TOP

 
2017
  ■ペットペットと言うけれど ■国境のない世界へ ■台湾の脱原発、そして日本は ■全てを給付型奨学金に ■お日さんと白い雲 ■オバマスピーチの理想と現実 ■自由はアメリカの根幹 ■甦るあの記憶 ■これだけの不祥事が続けば ■安倍政権の終焉? ■心の風は自分自身で起こせる ■長年夢見る事 ■無尽蔵パワーのミニキャット ■自由のために ■原発の再稼働は未来への無責任 ■ビートルズが好きならば ■それぞれの立ち方 ■多数決が暴走するときの恐怖 ■テロ対策を口実 ■小さいけれど ■嘘も方便と呼べるような嘘ではない ■戦争につながる方策は全て阻止 ■感性で選ぶ ■いかに遠く困難でも ■自然エネルギーに恵まれた立地 ■自衛隊の半分を救助隊に
 


ペットペットと言うけれど


2017/01/27 犬猫の販売数が増加しているらしいけど、犬猫の殺処分の実態を考えると大いに疑問で複雑な気になります。朝日新聞の調査で分った2015年は85万匹で前年より10万匹も増えているそうで2016年が気になりますがおそらく減ってはいないでしょう。気になったのは流通過程で2万5千匹の犬や猫が死んでいた事実。(また、繁殖から小売りまでの流通過程での死亡数(死産は含まない)は犬1万9866匹、猫は5088匹の計2万4954匹。14年度も死亡数は計2万3181匹で、両年度とも流通量の3%にのぼる。・・・朝日新聞記事より)命がまるで食品の流通ロスのように報じられるのも胸が痛むけど、15年度の全国の自治体における殺処分数は犬1万5811匹、猫6万7091匹という現実を考えればこの国の命に対するありかただと思わざる得ません。

犬は犬、猫は猫、魚でも昆虫でもペットと呼ぶ事自体に抵抗があります。生き物と暮らせば普通の人間ならば情がうつって意思の疎通が深まり、よほどの事態に落ち入らない限り生涯面倒見ようと思うのが当たり前です。近年犬や猫を保健所に持ち込む人が増えているとの報道もありましたが、飽きたら捨てる、面倒になったから手放す、ような人間に命を売ってはいけないでしょう。イギリスでもドイツでも先進国の多くでは動物を買う人間に対しての資格審査は厳しいようです。一個の命ですから当然のことです。翻って日本ではまるでモノの売買のような感覚があります。

買う人間も無責任ですし、飼い主の生活が不測の事態に落ち入って泣く泣く手放さなければならなくなった時の、国や自治体のフォローも不足です。可哀想なのはすべて動物で、彼らの責任は皆無ですからあんまりです。ペットショップの厳密な規制、売買の慎重さ、そして何よりも動物に対する知識と人間としてのモラルがペットショップ側と買い受ける側に必要です。ほとんどの愛犬家、愛猫家は人間と対等に接し、責任感を持っているはずです。でも一部心ない人間がいるのも現実ですから、規制と教育は必須です。動物は愛玩(ペット)するのではなく愛するものです。愛だから幸せな時もつらい時も面倒な時もあるのです。

top


国境のない世界へ


2017/01/20 全長3200kmの長い壁。アメリカとメキシコの国境を壁で仕切るというトランプ氏の発言。大統領になってそれは実行されそうですが、その工事の巨費に見合う効果があるかどうかは疑問視されています。同時多発テロがあってすでに1000キロのフェンスが完成していますが、その部分を通り抜ける密入国者も多々あるからです。世界で最も多くの人が行き交う国境は年間3億5000万人の人が横断するとのこと。不法入国者は100万人に上るとされています。ベルリンの壁が崩壊して27年。東西ドイツの統合、そしてEUという新たなチャレンジはヨーロッパの物理的な壁を取り除く壮大な計画の一歩です。何事も分断より融合の方がいいのが分っていても新たな分断が作り出されます。建設中のイスラエル西岸地区の分離壁の映像を見ているとなんともやりきれない気持ちになります。

ベルリンの壁がイデオロギーの壁ならこの壁は差別の壁でしょうか。そしてアメリカとメキシコ国境を分断しようとしている壁は経済の壁。今の世界ので最大の問題である経済格差と言う見えない壁は個人の周りにも地域の周りにも築かれつつあります。その壁を取り除かない限り、物理的な壁の効果はきわめて限定的であることは誰にでも想像がつきます。アメリカとメキシコ国境の壁で困るのはマフィアやテロリストではなく、一般の生活困窮者であることも間違いありません。ならば2兆円を超える巨費を投じて国境の壁をつくる事の意義に道理はあるでしょうか。それにしても長い壁です。日本の北海道から沖縄迄がざっと3000kmですから・・・

上は人間世界の問題ですが、動物の視点から見れば問答無用の野蛮行為です。長い長い国境エリアに生きる動物の数がどれだけいるか計り知れませんが、彼らにとって壁ができれば今迄行き来していたほんの数メートル先へも行けなくなるのですから。動物にとってはそもそも存在しない国境線。人間の勝手で平面に線を引いて陣地を決めるのは勝手ですが、空間を分断する壁を作るとなれば話は別です。動物にとっては何の関係もない問題ですが人間より彼らにとってこそ致命的になるやも知れません。

top


台湾の脱原発、そして日本は


2017/01/17 台湾が原発ゼロを法律に明記し、再生可能エネルギーへシフトするとのこと。福島の恐ろしい原発事故に学んだ結果でしょう。多くの国民が脱原発を望みその民意を受けての政治姿勢です。ドイツは福島の事故後、それまでの方針を急転換させて8基の原発を即時停止し、2022年までに17基ある原発の全てを段階的に廃止することを決定。イタリア、スイス、スウェーデン、ベルギーなども福島な過酷な事故に衝撃を受けて脱原発へ舵を切っています。日本に比べはるかに地震の少ないヨーロッパですが原発に対する不安感は相当なものとなっています。

原発事故から6年が来ようとしている当事国日本では、まるで福島の事故などなかったかのように原発の再稼働に執心しています。台湾やドイツと同じく国民の多くは脱原発を望んでいるのが分っているにも関わらずです。なんと言う政府でしょう。あの未曾有の福島原発事故の責任すら誰も取らない。事故の原因究明も定かでない状態にも関わらずの原発再稼働です。事故当事国のこの体たらくは世界の笑い者になっても仕方ありません。民意を無視し暴走する安倍政権を何故止めれないのか。止めるどころかこの悪政を目の当たりにしてまだ支持する人たちはどう言う考え、どんな価値観をもった人間なんだろうと暗澹たる気持ちになります。

top


全てを給付型奨学金に


2017/01/15 日本の国内総生産(GDP)に占める高等教育に対する公的支出の割合はOECDの中でも極めて低く、高授業料・低補助の国に分類される。・・・先進国として恥ずかしい話です。教育は未来への投資、1人1人の知性の向上は間違いなくより豊かでより人間的社会をつくるための礎となります。絶対にケチってはいけない分野です。返す必要のない給付型奨学金制度に対して「政府は17年度予算案に先行実施分を含む計約70億円を計上した」・・・これぐらいのことで財源確保とか言うけれど1機100億円もする問題だらけのオスプレイ買う神経はどこからくるのでしょう。5機購入するところを別に4機でもいいのではと思います。原発にまつわる気の遠くなるような巨費。

フィリピンへの経済援助が5兆円とかの報道を聞くと何かおかしい感じが誰でもするはずです。文化国家としてまずやらなければいけない事が全部おざなりで、目先の国力を振りかざすような国に未来があるとは思えません。安倍首相の扇情的な言葉。美しい日本、一億総活躍社会、すべての女性が輝く社会づくりなどと口からのでまかせは聞き飽きました。東京への五輪招致演説で福島原発問題を「アンダーコントロールできている」と言った時は空いた口が塞がりませんでしたが、それは今も続いて民進党の蓮舫代表が「首相は息をするようにウソをつく」と言い放ったのも頷けます。

top


 

お日さんと白い雲
2017/01/08 寒空の公園。周りを見渡してもベンチに座る人は見当たりません。でも寒さより疲れた足を休める欲求に負けて一休み。 あまり長居はできないなと感じているところに突然の陽射し。はっとするような温もりです。雲が途切れて太陽が顔を出しました。「なんたる威力だろう」体に凍みた寒気を一瞬に吸い取ってくれます。ありがたいなと太陽に感謝です。でもそれはつかの間新たな雲が近づいて来ます。雲に隠れると恩恵は瞬時に消え、体は冷気に包まれます。もう少し休みたいな・・・空を見れば雲はすぐに通り過ぎそうで、待つ事数分、また暖かい陽射しです。でもまた新たな雲が来て、また雲が去って・・・冷えたり温もったりを五六回繰り返したでしょうか。切れそうも無い巨大な雲の接近にあきらめてベンチを後にしましたが、太陽光のエネルギーはものすごいものだとあらためて実感です。それにしてもやって来た暗雲は原発維持のために再生可能エネルギーの進展を止める安倍政権のようにも見えます。

top


 

オバマスピーチの理想と現実


2017/01/06 来る20日でオバマ大統領の任期が終わります。選挙戦、そして2009年の就任以来数々の名スピーチで多くの人の心を打ちました。ゆったりと丁寧で淀みない語り口。明確な信念に基づいたスピーチは聴いていて飽きる事がありませんでした。核の無い世界へ、銃社会の変革、不平等の是正、人種差別の廃絶、など人間として特に大国の指導者として熱く語るその信念、姿勢には誰もが共感したはずです。アメリカを牛耳る軍事産業や多国籍企業、謎めいた秘密結社の存在があって、結局オバマ大統領が思い語った理想は在任中には実現しなかったけれど、そのヒューマニズムに満ちた言葉は未来への大きな指針となり差別や暴力に対する抑止力になるに違いありません。誰の心も打たない口先だけの安倍首相の演説と比べれば同じ人間でもここまで違うのかと、呆れてしまいます。そのオバマ氏はもうすぐ大統領の座から去りますが、呆れてしまう安倍首相はまだまだ権力の座にしがみ続ける模様で1国民としては呆れるとばかりも言ってはおれません。

top


自由はアメリカの根幹

2017/02/15 トランプ政権が発足してアメリカのみならず世界中の国が期待と危惧が混同する状況になっています。映画俳優のレーガンが大統領になった時も驚いたけれど、それは自由な国アメリカらしいなという印象が強かったからです。当時とはアメリカの国情も世界情勢もより複雑になりイデオロギーに変わってエコノミーが主権をふるう時代です。巨大資本が市場のみならず政治をも支配し、貧困や格差が広がる世界。過去に比べれば圧倒的な科学力で世界は十分に潤うはずなのに事態は逆行しています。オバマ前大統領の理念は崇高でしたが現実の世界は強固で不動。それでも核の廃絶と平和への努力は人類すべての永遠の目標です。移民を排斥し国境に壁を作るなどと公言して大統領になったトランプ氏。官僚体制とCIAなどの国家組織が強固に構築されたアメリカにとってクリントン氏であれトランプ氏であれ国体の本筋は変わらないでしょうが、世界への影響は大いに違うと思います。自由が根幹であるアメリカ合衆国の精神が後退することがないことを期待します。

top


 

甦るあの記憶。


年が明けて1月になるとふと脳裏をかすめる過去の体感、そして3月になると鮮明に甦るあの記憶。

2017/03/13 阪神淡路大震災から22年。当時住んでいた大阪の家での不安だった体感は今も残っています。老朽化していた我が家は大きく揺れ緊張が走りました。揺れが治まって怖々外に出ると屋根瓦が全部落ちて家の前は土と瓦の小山が出来ていました。それでも震源地から離れていたので家屋本体は無事でしたが、その後の阪神間の壊滅的な惨状を見るにつけあの地震の恐ろしさは記憶から消えません。それから記憶に新しい東日本大震災。6年前は奈良市内に住んでいたにも関わらず異様な揺れを感じ、急きょテレビをつけたらあの恐ろしい光景が映し出されていました。想像を絶する津波の破壊力にテレビ越しであっても恐怖を感じました。

そしてその後の原発事故。あれからの経過を考えたら、原発リスクのあまりの大きさにただただ、今後原発だけは絶対に止めなければならないと多くの人が思ったはずです。事故後原発の不都合な真実もあらわになり、遠い海外の国も、事故が起これば取り返しがつかない原発の実態を認識し、廃炉への道筋を表明しています。しかしながら、これは考えられないことですが、事故当事国の日本が、原発の再稼働のみならず原発の輸出まで企てています。

放射能汚染によって故郷の土地を奪われ、生活を奪われ、未だ苦悩の中で暮らす多くの人々がいるにも関わらずです。原発を推進してきた政府、クリーンで安全なエネルギーを声だかにうたって来た政府、電力会社に何の反省も悔恨もありません。自然災害は防ぎようがない部分があります。でも原発災害は人災です。人間の意志で決定できることをなぜやらないのか?闇雲な再稼働でもしまた事故が起こったらどうするのか?想像力が少しでもある人間ならば答えは明らかなはずです。

top



これだけの不祥事が続けば世論も変わると思うのだけれど

2017/03/14 原発事故への無反省、沖縄基地問題に対する強行と無策、自衛隊派遣の無責任、森友学園への薄暗い関与・・・民主国家なら大多数の人が安倍政権にノーを突きつけるはずなのに支持率はあまり下がらないという不思議さ。欧米なら大規模なデモが起こっているはずです。この国の政治への無関心、無理解は一体どこに原因があるのだろう?ほとんどの政治問題はヒューマニズムの問題でもあるし、無関係な人はいないと思うのだけれど・・・

top


 

安倍政権の終焉?

2015/03/25 過去何回かそう思ったけれど、この国はそうはならなくて。支持する人がまだ多くいて不思議です。原発事故の無責任とあり得ない再稼働。さらに原発の輸出迄目論む姿勢だけでも政権への不信は募ります。強引で無情な沖縄の基地問題もあります。法的に問題がなければなんでもありの傲慢な姿勢が目にあまります。法治国家だから法を遵守するのは当たり前ですが、政治家たるものその前に道義と人間性があってしかるべきです。真剣な野党の質疑を薄笑いを浮かべながら聞く首相や麻生氏の態度がテレビ中継で映し出されても恥じる気配もない無神経。

今世間が注視する森友問題での闇も深いですが、首相夫人と籠池氏夫人の親密な関係が明らかになったことだけは事実です。それでも笑っている首相。そこに真相を追求する姿勢など微塵もなく自らの法的訴追さえなければ関係ないと言わんばかりです。8億円もの税金の使途が遡上に上がっているにも関わらずです。安倍政権の傲慢はつまるところ国民の政治的無関心と自分に直接関係なければというエゴイズムに因があります。健全な民主国家、平和国家を願うならば、まず安倍政権にはノーを突きつけるのが先決です。

top


心の風は自分自身で起こせる

2017/05/10 昼下がりの夙川公園。青空の下そよ風に鯉が泳いでいます。目に鮮やかな色とりどりの鯉のぼり。川岸の木と木に渡された何本ものロープにくくりつけられた五六匹の鯉が列をなしてなびく姿は壮観です。でも風が止んでぶらり垂れ下がった鯉を見ているといつかどこかの浜辺で見かけた干物のようにも見えました。風が重要。ふと周りを見渡せば老夫婦と若いアベックがベンチに座っています。老夫婦は穏やかな会話で笑顔。若いアベックは喧嘩でもしたのでしょうか。お互い難しい表情で固まって無言。やっぱり人間にも風は必要だなと思いました。

top


 

長年夢見る事があります。

2017/05/12 自衛隊のせめて半分を改編して国際救助隊にすること。それを他国で戦闘ができる軍隊へなんてとんでもありません。それでなくとも自衛隊の軍事力(軍事費: 4兆1,600億円・兵役についている人数: 241,743人・戦車数: 678台・航空機数: 1,613機・航空母艦数: 0艦・攻撃ヘリコプター数: 119機・潜水艦数: 16隻)はアメリカ、ロシア、中国についで第4位(世界各国の軍事力ランキングトップhttp://ailovei.com/?p=60994)18位のドイツ、9位のイギリスを比較すれば大き過ぎる装備だと思います。世界に誇れる平和憲法の遵守国として4兆円を超える軍事費を命を守るために使えば、日本はもっと誇れる国として世界の中での存在感を増すでしょう。自衛隊がもし国際救助隊になれば夢とヒューマニズムを持つ若者がもっと隊員に志願することも間違いありません。北朝鮮の不穏と中国の力への不安をあおり自衛隊を軍隊化するなど正気の沙汰ではありませんし、それ以前に賢明で誠実な外交努力をどれだけしていると言うのでしょう。

top


無尽蔵パワーのミニキャット

2017/05/14 右手と尻尾を振りつづけるけなげな招き猫。体調5センチの小さな猫はほとんど休む事なく動きつづけています。この極小猫はかれこれ2年前に百円ショップで買ったものです。極小の太陽パネルを装備した優れもので見ていると不思議な気持ちになります。カチャカチャと音を立てながら動きつづけるエネルギー。魔法のようです。この猫を拡大したらやはり動くのだろうか?自由の女神ぐらいの大きさにしたらどうだろうか?重量と摩擦の問題があるから設計の手直しは要るだろうけど動くだろうと想像します。壮大な太陽光エネルギー。風の力も、水の力もやはり壮大です。地熱もあります。過去の科学で一部しか取り出せなかった夢のような自然エネルギーが今真剣に取り組めば人類が使う大半のエネルギーに変換可能になっています。

危険でコストがかかる理不尽な原子力エネルギーが時代遅れなエネルギーである事はもはや明らかです。フクシマ原発事故の後、政治が賢く舵を取っていれば今現在ドイツを上回る再生可能エネルギー先進国になっていたでしょう。あろう事かその流れの足を引っ張っている安倍政権。多くの犠牲と明らかになった原発の真実。原発を推進して来た結果起きてしまった事故の責任も取らず、あろうことかまるで事故がなかったかのようなその後の政策。地震大国のこの日本でまだ再稼働をやろうとする国と電力会社には怒りを覚えます。けなげに動き続ける小さな招き猫を見るたびに感じることです。

top


自由のために


2017/05/15 それでなくとも「みんな自由でのびのびいきているか?」と言う視点で日本社会を考えれば、マスコミ報道にしても市民運動にしても縛りと圧力の見えない力が働いている感じがします。定義すらはっきりしない共謀罪が創設されれば恐ろしい監視社会の中でジャーナリズムにしても個人の意志と自由にしても萎縮させられることは間違いありません。まさに民主主義に対する暴挙です。

top


原発の再稼働は未来への無責任


2017/05/17 再び事故が起これば取り返しがつかない事が分っていて、それでも誰も責任を取らなくていいと言う事も分っているからの暴挙。海外の国々から見れば、日本には国民の意思やジャーナリズムが存在しないのではないかと思われてしまうでしょう。世界有数の地震多発国で、あれだけの事故があって、かつ電力が足りていて、地勢的に見ても自然エネルギー利用の余地は無限で、かつ原発の総合的コストが底知れない事が明らかになったというのに。反省しない、事実を認識しない、想像力が働かない・・・危なっかしい法案をごり押しする安倍政権を正すのも1人1人の客観性と想像力、そしてジャーナリズムの使命感しかありません。原発の再稼働は無意識と明日への無関心の象徴のような気がします。

top


ビートルズが好きならば

2017/05/22 ビートルズが好きな人なら安倍政権が嫌いでしょう。なぜならその楽曲は美と愛と平和が主体となっているからです。忌野清志郎の音楽が好きなら自民党は嫌いでしょう。情熱的な歌の中に権力に対する抵抗と自由を守る意志が込められているからです。そもそもどんなジャンルの音楽であっても絵画であってもその底流にヒューマニズムが流れていなければ感性は沸き立ちません。理屈や言葉だけではどうしようもない表現の奥行きの原点がそこにあるからです。ゴッホやミレーの絵に何か感じる人、シューベルトやベートーヴェンに魂を揺さぶられるような人なら今の自民党の中枢をなす安倍晋三や麻生太郎、菅義偉などの強権にあぐらをかいた人間の傲慢さと高圧、独善的な振る舞いを看過できないはずです。

所詮政治家とはそういう質の人間なんだからと言う人もいますが、どう言う質であろうが国民の未来を左右、決定するのがそのような人間であっていいはずがありません。彼らは明らかにこう思っています。「安倍政権を支持する国民の多くは何をやっても口先だけで騙せる」その他騙せない人間は少数派か無力な人間だから無視を決め込む。ただしそう言う人間が萎縮するようにはじわじわと社会環境をしめつけよう。それをやりやすくするために共謀罪が必要だ・・・なんと言う悪だくみでしょう。共謀罪は一般市民には適用されないと大嘘を言いますが、彼らの言う一般市民とは見ざる聞かざる言わざるを実践して生きてる人で、それは市民ではなくある種の奴隷状態の人です。自由世界の市民とはおかしい事はおかしいと意見し、間違ってる事は正そうとする人達です。共謀罪がそのような人達を萎縮させるための法案である事は明らかです。原発問題や沖縄の基地問題で反対、抵抗を続ける人達はみな一般市民です。

