このページの最後へ↓

point

news

news2021
(ヒューマニズムの視点で捉えよう、判断しよう)

503
2021/11/23sankaku12/04

被爆76年、朽ちぬ記憶 原爆ドーム内部を撮影(2021年12月4日朝日新聞)
 核兵器の惨禍を世界に訴える原爆ドームが世界文化遺産に登録されてから7日で25年になる。朝日新聞は3日、広島市の許可を得て敷地内で取材した。人々の日常を奪った被爆の痕跡が、76年後の今も生々しく残っていた。ドームはもともと3階建てれんが造りの洋館で、1915年に完成した。45年8月6日に米軍が投…
https://www.asahi.com/articles/DA3S15132505.html

top


BACK

「忖度なし」時代映す日芸生の映画祭 今年はジェンダー・ギャップ(2021年12月3日朝日新聞)
日本大学芸術学部で映画を学ぶ学生たちが、問題意識や時代を反映したテーマを考え、準備や運営までほぼ全てを担う映画祭がある。11回目となる今年は「ジェンダー・ギャップ映画祭」。12月4〜10日に東京・渋谷のユーロスペースで15作品が上映される。・・・ 第1回は「映画祭1968」と題し、学生運動の嵐が吹き荒れた68年前後を扱った作品に焦点を当てた。その後も労働、マイノリティーなどと毎年テーマを変え、2016年は地下鉄サリン事件が起きた95年生まれの学生たちが、イスラム過激派のテロを受けて「宗教」に。前年に天皇陛下が生前退位の意向を表明した17年は「映画と天皇」として作家の半藤一利さんや佐藤優さんをゲストに招いた。
https://www.asahi.com/articles/
ASPD24H5HPCZUCLV00H.html?iref=com_cul_movies_list_n

top


BACK

「ズッコケ三人組」那須正幹さん、死去直前に「遺書」と紹介した絵本(2021年12月3日朝日新聞)
 【広島】「ズッコケ三人組」シリーズなどで知られ、今年7月に79歳で亡くなった児童文学作家の那須正幹さんが、倒れる前に「遺書のよう」と評した自身の作品がある。被爆者としての思いを込めた一冊だ。山口県防府市で暮らす那須さんは6月、広島市西区で子どもの育て方などについて講演した。その時、「10月にまた来る」と口にしていた。その際に同級生たちと会うのも楽しみにしていた。

 迎えた10月24日、広島市中区の旧日銀広島支店。神奈川県の絵本作家、西村繁男さん(74)がマイクを握った。「那須さんに会えなくて本当に残念」。もともとは那須さんとの対談が予定されたが、那須さんの参加はかなわず、西村さんの講演に切り替わった。那須さんが文章をつづり、西村さんが絵を描いたのが、1995年に出版された「絵で読む広島の原爆」だ。
https://www.asahi.com/articles/ASPD27K25PD2PITB00Q.html

top


BACK

メルケル首相、送別曲にパンクロック選ぶ 独で退任式(2021年12月03日時事ドットコム)
【ベルリンAFP=時事】ドイツの首都ベルリンの国防省で2日、アンゲラ・メルケル首相(67)の退任式が行われた。メルケル氏は送別の曲として、共産主義政権時代に「パンクのゴッドマザー」と呼ばれた歌手ニナ・ハーゲンのヒット曲を選び、周囲を驚かせた。・・・2日夜の式典では、正装した兵士たちが火のついたたいまつを持ち参加し、鼓笛隊が演奏する伝統的な軍楽に加え、首相自身が選んだ曲目が流された。
 歴代首相では、ヘルムート・コール氏がルートウィヒ・ベートーベンの「歓喜の歌」を、ゲアハルト・シュレーダー氏がフランク・シナトラの「マイ・ウェイ」を選んだが、メルケル首相は東ドイツのポップソング、ニナ・ハーゲンの「Du hast den Farbfilm vergessen(カラーフィルムを忘れたのね)」を選んだ。記者会見でこの選曲について聞かれると、共産主義の東ドイツで過ごした若い頃に聴いた思い出の曲だと説明。「この曲は私の青春のハイライトだった」と語り、「この曲も東ドイツで生まれ、偶然にも、かつて私の選挙区だった地域では今でも流れている。だからすべてがきょうに合っている」と語った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=20211203042350a&g=afp

top


BACK

ファッション誌エル、毛皮コンテンツの使用中止を発表(2021年12月03日時事ドットコム)
【チッピングノートンAFP=時事】ファッション誌エルは2日、世界各地で刊行されている同誌の記事および広告で、毛皮に関するコンテンツの使用を中止すると発表した。主要誌としては初となる。・・・同誌のバレリア・ベソロ・ロピズインターナショナルディレクターは同日、ファッションメディアのビジネス・オブ・ファッションが開催した会合で、「紙面やサイトにアニマルファーを掲載することは、もはや私たちや読者の価値観とは合致しない」と発言。同誌が「動物虐待に反対」の立場を示す時が来たとの考えを示した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=20211203042351a&g=afp

top


BACK

<社説>米軍タンク投棄 人命軽視の体質を正せ(2021/12/03北海道新聞)
米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が飛行中に緊急事態に陥ったとして、燃料タンク2個を県内の地上に投棄した。1個は深浦町役場の近くで見つかった。民家から約20メートルしか離れていない。周辺は住宅や公共施設が建ち並び、JRも近くを走る。

 にもかかわらず米軍は当初、投棄したのは「非居住地域」と説明した。本当にそう認識していたのか、にわかには信じがたい。人的被害がなかったのは偶然であり、一歩間違えば大惨事になっていた。沖縄はじめ全国の住宅地周辺で事故が相次いでいる。米軍は人命軽視の姿勢が目に余る。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/618491?rct=c_editorial

top


BACK


ハンセン病、大判フィルムで今を撮る 石井正則さんが写真展(2021年12月2日朝日新聞)
俳優の石井正則さん(48)が全国13の国立ハンセン病療養所をまわり、撮影した写真の展示会が1日、岡山県瀬戸内市立美術館で始まった。2016年から3年かけて大判のフィルムカメラで撮影した作品が並ぶ。タイトルは「13(サーティーン)〜ハンセン病療養所の現在を撮る〜」で、瀬戸内市が全国巡回のスタートとなる。12日まで。

 石井さんは10年ほど前に高松市の大島青松園(おおしませいしょうえん)を舞台にしたハンセン病のドキュメンタリー番組を見たことを機に関心を持った。15年ほど前から愛用する大判フィルムカメラで、変わりゆく療養所の建物や風景を写真として残そうと考えたという。青森市の松丘保養園(まつおかほようえん)から沖縄県の宮古南静園(みやこなんせいえん)まで、全13園で撮りためてきた。

・・・療養所には、歴史的建造物が残っていないところもある。「つらい思いをして『見たくない』という思いがあり、近代化を進めた療養所もある。色々な考えがあるとは思うが、長島は歴史と向き合っていこうというところがすごいと思った」と言う。地元で進んでいる長島の世界文化遺産登録を目指す動きについて「負の歴史を隠すことなく、つまびらかにして目をそらさないことは素晴らしいこと。できることがあれば協力したい」と述べた。
https://www.asahi.com/articles/ASPD16SMNPCZPPZB00G.html?iref=com_cul_art_list_n

top


BACK

【スピリチュアル・ビートルズ】「原点回帰」を目指し奮闘する4人のアーティストを描き出した新ドキュメンタリー『ゲット・バック』(2021年11月29日共同通信)
ビートルズの1970年公開の映画『レット・イット・ビー』が大幅拡張リメイクされ、3部構成のドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』として、2021年11月25日から米娯楽大手ディズニーの定額動画配信サービス、ディズニープラスで独占配信が始まった。映像作品のタイトルの変更がすべてを物語っているように思える。ビートルズが崩壊の過程を歩むさまをとらえたとされる旧作『レット・イット・ビー』すなわち「なすがままに」。一方、新作は『ゲット・バック』すなわち彼らが苦闘しつつ目指した「原点回帰」。・・・なぜ、旧作『レット・イット・ビー』がバンドの崩壊していく様を描いた悲しい作品だと見られてきたのか。それは編集の問題もあろう。しかし、一番の要因は同映画がビートルズ解散(ポール・マッカートニーの脱退宣言)後に封切られたことにある。

 旧作のオープニングでポール・マッカートニーが弾くピアノ曲は美しくも哀しかった。ポールとジョージ・ハリスンがギター演奏をめぐってやりあう場面は今もなお痛々しい。実際、ジョージはセッションを一時離脱している。また、ジョン・レノンのそばに常によりそっているオノ・ヨーコの姿に違和感を覚える人も多かっただろう。・・・ポールは「なすがままに」しようとはせず、むしろ積極的にバンドの再出発にかけようとしていた。その意気込みが垣間見られるのが、セッション初日’69年1月2日に「トゥ・オブ・アス」をリハーサルする際に見ていた歌詞が手書きされた紙の右下に「クオリーメン・オリジナル」と記されていたことである。

 クオリーメンとはクオリー・バンク中学在籍中の’57年にジョンが結成し、のちにポール、ジョージが加わり、ビートルズの前身となったバンドである。翌日には彼らがバンド活動を始めた頃に作っていた「ワン・アフター909」といった古い曲を引っ張り出して演奏している。興味深いのは、ポールは少年時代にジョンと100曲くらい作ったと話し、彼が「Just fun」と呼ぶ歌をジョンとともに歌っていることだ。「みんな、ぼくらの愛はただのお遊びだといった/ぼくらの友情が始まったその日/私には青い月は見えなかった/歴史上、それは一度もなかった」。この未発表曲はジョンとポールが一緒に作り「レノン=マッカートニー」のクレジットを初めてつけた作品なのである。意味深ではなかろうか。

https://www.kyodo.co.jp/col/2021-11-29_3651389/

top


BACK

「言葉の壊れ」に危機感、もやもやした日常みつめる 荒井裕樹さん(2021年11月27日/朝日新聞)
荒井さんは障害者やハンセン病患者、女性らマイノリティーの自己表現を研究してきた。『障害者差別を問いなおす』など7冊の単著があるが、エッセーは初めて。執筆の出発点は、近年ますます日本社会をむしばむ「言葉の壊れ」への危機感にあったという。SNS上などで社会的に弱い立場の人に向けられる憎悪。重みと責任を失った政治家の発言。そんな息苦しい言葉があふれる時代に、「悔しさ」を感じていた。

 言葉には本来、もっと力があるはずなのだ。魂や尊厳や優しさにまつわるような。でも短くきれいにまとめようとすると、スルリと落ちてしまうものがある。「それが何かを考えたいと思いました。長年関わってきた人との語らい、心に響いた本の一節、日常の出来事を手がかりに、自分の中の『もやもやした思い』を書いていった。これを必要とする人っているのかな、と自問しながら」
https://www.asahi.com/articles/ASPCT3RRMPB8UCVL00X.html?iref=com_7_05

top


BACK

気候変動対策8年前倒し ドイツ新政権、3党寄り添い世界をリードへ(2021年11月26日/朝日新聞)
ドイツで12月上旬にも発足する次期政権は、気候変動対策に取り組む姿勢を強くアピールすることになった。ドイツが再生可能エネルギーや電気自動車(EV)などの分野で世界をリードしようという狙いもある。3党連立の次期政権は、左派系の社会民主党(SPD)と右派寄りの自由民主党(FDP)、環境重視の緑の党の寄り合い所帯。利害対立が心配されたが、ひとまず折り合いをつけて走り出すことになった。・・・

新政権の最大の特徴が気候変動対策への取り組みだ。第3党になった緑の党の看板政策に他の2党も寄り添う形となった。条件付きながら8年前倒しし、2030年に石炭火力発電を廃止する方針。22年末までの「脱原発」と両立させるのは難題だが、過渡期として天然ガスの利用も促す。風力や太陽光への積極的な投資を進め、30年までには発電の80%を再生可能エネルギーにする。同年までに国内で1500万台のEVの導入も目指すほか、水素エネルギーの活用支援も強化する。
https://www.asahi.com/articles/
ASPCT6Q7TPCTUHBI00B.html?iref=sp_ecotop_feature2_list_n

top


BACK


6世紀建造、古代ペルシャの「クテシフォンのアーチ」修復へ イラク(2021年11月26日/時事ドットコム)

マダインAFP=時事】イラク政府は24日、1400年の歴史を持つ世界最大のれんが製アーチ状建造物「クテシフォンのアーチ」の修復作業が行われていると発表した。6世紀に建造されたアーチは、古代ペルシャ帝国の首都だったクテシフォンに現存する最後の建造物で、ペルシャ語では「ターク・イ・キスラ」と呼ばれる。クテシフォン遺跡は首都バグダッドから南に30キロの場所に位置する。大雨に伴う湿気が原因で一部が崩落し、2013年に修復が行われたが、昨年の豪雨の影響で新たにれんがが落下する被害が出ていた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=20211126042320a&g=afp

top


BACK

キューバ大統領からの「依頼」 五輪で伝えたかったヒロシマの願い(2021年11月24日/朝日新聞)
「ヒロシマから来てくれた人に頼みがあるんだ」2016年、世界の各都市を被爆者らが巡るNGOピースボートの「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加した広島市安佐南区の東野真里子さん(69)は寄港したキューバで思わぬ「依頼」を受けた。 依頼の主は現大統領のミゲル・ディアスカネル氏(当時・国家評議会第1副議長)。被爆者らとともに、首都ハバナで面会した。ディアスカネル氏は自身が広島を訪問した経験を回想し、「資料館に行き、核兵器は二度と使ってはいけないと実感した。東京五輪でキューバの選手団をヒロシマの資料館に案内してほしい」と望んだという。懇談の最後には、一人ひとりとがっちり握手した。
https://www.asahi.com/articles/
ASPCR6R5GP81PITB01B.html?iref=sp_ecotop_feature2_list_n

top


BACK

ポール・マッカートニーが自らのキャリアを振り返るドキュメンタリー 12月22日からディズニープラスで配信へ(2021年11月22日共同通信)
ポール・マッカートニーが自らのキャリアを振り返るドキュメンタリーシリーズ「マッカートニー3, 2, 1」が、日本でも12月22日(水)から米娯楽大手ディズニーの定額配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」(ウォルト・ディズニー・ジャパン・東京)で配信されることが決まった。

 ポールが伝説の音楽プロデューサー、リック・ルービンを迎え、ザ・ビートルズ、ウィングス、ソロ時代の楽曲にまつわる制作秘話を一対一のインタビューで語る各30分の6話構成のドキュメンタリーで、すでに英米では配信されて大きな反響を呼んだ。

 ポールとリック・ルービンの親密な会話を通して、「私たちの人生のサウンドトラックとして存在している象徴的な楽曲に関する曲作りの話、影響力、そして個人的なエピソードが掘り下げられていきます」。取り上げられる楽曲は、ビートルズの「オール・マイ・ラヴィング」、ウィングス時代の「バンド・オン・ザ・ラン」など。
https://www.kyodo.co.jp/life/2021-11-22_3650027/

top


BACK

 

フランス国旗の色変更 マクロン大統領1年前から(2021年11月17日共同通信)
青白赤の三色旗、いわゆるトリコロールはフランスの国旗。だが、1年前からこのフランス国旗の色が微妙に変わっていたことが、今頃になってフランスメディアを騒がせている。変更したのはマクロン大統領だが、色を変えたことは国民にまったくアナウンスされていなかった。

 Europe 1 など地元メディアによると、新しい青色はいわゆるマリンブルー。昨年7月13日、つまり革命記念日の前日の決定による変更だった。理由の一つは「マリンブルーの方がエレガントであること」、そしてより大きな理由は「フランス革命を象徴する色」であることだと説明されている。誰も気が付かなかったが、すでに大統領府も内務省も、この新しいトリコロールを掲げているという。
https://www.kyodo.co.jp/mamegaku/2021-11-17_3648909/

top


BACK

今冬70万人死亡の恐れ コロナ感染再拡大の欧州―WHO(2021/11/24時事ドットコム)
【コペンハーゲンAFP時事】世界保健機関(WHO)は23日、WHO欧州地域事務局が管轄する53カ国・地域で来年3月1日までに、新型コロナウイルスで新たに70万人が死亡し、累計死者数が220万人に達する恐れがあると警告した。
欧州で感染が再拡大している原因をめぐっては、一部の国でワクチン接種が進んでいないことや寒さで室内で過ごす時間が増えていることなどが挙げられている。WHOによると、欧州での1日当たりのコロナ関連死者は9月末時点の2100人から先週、4200人近くに増えた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112400707&g=int&utm_
source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

top


BACK

アインシュタインの希少メモ、過去最高15億円で落札(2021/11/24時事ドットコム)
【パリAFP=時事】ドイツ生まれの米理論物理学者アルバート・アインシュタインが一般相対性理論の構想時に残した直筆のメモが23日、仏パリで競売に掛けられ、1160万ユーロ(約15億円)で落札された。・・・落札されたのは、1915年に発表された一般相対性理論の準備作業が記された54ページの文書。13〜14年にスイス・チューリヒで、アインシュタインの同僚で親友だったスイス人エンジニア、ミケーレ・ベッソと共同で記したもの。
 クリスティーズによると、アインシュタインがこの時期に残した科学関連の文書は極めて珍しく、1919年頃になるまでその傾向がみられるという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=20211124042307a&g=afp

top


BACK

 

human
bians


↑このページの最初へ



フリーダム
dream & harmony


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS

 

 

カウンター