bars60

ドイツ連邦共和国
Federal Republic of Germany

ヨーロッパ

ドイツ大使館東京

ドイツの地形は北から南へ、大きく5つの地域に分けられる。北ドイツ低地、中部山岳地帯、南西ドイツ中部山岳階段状地域、南ドイツアルプス前縁地帯、バイエルン・アルプスである。


現在のドイツを含む西ヨーロッパ地域に人類が居住を始めたのは石器などが発見された地層から約70万年前と考えられている。60万年から55万年前の地層ではハイデルベルク原人の化石が、4万年前の地層ではネアンデルタール人の化石が確認されている。新人は約35000年前から現れ、紀元前4000年頃の巨石文明を経て紀元前1800年頃までに青銅器文明に移行している。


ドイツの歴史
ドイツの歴史における古代は、先史時代から、ゲルマン民族の大移動が始まるまでの長期におよぶ。現在のドイツ南部では、およそ紀元前1300年から紀元前200年にかけて、ケルト人とイリュリア人の前期鉄器文化であるハルシュタット文化(紀元前1300年から紀元前400年)が栄え、のちに西部では地中海地方の文化的影響をより強く受けたケルト人のラ・テーヌ文化(紀元前500年から紀元前200年)に発展していた。


ドイツの地理
ドイツ(ドイツ語:Deutschland、英語:Germany)は中央ヨーロッパに位置し、アルプス山脈から北ヨーロッパ平原を横断し、北海(ドイツ語:Nordsee)及びバルト海(ドイツ語:Ostsee)沿岸まで及ぶ国である。ロシアに次いでヨーロッパで2番目に人口が多く、面積は第7位である。総面積357,021km2のうち、349,223km2が陸であり、7,798km2が水面(河川・湖沼など)である。


ライン川
スイスアルプスのトーマ湖(Tomasee)に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、クレーヴェなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。全長1,233キロ。そのうちドイツを流れるのは698キロである。

エルベ川
Die Elbe、は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める。ポーランド、チェコ国境地帯のステーティ山地に源を発し、チェコ北部、ドイツ東部を北へ流れ、ハンブルク付近で北海に注ぐ。

ドナウ川
Donau, は、ヴォルガ川に次いでヨーロッパで2番目に長い大河である。ドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州の森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」に端を発し、概ね東から南東方向に流れ、東欧各国を含む10ヶ国を通って黒海に注ぐ重要な国際河川である。河口にはドナウ・デルタが広がる。全長は2,850 km。

ヴェーザー川
Werserは、ドイツ中部の中低山地から北ドイツ低地へ北に向かって流れる川である。ヴェーザー川の名前で呼ばれるのは、その主要な源流であるヴェラ川とフルダ川とが合流するハン・ミュンデン以降である。河口はブレーマーハーフェン付近で、北海に注ぐ。

マイン川
(Main)はドイツを流れる河川。バイエルン州に水源があり、ドイツ国内を東からフランケン地方を抜けて西に横断し、ヘッセン州のマインツでライン川に合流する。全長は524キロ。ライン川右岸の支流中、最長の川である(マース川を除く全支流中ではモーゼル川に次いで2番目)。

モーゼル川
(ドイツ語:Mosel、フランス語:Moselle)は、ヨーロッパのフランス、ルクセンブルクおよびドイツを流れる全長544キロの国際河川である。ドイツ国内においては、ヨーロッパ有数のワイン生産地域として知られ、モーゼル・ワインは世界各国へと輸出されている。

ザール川
(独:Saar、仏:Sarre)は、フランスとドイツを流れる河川である。ライン川水系モーゼル川の支流に属する。全長246kmのうちフランス側が126km、ドイツ側が120kmである。

リューベック湾
バルト海南西部にある湾。北東方向に開けた湾であり、ドイツのメクレンブルク=フォアポンメルン州およびシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に面している。メクレンブルク湾の南西部を構成する。

メクレンブルク湾
Mecklenburger Bucht)はバルト海南西部の湾。北東方向に開けた湾であり、ドイツ・メクレンブルク=フォアポンメルン州やフェーマルン島、デンマークのロラン島などに囲まれている。

北海
東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。東はスカゲラク海峡・カテガット海峡でバルト海に、北はノルウェー海に、南はドーバー海峡・イギリス海峡で大西洋に繋がっている。

バルト海
Baltic Seaとは、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸本土とスカンジナビア半島に囲まれた海洋であり、日本での古称は東海。バルト海が大まかに現在の形となったのは3800年前(紀元前1800年ごろ)と考えられている。最終氷期の最盛期であった2万年前、バルト海地域は現在のバルト海域を中心とする巨大な氷河に覆われていた。この氷河の先端はユトランド半島から北ドイツ平原を通りポーランド北部やリトアニアにまで達していた。

ツークシュピッツェ
Zugspitzeは、ドイツ・バイエルン州とオーストリア・チロル州の国境にある山。高さ2,962mで、ドイツの最高峰である。その高さは2960mから2970mの範囲にあり、正確な高さは長い間論争の的になっていた。現在では<バイエルン州測量事務所(Bayerisches Landesvermessungsamt)が発表した2962mが広く受け入れられている。カフェ"2962"は、この値に基づいて名付けられた。ちなみにこのカフェはチロル側にある。国境は山の上をまっすぐ通るため、山頂には国境の検問所も存在する。

キール運河
Kiel‐Kanal)は、ユトランド半島を根元のドイツ北部シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で横断し、北海とバルト海を繋ぐ運河。正式名称は北海バルト海運河(Nord‐Ostsee‐Kanal)。


ホモ・ハイデルベルゲンシス
Homo heidelbergensis ハイデルベルクのヒト)は、ヒト属の一種。ハイデルベルク人をホモ・エレクトスとは別種とするときの名称。ホモ・エレクトスに比べ脳容量が大きく(1100cc 〜 1400cc)、より高度な道具を作り、より人間的な行動をとることができ、これを種レベルの違いであると考える場合に別種とする。この種の設立の基となったのは、1907年にドイツのハイデルベルク近郊のマウエル村から発見された下顎骨である。マウエル村の砂採取場で作業員により偶然発見された。


ゲルマン人
Germanic peoplesは、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンジナビア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ系を祖先としインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派に属する言語を話す諸集団。ゲルマン人は古代時代にはローマ帝国を脅かす蛮族として活動し、中世にはローマ人(ラテン人)・キリスト教文化との混合によって中世ヨーロッパ世界を形成した。ゲルマン人という用語を広めたのはユリウス・カエサルであると考えられているが、カエサルはこの言葉を「ゲルマニアに居住する非ケルト系の民族」「ガリア北東部に住む系統不明の民族集団」という二つの定義で用いた。

アラマンニ人
Alamanniは、ドイツ南西部のライン川上流地域を原住地とするゲルマン人の部族連合。紀元前後にスカンジナビア半島あるいはユトランド半島から南下し、ローマ帝国の皇帝・アウグストゥスが遠征させた将軍・ウァルスとのトイトブルク森の戦いで名を轟かしたゲルマン部族連合の盟主だったケルスキー族首長のアルミニウスの傘下に属したランゴバルド人とともにゲルマン系の連合部族の一派に遡るという。後に東部ドイツのエルベ川の流域に移住したと伝わる。


ハルシュタット文化
中央ヨーロッパにおいて青銅器時代後期(紀元前12世紀以降)の骨壺文化から発展し、鉄器時代初期(紀元前8世紀から紀元前6世紀)にかけて主流となった文化。後に中央ヨーロッパのほとんどはラ・テーヌ文化に移行した。1846年ヨハン・ゲオルク・ラムザウアーはハルシュタット近郊で大規模な先史時代の墓地を発見し19世紀後半発掘を続けた。1863年までに980体の遺体と19,497点にのぼる埋葬品が見つかった。 ハルシュタットの共同体はこの地域にある岩塩鉱山から岩塩を採掘していたが(「halen」は古ケルト語で「塩」を意味する)、それは新石器時代(紀元前8世紀ー紀元前5世紀)から続いていた。


フランク王国
Frankisches Reichは、5世紀から9世紀にかけて西ヨーロッパを支配したゲルマン系の王国。最大版図はイベリア半島とイタリア半島南部を除く西ヨーロッパ大陸部のほぼ全域(今日のドイツ・フランス・イタリア・オランダ・ベルギー・ルクセンブルグに相当)に及び、この地域を統一支配した空前にして絶後の国家でもある。

ザクセン王国
1806年から1918年までドイツに存在した王国。前身はザクセン選帝侯領。1918年のヴァイマル共和国の樹立によって消滅した。首都はドレスデンであった。最終的な領域は現在のザクセン州の領域とほぼ同じである。アウステルリッツの戦いでオーストリアが敗北したことで、神聖ローマ帝国は1806年にナポレオン1世によって解体された。ザクセンも独立した王国とされ、時のザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世はザクセン国王フリードリヒ・アウグスト1世となった。


ナチス・ドイツ
国家社会主義ドイツ労働者党(略称NSDAP、蔑称ナチ党・ナチス)が政権を掌握していた1933年から1945年の間の元首制的共和国としてのドイツ国を指す。昭和11年(1936年)5月31日付大阪朝日新聞の天声人語でも「ナチ・ドイツ」と表記され、戦時中の昭和18年(1943年)1月11日でも「ナチスドイツ」という語が用いられた。


アーリアン学説
インド・ヨーロッパ語族の諸言語を使う全ての民族を、共通の祖先アーリア人から発生したものとする学説。この場合、アーリア人という名前は拡大解釈される。この拡大解釈された意味でのアーリア人をアーリア人種と呼ぶことがある。1786年に、インド滞在中の法学者・言語学者ウィリアム・ジョーンズがサンスクリット語と、ギリシア語やラテン語との類似を指摘したことに始まる。


ラ・テーヌ文化
(La Tene culture)は、ヨーロッパの鉄器時代の文化であり、スイスのヌーシャテル湖北岸にあるラ・テーヌの考古遺跡で1857年 Hansli Kopp が多数の貴重な遺物を発掘したことから名付けられた。ラ・テーヌ文化の人工物は広い地域で見られ、アイルランド島やグレートブリテン島の一部、スペイン北部、ブルゴーニュ、オーストリアなどでも出土している。墓を詳細に調べることで、広範囲な交易が行われていたことも判明している。


<世界遺産>
アーヘン大聖堂
アーヘン大聖堂はしばしば「皇帝の大聖堂」(ドイツ語:Kaiserdom)として言及され、この大聖堂は北部ヨーロッパでは最古のものである。

シュパイヤー大聖堂
ドイツの都市シュパイアーに聳える赤い砂岩でできた巨大なバシリカ式聖堂である。

ヴュルツブルクの司教館、その庭園と広場
ドイツのヴュルツブルクにある大司教の宮殿。バロック建築様式を代表するヨーロッパでも屈指の宮殿であり、バルタザール・ノイマンの設計により、18世紀に建てられた。

ヴィースの巡礼教会
1745年から1754年にかけてヨハン・バプティストとドミニクス・ツィンマーマンによって建てられた。

ブリュールのアウグストゥスブルク宮殿と別邸ファルケンルスト
アウグストゥスブルク城は、18世紀初頭に選帝侯を兼ねていたケルン大司教の座にあったヴィッテルスバッハ家のクレメンス・アウグスト・フォン・バイエルンによって建造された。

ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会
聖マリア大聖堂は、初期ロマネスク様式で1010年から1020年にかけて建設された。2つの後陣を伴う対称形となっており、これは古ザクセン時代のオットー朝ロマネスク様式(en:Ottonic Romanesque architecture)の特徴である。

トリアのローマ遺跡、大聖堂とリープフラウエン教会
トリーアの町に残る古代ローマ時代以降の8件の遺跡や聖堂、および近隣のイゲルに残る遺跡1件がまとめて登録されている。

ポルタ・ニグラ
(Porta Nigra)はドイツのトリーアにある古代ローマ時代の建築物。ユネスコの世界遺産に登録されている。「ポルタ・ニグラ」とはラテン語で「黒い門」という意味で、その名の通り、外壁の黒い石から名付けられた。

ハンザ同盟都市リューベック
バルト海に面する北ドイツの代表都市。かつてはハンザ同盟の盟主として繁栄を誇った。バルト海南西部のリューベック湾に面する海港を有する港湾都市である。造船産業などでも繁栄した。

ポツダムとベルリンの宮殿や公園
ドイツのポツダムとベルリンにある複数の旧宮殿建造物とその付属庭園(公園)その他の総称で、1990年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、さらに1992年と1999年に登録物件が拡張された。

ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター
ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。

ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラー
ランメルスベルク鉱山はニーダーザクセン州南部のハルツ山地の海抜 635 m の鉱山で、1000年以上前から採掘が行われていた。

バンベルクの町
旧市街が世界遺産に登録された理由は、第二次世界大戦期に実質的に被害を受けることがなく、中世の景観が維持されているドイツでは稀な地域という点にある。

マウルブロンの修道院群
ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州に残る中世の修道院である。ヨーロッパに残る中世のシトー会修道院の中でも、付属する建造物群も含めた総体が、最もよく保存されている。

クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街
Quedlinburg)は、ドイツ、ザクセン=アンハルト州の都市。ハルツ山地の北東に位置し、ボーデ川が流れる。1994年にユネスコ世界遺産に登録された。

フェルクリンゲン製鉄所
ドイツの1世紀を超える歴史を持つ旧製鉄所である。銑鉄精錬の全工程を追体験できる施設は他に類例がない。この製鉄所は『工業文化のイコン』あるいは『労働のカテドラル』と称される。

メッセル・ピットの化石遺跡
ドイツ・ヘッセン州の村メッセル(Messel)近くにある油母頁岩の採掘場跡地である。フランクフルト・アム・マインの南東約35km のところにある。

ワイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産
バウハウスは、1919年に、ヴァルター・グロピウスの手によって保守的な都市ヴァイマルに建設された。これはヴァイマル美術工芸学校(the Weimar School of Arts and Crafts)とヴァイマル美術アカデミー(the Weimar Academy of Fine Arts)を合併したものだった。

ケルン大聖堂
ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂(Dom St. Peter und Maria。聖ペトロとマリア大聖堂の意)。ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、現在はカトリック教会の管理下にある。

アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルターの記念建造物
宗教改革は近世ヨーロッパ史上の重大事件の一つであるが、その中心人物の一人であったマルティン・ルターの足跡をたどる上で重要な建造物群がまとめて登録されている。

古典主義の都ワイマール
ドイツにあるユネスコの世界遺産登録物件のひとつ。ヴァイマルは、ゲーテとシラーらを代表とする、18世紀末から19世紀初頭にかけて花開いたドイツ古典主義の中心地として栄えた町である。世界遺産登録に当たっては、当時を偲ばせる建築物や公園など、合計11件が対象とされている。

ムゼウムスインゼル/博物館島
(Museumsinsel)はドイツの首都ベルリンの観光スポット。南北に流れるシュプレー川の中州にて、ブランデンブルク門から東に伸びるウンター・デン・リンデン街を境とする北半分の地区を指す。5つの博物館・美術館が集まっている事より「博物館島」と呼ばれる。

ワルトブルク城
ドイツのテューリンゲン州にある史跡である。ゲーテ街道沿いにあるアイゼナハ郊外の山上に位置する。1999年12月、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。漆黒の外見が特徴的である。

デッサウ・ヴェルリッツの王宮庭園
ドイツおよび大陸ヨーロッパにおける最初にして最大級の英国式庭園である。「ヴェルリッツの英国式庭園」とも呼ばれる。この庭園は、18世紀後半にアンハルト=デッサウ侯レオポルト3世・フリードリヒ・フランツによって創設された。

僧院の島ライヒェナウ
Insel Reichenau)は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州のコンスタンツ湖に浮かぶ島。コンスタンツ市のほぼ西側にある。島は人工の道で本土とつながっている。


ドイツ再統一
一般的には「転換点」を意味する「die Wende」とも言う)は、1990年10月3日に、ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland、通称「西ドイツ」)にドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik、通称「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一ともいわれる。


■歴史的にドイツは「詩人と思想家の国」
ドイツには助成を受けた240の劇場、数百の交響曲オーケストラ、数千の博物館そして25,000以上の図書館がある。これらの文化施設は多くの人々に利用されており、毎年延べ9100万人のドイツ人が博物館を訪れ、20万人が劇場やオペラ、3600万人が交響曲オーケストラを観賞している。


ルートヴィヒ美術館
(Museum Ludwig)はドイツのケルンにある近代美術作品を収集した美術館である。対象はポップアート、抽象絵画、シュルレアリスムに及び、ヨーロッパで最大級のパブロ・ピカソの収蔵点数を持つ美術館の一つとしても知られる。またアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタインの絵画も多数所持している。


ネロベルク登山鉄道
Nerobergbahnはドイツにあるミニ登山鉄道。ヘッセン州の州都ヴィースバーデンの郊外、ネロ山という小高い丘程度の山を昇降する。世界でも珍しい水を利用して動く鉄道である。ネロベルク登山鉄道は、水を利用して動く。2台の車両がワイヤで連結されており、車両がそれぞれ山頂と山麓に位置している。山頂駅の近くにあるポンプ小屋に、山麓から水がくみ上げられる。くみ上げられた水(約7,000リットル)が山頂の車両のタンクに注がれ、その重みで山頂の列車が降りる。


ゼンパー・オーパー
(Semper Oper)はドイツ・ザクセン州の州都ドレスデンにある州立歌劇場の愛称。東ドイツ時代はドレスデン国立歌劇場であったが、現在はザクセン州立歌劇場である(旧称で呼ばれることも多い)。専属の管弦楽団は、シュターツカペレ・ドレスデンの名でコンサートや単独録音も行い、非常に人気が高い。

シュターツカペレ・ドレスデン
ドイツ・ドレスデンに本拠を置く歌劇場(ゼンパー・オーパー)専属オーケストラである。1548年にザクセン選帝侯の宮廷楽団として設立され、現存するオーケストラとしては1448年に設立されたデンマーク王立管弦楽団に次ぐ歴史を持つ。17世紀のシュッツから、19世紀のウェーバー、ワーグナー、20世紀のリヒャルト・シュトラウスに至るまで、重要な作曲家が指揮者としてもこのオーケストラと関係を築いてきた。

シュトゥットガルト室内管弦楽団
(Stuttgarter Kammerorchester)は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトに本拠を置く室内オーケストラである。1945年にカール・ミュンヒンガーによりバロック音楽を主として演奏することを目的として設立。20世紀後半におけるバロック・ブームの火付け役ともいえる存在で、それまでバロック音楽をロマン派風に演奏するのが一般的だったが、それとは一線を画す演奏スタイルは世界中に大きな影響を与えた。

シュトゥットガルト州立歌劇場
(Staatstheater Stuttgart)は、ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州のシュトゥットガルト市にある歌劇場。シュトゥットガルト国立歌劇場、ヴュルテンベルク州立歌劇場などとも呼ばれる。創立は1912年であるが、前身の宮廷劇場は18世紀初頭から存在していて、通算して350年以上が経っている。産業都市のシュトゥットガルトにあるので経済的にはとても豊かであり、委嘱活動が非常に盛んでチケット単価も他のドイツの歌劇場よりも安めに設定されている。

バイエルン国立歌劇場
Bayerische Staatsoperは、ドイツのバイエルン州ミュンヘンにある歌劇場。実際の運営はバイエルン州とミュンヘンの補助金が大半を占めていることからバイエルン州立歌劇場とも呼ばれるが、日本では昔から「国立歌劇場」の名称で紹介されて広く知られている。ドイツを代表する歌劇場の一つであり、ブルーノ・ワルター、ハンス・クナッパーツブッシュ、ゲオルク・ショルティといった有名指揮者達が音楽監督を務めてきた。


クリスティアン・テツラフ
Christian Tetzlaff, 1966年4月24日 - は、ドイツ、ハンブルク生まれのヴァイオリン奏者。リューベック音楽院でウーヴェ・マルティン・ハイベルクに、シンシナティ音楽院でウォルター・レヴィンに学んだ。バッハ、ベートーヴェン、ブラームスといった古典/ロマン派のレパートリーと、ベルク、リゲティ、シェーンベルク、ショスタコーヴィチといった20世紀音楽の両方を得意とすることで知られる。

ヨハン・ボーデ
Johann Elert Bode, 1747年1月19日 - 1826年11月23日は、ドイツの天文学者である。ティティウス・ボーデの法則を紹介し広めたこと、天王星の軌道を決定し名前を提案したことで知られる。また、ボーデの銀河 (M81) を発見した。

H・A・レイ
Hans Augusto Rey, 1898年9月16日 - 1977年8月26日はドイツ生まれの絵本作家。一般にH.A.レイと表記されている。伸びやかで親しみやすい画風で、乳幼児から幅広い年齢層を対象に親しまれている。『ひとまねこざる』の作者であり、これを原作としたシリーズ「おさるのジョージ」(岩波書店)はとくに広く知られる。ドイツのハンブルク生まれ。哲学や自然科学を学び、フランス語をはじめ6ヶ国語を習得した。

ワルデマル・ボンゼルス
Waldemar Bonsels、1880年 2月21日 - 1952年7月31日は、西ドイツ・ハンブルク生まれのドイツの作家、児童文学作家。 ワイデマール、ウァイデマル、ヴァルデマ−ルの表記もある。みつばちマーヤの冒険:同作を原作として日本で制作されたテレビアニメ。1975年より日本及び、42カ国語に吹き替えられ世界各国で放映された。

ヘルマン・プライ
Hermann Prey, 1929年7月11日 - 1998年7月22日はドイツのバリトン歌手である。プライはベルリンに生まれ、ナチス・ドイツ時代のドイツで育ち、徴兵される直前に第二次世界大戦が終結した。ベルリン音楽大学でギュンター・バウムやハリー・ゴットシャルクについて声楽を学び、1952年、フランクフルト・アム・マインで行われたヘッセン放送協会の音楽コンクールで優勝する。

フランツ・マルク
Franz Marc, 1880年2月8日、ミュンヘン - 1916年3月4日、ヴェルダンは、20世紀初期のドイツの画家。動物を愛し、動物とひとつになろうとした画家であった。画家としての活躍はわずか10年。動物によって心開かれ、自らの魂を動物たちに投影したマルクはその人生の最後、世界の再生を動物たちに託し、この世を走り去った。マルクは絵について「芸術家にとって、自然が動物の目にどのように映っているかという考えほど、神秘的なものがあるだろうか」と語っている。

ノルベルト・ブルグミュラー
Norbert Burgmuller, 1810年2月8日 デュッセルドルフ - 1836年5月7日 アーヘンは、ドイツ生まれの作曲家。幼少より音楽の才能を顕わし、シュポーアに作曲を学んだ。定職に就くことなく音楽家仲間の中で生活したが、26歳で急死。メンデルスゾーンの葬送行進曲 Op.103はノルベルトのためのものである。また、シューマンは、その夭折をシューベルトと並べて悼んでいる。

ロバート・ボッシュ
Robert Bosch, 1861年9月23日 - 1942年3月12日は、ドイツの発明家。世界的な自動車部品メーカーロバート・ボッシュの創立者。ボッシュは母国ドイツのナチス政権下において平和を進めようとしたが叶わず、会社はまもなく武装化契約を結んで強制労働者を受け入れた。彼はそれでも、ドイツ人(ゲルマン系アレマン人)でありながら、アドルフ・ヒトラーに抵抗し、ユダヤ人の援助に協力した。親しい仲間と多くのユダヤ系の人々を追放から救った。


■ノルトストリーム完成
2011/11/08  ロシアからドイツに繋がる天然ガスパイプライン「ノルトストリーム」が開通。ドイツが2022年までに全原発を停止する決定を下した事もあり、欧州では今後自然エネルギーの普及が完備するまでの過渡期エネルギー源としてガスへの需要が高まるのを受けての政策。しかしその間のロシアへの欧州の対応はより慎重にならざるを得ないと言う状況がどう働くかは微妙なところである。


オリバー・カーン
Oliver Kahn、1969年6月15日 - は、ドイツ・カールスルーエ出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。ドイツサッカー界でも最も多くのタイトルを獲得した選手の一人であり、同時にドイツ社会で発言力を持つサッカー選手の一人である。ゼップ・マイヤーやハラルト・シューマッハーらと共にドイツサッカー史に残るGKの一人であり、欧州サッカー連盟が選ぶ歴代欧州サッカー選手ベスト50の中に、当時現役のゴールキーパーでは唯一選出された。

フランチェスカ・ルブラン
フランチェスカ・ルブラン(Francesca Lebrun)もしくはフランツィスカ・ドロテーア・ルブラン=ダンツィ(Franziska Dorothea Lebrun-Danzi, 1756年3月24日 マンハイム - 1791年5月14日 ベルリン)は、18世紀の著名な声楽家にして女性作曲家。イグナツ・ホルツバウアーやアントン・シュヴァイツァー、アントニオ・サリエリのような同時代の作曲家は、彼女を意図して、この上なく技巧がかった主役パートを書いている。またその多才さぶりは、舞台を越えて、作曲やクラヴィーア演奏においても発揮され、6つのヴァイオリン・ソナタやピアノ三重奏曲といった器楽曲を作曲した。

ヴィルヘルム・ヴント
Wilhelm Max Wundt, 1832年8月16日 - 1920年8月31日は、ドイツの生理学者、哲学者、心理学者。 実験心理学の父と称される。哲学者のマックス・ヴントは息子である。1832年に、バーデン地方およびプファルツ地方に近接するドイツ中南部のマンハイムのネッカラウに牧師の子として生まれる。12歳の時、テュービンゲン大学に入学。高校時代までは勉強が嫌いであったが、ハイデルベルク大学医学部に入学してからは猛勉強をする。1857年に同大学を卒業。1858年から5年間、ヘルムホルツの助手をつとめる。1862年から私講師として「自然科学から見た心理学」「生理学的心理学」といったタイトルの講義を担当する。

ヨハネス・グーテンベルク
Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg、1398年頃-1468年2月3日はドイツ出身の金属加工職人。1445年頃に活版印刷術を発明[1][2][3]。1455年に初めて旧約・新約聖書(ラテン語版)を印刷したことで知られる。これが『グーテンベルク聖書』である。グーテンベルクの開発した印刷システムは急速に普及して、大量の印刷物を生み出し、ルネサンス期における情報伝播の速度を飛躍的に向上された。

フォルカー・シュレンドルフ
Volker Schlondorff、1939年- はドイツ出身の映画監督・脚本家。1970年代に巻き起こったニュー・ジャーマン・シネマの代表的な監督のひとり。1966年、『テルレスの青春』で長編デビュー。1973年、自身のプロダクション・カンパニー 「Bioskop Film」 を設立した。1979年の『ブリキの太鼓』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールとアカデミー外国語映画賞を受賞している。

アウグスト・ケクレ
フリードリヒ・アウグスト・ケクレ・フォン・シュトラードニッツ(Friedrich August Kekule von Stradonitz, 1829年9月7日 - 1896年7月13日)はドイツの有機化学者。ケクレは原子同士が連なっていく夢を見て鎖状構造を思いつき、ヘビ(ウロボロス)が自分の尻尾を噛んで輪状になっている夢を見てベンゼンの六員環構造を思いついたといわれている。その後、置換ベンゼンの異性体の数をケクレ構造で説明するためにベンゼン環は2つのケクレ構造の間を振動しているという仮説を提唱した。

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
Florian Henckel von Donnersmarck, 1973年5月2日 - はドイツおよびオーストリアの映画監督・脚本家である。ロシアのサンクトペテルブルクの国立IS研究所でロシア語を2年間学び、ロシア語教師として短期間働いた後、1993年から1996年まで、英国オックスフォード大学ニュー・カレッジで哲学、政治学および経済学を学ぶ。その後リチャード・アッテンボローに師事し、更にミュンヘン映画映像大学に入学し、短編『Dobermann』などを監督。また、在学時代に、兄ゼバスティアン・ヘンケル=ドナースマルクと共同で映画を製作している。 2000年よりシュタージを題材とした初の長編映画『善き人のためのソナタ』の製作にとりかかり、初の長編監督作でアカデミー外国語映画賞を受賞。33歳にしてオスカーを手にした。

マックス・エルンスト
Max Ernst, 1891年4月2日 - 1976年4月1日は、20世紀のドイツ人画家・彫刻家。ドイツのケルン近郊のブリュールに生まれ、のち、フランスに帰化している。エルンストは、日本では、サルバドール・ダリ、ルネ・マグリット、ジョルジョ・デ・キリコらの人気の高さに比して、やや過小評価されている感があるが、ダダイズムを経ての超現実主義(シュルレアリスム)の最も代表的な画家の1人である。

ハインリヒ・ハイネ
Christian Johann Heinrich Heine, 1797年12月13日 -1856年2月17日は、ドイツの詩人、作家、ジャーナリスト。デュッセルドルフのユダヤ人の家庭に生まれる。名門ゲッティンゲン大学卒業、法学士号取得。 当初は商人、ついで法律家を目指したが、ボン大学でA・W・シュレーゲルの、ベルリン大学でヘーゲルの教えを受け作家として出発。1831年からはパリに移住して多数の芸術家と交流を持ち、若き日のマルクスとも親交があった。10歳でリュツェウムの予備学級に入学、1810年にデュッセルドルフのギムナジウムに進学。これらと平行して図画や音楽、ダンス、フランス語の個人レッスンも受ける。

