bars60

lovetitle

 

 

猫と精霊

 

 

ふっくらと 真っ白な雪
まるでとびっきりの砂丘のようだ
足跡をつけたくないな
僕はそう思って景色に見入る

 

ゆっくりと
目で雪原を追いかけると
なにやら黒い点が見える

 

あれはなんだろう

 

ただ一点の
黒のコントラストに惹かれて
思わず目を凝らすと
それは何と一匹の黒猫だった
冷たい雪の上に
こともなげにたたずんでいる
見間違いだろうか

 

あまりの幻想的な風景に
我が目を疑う
でもあれは確かに黒猫だ
寒くないんだろうか?
黒猫は心地よさそうに見える

 

おかしいな
何故なんだろう?
あそこには何か
暖かいものがあるのだろうか
僕には見えない
暖かいものが

 

ああ、そうか
真っ白な雪と
真っ黒な猫の
コントラストに
目を奪われていたけど

 

黒猫は
膝の上に抱かれているんだ
雪と見間違うほど
白く透き通った女性が
猫を抱いている

 

彼女は雪の精だろうか
それとも
あの猫の守り神なのだろうか
そう思って見つめ直すと
ぼんやりとした輪郭の奥に
やさしい視線と
かすかな笑みが
見えたような気がした

 

 

 

 

 

to lovesongto all tittes of lovesong

Copyright 2010 Masaki Matsuura.


map


bars150


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS