bars60
 

lovetitle

 

 

青い帽子の君はいつも空を磨いているね。

真っ白なTシャツに

青い帽子が輝いているよ。

来る日も来る日も、空の端から端まで

曇りがないよう磨き続ける君がいるから

空はその青さを保っている

 

 

赤い帽子の君は

いつも太陽を磨いているね。

大きなモップをかついで

赤い帽子のつばを

くるっと後ろに回した姿は

とてもまぶしいよ

仕事が終わると

二人はいつも手をつないで

鏡の海を眺めてる。

二人の笑顔がきらきらと水面に輝いて

海はどんな色の帽子を被ろうかと

腕組みする

コバルト エメラルド

 マリン オレンジイエロー

赤と青の帽子に合うように

いろいろと被ってはみるけれど

どれも皆きれいで決めれないでいる

 
そこで海はこう思うんだ

Tシャツだけは白にしよう

今日はターコイズの帽子を被っている

なんてきれいな色なんだろ

青い帽子も赤い帽子も

瞬間ちょっとかすんで見える

 

 

 

鮮やかな帽子と真っ白なTシャツ

海辺の風景は
永遠のファッションなんだと

あらためて思う

 

 

to lovesongto all tittes of lovesong

Copyright 2010 Masaki Matsuura.


 

 

 

map


 

bars150


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS