はフランスのピアニストである。20世紀の代表的なフランスの作曲家、モーリス・ラヴェルに師事した事もある。1904年、ポーランド系ユダヤ人としてソ連領のコヴノ(コブノ)、現在はリトアニア領のカウナスに生まれる。3歳の時、事故で左眼の視力を失う。10歳でフランスに移住し、21歳の時にフランス国籍を取得。成長するに従いピアノの才能を現し始め、郷土の先輩モーリッツ・モシュコフスキーに師事した。その後、アルフレッド・コルトーを尊敬し始めた。はじめ「ショパン弾き」と呼ばれたが、1925年から1927年頃、ラヴェルの目の前にて、ラヴェルが作曲したピアノ曲殆ど全てを弾いた。その時に、ラヴェル本人から譜面不表記の、裏の記号、指示等全てを作曲者本人から教え込まれた。

エマニュエル・レヴィナス
Emmanuel Levinas、1906年1月12日 - 1995年12月25日は フランスのユダヤ人哲学者・タルムード学者。リトアニアのカウナス出身。フッサールの現象学とハイデガーの『存在と時間』から出発した。『実存から実存者へ』を経て、ハイデガーの暴力的な存在論を排し、非暴力的な存在論の構築を目指して『全体性と無限』を著す。しかし、デリダの『暴力と形而上学』(『エクリチュールと差異』所収)によって批判され、もう一度倫理−存在論を構築することを目指す。その結果書き上げられたのが、『存在するとは別の仕方であるいは存在することの彼方へ』である。

チェスワフ・ミウォシュ
Czesł悲w Mił被sz 1911年6月30日 - 2004年8月14日はリトアニア系ポーランド人の詩人、作家、エッセイスト、翻訳家。共産主義体制下のポーランドからフランスへ亡命。アメリカ合衆国でポーランド文学教授となり執筆活動を行った。1980年にノーベル文学賞受賞。ヴィルノ(現在のリトアニアの首都ヴィリニュス)で青年時代を過ごし、1930年代には詩集を出版した。1931年、1934年にはパリに一年間留学し、帰国後はヴィルノのラジオ局で働く。1939年、ナチスによるポーランド侵攻。ミウォシュはワルシャワで詩集を地下出版し、文化面での抵抗運動を行った。

ミカロユス・チュルリョーニス
Mikalojus Konstantinas Ciurlionis、1875年9月22日 - 1911年4月10日は、リトアニア人画家・作曲家。短い生涯の間に、約300点の絵画と約200点の楽曲を遺した。美術作品の多くは、リトアニア国立チュルリョーニス美術館(カウナス市)に蒐集されている。独自の幻想的な画風はカンディンスキーに影響を与え、ストラヴィンスキーもチュルリョーニスの絵画を持っていたことがある。晩年に精神を病み、それ以降に作曲や描画において伝統と隔絶した作風をとるようになったことから、アール・ブリュの芸術家に分類されることもある。ロマン・ロランやオリヴィエ・メシアンもその作品に注目した。

アルビダス・サボニス
Arvydas Romas Sabonis, 1964年12月19日 - は、リトアニアが生んだ伝説的なバスケットボール選手。ヨーロッパ史上最高のセンターと呼ばれ、ソビエト連邦時代からその名前を世界中に轟かせてきた。ポジションはセンター。身長221cm。1986年、21歳の時、スペインで開催された世界選手権に参加し、銀メダル獲得と共に大会ベスト5に選出される。同年秋に行われたNBAドラフトで、当時まだアメリカ人のみが席巻していたNBAにおいて、アメリカ人以外の選手としては異例の1巡目24位という高順位で指名を受けた。しかし、当時は政治的に米ソが冷戦の対立の最中であったという事と、オリンピックにおけるバスケットボールにプロ選手が出られなかったなどの諸処の理由で、この時のNBA入りは叶わなかった。

pagetop

ユルギス・カイリス
Jurgis Kairys, 1952年5月6日 - は、リトアニア出身のエアロバティックパイロットである。シベリアのクラスノヤルスクで生まれ、幼少の頃に両親と共にリトアニアに戻り、地元の飛行クラブで曲技飛行を始めた。1982年以降、スホーイ設計局のテストパイロットとしてSu-26、Su-29、Su-31、JUKAなどのスホーイ製のアクロバット機のテストに携わることになる。これらの機体はユルギス個人の曲技飛行の際に提供されるアクロバット機でもあり、多数の世界大会での名声を得たと同時に、数々のユルギスの個人技の開発に貢献することにもなった。

ヤッシャ・ハイフェッツ
Jascha Heifetzas 1901年2月2日 - 1987年12月10日 は、20世紀を代表するヴァイオリニストであり、「ヴァイオリニストの王」と称された。ハイフェッツはロシア帝国領ビルナ (現在のリトアニアの首都) にユダヤ人として生まれた。3歳でヴァイオリンを始め、神童と呼ばれ、5歳でレオポルト・アウアーの元弟子に師事、7歳でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏し、デビューを果たした。1910年には、レオポルト・アウアーに師事するため、サンクトペテルブルク音楽院に入学した。12歳でアルトゥール・ニキシュに招かれベルリンデビューを果たすと、同年ニキシュの指揮でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と演奏している。10代のうちにヨーロッパの大部分を訪れている。

ブライアン・エプスタイン
(Brian Samuel Epstein, 1934年9月19日 - 1967年8月27日(満32歳没))は、イギリスのビジネスマン。1962年6月26日、ビートルズをマネージメントする為の会社「NEMSエンタープライズ」を弟クライヴを共同経営者に迎えて設立する。ビートルズのマネージャーとして最もよく知られ、彼らからはエピーという愛称で呼ばれていた。父方の祖父アイザック・エプスタインはリトアニアからイギリスに移住したユダヤ人(ユダヤ系リトアニア人)。アイザックは息子ハリーとリヴァプールのウォルトン・ロードで家具店を経営していた。ポール・マッカートニーの一家はそこでピアノを購入したというエピソードが伝わっている。

シャルーナス・マルチルリョーニス
(Sarūnas Marciulionis,1964年6月13日 - )はリトアニア(旧ソビエト連邦)の元バスケットボール選手。NBAなどでプレイした。1988年のソウルオリンピックでソ連代表として金メダルを1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックでそれぞれ銅メダルを獲得した。ヨーロッパ出身のNBA選手の草分けである。

リーナス・クレイザ
(Linas Kleiza、1985年1月3日 - )は、ソビエト連邦リトアニアカウナス出身のプロバスケットボール選手である。NBAのトロント・ラプターズに所属している。ポジションはスモールフォワード、パワーフォワード。203cm、111kg。

ジードルナス・イルガスカス
(Zydrunas Ilgauskas、1975年6月5日−)はリトアニア共和国のカウナス出身のバスケットボール選手である。NBAのマイアミ・ヒートに所属している。ポジションはセンター。身長221cm、体重117.9kg。1996年のNBAドラフトでクリーブランド・キャバリアーズより1巡目20位指名を受け、NBAデビューした。以降、キャブス一筋。

イグナタス・コノヴァロヴァス
(Ignatas Konovalovas、1985年12月8日 - )は、リトアニア、パネヴェジス出身の自転車競技選手。父ヴァレリャウス・コノヴァロヴァスはリトアニア自転車ロード代表監督、母ライマ・ジルポリテはソウルオリンピック女子個人ロードレース銅メダリストという自転車一家である。

pagetop

 



birth100

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダムラナコルラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