bars60

セイシェル共和国
Republic of Seychelles
アフリカ

アフリカ

■地理
インド洋の孤島であり、マヘ島から南西のマダガスカル島まで1100km、北西のアフリカ大陸(ソマリア)まで1300km離れている。セーシェルは大小様々な島々から成り立っている。首都ヴィクトリアのある最大の島マヘ島(マエ島)、世界遺産「ヴァレ・ド・メ自然保護区」を含む二番目に大きなプララン島(プラスリン島)のほか、環礁として世界第二位の規模を持ち世界遺産に登録されているアルダブラ環礁などが存在している。


インド洋
Indian Oceanは、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7340万平方km、沿海との合計面積は7410万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。1497年7月8日、ヴァスコ・ダ・ガマはポルトガルのリスボンを出発した。ガマの艦隊は喜望峰を回り、1498年4月13日にマリンディに到着した。マリンディで雇った水先案内人に導かれ、5月20日にカリカットに到着した。その後相次いで来航したポルトガル艦隊は、ゴア(インド)、マラッカ(マレーシア)、モンバサ(ケニア)、ホルムズ(イラン)などを支配下に置き、インド洋交易を支配した。

マスカリン諸島
Mascarene Islands、は、インド洋南西部のマダガスカル東方沖に位置する諸島。マスカレン諸島、マスカレーニュ(諸島)とも呼ぶ。白亜紀前期、ゴンドワナ大陸がアフリカ大陸とマダガスカル島・インド亜大陸に分裂した。白亜紀後期には、インド洋東部のレユニオン・ホットスポット(Ré鴛nion hotspot)などの火山活動によってマダガスカル島とインド亜大陸が分裂し始め、6500万年前には大規模な爆発によってデカン高原とセイシェル諸島が生まれた。


■観光
主要産業は観光業。セーシェルは「インド洋の真珠」と呼ばれており、主に西洋から美しい海に魅せられて、観光客が押し寄せたためである。さらに、マグロを主とする魚介類、石鹸の材料となるコプラ、ココナッツの輸出等も重要な収入源である。


セーシェル・クレオール語
セーシェル・クレオール語(Seychellois Creole、セーシェル・クレオール語:Kreol)は、セーシェルで使用されているクレオール言語である。モーリシャスで公用語になっていないモーリシャス・クレオール語とは対照的に、セーシェルにおいて英語、フランス語と共に公用語となっている。話者は72,700人。


マヘ島
面積はセーシェル共和国の三分の一を占める153平方キロメートル、人口はセーシェルの島の中で最も多く、80%を占め、首都ビクトリアが位置する等、セーシェルの中心を担う。島は花崗岩質で出来ている。マヘ島の名前の由来は、フランスがセーシェルに探検隊を送り込んだときの総督の名から取った。

ラ・ディーグ島
La Digueは、セーシェルの島。セーシェルで4番目に大きな島である。面積10km2、人口は約2000人。プララン島の6km東にあり、フェリーの定期便で結ばれている。西海岸にラ・パッセとラ・レユニオンの2つの村があり、ここに島民のほとんどが住む。ラ・ディーグ島という名はフランスの探検家マリオン・デュフレーヌの艦隊が1768年にセーシェルに寄港した際、艦隊の船の一隻の名からつけられた。

プララン島
Praslinは、セーシェルの島。面積38km2、人口6500人。マヘ島に次いで、セーシェルで2番目に大きな島である。ベ・サン・タンヌとグラン・ダンス(プララン)の2行政区に分かれている。島にはベ・サン・タンヌ、グラン・ダンス、アンス・ヴォルベールなどの集落がある。この島は1744年、探検家のラザール・ピコによってパルメ島と名づけられた。当時この島は海賊の隠れ家やアラブ商人の寄港地として利用されていた。1768年には、フランスの外交官であるセザール・ガブリエル・ド・ショワズール=プラズランにちなんでプララン島と改称された。


ゴンドワナ大陸
Gondwana)は、プレートテクトニクスにおいて、過去に存在したと考えられている超大陸。名前の由来はインド中央北部の地域名で、サンスクリット語で「ゴンド族の森」を意味する。現在のアフリカ大陸、南アメリカ大陸、インド亜大陸、南極大陸、オーストラリア大陸や、アラビア半島、マダガスカル島を含んだ、かなり大きな大陸であった。

アフリカ大陸
アフロ・ユーラシア大陸のうちスエズ地峡の西側の部分を占める大陸をいう。ユーラシア大陸とは陸続きになり、インド洋・大西洋・地中海に囲まれている。単にアフリカというときは、大陸の周辺の島嶼(マダガスカル島など)や海域をも含んだ地域の総称になる。

マダガスカル島
(Madagascar Island) は、アフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置する世界第4位の面積を持つ島。現在は、全域がマダガスカル共和国の領土となっている。

インド亜大陸
インド半島ともいい、南アジアのインド・バングラデシュ・パキスタン・ネパール・ブータンなどの国々を含む亜大陸・半島。かつては独立したインド大陸であった。アルフレート・ヴェーゲナーの大陸移動説やプレートテクトニクスによると、パンゲア大陸から分離・移動して、ユーラシア大陸に衝突し、そのためにヒマラヤ山脈が隆起したとされる。現在もインド亜大陸は北上し続けている。


<歴史>
■7 - 8世紀
アラブ人が来航したことである。1502年にはヴァスコ・ダ・ガマの第二回東インド航海においてアラブ人が活動しているのを目撃している。17世紀には海賊の基地となっている。
■1742年
フランスが探検隊を送り込む。その際、その当時の首相[1]の名から、諸島の名前をセーシェル、最大の島をマへ総督からマヘ島と名づけた。
■1815年
パリ条約により、フランスがイギリスに領有権を譲渡した。1872年にセーシェル独自の行政審議会、立法審議会ができる。20世紀初頭にはモーリシャスから分離。■1952年
独立派のフランス=アルベール・ルネとイギリス領派のジェイムス・マンチャムによる政党が組織される。
■1965年
アメリカに貸与していたデロッシュ島、アルタブラ諸島、ファーカー諸島がイギリスに戻る。1976年、制憲会議が行われ、同年6月28日にイギリスから独立し、独立憲法も発布される。
■1977年
ルネがクーデターで実権を握り、同年6月に憲法を社会主義指向のものに改変した。以後一党独裁政権が続くが、1991年に複数政党制を導入。2004年、ルネ大統領が引退。


<世界遺産>

アルダブラ環礁
アルダブラ環礁はサンゴ礁が隆起して出来たインド洋に浮かぶセーシェルの環礁で、人の手がほとんど入っていない状況の中、アルダブラゾウガメをはじめとする独特の動物相・植物相が保たれている地域である。ゾウガメの生息地としては世界最大級で、15万2000頭が生息している。ゾウガメのほかにもアオウミガメ、タイマイなどが生息し、また多くの鳥類も観測される。

メイ渓谷自然保護区
ヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区は、セーシェルの島々の中で2番目の大きさを持つプララン島(Praslin, プラスリン島)にある自然保護区。世界最大のヤシの実をつける、30mの高さに成長するココ・デ・メール(フタゴヤシ)が群生する原生林が残っており、珍しい動植物が息づいている。1983年にユネスコの世界遺産に登録された。なお、ヴァレ・ド・メは「巨人の谷」の意味であり、「メ渓谷」「メイ渓谷」とも表記される(後者はフランス語読みとしては不適切である)


セイシェル 基本情報 〜 地理・文化・宿泊施設・歴史・政治
今日のセーシェル人はアフリカ解放奴隷、アラブ人、インド人、中国商人、イギリス、フランスからの開拓者の魅力的な混血の子孫です。現地の人たちはクレオール語の魅力的な混合の言語を話します。セーシェルは極めて友好な国で、セーシェルの海岸に海賊をもてなしたとして知られてきました。しかしながら、今日海賊は撤退し、ほとんどの観光客は新婚旅行者、家族連れ旅行者で、太陽からの慰めを求めています。


セーシェルコノハズク
セーシェルコノハズク(Otus insularis)は、動物界脊索動物門鳥綱フクロウ目フクロウ科コノハズク属に分類される鳥類。開発による生息地の破壊、人為的に移入されたメンフクロウとの競合などにより生息数が激減した[1]。以前はセーシェルの別の島嶼にも分布していたが、1906年に絶滅したと考えられていた。1959年にマヘ島で再発見された。生息地はモルヌ・セイシェロワ国立公園に指定されている。

セーシェルシキチョウ
セーシェルシキチョウ(Copsychus sechellarum)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ツグミ科に分類される鳥類。開発による生息地の破壊、人為的に移入されたネコやドブネズミによる捕食、鳥類やドブネズミとの競合などにより生息数は激減し1965年にフリゲート島の個体群を除いて絶滅した。1994年における生息数は48羽、1999年における生息数は85羽が確認されている。

アルダブラゾウガメ
アルダブラゾウガメ(Dipsochelys dussumieri)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目リクガメ科セーシェルゾウガメ属に分類されるカメ。セーシェルゾウガメ属の模式種。海岸沿いにある草原、内陸部の低木林、マングローブからなる湿原などに生息する。野生下ではあまり日光浴を行わない。また雨期の晴天時は薄明薄暮性傾向が強くなり、昼間は日陰で過ごしたり水浴びや泥浴びを行う。


チャールズ・ゴードン
Charles George Gordon、1833年1月28日 - 1885年1月26日は、英国の軍人。太平天国の乱の時、民兵組織の常勝軍を率いて活躍、その後、スーダンのハルツームでの壮絶な戦死で人々の記憶に残ることになった。1884年にゴードンはハルツームに到着したが、やがて、マフディー運動(マフディー思想自体はイスラム教のスーフィズムの一種と看做される)の反乱軍に包囲された。英国はスーダンを放棄する方針だったが、世論はゴードンの救出を要求したため、救援軍が派遣された。しかし、1885年1月28日に援軍はハルツームに到着したが、その2日前にゴードンの部隊は全滅していた。プララン島に立ち寄った際、ヴァレ・ド・メをエデンの園であると評した。

ヴァスコ・ダ・ガマ
(Vasco da Gama, 1469年頃 - 1524年12月24日)は、ポルトガルの航海者で、探検家である。ヨーロッパからアフリカ南岸を経てインドへ航海した記録に残る最初のヨーロッパ人であり、しばしばインドへの航路をヨーロッパ人として初めて「発見」した人物であるとされる。このインド航路の開拓によって、ポルトガル海上帝国の基礎が築かれた。

セーシェル Seychelles
アフリカ大陸から1,300kmほど離れたインド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はヴィクトリア。セーシェルに関する最も古い情報は、7 - 8世紀にアラブ人が来航したことである。1502年にはヴァスコ・ダ・ガマの第二回東インド航海においてアラブ人が活動しているのを目撃している。

ヴィクトリア
ヴィクトリア(Victoria)は、セーシェル共和国の首都で、同国最大の都市である。同国北部のマヘ島にある。人口はセーシェル全体の4分の3に及ぶ6万人(2001年)。セーシェル国際空港が近郊にあり、また国内各地に散らばるリゾートへの玄関口でもあり、主にヨーロッパ諸国からの観光客でにぎわう。


セイシェル国際空港
Seychelles International Airportとは、セーシェル共和国、マヘ島にある国際空港である。


外務省:セーシェル共和国
在ケニア日本国大使館


■国名
英語では、Republic of Seychelles。通称、Seychelles(英語発音: /sei??el(z)/ セイシェル(ズ))、the Seychelles islands。国名は、フランスの財務大臣ジャン・モロー・ドゥ・セシェル (Jean Moreau de Sechelles) にちなんで名付けられた。

pagetop


1.面積:460平方キロメートル(ほぼ種子島大、約百の島から成る。)
2.人口:8.8万人(2009年:世銀)、人口増加率1.2%(2009年:世銀)
3.首都:ビクトリア(マヘ島)
4.住民:クレオール(ヨーロッパ人とアフリカ人の混血)が多数
5.言語:英語、仏語、クレオール語
6.宗教:キリスト教(約90%)

1756年 仏領
1814年 英領
1976年 独立(マンカム初代大統領)
1977年 クーデター、ルネ首相が大統領となる
1978年 一党制宣言(セーシェル人民進歩党:SPPF)
1984年 ルネ大統領再任
1989年 ルネ大統領再任
1991年 複数政党制移行
1993年 第1回大統領・国民議会選挙、ルネ大統領再選(SPPF政権継続)
1998年 第2回大統領・国民議会選挙、ルネ大統領再選
2001年 第3回大統領選挙、ルネ大統領再選
2002年 国民議会選挙
2004年 ルネ大統領退任、ミッシェル大統領就任
2006年 第4回大統領選挙、ミッシェル大統領勝利
2007年 国民議会選挙

■主要産業
:観光業、漁業(まぐろ)、農業(ココナツ、シナモン、バニラ)

■主要貿易品目(2009年:CIA)(1)輸出 マグロ缶詰、冷凍魚、シナモン(2)輸入 機械、食料品、石油製品


セーシェル・ルピー
roupie)はセーシェルの通貨。現地のセーシェル・クレオール語では、roupi と呼ばれる。ISO 4217コードはSCR。補助単位は100分の1のセント。ときに SR や SRe といった省略表記がされる。セーシェルの通貨は1810年からUKポンド、1877年からUKポンドに替わりモーリシャス・ルピーが流通していた。1914年、モーリシャス・ルピーの流通と並行して、等価で導入された通貨がセーシェル・ルピーである。当初は紙幣のみ発行され、1939年にようやく硬貨が導入された。

pagetop


コプラ
copra)は、ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの。灰白色で約40~65パーセントの良質脂肪分を含む。主に東南アジア諸国や太平洋諸島で生産され、住民の貴重な現金収入源となっている。


■政治
セーシェルは共和制をとる立憲国家である。現行憲法は1993年に発布されたもの。国家元首である大統領は国民の直接選挙により選出され、任期は5年。行政府の長として強大な権力を行使することが、憲法で認められている。2006年7月29日、30日両日、大統領選挙の投票があり、現職のミッシェル大統領(人民党所属)が約54%を得票、45%の野党国民党のラムカウン候補を破り再選された。SPPFは、1977年以来政権を担当している。


■軍事
1977年のクーデター後、小規模な「セーシェル人民防衛軍」 (Seychelles People's Defense Forces: SPDF) が編成された。現在は陸軍200人と沿岸警備隊250人(航空隊、海兵隊を含む)から成る。徴兵制が施行されており、兵役は2年となっている。クーデターにはタンザニアが関わっており、この経緯でクーデター後しばらく数百人がルネ大統領の警護とSPDF育成のために駐留していた。1981年には南アフリカが関わったとみられるクーデター計画が露呈。スポーツ選手を装って密入国したクーデター側のマイク・ホアー中佐率いる白人傭兵部隊 (Ancient Order of Frothblowers) とSPDFが応戦、クーデターは頓挫した。敗走した傭兵達はインドの旅客機をハイジャックして国外に逃走した。


セーシェルの政党
独立以前の1964年にセーシェル人民統一党(SPUP)が結成される。1976年英国から独立。1977年クーデターで政権奪取後、1978年にSPUPはセーシェル人民進歩戦線(SPPF)に改称、一党独裁制が確立。1991年複数政党制に移行し、1994年にセーシェル国民運動と国民同盟党が合同してセーシェル国民党が結成され、SPPFと国民党の二大政党制が成立した。2009年にSPPFは再び改称し、人民党となった。


人民党
People's Party, は、セーシェルの政党。1977年より与党の座にある。1964年にフランス=アルベール・ルネにより設立された社会主義政党で、当時の名称はセーシェル人民統一党(SPUP)。ルネのカリスマ的個人指導に基づく政党で、1977年に無血クーデターで政権を掌握。ルネは大統領に就任した。


■経済
主要産業は観光業。セーシェルは「インド洋の真珠」と呼ばれており、主に西洋から美しい海に魅せられて、観光客が押し寄せたためである。さらに、マグロを主とする魚介類、石鹸の材料となるコプラ、ココナッツの輸出等も重要な収入源である。その結果、アフリカでは高水準の国民所得を誇る。

■国民
民族移動の歴史により、セーシェル国民の先祖はアラブ系、インド系(印僑)、アフリカ系、ポリネシア系、ヨーロッパ系(フランス)、華人と多岐にわたる。さらに各民族集団同士の交流が広く進み、黒人とマダガスカル系のマルガシュ人とのクレオールを筆頭に、多様なクレオールが居住する。

pagetop

■主要言語
セーシェル・クレオール語 91.8%(フランス語がベースのクレオール語)、英語4.9%、フランス語でありいずれも公用語である。

■宗教
カトリックが86.6%、聖公会が6.8%、その他のキリスト教宗派が2.5%、その他の宗教が4.1%である。


国と人 - セーシェル - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
インド洋に浮かぶ、およそ115にのぼる熱帯の島がセーシェル共和国を形成している。イギリスから独立を果たしたのは1976年。1971年にセーシェルで最大のマエー島に国際空港が完成している。経済の中心である観光業が伸びており、国民の88%がマエー島に住んでいると言われている。およそ15年間の一党独裁制の後、1993年にこの国で初めての選挙が行われた。


 

ジョージ・カピードン
Georgie Cupidon、1981年11月10日 - は、セーシェル出身の男子バドミントン選手。同国の女子バドミントン選手、ジュリエット・アーワンとのミックスダブルスペアでは2007年のアフリカバドミントン選手権で優勝しており(2006年から二連覇)、団体戦でもメンバーの一員として優勝に貢献した。同年にはアルジェリアのアルジェで開催されたアフリカ競技大会のバドミントン競技でもミックスダブルスで優勝している。

ジェイムス・ミッシェル
James Alix Michel, 1944年8月18日 - は、セーシェルの政治家で大統領。与党人民党の中心人物の一人。元々は教師であったが、当時イギリス領であったセーシェルは南方の楽園島として世界的に有名になりつつあり、ミッシェルは観光業に従事するようになる。そしてセーシェル独立直前の1976年、フランス=アルベール・ルネ率いるセーシェル人民統一党(セーシェル人民進歩戦線を経て現在は人民党に改称)に入党した。

フランス=アルベール・ルネ
France-Albert Rene, 1935年11月16日 - は、セーシェルの政治家、第2代大統領、社会主義者。アルベール・ルネ、F.A.ルネという表記もある。1977年から約27年間にわたり大統領職にあり、同国を率いた。セーシェル生まれだが早くからイギリスで学び、キングス・カレッジ・ロンドンを卒業後はセーシェルに帰国して弁護士となった(1957-1961年)。ルネはもともとカトリック教会の司祭を目指していたが、イギリス留学中、労働党に強い影響を受け、社会主義思想を受容。

ジェイムス・マンチャム
James Mancham、1939年8月11日-は、セーシェルの政治家。セーシェル共和国初代大統領(在任1976年-1977年)である。マンチャムは1939年、英領セーシェルの首都・ヴィクトリアで裕福な実業家の家庭に生まれた。セーシェルにイギリスからの独立の動きが起こると、マンチャムはセーシェル民主党を結成し、2005年まで党首の座にあった。セーシェル民主党は資本主義と保守主義を柱とし、ソ連の支援を受けたフランス=アルベール・ルネ率いるセーシェル人民統一党と政権を争った。マンチャムはセーシェル植民地の主席大臣として空港の設備を改善し、世界からセーシェルへのアクセスを容易にした。

pagetop

セザール・ガブリエル・ド・ショワズール=プラズラン
Cesar Gabriel de Choiseul-Praslin, 1712年8月15日 - 1785年11月15日は、フランス王国の貴族、外交官、政治家、軍人。ルイ15世時代の筆頭大臣エティエンヌ・フランソワ・ド・ショワズールの従兄弟。1766年にはエティエンヌ・フランソワの外務大臣復帰に伴い、入れ替わりに海軍大臣となった。海軍は七年戦争で大きなダメージを被っており、建て直しに努力することとなる。しかし、エティエンヌ・フランソワの庇護者であったポンパドゥール夫人が1764年に死去した後、彼らを失脚させようとする動きが盛んになり、1770年には大臣を辞任することとなった。その間、1769年には科学アカデミーの名誉会員になっている。セーシェル諸島の中のプララン島は、彼にちなんで名づけられた。

pagetop

 

 

bars

バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロット
ユニバーソーリドメモランダム物置小屋らなこる展示室
|ラブソング
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
リンク・県別リンク・世界の国|リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト|  

サイトポリシーサイトマップリンク著作権お問い合わせ

カウンタ