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
Georg Wilhelm Friedrich Hegel、1770年8月27日 - 1831年11月14日は、ドイツの哲学者。フィヒテ、シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。ヘーゲルは、古典に通じた慧眼で現実的かつ理想的な哲学を展開し、同時代のみならず後世にも大きな影響を与えた。主著の1つである『精神現象学』(1807年)は、元々の表題を「学の体系 (System der Wissenschaft) 」といい、当初は主観的精神(「意識」「自己意識」「理性」)から絶対知へと発展する過程を描いていたが、徐々に膨らんでいき、最終的には「精神」「宗教」という章が付け加えられた。

ホルスト・ゼーホーファー
(Horst Lorenz Seehofer, 1949年7月4日−)は、ドイツの政治家。所属政党はキリスト教社会同盟(CSU)。2008年10月よりバイエルン州首相およびCSU党首。その他1992年から1998年までヘルムート・コール内閣で保健相を、2005年から2008年までアンゲラ・メルケル内閣で農業・消費者保護相を務めた。2012年2月からは連邦参議院議長として辞任したクリスティアン・ヴルフ大統領の後任が決まるまで大統領代行を務める。

アンゲラ・メルケル
(Angela Dorothea Merkel, 1954年7月17日 - )は、ドイツの政治家。キリスト教民主同盟 (CDU) 党首(2000年 - )。第8代ドイツ連邦共和国首相。ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相である[2]。ハンブルク生まれ。父ホルスト・カスナーがベルリン=ブランデンブルク福音主義教会(現ベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会)の牧師として、東ドイツに赴任することになり、1954年に妻と生後数週間のアンゲラと共に東ドイツへ移住する。母はラテン語と英語の教師であった。学校時代は付き合いは良いが、目立たない生徒であったという。成績は優秀で、特にロシア語と数学に優れていた。就任当初はその政策実行力を不安視されたものの、国民のみならず経済界や国外からも安定した支持を得ている。なおメルケルは、国民への政策説明に世界の国家指導者で初めてビデオ・ポッドキャストを使用している。

エーリッヒ・ケストナー
(Erich Kastner, 1899年2月23日 - 1974年7月29日)はドイツの詩人・作家である。 ドレスデンのノイシュタットに生まれた。父エミール・ケストナーは鞄作りの手工業者だったが、産業工業化のあおりを受けて、工業労働者になり、母親イーダ(旧姓アウグスティーン)は夫の少ない労働賃金を補うため、理容師になる。辛らつで、皮肉の強いパロディや、厭世的でシニカルな作品を多く発表する。また、恋愛を対象としたものも多い。1928年に発表した子供のための小説『エーミールと探偵たち』が好評で、次々と子供のための小説を執筆し、児童文学作家として世界的に有名になった。

オットー・フォン・ゲーリケ
(Otto von Guerickeユリウス暦1602年11月20日 - 1686年5月11日、グレゴリオ暦1602年11月30日 - 1686年5月21日)は、ドイツの科学者、発明家、政治家。特に真空の研究で知られている。1650年、任意の容器に接続でき、シリンダーとピストンでその容器内の空気を排気する真空ポンプを発明し、真空の特性の研究に使った。ゲーリケはまた気圧計を用いた天気の予想も行い、それが気象学の先駆けとなった。晩年は電気の研究に注力したが、その成果はほとんど現存していない。世界初の静電発電機(摩擦起電機) "Elektrisiermaschine" を発明した。

ゲオルク・フィリップ・テレマン
(Georg Philipp Telemann, 1681年3月14日 - 1767年6月25日) は、後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家で、40歳以降は北ドイツのハンブルクで活躍した。多くの楽器を演奏することができ、木管楽器、特にリコーダーについては高い技術を有する名人であったという。同時代の音楽家であるバッハやヘンデルと面識があり、ヘンデルとは書簡のやりとりをしている。

クリスティアーネ・ニュスライン=フォルハルト
(Christiane Nusslein-Volhard、1942年10月20日 - )は、マクデブルク出身のドイツの生物学者。胚の発生過程での遺伝子による制御を研究し、1991年度のアルバート・ラスカー基礎医学研究賞、コロンビア大学よりエドワード・ルイスと共に1992年度のルイザ・グロス・ホロウィッツ賞を、またエドワード・ルイス、エリック・ヴィーシャウスとともに1995年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパ
Heinrich Cornelius Agrippa von Nettesheim, 1486年9月14日 - 1535年2月18日)はルネサンス期ドイツの魔術師、人文主義者、神学者、法律家、軍人、医師。1486年にドイツのケルン、または一説にはケルンに程近いネテスハイム村で誕生。生家は裕福で、騎士の称号をもつ家柄であったともいわれる。若くから才能を発揮し、ケルン大学では法律、医学、哲学、各種の外国語を学んだ。この時期にイタリアのジョヴァンニ・ピーコ・デッラ・ミランドラの影響を受けてカバラの研究を始めた。

ジャック・オッフェンバック
Jacques Offenbach, 1819年6月20日-1880年10月5日は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家/チェロ演奏者/オペレッタ作曲家である。ジャック・オッフェンバックは父親の出身地(ドイツ・フランクフルト近郊のオッフェンバッハ・アム・マイン)からとったペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)。オペレッタの原型を作ったともいわれ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家である。

ルートヴィッヒ・クヴィデ
Ludwig Quidde、1858年3月23日 - 1941年3月4日はドイツの平和主義者でドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム2世を鋭く批判したことで知られる。クヴィデの長い人生は、ドイツの4つの時代にまたがる。1890年までのオットー・フォン・ビスマルクによるプロイセン王国時代、1888年から1918年のヴィルヘルム2世によるドイツ帝国時代、1918年から1933年のヴァイマル共和政時代、そして1933年からのナチス・ドイツ時代である。1927年に、彼はフランスのフェルディナン・ビュイソンとともにノーベル平和賞を受賞した。

ヨアヒム・ガウク
(Joachim Gauck、1940年1月24日 - )は、ドイツの政治家、ドイツ福音主義教会牧師。現在、同国連邦大統領。1940年、ドイツ北東の港町ロストックで船長の家に生まれる。1951年に父がソ連の秘密警察に連行され、 1955年までシベリアに抑留された。ピオネールにも旧東ドイツの支配政党 ドイツ社会主義統一党(SED)の青年団組織である自由ドイツ青年団(ドイツ語版)にも所属していなかったため、大学でマスコミ学、ドイツ語学文学研究を志したが許可されなかった。

アドルフ・ヒトラー
Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日は、ドイツの政治家。オーストリア出身で1925年まではオーストリア国籍であった。国家社会主義ドイツ労働者党党首としてアーリア民族を中心に据えた民族主義と反ユダヤ主義を掲げたドイツの独裁者。・・・ドレクスラーは革命の失敗は資本主義を牛耳るユダヤ教徒出身の革命家による陰謀であり、ユダヤ教徒の排斥なしに社会主義革命はありえないという極左的な民族主義を抱いていた。ドイツ労働者党で出会った人物にオカルト的な秘密結社トゥーレ協会に所属する思想家ディートリヒ・エッカートがいる。

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル
August Wilhelm von Schlegel, 1767年9月8日 - 1845年5月12日は、ドイツの文学者・翻訳家・文献学者・評論家。多言語に通じており、各国語の文学作品の翻訳を行う(特にシェイクスピアの翻訳は、有名)。またdarsana(ダルシャナ、インド哲学)を研究し、ヨーロッパへの東洋思想の移入に功績があった。

ヨアヒム・ネアンダー
(Joachim Neander、1650年 - 1680年5月31日) は、ドイツ改革派 (カルヴァン派) 教会の教師、神学者である。また、賛美歌作者として知られる。1671年、ネアンダーはハイデルベルクで家庭教師となり、1674年にはデュッセルドルフのラテン語学校の教師となり、次いで聖職者となった。ここに住んでいる間、彼は好んで近くのデュッセル川の谷に赴き、その自然から彼の詩作の着想を得た。彼はまた、その谷で度々集会や礼拝を催し、講話を行った。19世紀初頭に、この谷は彼を顕章して 「ネアンデル谷 (ネアンデルタール)」 と改称された。1856年にはこの谷でネアンデルタール人の化石が発見され、有名になった。

ユルゲン・トリッティン
(Jurgen Trittin、1954年7月25日 - )は、ドイツの政治家。同盟90/緑の党所属。1998年から2005年までゲアハルト・シュレーダー政権で環境・自然保護・原子力安全大臣を務めた。ブレーメン生まれ。1973年にアビトゥーアに合格。良心的兵役忌避による奉仕活動義務ののち、ゲッティンゲン大学で学ぶ。この当時のドイツ赤軍による暗殺事件(「ドイツの秋」)を祝福するトリッティンの手紙が2001年に公表され、批判を浴びた。社会経済学の学位を取得後、大学の助手やジャーナリストとして活動する。1980年、緑の党に入党。1982年、ゲッティンゲン市議会議員に環境保護団体から立候補して当選した。

マルティーン・ヴァルトゼーミュラー
(Martin Waldseemuller, 1470年-1521年/1522年)はドイツの地理学者である。彼とマティアス・リングマン (Matthias Ringmann)は1507年の「世界地誌概説」において初めて「アメリカ」という名を用いたということで知られている人物である。1507年4月25日、彼は2種類の全体的な世界地図を作成し、それらの中で「アメリカ」という名を初めて用いた。1つ目の地図は、球状の世界地図の展開図であり、購入者が裁断して適切な球体に貼り付けて使用することを目的とされていた。もう1つの地図は12枚に分割されていて、額に入れて掲示するための巨大な世界地図である。それらの地図に地図学についての入門書である「宇宙誌入門(Cosmographiae Introductio)」という冊子が添付されて出版された。

ハインリヒ・ベル
(Heinrich Theodor Boll, 1917年12月21日 - 1985年7月16日)は、ドイツの作家。1972年にノーベル文学賞を受賞。作品や発言はドイツ国内で大きな社会的影響力を持った。ドイツのケルンで、町工場を営む家具職人の息子としてカトリック教徒の一家に生まれる。彼は1933年にナチスが政権につき、ギムナジウムの同級生の大多数がヒトラー・ユーゲントに加わる中で不参加を守り続けた。高校卒業後、本屋に弟子入りし、その後ケルン大学でドイツ語を研究した。

ジャック・オッフェンバック
(Jacques Offenbach, 1819年6月20日-1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家/チェロ演奏者/オペレッタ作曲家である。ジャック・オッフェンバックは、1819年にケルンに生まれる。1833年に、チェロの勉強をしに、フランスのパリへ。1848年三月革命を避けドイツに一時帰国するが、まもなく戻り、その後は終生パリに住んでいる。演奏の傍ら、作曲活動を続け、1850年にテアトル・フランセの指揮者になる。

アルベルトゥス・マグヌス
(Albertus Magnus, 1193年頃 - 1280年11月15日・ケルン)は大聖アルベルトとも呼ばれる13世紀のドイツのキリスト教神学者である。またアリストテレスの著作を自らの体験で検証し注釈書を多数著す。錬金術を実践し検証したこともその一端である。

ドイツ Germany
ヨーロッパ中部に位置する連邦共和制国家である。首都はベルリン。北はデンマーク、東はポーランド、チェコ、南はオーストリア、スイス、西はフランス、ルクセンブルク、ベルギー、オランダと国境を接する。また、北部は、北西側が北海、北東側はバルト海に面する。世界で初めて公的年金、保険制度を導入した国であり、日本など多くの諸外国が規範としている。医学をはじめとして化学、数学、物理学などの自然科学分野、哲学、文学、演劇などでも高い実績を築いてきたが、中でも18世紀後半以降の音楽史では同系国家であったオーストリア(1866年まではドイツ連邦議長国)とともに独占的ともいえる地位を築き、今日もヨーロッパの歌劇場の過半数、全世界のオーケストラの1/4以上がドイツにあるといわれる。

ベルリン
2008年の人口は342万人。2010年の都市的地域の人口は370万人であり、世界第85位、EUでは第8位である。ベルリンという名称が歴史的文書で最も古く遡れるのが1244年である。1448年にはブランデンブルク辺境伯がブランデンブルクからベルリンに宮殿を移した。1990年10月3日には東西ドイツが統一し、1991年には東西統一ドイツの首都と定められた。以降、東西に分断されていた道路網や地下鉄も含む鉄道網といった、交通網の東西直結工事が行われ、インフラ整備や再開発が旧東ベルリン地区を中心に進行した。


ベルリンの壁崩壊
1989年11月9日に東ドイツ政府が東ドイツ市民に対して、旅行許可書発行の大幅な規制緩和を「事実上の旅行自由化」と受け取れる表現で誤発表した事によって、ベルリンの壁が11月10日以後に東西ベルリン市民によって破壊された事件である。略称として壁崩壊(ドイツ語: Mauerfall)という。ベルリンの壁崩壊は、既に民主化を果たしていたポーランドやハンガリーやブルガリアのみならず、東ヨーロッパ全域に波及した。1989年11月17日には、チェコスロバキアでビロード革命が発生し、ポーランドのワルシャワではチェーカー(KGBの前身)の設立者フェリックス・ジェルジンスキーの銅像が三つ裂きにされて撤去された。そして、マルタ会談の直後の12月16日にはルーマニア革命 (1989年)が発生した。そして、ベルリンの壁崩壊から2年後の1991年8月20日にはバルト三国が独立し、1991年12月25日には共産主義の元祖であったソビエト連邦自身まで崩壊した。

pagetop


ハンブルク
正式には、自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg, フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)と称する。ブレーメン市と同様に、中世以来の自由都市としての地位を現代まで維持している。ベルリン特別市に次ぐドイツ第二の都市である。欧州屈指の歓楽街を持ち、経済、芸術ともに盛んである。エルベ川の支流・アルスター川の河口にある港湾都市で、ドイツ北部における経済の中心地。オペラハウス(実際は市立だが、独立性の高い政府組織を持つ他の州立歌劇場と同様、一般にはハンブルク国立歌劇場と呼ばれる)は、モーツァルト以前のイタリア語オペラ全盛期にもドイツ語オペラ上演を盛んに試みていた名門であり、専属オーケストラはハンブルク・フィルハーモニーの名でコンサートも行う。


外務省:ドイツ連邦共和国
在ドイツ日本国大使館


ドレスデン空港
(Flughafen Dresden)は、ドイツ・ザクセン州の州都ドレスデンにある国際空港である。交通量は1990年代前半には7倍に増加し1995年に第2ターミナルがオープンする。2001年には第3ターミナルがオープンしさらに ターミナルは拡張されている。2006年度の総旅客数は約183万人である。

シュトゥットガルト空港
Flughafen Stuttgartは、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州の州都シュトゥットガルトにある空港である。シュトゥットガルト市街から南へ約13kmに位置する。

ハノーファー空港
(Flughafen Hannover-Langenhagen、正式名:ハノーファー・ランゲンハーゲン空港)は、ドイツ・ニーダーザクセン州の州都ハノーファーにある国際空港である。

pagetop

ブレーメン空港
(Flughafen Bremen)はドイツ・ブレーメンにある国際空港である。1913年、ブレーメン州議会から航空協会に公式に認可が下り、空港の運用開始。1920年、KLMがアムステルダムからブレーメン、ハンブルクを経由してコペンハーゲンまで運航する便を就航させる。


カールスルーエ
Karlsruheドイツ連邦共和国の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州に属する。人口は約28万人で、同州ではシュトゥットガルト、マンハイムに続く第三の規模の都市である。ライン川の近くに位置する工業都市で、ライン川とは運河で結ばれている。南にはシュヴァルツヴァルトが広がる。

ミュンヘン
Munchen, バイエルン州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。面積は310 km2, 人口は約135万人。名実共に、ベルリン特別市、ハンブルク特別市に次ぐドイツ第3の都市で、特別市(一市単独で州を構成する)を除けば最大の人口である。大小多数のビール醸造所があり、世界最大のビールの収穫祭であるオクトーバーフェストには世界中から毎年600万人以上の観光客が訪れる。


フライブルク・イム・ブライスガウ
Fribug im Brisgauは、ドイツ連邦共和国の南西部の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州に属する。人口、約21万9千人(2008年)[1]。黒い森(シュヴァルツヴァルト)の南、ライン川沿いに位置している。1960年代から公共交通整備・太陽光発電など環境保全に取り組んでおり、環境首都として近年有名になりつつある。大学都市であり、フライブルク大学や教育大学・音楽大学の学生や教職員などが多く居住している。

pagetop


ケルン
ローマ帝国によってローマ植民市として建設されたライン川中流の古市であり、ケルンの名はラテン語で植民市を意味する Colonia に由来する。ライン川の河畔に位置しており、陸上、水上交通の要所である。重工業が発展する一方で、オーデコロンの生産地でもある。近隣の都市としては、約25キロ南にボン、10キロ北にレバークーゼン、35キロ北にデュッセルドルフが位置する。

マンハイム
Mannheimは、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州最北端に属する郡独立市。人口約31万人を擁する大学都市で、シュトゥットガルトに次ぐ同州第2の都市である。かつてプファルツ選帝侯の宮廷所在地であったこの街は、現在ヨーロッパ有数の大都市圏であるライン=ネッカー・ドライエックの経済的・文化的中心都市となっている。

ブレーメン
(Bremen)は、自由ハンザ都市ブレーメン州(通常ブレーメン州と短縮して呼ばれる)の首都である。2都市からなるこの州にはブレーメン市の北 60 kmのブレーマーハーフェン市が含まれる。ブレーメンはドイツで10番目の大都市であり、ドイツに11あるヨーロッパ大都市圏の1つであるブレーメン/オルデンブルク大都市圏に属す。

ヴィースバーデン
Wiesbadenは、ドイツの都市。ヘッセン州の州都。ヘッセン州において、フランクフルト・アム・マインに続く第二の都市。マイン川とライン川の合流点に位置し、河川交通の要衝である。古代ローマ帝国の時代より温泉で知られており、観光業も発展している。郊外のネロ山には、水を動力とした珍しい鉄道であるネロベルク登山鉄道が走っている。

pagetop

ドレスデン
(Dresden)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都でありエルベ川の谷間に位置している都市である。人口は約51万人(2008年)である。近年では観光地としての開発も顕著で、東部ドイツ有数の大都市として賑わいを見せており、1990年の東西ドイツ統合後、歴史的建築物の再建計画が一層推進されつつある。廃墟のまま放置されていた王妃の宮殿(Taschenbergpalais)が再建されて高級ホテルに生まれ変わったほか、同じく瓦礫の堆積のままの状態で放置されていた聖母教会の再建には、世界中から182億円もの寄付が集まり、2005年10月に工事が完了した。瓦礫から掘り出したオリジナルの部材をコンピューターを活用して可能な限り元の位置に組み込む作業は「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」と評された。

シュトゥットガルト
Stuttgart、バーデン=ヴュルテンベルク州の州都であり、ドイツ南西部の世界都市。人口は約59万1千人(2006年)。ネッカー川沿いにあるドイツを代表する工業都市で、ドイツでもっとも豊かな地域といわれているバーデン・ビュルテンベルク州の州都である。ダイムラー、ポルシェやボッシュなどドイツを代表する世界的な企業の本社がおかれている。かつてのヴュルテンベルク王国の首都であり、美術館や音楽施設が充実した芸術都市としての性格も有する。シュトゥットガルト室内管弦楽団や、シュトゥットガルト州立歌劇場、シュトゥットガルト・バレエ団の活躍は世界的にも知られる。

ハノーファー
Hannoverは、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都でもある。人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。

フランクフルト・アム・マイン
(Frankfurt am Main)、通称フランクフルト(Frankfurt)は、ドイツ中西部の都市。ライン川の支流の一つ、マイン川の下流域に位置する。人口は約67万人。近郊を含む都市的地域の人口は229万人であり、世界第170位である。政治都市である首都ベルリンに対する経済、金融、交通の中心都市である。

pagetop

ヴォルムス
Worms)は、ドイツ連邦共和国の都市。ラインラント=プファルツ州に属する。宗教改革に際して、マルティン・ルターを帝国追放刑にすることを決定した帝国議会が開催された地としても知られる。

ポツダム
(Potsdam)はドイツ連邦共和国東北部に位置する郡独立市。ブランデンブルク州の州都である。ベルリンの西南近郊に位置し、ベルリンの中心街から約26kmである。第二次世界大戦末期の1945年にポツダム会談が行われたツェツィーリエンホーフ宮殿などが、1990年に「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

シュヴェリーン
(Schwerin)はドイツ連邦共和国の都市。メクレンブルク=フォアポンメルン州の州都。「七つの湖の街」とも称され、周辺を多くの淡水湖に囲まれている。その最大のものがシュヴェリーン湖であり、観光客も多く訪れる。

デュッセルドルフ
Dusseldorfは、ドイツ連邦共和国の都市でノルトライン=ヴェストファーレン州の州都。ライン川河畔に位置し、 ライン・ルール大都市圏地域の中心でルール工業地帯のすぐ南西部にあり、金融やファッション、世界的な見本市(メッセ)の中心都市である。

マクデブルク
(Magdeburg)はドイツ連邦共和国の都市。ザクセン=アンハルト州の州都。主な宗教はルター派プロテスタント。人口は約28万人。18世紀に活躍した作曲家ゲオルク・フィリップ・テレマンの出身地で、隔年でテレマン音楽祭が開催される。

pagetop

キール
(Kiel)は、バルト海に面したドイツ北部の都市。シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州の州都。70キロ北西にフレンスブルク、60キロ南東にリューベック、85キロ南にハンブルクが位置する。

マインツ
Mainz)はドイツ連邦共和国の都市。ラインラント=プファルツ州の州都。中世よりマインツ大司教の司教座聖堂の所在地であり、活版印刷の発明者ヨハネス・グーテンベルクの出身地でもある。

ザールブリュッケン
(Saarbruckenは、ドイツ連邦共和国の都市。ザールラント州の州都。フランスに近く、豊富な地下資源などをめぐり、その帰属は中世から現代にいたるまで変転を繰り返してきた。その豊富な地下資源ゆえ、かつては炭鉱業・製鉄業で栄えたが、近年はこれらの産業が衰退の一途をたどっている。

エアフルト
(Erfurt)は、ドイツ中央部の町でテューリンゲン州の州都。人口20万。13世紀ころには、すでにヨーロッパの交通・交易の要所として繁栄していた。それはこの土地が、長い期間にわたって文化の交差点であったことをも意味する。それを象徴する建造物がクレーマー橋である。

イェーナ
(Jena) は、ドイツのテューリンゲン州(チューリンゲン州)の都市。イエナと表記されることもある。人口10万。ヴァイマル(ワイマール)から列車で15分ほどの距離にある。フリードリヒ・シラー大学は1558年に開学した。大学名がイェーナ大学からこの名前に変更されたのは20世紀前半である。

pagetop

エッセン
Essen)は、ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州の都市。人口は約58万人(2007年)。エッセン市は、「買物都市」としても有名である。大聖堂の前を通るケトヴィガー通りは、早くも1958年に車を締め出した歩行者空間に模様替えされており、ドイツ初の都心歩行者空間であるとされている。

ドルトムント
Dortmundは、ドイツ連邦共和国の都市。ノルトライン=ヴェストファーレン州に属する。人口はおよそ58万人。鉄道と空港が整備されているドルトムントは、広域交通の拠点である。とくに、ドルトムント中央駅はドイツ鉄道にとって重要な駅で、多数のICE(ドイツ新幹線)が発着している。


ボン
ボン(Bonn)はジーベンゲビルゲ山脈の北部にあるライン川沿いのケルンの南約20 km に位置する、ノルトライン=ヴェストファーレン州に属するドイツ連邦共和国の(19番目に大きい)都市である。統一以前の1949年から1990年まで西ドイツの首都であった。人口310,930人(2002年)。

ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン
Universitat Bonnは、ドイツのボンにある総合大学。通称はボン大学。ボン大学は、現在135以上の異なる国から5,000人以上の外国人学生を含む合計31,000人の学生を受け入れている。学生は、カリキュラムを100以上の異なるテーマの中から選ぶことができる。


■ブレーメン大学
Uni ブレーメン)は約2万人の学生と1,500人以上の研究者を擁するブレーメン州最大の大学である。この大学は1971年から72年にかけての冬学期に開校した。定礎式は1970年11月11日に行われた。1973年からは教育大学を併合した。その後しばらくは教員育成がこの大学の主眼となっていた。現在では医学部と神学部を除くほとんどの学部が存在する総合大学となっており、特殊な研究分野(およびその施設)もいくつかある。


アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク
(Albert-Ludwigs-Universitat Freiburg) は、ドイツ南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク・イム・ブライスガウにある大学である。通称「フライブルク大学」。ドイツで5番目に古い大学であり、1457年、オーストリア大公アルブレヒト6世によって創立された。ドイツで最も権威のある大学の一つであり、ヨーロッパにおいてもトップクラスの名門大学の一つに数え上げられる。2007年、ドイツにおける「卓越した大学(Exzellenzinitiative)」に指定された。

ケルン大学
University of Cologne) は、ヨーロッパ最古の大学の一つである。ドイツ連邦国内で最大の学生数(44,000人)を持つ。設立は、1388年、神聖ローマ帝国4番目の大学である。プラハ・カレル大学(1348年)、ウィーン大学(1365年)、ハイデルベルク大学(1386年)に次ぐ古さである。

pagetop

ケルン音楽大学
(Hochschule für Musik Koln)はヨーロッパで最大級の音楽大学。2004年から2005年にかけての学生数は、ケルンで1065名、ヴッパータールで228名、アーヘンで217名である。1850年に「ケルン音楽院」として創設。1925年には州立音楽大学となり、新しい研究と試験規則を導入したことで知られた。


ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
Munchner Philharmonikerはドイツ・ミュンヘンに本拠を置くオーケストラである。略称はMPhil。 本拠地はミュンヘン市内の複合文化施設内にあるフィルハーモニー・ガスタイク。1893年に創立されたカイム管弦楽団がその前身であり、1928年にミュンヘン市のオーケストラとなったことに伴い現在の名称に変更された。戦前は、ブルックナーの弟子で、その交響曲の「改訂版」に名を残すフェルディナント・レーヴェや、その交響曲の「原典版」の演奏の普及に努めたジークムント・フォン・ハウゼッガーやオズヴァルト・カバスタらが首席指揮者を務めた。また1906年には、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーがこの楽団を指揮して楽壇デビューを果たした。


ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団
Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremenは、ドイツ・ブレーメンに本拠を置く室内オーケストラである。1980年に音楽大学の学生を中心として設立。1983年の国際連合での演奏、1984/85年にはロッケンハウス音楽祭で成功を収め、1987年にプロの楽団としてフランクフルトを本拠地に正式発足。1992年にブレーメンへ移転した。

フランクフルト歌劇場
(Oper Frankfurt)は、ドイツ・フランクフルトにあるオペラ座、歌劇場。 1995年、1996年、2003年に年間最優秀オペラ座(Opernwelt紙)に選ばれる。1782年にフランクフルト初の歌劇場として「コメディエンハウス」(Comoedienhaus)が開場した。10年後の1792年、その頃には「フランクフルト国民劇場」(Frankfurter Nationaltheater)と呼ばれていたこの劇場は、専属のオーケストラ(現フランクフルト・ムゼウム管弦楽団)を得る。


ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
Ludwig-Maximilians-Universitat Munchen)は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘンにある大学。州立大学である。ドイツ九大エリート大学の一つとされている。通称、ミュンヘン大学。1472年に下バイエルン=ランツフート公ルートヴィヒ9世によってインゴルシュタット大学として創設されたが、北のプロテスタント系ライプツィヒ大学と対立して長らくイエズス会の支配下におかれ、閉鎖を繰り返しつつ、ナポレオン戦争の後の1826年にバイエルン王ルートヴィヒ1世によってミュンヘンに移転再創設された。

ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン
Johann Wolfgang Goethe-Universitat Frankfurt am Mainは、ドイツ・ヘッセン州のフランクフルト・アム・マインにある公立大学。2009年冬学期の時点で38,000名以上の学生を抱え、学生数ではドイツ一の大学である。16の専攻分野、170科目を600名以上の教授が担当している。

フリードリヒ・シラー大学イェーナ
Friedrich-Schiller-Universitat Jena)は、ドイツ・テューリンゲン州のイェーナにある大学。通称イェーナ大学。以降、本項ではこの呼称を用いる。1934年にドイツの作家フリードリヒ・シラーにちなんで現在の名称へと改称した。2004年現在、大学は入学した約19,000人の学生と340人の教授を抱えている。

ドルトムント工科大学
Technische Universitat Dortmund)は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州ドルトムントにある大学。略称はTUドルトムント。1968年にドルトムントの南西に創立された。当初は「ドルトムント大学」と称していたが、2007年に名称が工科大学に変更された。

pagetop


ドイツの国旗
現在のドイツ連邦共和国の国旗は、上から順に黒・赤・金の三色で構成されている。国旗の規定はドイツ連邦共和国基本法の第22条に記されている。この色は1813年のナポレオン戦争時にルートヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・フォン・リュッツォウが率いたリュッツォウ義勇軍の軍服(黒地に赤の襟、金のボタン)をシンボルカラーにしたのが由来といわれている。


1.人口:8,180万人(2009年末)、人口密度:1平方キロメートルあたり約230人(独連邦統計庁)
2.面積:35.7万平方キロメートル(日本の約94%)
(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、フランス、オーストリア、スイス、チェコ、ポーランド、デンマークの9カ国と国境を接する)
3.首都:ベルリン(約344万人)(2009年末、連邦統計庁)
4.民族:ゲルマン系を主体とするドイツ民族(在留外国人数約670万人)(2009年末、連邦統計庁)
5.宗教:キリスト教(カトリック2,518万人、プロテスタント2,452万人)、ユダヤ教(11万人)(2008年末、連邦統計庁)
6.国旗:1949年、基本法にて定められた黒赤金三色旗
7.国歌:戦前から引き継いだもの(ハイドン弦楽四重奏「皇帝」を使用)、但し歌詞は三番のみを使用

378年 ゲルマン民族、ローマ帝国領内に侵入
911年 選挙王政による初代ドイツ国王コンラート一世即位
962年 神聖ローマ帝国成立(〜1806年)
1701年 プロイセン王国成立(〜1871年)
1871年 ドイツ帝国成立(いわゆる「ビスマルク憲法」制定)
1918年 ドイツ革命、ワイマール共和国成立
1933年 ヒトラー首相に就任、ナチ党の一党独裁制確立(〜1945年)
1949年 西独基本法の成立、西独、東独の成立
1955年 パリ条約発効、西独主権を取得。西独、NATOに加盟。東独ワルシャワ条約機構に加盟
1961年 「ベルリンの壁」構築
1972年 東西両独、基本条約を締結、関係正常化
1973年 東西両独、国連加盟
1989年11月 「ベルリンの壁」崩壊
1990年7月 両独通貨・経済・社会同盟発足
1990年9月 両独間「統一条約」発効
1990年10月3日 統一

pagetop

■1986年 廃棄物発生防止・処理規正法
産業廃棄物等の発生源によって規制する規則
■1991年6月 包装材廃棄物政令
■1994年10月 「リサイクル経済促進・廃棄物無公害処分確保法」(廃棄物リサイクル促進法)
■1996年10月 同法施行
製造業者の関与を深める法体系を作った
■2002年1月 デポジット制の制定
環境にやさしくない素材のすべての容器包装廃棄物にデポジットが課される

pagetop



■2011年7月 脱原発法の成立
2011年3月の福島第一原子力発電所事故の発生を機に反原発の声が高まり、2022年までに国内17基の原発を全て停止することになった。


ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
20世紀のモダニズム建築を代表する、ドイツ出身の建築家。“Less is more.” (より少ないことは、より豊かなこと)という標語で知られ、近代主義建築のコンセプトの成立に貢献した建築家である。柱と梁によるラーメン構造の均質な構造体が、その内部にあらゆる機能を許容するという意味のユニヴァーサル・スペースという概念を提示した。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
Wilhelm Furtwangler, 1886年1月25日ベルリン - 1954年11月30日バーデン・バーデン)はドイツの指揮者。作曲活動、ピアノ演奏活動も行った。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督。父はアドルフ・フルトヴェングラーははドイツの考古学者・美術史家。音楽ノート:フルトヴェングラーの没後に残された最終的な推敲を経ていない論考をまとめた本。最終的な推敲を経ていないとはいえ、ほぼ完全な形でまとまったものがほとんどである。特に、「音と言葉」には見られない指揮者自身の役割、フルトヴェングラーの指揮に対する考え方を率直に示した論考も含まれ、極めて貴重である。

フリードリヒ・フォン・シラー
Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。亡命生活の困窮の中で、身分違いの恋の顛末を描いた市民悲劇『たくらみと恋 (Kabale und Liebe)』(1784)を書き上げ、続いて宮廷を舞台とした戯曲『ドン・カルロス(Don Carlos, Infant von Spanien)』(1787)の執筆を開始する。またこの間、戯曲のみならず詩・評論・歴史書も数多く著す。1783年8月、ふたたびマンハイムへ戻り、劇場お抱え詩人として働くことになる。ここでシャルロッテ・フォン・カルプと知り合う。『たくらみと恋』、『フィエスコの叛乱』を上演した後、シラーは『ドン・カルロス』執筆に難渋し、マンハイム劇場との契約を解除される。これにより、シラーはいよいよ路頭に迷うこととなる。この苦しい生活を支えたのが、シラーの生涯の友クリスティアン・ケルナーとその仲間たちのサークルであった。ケルナー(Christian Gottfried Korner,1756-1831)との交友関係は、精神面でもシラーに与える影響が大きかった。

pagetop


ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
独: Ludwig van Beethoven、ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェン:1770年12月16日ごろ- 1827年3月26日。ベートーヴェンの父も宮廷歌手(テノール)であったが無類の酒好きであったため収入は少なく、1773年に祖父が亡くなると生活は困窮した。1774年頃よりベートーヴェンは父からその才能を当てにされ、虐待とも言える苛烈を極める音楽のスパルタ教育を受けたことから、一時は音楽そのものに対して嫌悪感すら抱くようにまでなってしまった。1778年にはケルンでの演奏会に出演し、1782年よりクリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事した。1787年、16歳のベートーヴェンはウィーンに旅し、かねてから憧れを抱いていたモーツァルトに弟子入りを申し入れ、モーツァルトにその才能を認められ弟子入りを許されたが、最愛の母マリアの病状悪化の報を受けボンに戻った。母はまもなく死亡し(肺結核)、母の死後は、アルコール依存症となり失職した父に代わり仕事を掛け持ちして家計を支え、父や幼い兄弟たちの世話に追われる苦悩の日々を過ごした。


嘆きの天使
『嘆きの天使』(ドイツ語: Der blaue Engel)は、1930年製作・公開のドイツ映画である。ハインリヒ・マンの原作を、ドイツに渡ったジョセフ・フォン・スタンバーグが監督した。

グッバイ、レーニン!
『グッバイ、レーニン!』 (Good Bye Lenin!) は2002年製作、2003年2月に公開されたドイツの映画。監督はヴォルフガング・ベッカー、脚本はベルント・リヒテンベルクとヴォルフガング・ベッカーの共同、音楽は『アメリ』のヤン・ティルセン。東西ドイツ統合後に庶民の身に起こった悲喜劇を家族像と共に描いた佳作。


フライ・オットー
Frei Paul Otto、1925年5月31日 - はドイツの建築家、構造家。ケーブルネット構造や膜構造を使った空間が評価されている。フランスの捕虜キャンプにおいて、住居の必要に迫られながらも、資材も何もない厳しい状態に直面した。そのときテントを駆使して住居を構築する実験を始めたのが、彼の膜構造建築への関心のはじまりであったといわれている。オットーは、バックミンスター・フラーとも似た「実験」と「実践」の業績を重ねてきたといえる。

pagetop

マルクス・バイエル
Markus Beyer、1971年4月28日 - は、ドイツのプロボクサー。元WBC世界スーパーミドル級チャンピオン。アマチュア時代はドイツの代表として1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックと2度オリンピックに出場している。派手さはないが確かなテクニックを駆使し、対戦相手に自分のボクシングをさせない巧みさがある。

マックス・シェーラー
Max Scheler, 1874年8月22日 - 1928年5月19日はユダヤ系のドイツの哲学者である。ルドルフ・オイケンの門下生。哲学的人間学の提唱者。初期現象学派の一人。晩年、カイゼルリンク伯の英知の学校で、「宇宙における人間の位置」と題する講演をし、そこで哲学的人間学という哲学的研究の新分野として提案した。彼によれば、現代はわたしたちが人間と は何かということを全く知らず、かつ、そのことを熟知している時代であるとされ、哲学的人間学は、人間が自身に抱く自意識の歴史について、現代その自意識が突然に増大し続けている事態を解釈するための学問とされる。

カール・ベンツ
Karl Friedrich Benz, 1844年11月25日 - 1929年4月4日は、 ドイツの技術者である。ゴットリープ・ダイムラーと同時期に、世界で最初に実用的なガソリン動力の自動車を発明した。ダイムラー・ベンツ(ダイムラー)の創立者の一人でもあり、メルセデス・ベンツのブランドに名を残している。ベンツは早いうちから工学技術に関心を抱いており、カールスルーエ工科大学に入学して機械工学や内燃機関について学んだ。大学卒業後は、様々な機械工場を転々としてエンジンの開発を目指していた。

pagetop

ヨーゼフ・カイルベルト
Joseph Keilberth、1908年4月19日 - 1968年7月20日は西ドイツの指揮者である。カールスルーエでオーバープファルツの音楽家の家庭に生まれ、祖父はミュンヘンの軍楽隊員、父親はカールスルーエのバーデン公国宮廷楽団のチェロ奏者であった。1925年にカールスルーエ国立劇場(現・バーデン州立劇場)のコレペティトールに、1935年より音楽監督に就任。NHK交響楽団やフランス国立放送管弦楽団とはライブ録音も残している。とりわけ、後者とクリスチャン・フェラスとの共演によるベートーヴェンの『ヴァイオリン協奏曲』の録音は録音の美しさも相まってこの指揮者の代表的な音源の一つに数えられている。

ヴィリー・ヘス
Willy Hess, 1859年7月14日 − 1939年 ベルリンはドイツの有名なヴァイオリン奏者・音楽教師。マンハイムに生まれ、ルイ・シュポーアの門弟だった父からヴァイオリンの手ほどきを受け、ヨーゼフ・ヨアヒムに師事。1904年から1910年までボストン交響楽団のコンサートマスターを勤めるかたわら、ハーヴァード大学でもヴァイオリンの指導を行う。ほかにハレ管弦楽団や、フランクフルト、ロッテルダムでもコンサートマスターを勤めた。

ヴィルヘルム・ディルタイ
Wilhelm Christian Ludwig Dilthey, 1833年11月19日 - 1911年10月1日は、ドイツの哲学者。ディルタイは心理学では、記述的・分析的心理学を標榜し、その流れは了解心理学として心理学のひとつの流れになる。これを基盤にして、精神病理学の世界でひとつの成果を打ち出したのが、カール・ヤスパースであった。またそれの哲学的な解釈は、哲学的解釈学としても知られる。これを方法論として、当時流行の現象学に接木したものが、マルティン・ハイデッガーの『存在と時間』である。

pagetop

ヨハンナ・キンケル
Johanna Kinkel, 1810年7月8日 ボン - 1858年11月15日 ロンドンはドイツの作曲家・ピアニスト・合唱指揮者・ 音楽教師・ジャーナリスト・作家・歴史家・革命家。ドイツの詩人でリベラリストのゴットフリート・キンケルと再婚するが、ドイツ1848年革命の挫折の後に、イギリスに亡命せざるを得なくなる。1858年に謎の転落死を遂げる。自殺の可能性が疑われたが、自殺に至る動機がなかった。

ハインリヒ・ヘルツ
Heinrich Rudolf Hertz, 1857年2月22日 - 1894年1月1日は、ドイツの物理学者。マックスウェルの電磁気理論をさらに明確化し発展させた。1888年に電磁波の放射の存在を、それを生成・検出する機械の構築によって初めて実証した。甥であるグスタフ・ヘルツは1925年にノーベル物理学賞を受賞、その息子であるC.ヘルツは医療用超音波検査を発明した。

ララ・アンデルセン
Lale Andersen , 本名リーゼロッテ・ヘレネ・ベルタ・ボイル 1905年3月23日〜1972年8月29日はドイツの歌手・女優。第二次大戦中に歌った「リリー・マルレーン」は世界的なヒットとなった。17歳で画家パウル・エルンスト・ヴィルケ(1894〜1971)と結婚、3人の子供(ビヨルン、カルメン・リッタ、ミヒャエル)が生まれるが、3人目の子が生まれてすぐ結婚は破綻。1929年、24歳のララは子供たちを家族に預けてベルリンへ行き、ドイツ劇場の俳優養成学校に通ったと言われている。1931年正式に離婚すると、ベルリンのキャバレーなどのステージに立つようになったが、当時の芸名は「リゼロット・ヴィルケ」であった。

pagetop

エルヴィン・ロンメル
Erwin Johannes Eugen Rommel1891年11月15日 - 1944年10月14日)はドイツ陸軍(ドイツ国防軍)の軍人である。第二次世界大戦におけるフランス、北アフリカにおける驚異的な活躍で砂漠の狐として知られる。砂漠のアフリカ戦線において、巧みな戦略・戦術によって戦力的に圧倒的優勢なイギリス軍をたびたび壊滅させ、英首相チャーチルに「ナポレオン以来の戦術家」とまで評された。エルヴィン・ロンメルは、1891年11月15日の日曜日の正午、ドイツ帝国領邦ヴュルテンベルク王国のハイデンハイム・アン・デア・ブレンツにおいて生まれた。子供の頃のロンメルは病気がちでおとなしかったという。姉ヘレーネによるとロンメルは色白で髪の色も薄かったので、家族から「白熊ちゃん」とあだ名されていたという。しかしロンメル本人は人事記録の中に挟んだ覚書の中で「幼い頃、自分の庭や大きな庭園で走り回って遊ぶことができたので、とても幸せだった」と述懐している。

ヘルマン・ゲーリング
(Hermann Wilhelm Goring 1893年1月12日‐1946年10月15日)はドイツの政治家、軍人。ナチ党政権下のドイツにおいて、ヒトラーの後継者に指名されるなど高い政治的地位を占めた。貧しい青年時代を送ったヒトラーとは対照的に、裕福な育ちを反映して貴族的で豪華な生活を好んだ。派手好きな性向は時に幼児的なほど大胆で単純なものであったが、ドイツ国民にはしばしば「憎めない奴」という一種の好印象さえ与えた。亡き妻カリンを偲んで建てたベルリン郊外の豪邸「カリンハル」はサウナ、映画館、トレーニングジム、迎賓ホールなどを備えた宮殿のような館だった。

ウィリアム・ハーシェル
(Sir Frederick William Herschel, 1738年11月15日 - 1822年8月25日)は、ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる

カロライン・ハーシェル
Caroline Lucretia Herschel、1750年3月16日-1848年1月9日)はドイツ生まれでイギリスで活躍した女性天文学者である。ウィリアム・ハーシェルの妹であり、兄の助手として天文観測を行い、自らも(35P)ハーシェル・リゴレー彗星などを発見した。1786年から1797年の間に8つの彗星を発見した。その中にはエンケ彗星など最初の発見者でないものも含まれているが、彗星を発見した最初の女性となった。1797年にフラムスティードの星図に記載されていない561の恒星を含む星表を発表した。

pagetop

ハインリヒ・オルバース
(Heinrich Wilhelm Matthäus Olbers, 1758年10月11日 - 1840年3月2日)は、ドイツの天文学者・医学者・物理学者。オルバースは毎晩のように天体観測に明け暮れ、1802年3月28日に小惑星パラスを発見した。1807年4月29日には小惑星ベスタを発見した。オルバースは、「宇宙が一様で無限の広がりを持つならば、宇宙は無数の星によって太陽面のように明るく輝かなければならないが、現実の夜空が暗いのは何故か」という「オルバースのパラドックス」を提唱したことで知られる。

マルティン・ハイデッガー
(Martin Heidegger、1889年9月26日 - 1976年5月26日)は、ドイツの哲学者。現象学の手法を用い、存在論を展開した。その思想の中心的努力は、解釈学的現象学、現象学的破壊、存在の思索といった時期とともに変遷する特徴的思索をもって、伝統的形而上学を批判し、「存在の問い(die Seinsfrage)」を新しく打ち立てる事に向けられた。

ヘルマン・ゴルトシュミット
(Hermann Mayer Salomon Goldschmidt, 1802年6月17日 - 1866年4月26日)は、ドイツ出身の天文学者・画家。生涯のほとんどをフランスで過ごし、14個の小惑星を発見した。ユダヤ系の出身。1802年6月17日、ゴルトシュミットはフランクフルトで生まれた。その後、絵画の勉強をするためパリへ移り、数多くの絵を描いた。その後、1847年の月食観測の際にユルバン・ルヴェリエに指導を受けたことをきっかけとして天文学に転向した。

pagetop

フェルディナント・ヒラー
(Ferdinand Hiller, 1811年10月24日 - 1885年5月12日)はドイツのロマン派音楽の作曲家。フランクフルト・アム・マイン出身。ユダヤ系の裕福な家庭に生まれる。アロイス・シュミットに師事し、10歳で最初の作曲を手懸ける。その後ヴァイマルに行ってヨハン・ネポムク・フンメルに師事し、ゲーテの知遇を得る。フンメルのもとでヒラーはピアニストとして大成長を遂げ、1827年にはウィーンでベートーヴェンに面会し、最初の弦楽四重奏曲を作曲。1829年にパリを訪れ、1836年まで滞在する。

ベッティーナ・フォン・アルニム
Bettina von Arnim, 1785年4月4日 - 1859年1月20日は、ドイツの女流作家・文学者。ドイツロマン主義の最盛期の代表として著名な人物で、また同時代の著名なロマン主義の文学者アヒム・フォン・アルニムの妻でもある。彼女の兄、クレメンス・ブレンターノも同じ著名なドイツロマン主義の詩人である。1810年まで彼女は南ドイツのあちこちを移動し、ここでもルートヴィヒ・ティークやルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのような芸術家たちや学者たちと知り合いになった。

マックス・シュティルナー
Max Stirner, 1806年10月25日 - 1856年6月26日は、ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の一人。フィヒテとフォイエルバッハの哲学に影響され、極端な個人主義を軸とする哲学を展開。いかなる人間的共通性にも解消出来ない交換不可能な自己の自我以外の一切のものを空虚な概念として退け、その自己が、自らの有する力によって所有し、消費するものだけに価値の存在を認める徹底したエゴイズム・個人主義という彼の思想は、青年ヘーゲル派のメンバーに大きな影響を与えると同時に批判にもさらされた。しかしながら、彼のエゴイズムは単なる浅薄な利己主義ではなく、個々の人間の人格の独自性と自律性を最大限に重んじる立場である。

テオドール・アドルノ
(Theodor W. Adorno, 1903年9月11日 - 1969年8月6日)はドイツの哲学者、社会学者、音楽評論家、作曲家である。ヘッセン州フランクフルト・アム・マイン出身。マックス・ホルクハイマー、次世代のユルゲン・ハーバーマスらとともにフランクフルト学派を代表する思想家であり、その影響は現在でもなお大きい。ナチスに協力した一般人の心理的傾向を研究し、権威主義的パーソナリティについて解明した。権威主義的態度を測定するためのファシズムスケール(Fスケール)の開発者であり、20世紀における社会心理学研究の代表的人物である。

 

カール・ジーゲル
(Carl Ludwig Siegel, 1896年12月31日 - 1981年4月4日)は、ドイツの数学者。整数論、複素関数論、保型関数論、天体力学(三体問題)などを専攻。1896年、ドイツのベルリンに生まれる。1915年、ベルリン大学に入学。数学、天文学、物理学を学ぶ。在学中マックス・プランク教授やフロベニウス教授の講義を聴き数学を志す。

pagetop

ヘルマン・アーベントロート
(Hermann Paul Maximilian Abendroth, 1883年1月19日 フランクフルト・アム・マイン - 1956年5月29日イェーナ)は、ヨーロッパで活躍したドイツの指揮者。楽譜・作曲家の意図に対し忠実ながらも、時に激しく劇的な表現を見せ、幅広い層のファンに支持された。生家はフランクフルト・アム・マインの大きな書籍商である。7歳からヴァイオリンを始める。ミュンヘンで書籍商向けコースに進学。友人に芸術サークルへ誘われ、カイム管弦楽団(現ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団)で演奏したりする中で指揮者を志し、書籍商を継がせるつもりであった父親の許可を得て音楽の勉強を始める。

マックス・プランク
(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 - 1947年10月4日)はドイツの物理学者で量子論の創始者の一人である。「量子論の父」とも呼ばれている。科学の方法論に関して、エルンスト・マッハらの実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。1918年にノーベル物理学賞を受賞。

 

pagetop

 



birth100

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダムラナコルラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