bars60

lovetitle

黄金の微笑み
(and only place)

 

自然に
そして厳かに君は立つ
夕暮れの沖合いに
何かを射るように 探すように
君は立つ

 

黄金の夕陽は
君をとらえ
君は微笑みを反射する


無限のさざなみは
繰り返しあらわれ 消え
君の足元にたわむれる風が
君の髪を揺らさなければ
君もまた永遠に見える

月や太陽と同じように
太古の匂いがする
連綿と紡がれてきた
人のやさしさ きびしさを
背中に漂わせながら

 

君は微動だにせず
夕陽を見つめる
まるで
帰るべき場所が
黄金色の海の彼方にあるようだ

 

そして入り日とともに
君もまた消えていく
星を写す水面と
さざ波の音だけを残して

 

to lovesongto all tittes of lovesong

Copyright 2010 Masaki Matsuura.


 

 

 

 

 

map


bars150


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS