bars60

lovetitle

夢の夢

 

 

どれだけ歩いてきただろう


置き去りにした景色が
目の前にある
季節のように
時間が巡り来たのだろうか
遠い記憶が立ちはだかる

あの時の風だ
青を含んだひんやりする風は
他にない

流星が降り注ぐ街
水上に浮かぶ街
やさしい笑顔が咲く街
あの時の街だ
あふれる光に包まれた街は
他にはない

 

どれだけ歩いてきただろう


記憶の底に
沈んでしまった街が
ここにある
色あせない街が浮上する
花も緑もざわめきも
同じ景色がここにある

 

時間の底に沈んだのは
僕自身だったのだろうか
僕は
夢の中を歩いていたのだろうか
不安が僕を振り返らす

 

ない
歩いて来たはずの道がない
そこには
いないはずの君がいる
何一つ変わらぬ香りと
微笑みが僕を包む

 

どれだけ眠っていたのだろう
目が覚めた今が夢なら
もう決して眠らない

 

 

 

 

to lovesongto all tittes of lovesong

Copyright 2010 Masaki Matsuura.


map


bars150


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS