ensokai
concert

「弾きたいだけ弾ける、歌いたいだけ歌える、
作品発表でも、オペラでも何でもできる」

"An die Musik"演奏会は、諸事情により、現在休止しています。

しかし、「休止中」なのでありまして、終了したのではありません。
出演したい、というご希望が一人の方からでもありましたら、
出演者を募り、開催いたします。

演奏の場が欲しいとお考えの方、
ご連絡をお待ちいたしております。

 

 


カウンター

andiemusik
バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットらなこる展示室
ユニバーソーリドメモランダム物置小屋|ラブソンググランブルーな人々へデザイン寺子屋
リンク・県別リンク・世界の国|リンク・世界のインテリジェンス
リンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト|  

サイトポリシーサイトマップリンク著作権お問い合わせ

上記の<"An die Musik" 演奏会>だけでなく、
リサイタルなどの演奏会も開催を承ります。


アンディムジーク音楽事務所は、「おもしろい」演奏会をやりたいと思っています。「おもしろい」というのは、おしゃべりを入れたりした、面白可笑しい演奏会という意味では更々ありません。

むしろその逆です。

演奏会での「おしゃべり」は要りません。演奏が全てを語るからです。「おもしろい」というのは、演奏者(新作発表なら作曲者も)が個性を持ち、主張があることです。多少、技術不足であったり、若さ故の未熟さや、年配者故の「ひねこけ」があっても、個性があって、「ここはこう演奏したいんじ ゃ」という主張があることがおもしろいのです。
 
どんなに大曲をミスタッチなしで滔々と弾かれても、「早く終わってくれ」と叫びたい演奏もあります。逆に、少々傷があっても、演奏者の音楽への情熱がひしひしと伝わってくる演奏は、実に「おもしろい」です。

主張があれば、その演奏について、あれこれ話しができます。間違った変な解釈をしていたら、それを指摘することもできますし、またそれがおもしろい話題にもなります。どうしようもないのは、「何にもない」ということです。

我こそは、と思われる方がおられましたら、ご連絡下さい。
会場のこと、ご予算など、ご希望を承ります。また、チラシ、チケットも作成できます 。