芸術が好きで感性ある人間(自由を尊ぶ人)が増える事を切に願う次第です。「ミツバチが全滅すれば、4年後に人類は滅びる」とかのアインシュタインが言ったそうですが、芸術が衰退してミツバチのような人々が全滅しても人類は滅びるでしょう。

top


それぞれの立ち方


2017/06/10  立ち並ぶ木々を見ていると不思議さの中に吸い込まれそうになる事があります。それぞれの木が重力に抗いバランスを取るために踏ん張っているのだけれど、枝の伸び方は複雑にくねって幹もまっすぐなものもあるし湾曲しているものもあって、何故そんな形状をしているのか計り知れないことばかり見えて来て呆然となります。人間もまた物理的な重力と精神的な重圧の中でそれぞれ計り知れない立ち方、くねり方をしているのだろうかとふと思いました。

top


多数決が暴走するときの恐怖


2017/06/15  民主政治において多数決は理にかなった方法かも知れませんが、それは多数が少数の意見を聞き、審議を尽くして最良の方策であるかどうかを見極める過程があっての事です。問題をはぐらかし、虚偽の答弁をし、採決迄の時間稼ぎをして、数の力で強行採決できるならもともと審議の意味さえ無くなります。1人1人の政治家に良心や正義に基づく判断基準がないならば、議会制民主主義は現状の国会のように独裁国家と同様の結果になります。

top


テロ対策を口実にした強引な手法


2017/06/20  共謀罪の目的がテロに対してではないことは新聞テレビでの良識ある人たちの発言を吟味すれば明らかです。その目的は市民活動や政権に都合の悪い反対運動を封じるためで、改憲のための布石でしょう。現状ですらマスメディアや市民運動に対して見えざる圧力がかかっているのですから、共謀罪が成立したこの先、表現の自由、言論の自由が制約、萎縮させられるのは必至のことです。

共謀罪が成立し、沖縄で行なわれて来た理不尽な政府圧力がますます露骨になるでしょうし、圧力は国会前を始めとするさまざまな抗議デモに参加する一般市民にもじわじわとかけられてくるでしょう。一時でも早く安倍政権(自民党政権)を終焉に追い込み、新たな政権の元で悪法の撤廃をするのが自由を守るための道です。

top


小さくて見えにくいけど愛おしいものたち


2017/06/20  陽射しを避けて木陰に休む一羽のすずめ。きっと暑いのは同じなんでしょう。目を凝らさなければ分らないほど小さな存在だけれど、すずめもまた目を凝らさなければ分らないほど小さな生き物を見ています。大きなもの、等身大のものは意識しやすいけれど、小さなもの、隠れているものの存在を知るためには意識と想像力が欠かせません。

top


嘘も方便と呼べるような嘘ではないし。


2017/06/22  息をするように嘘をつく。2016年12月の党首討論で蓮舫氏が安倍首相に向けて言った言葉ですが、では嘘を止めれば息が止まるのかと考えてしまいます。実際嘘とごまかしが無ければ安倍政権は維持できないからその言葉通りだとも言えます。2013年のオリンピック招致のための演説で「汚染水は完全にコントロールされている」の発言には日本のみならず世界中が驚愕しました。2017年の今でも事故の収束はまだ端緒で、当時はコントロールどころではなかったからです。本当に知らなかったとしたら無能すぎますし、知っていての発言なら無責任すぎます。

top


 

戦争につながる方策は全て阻止しなければ


2017/06/27  ほんとうにやるせないけど、結局安倍晋三は改憲という個人的願望(アメリカの意図もあります)を果たすためにその他の事案はどうでもいいと考えているのが透けて見えます。もちろん改憲につながる事案は次々と強行採決してその布石は目論み通りに進んでいます。どれだけ巧言を使っても改憲の目的はただ1つで、それは戦争が出来る国にすると言う事です。平和憲法と言う世界に誇るべき戒めの中で平和を維持して来た日本が、1つ間違えば戦争に巻き込まれるかも知れないと言う恐ろしい問題です。未来の事だからどう転ぶかは分りませんが、少なくとも戦争につながるどんな些細な要因であってもそれは確実に摘み取っておかねばなりません。日本のためにこれからの若者そして子供たちの未来のために。

top


感性で選ぶ


2017/07/05  政治家を選ぶためにはたしかに政治の知識も必要ですが、大切なのは政治家を見る目、発せられる言葉にごまかされることなく、その人の表情、声色、人相などを総合して感じとれる感性を培うことだと思います。嘘やまやかしの多い安倍政権の面々を見ていたら明らかで、彼らは嘘をつくことに何ら良心の痛みを感じてはいません。どころか言葉だけで騙せる国民が多数いることを確信しているかのようです。原発の安全神話の嘘、美しい国日本の嘘、1億総活躍社会の嘘、平和や自由に対する嘘、嘘が多過ぎてきりがないですが、恐ろしいのはその嘘を元に日本に取ってよからぬ政策を着々と進めていることです。知識だけでは騙される、感性だけでは見誤ることもある。結局、両方が必要ですが、どちらかと言うと判断においては感性の方が確かな場合が多いと僕は思います。

top


いかに遠く困難でも
2017/07/12  現在の世界情勢を考えれば核兵器のない世界への道のりは遠く険しいことは誰にでも分ります。それでも120余りの国が禁止条約に賛同、批准して発効されたことは大きな意味があると思います。10年、20年、50年後の世界がどうなっているかは分りませんが人類の賢明な選択に期待したいものです。米国・ロシア・英国・フランス・中国など世界の中で数えるほどしかない核保有国が核廃絶に向けての共同作業を始めなければならない時期が来るはずです。モラルに立脚した知性が世界中に広まり、世界市民と世界の施政者が核廃絶のために一丸となる時代がいつか来ます。

top


自然エネルギーに恵まれた立地条件があるのだから


2017/07/13  原子力優先のため現政府が消極的だから自然エネルギーの開発は遅れを取っているけれど、日本の経済力と技術力があってなおかつ地勢的な好条件を考えれば、原子力どころか化石燃料にも頼らないエネルギー政策は可能だろうと思います。光や風や水の桁外れの力のごく一部を利用、応用するだけで近未来の中でエネルギー問題は解決するだろうし、そうなればいろんな意味において日本国民の意識も決定的に変わるはずです。

top


自衛隊の半分を救助隊に


2017/07/15  予想を超えた自然災害が多発する時代。地球温暖化を含めた様々な理由があるとは思いますが、災害予測や災害救助に関しての対策が遅れを取っていると思えてなりません。1995年の阪神淡路大震災の翌日、現地で目にした光景は未だ忘れられません。瓦礫の山を前にして大勢の自衛隊員がどうしていいか分らず立ち尽くしていた光景です。1人でも多くの命を助けようと言う彼らの心情は伝わって来ましたが、レスキューに特化した特別な訓練がなされてないのですからとまどうのは当然です。せめて自衛隊の半分を救助隊に改編して、4兆円を超える軍事にかける予算の半分を災害救助のための予算に回せばどれだけの最新鋭の機器が備えられるでしょう。

迷彩服でなくもっと理にかなった救助用のユニホーム、救助に特化したヘリや陸路のための車両。今の科学技術を持ってしたら、あのサンダーバードの国際救助隊のような活躍は決して夢物語ではありません。今から50年前、サンダーバードが放映された時代にはまさに夢物語、SFのような世界でしたが、現代ではそれを実現出来る科学と経済の裏付けがあります。福岡、大分県の救助の模様をテレビで見るにつけ、災害に対する政府の意識の低さが際だちます。度重なる大災害の教訓を何故活かせないのでしょうか。自然の力には抗えないのは事実ですが、何もかも起こってからの成り行き仕事では知恵がなさすぎるし、人命に対する薄情さえ感じます。

top


カウンター

birthnew850
バースデザインビアンスアンディムジークプロニティヘキサグラムアロットユニバーソーリドメモランダム物置小屋ラブソンググランブルーな人々へ
デザイン寺子屋リンク・県別リンク・世界の国リンク・世界のインテリジェンスリンク・ニュースリンク・サイトリンク・ヒューマニスト

サイトポリシーサイトマップリンクについて著作権お問い合わせ