このページの最後へ↓

bians

point

news

news
(ヒューマニズムの視点で捉えよう、判断しよう)

432
2020/01/26sankaku01/29

予算委員会 不誠実な答弁いつまで(2020/01/29東京新聞)
衆院予算委員会で二日間にわたる質疑が終わった。安倍晋三首相は野党の質問に正面から答えようとはせず、自らを正当化したり、要求を突っぱねたりした。不誠実な答弁をいつまで続けるのか。
 首相は先週、衆参両院での各党代表質問に対する答弁で、自らに都合の悪いことには口をつぐみ、説明に努めようとしなかった。代表質問に続く一問一答形式の衆院予算委員会でも、こうした不誠実な態度を続けたことは見過ごせない。・・・「桜を見る会」の問題は、首相が地元支援者らを多数招待し、公職選挙法違反の便宜供与の可能性が指摘される重大事案だ。安倍政権の正統性にも関わる。・・・首相の不誠実な答弁は、現職衆院議員が逮捕された「カジノ汚職」、公選法違反の可能性が指摘され、二閣僚が相次いで辞任した「政治とカネ」の問題でも同様だ。国民の疑念に答えようとする姿勢はみじんも感じられない。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020012902000132.html

top


BACK

子ども5百万人が人道援助必要 過激派台頭の西アフリカ(2020/01/29東京新聞)

 【ナイロビ共同】国連児童基金(ユニセフ)は28日、イスラム過激派の襲撃や住民同士の衝突が相次ぐ西アフリカのマリやニジェール、ブルキナファソで子ども約500万人が人道援助を必要としていると発表した。治安悪化で食料を十分に確保できず、5歳未満の子ども約71万人が深刻な栄養失調に陥る恐れがあるという。マリでは昨年1〜9月だけで571人の子どもが重大な暴力被害を受けた。ユニセフは、かつてない度合いで治安が悪化していると指摘。「子どもたちは殺され、手足を切断され、性的虐待を受けている。多くの子が心に傷を負うほどの経験をした」と訴えた。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012901001065.html

top


BACK

新型肺炎 中国感染4500人超 死者106人 SARS超す勢い(2020/01/29東京新聞)

【北京=坪井千隼】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、中国政府は二十八日、同日午前零時(日本時間同一時)までの合計で国内の死者が前日比二十六人増の百六人、感染者は同千七百七十一人増の四千五百十五人に達したと発表した。二〇〇二〜〇三年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を上回るペースで増え、各国で感染者が見つかるなど拡大に歯止めがかからない状況だ。
 新たにドイツとカナダ、カンボジア、スリランカで感染者が確認され、中国本土以外では十七カ国・地域で感染が確認された。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012890135018.html

top


BACK

西アフリカ、住民30人超殺害 ブルキナファソ、市場襲撃(2020/01/29琉球新報)
【ナイロビ共同】西アフリカ・ブルキナファソ北部の村の市場で25日以降、武装勢力が住民を襲撃し30人以上を殺害した。イスラム過激派の犯行とみられている。AP通信などが28日報じた。国営テレビによると、死者は50人に達する恐れがあるという。

 ブルキナファソ北部では20日にも別の市場が襲われ、少なくとも36人が死亡したばかり。同国や隣国マリ、ニジェールでは過激派が台頭し治安が悪化。特にブルキナファソでは襲撃が急増している。
https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1065068.html

top


BACK

ジャマイカ沖でM7・7 津波警報、死傷者情報なし(2020/01/29琉球新報)

サンパウロ共同】米地質調査所(USGS)によると、カリブ海のジャマイカ沖で28日午後2時10分(日本時間29日午前4時10分)ごろ、マグニチュード(M)7・7の地震があった。ロイター通信によると、ジャマイカやキューバなどで津波警報が一時出された。各国からの報道によると、死傷者の情報はない。震源はジャマイカ北西部モンテゴベイの北西約139キロ、震源の深さは約10キロ。英領ケイマン諸島も激しく揺れ、地元メディアによると道路が陥没したり、電話が通じにくくなったりした。
https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1065026.html

top


BACK

腹部が透明な「ガラスガエル」、18年ぶりに発見 ボリビア(2020/01/29時事ドットコム)
【ラパスAFP=時事】ボリビア・アンデス山脈東部に生息する珍種のカエルがこのほど、18年ぶりに発見された。調査チームがAFPに明らかにした。このアマガエルモドキ科のカエルは、腹部が透明なことから「ガラスガエル」の愛称で親しまれている。腹部からは、心臓と消化管の一部が確認できる。
 調査チームは今月8日、同国第4の都市コチャバンバ東方に位置するカラスコ国立公園で、カエル3匹を発見。園内で進行中の水力発電事業で生息を脅かされている、爬虫(はちゅう)類や両生類の保護活動中だったという。・・・3匹のガラスガエルは、アルシド・ドルビニ自然史博物館のカイラ両生類保全センターで管理され、専門家らが保護戦略の一環として繁殖を試みる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200129039645a&g=afp

top


BACK

オケ×VR、サロネンの挑戦 芸術は崇高、孤高ではない(2020/01/28朝日新聞)
アップル社のCMで、iPadを軽やかにタップしながら作曲する姿が脚光を浴びた。今回の来日公演で演奏される自作の曲の一部も、iPadで作曲したものだ。「私は典型的なオタクです。新しい技術が生まれたら、片っ端から試したくなるんです」・・・サロネンが見据えるのは、音楽を仕事にしている人々があらゆる「特権」を捨てた先にある未来だ。「指揮者の仕事とは、矛盾するようですが支配ではなく、奏者たちが自由になるためのコンセプトを授けること」
テクノロジーに触れることによって音楽家たちが、自分たちが社会の一員だということにもっと意識的になってもらいたい、と願っている。「いつの時代も、芸術は最先端の技術と影響を与え合っている。ベートーベンの楽曲がピアノという楽器の発展に大きく寄与したように。音楽家は社会に無関心であってはいけない。安易に価値を下げず、複雑なまま、芸術と一般の人々を出会わせることに、私たちはもっと使命感を抱くべきだと思う」
https://digital.asahi.com/articles/ASN1W4W3DN1VULZU006.html

top


BACK

(社説)首相の答弁 疑念晴らす気あるのか(2020/01/28朝日新聞)
野党の質問に正面から答えず、用意した紙を読み上げる。角度を変えた問いかけにも、同じ説明をひたすら繰り返す。これでは、政権に寄せられた数々の疑念を本気で晴らすつもりがあるのか、疑わしい。・・・ 首相は「院内の不規則発言についてコメントする立場にない」「国会対策委員長に対応を任せている」と述べたが、その森山裕国対委員長は「(杉田氏に)問い合わせる予定はない」という。野党の批判をやり過ごし、うやむやに終わらせようというのだろう。この政権の下で繰り返されてきた手法を許してはならない。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14343343.html?iref=editorial_backnumber

top


BACK

「ナカムラ」として息子は生きる アフガン、中村医師に感謝し命名(2020/01/28朝日新聞)
 アフガニスタンで生まれた男の赤ちゃんが、昨年12月に殺害されたNGO「ペシャワール会」現地代表の中村哲医師にちなんで「ナカムラ」と名付けられた。父親は中村医師の活動に感謝し、「心を受け継がせたい」と命名理由を語った。

 赤ちゃんは事件2日後、父サミウラさん(46)の三男として首都カブールの病院で生まれた。サミウラさんは中村医師が灌漑(かんがい)事業を手がけた東部地域出身で、砂漠が緑地に変わる様子を見てきた。「干ばつに苦しむ村人たちを助けてくれたのは、外国の軍隊でも武器でもなく、現地の中村医師でした」と感謝し、「人助けの心を受け継がせたい」と息子に命名したという。・・・「国籍や宗教の違いを越えて、命がけで救いの手を差し伸べてくれた日本人がいたことを、私たちは決して忘れません」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14343485.html

top


BACK

(寄稿)フレディの幻影、ねじ伏せた歌唱力 クイーン+アダム・ランバート日本公演を見て 東郷かおる子(2020/01/28朝日新聞)
フレディの死後、ツアーから離れた時期もあったオリジナルメンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーに「彼しかいない」と言わせ、2012年のツアーからボーカルに迎えられたアダム・ランバートの存在感が強烈だ。前回の来日公演まではフレディの幻影がチラついていた感もあったが、今回はその圧倒的な歌唱力で大向こうをネジ伏せた格好だ。フレディがステージで歌うことが叶(かな)わなかった晩年の曲「ショウ・マスト・ゴー・オン」には筆者も目頭が熱くなったことを白状しよう。一方、ブライアンの繊細でドラマチックなギターワーク、ロジャーの力感のあるドラミングも健在。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14343361.html

top


BACK

新型肺炎 武漢、ままならぬ生活 移動は自転車圏内、食材宅配停止(2020/01/28東京新聞)
【上海=白山泉】新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大していることを受け、中国湖北省の武漢市では公共交通機関の運行停止が続き、日常生活に支障が出ている。活気を失いつつある市内の様子について現地に住む日本人に電話で聞いた。 
 同市内の華中科技大学で日本語を教える高(たか)かおるさん(39)=新潟県出身=は、感染の発生源とされる海鮮市場がある場所から二十キロ離れたマンションに住む。「都市封鎖」されてからは市内に三つある「地域」をまたぐ移動ができなくなった。感染を恐れて外出を最小限にしているものの、「今は徒歩と自転車で行ける範囲でしか生活できない」と不便さを語る。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012890070023.html

top


BACK

独、アウシュビッツの罪背負う 大統領、自国の加害責任を強調(2020/01/28東京新聞)
【オシフィエンチム共同】ドイツのシュタインマイヤー大統領は27日、第2次大戦中、ナチス・ドイツがポーランドに設け、ユダヤ人を虐殺したアウシュビッツ強制収容所跡を訪れ、ドイツが「罪を背負うべき場所だ」と表明、自国の加害責任を強調した。ドイツメディアが伝えた。現地はこの日、ソ連軍による解放から75年を迎え、犠牲者追悼式が開かれた。アウシュビッツはポーランド南部オシフィエンチムにあり、式には約200人の生存者やシュタインマイヤー氏ら欧州各国首脳が参加した。シュタインマイヤー氏は収容所跡を見て回った後「われわれは犠牲者や生存者の苦しみを忘れない」と記帳した。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012801001562.html

top


BACK

大阪の京大原子力研究施設で煙 放射性物質漏れ確認されず(2020/01/28東京新聞)
 28日午前10時10分ごろ、大阪府熊取町の京都大複合原子力科学研究所の施設で、「煙が充満している」と警備員から119番があった。府警泉佐野署によると、けが人はいない。研究所や地元消防によると、煙はすぐに収まった。施設から放射性物質が漏れたとの情報は確認されていない。
 煙が確認されたのは実験設備がある3階建て施設で、研究用原子炉などがある建物ではない。実験のため1階の加速器の電源を入れたところ、部品が発熱した。何らかの原因で冷却用設備が正常に作動せず、発煙したとみられる。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012801001765.html

top


BACK

<社説>政治とカネの疑惑 説明放棄許してはならぬ(2020/01/28琉球新報)
政治家の規範意識がこれほど問われている時はない。昨年の参院選を巡り、車上運動員に法定上限を超える日当が支払われた公職選挙法違反の疑いで事務所が家宅捜査されたことについて、自民党の衆院議員・河井克行前法相と妻の河井案里参院議員は「捜査中」を理由に事実関係の説明を避けている。克行氏は政治不信を招いたことを謝罪したが、離党や議員辞職を否定し「既に刑事事件として捜査が始まっている。捜査に支障を来してはならない。発言することは控えるべきだと考えている」と述べていた。案里氏も「捜査の区切りがついたところで説明したい」と語り、議員辞職を否定している。両氏の事務所で働いた元私設秘書が参院選前に労働条件を示されずに雇われ、不当に減給された労働基準法違反の疑いも浮上している。この問題への説明もない。
 説明責任を放棄する、こうした態度がまかり通るなら、国会議員のモラルは地に落ちてしまう。
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1064334.html

top


BACK

問題続く伊方原発「絶対の安全ない証明」 立憲・枝野氏(2020/01/27朝日新聞)
 (四国電力伊方原発で電源を一時喪失するなどトラブルが相次いでいることについて)初歩的で、同時に大変重大な事故につながりかねない問題を相次いで起こしている。(運転差し止めを命じた広島高裁の)仮処分が出た前後で、緊張感を持っているはずの時に相次いでいる。人間のやることなので、原発に絶対の安全はないということが改めて証明された。この状況で稼働を続けるのは、リスクが高すぎるし、安全だということについても説得力が失われている。自ら停止をされるべきだ。
https://digital.asahi.com/articles/ASN1V56LVN1VUTFK007.html

top


BACK

フィルム映写技師が集めた昭和の名機 「SLのよう」(2020/01/27朝日新聞)
 北九州市門司区の映画・芸能資料館「松永文庫」に今月、35ミリのフィルム映写機が寄贈された。贈り主は映写技師として全国を回った 40代の男性。カタカタと流れるコマに光を当てて銀幕に映し出す機器はアナログの典型だが、重ねた年輪の存在感に引き込まれたという。収蔵品が5万点に上る市立の松永文庫は、門司港の国際ターミナルだった「旧大連航路上屋」にあり、映写機はその倉庫に保管されている。・・・永吉さんは福岡県大野城市出身。大学を中退して福岡市内の映画館でアルバイトを始め、担当した映写を本格的に学ぶために2000年に上京。移動映画専門の会社やミニシアターで働くなかで、「魂が宿っている」ような古い映画館や映写機にひかれていった。

 その後、映写機の保存活動をする東京都内の映画館主を手伝うことに。運搬コストの面から対象は関東内だったが、永吉さんは古い映画館の廃業を聞きつけると自腹でトラックを駆って引き取りに行き、「私物」の機器が増えていった。

 一方、個人でぽつぽつと引き受けていた移動映写の仕事はいよいよ少なくなった。母方の実家がある北九州市門司区に転居することを決め、昨夏、松永文庫の室長、松永武さんに映写機の寄贈を打診。松永さんは「建物の1階すべてに映写機を多く展示したい」などと喜んだという。映画や芸能の資料収集に心血を注いだ松永さんはその年の10月、83歳で亡くなった。
https://digital.asahi.com/articles/ASN1P6JT6MDMTIPE02Y.html

モノは樹木のように成長はしないけれど古いもの、使い続けられたモノには木と同じ目に見えない年輪のようなものを感じます。

top


BACK

着水?墜落? 飛行艇機能はないのに防衛省は「着水」と説明 米軍は「went down」(2020/01/27琉球新報)
25日に沖縄本島沖で発生した米軍MH60ヘリの事故について、防衛省は情報収集中としながらも「墜落」ではなく「着水」と説明している。MH60に飛行艇の機能はないため、「着水」という表現には不自然さが伴う。沖合での発生のため事故当時の状況など詳細は不明だが、米海軍の発表は「went down」と表記しており、この語には「落ちる」「墜落」の意味も含まれる。 2016年12月に名護市安部沿岸部で米海兵隊のMV22オスプレイが大破した事故では、防衛省は「不時着水」と説明した。「墜落」と「着水」では受け取る印象は大きく異なり、事故を矮小(わいしょう)化させたい狙いも透けたが、琉球新報は真っ二つに折れた機体の破損状況などから「墜落」と報じてきている。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1063440.html

top


BACK

冷蔵トラックで英に1万人密入国 欧州警察、犯罪組織を壊滅(2020/01/27琉球新報)
【ブリュッセル共同】フランスとオランダの警察当局などは26日までに、イラクやイラン、シリア、アフガニスタンから不法移民約1万人を冷蔵トラックで英国に密入国させた疑いがある犯罪組織を壊滅し、メンバー23人を逮捕した。欧州警察機関(ユーロポール、本部オランダ・ハーグ)が発表した。

 発表によると、同組織は、冷蔵トラック1台に最大20人を詰め込むなど極めて危険な方法で、フランス西部から英国に密入国させた。オランダを拠点にしたイスラム圏伝統の非正規送金システム「ハワラ」を通じ、移民から計約7千万ユーロ(約84億円)を稼いでいた。

https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1064080.html

top


BACK

アウシュビッツ解放75年 虐殺の証拠 後世に(2020/01/27東京新聞)
【オシフィエンチム(ポーランド南部)=近藤晶】ナチス・ドイツが第二次大戦中、ユダヤ人らを虐殺したアウシュビッツ強制収容所がソ連軍に解放されてから二十七日で七十五年。年月の経過とともに、収容者の所持品など収蔵品の劣化対策が課題となっている。ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の史実を後世に伝えるため、保存・修復作業は時間との闘いが続く。・・・膨大な数の所持品も、かつては一つ一つに持ち主がいた。保存・修復スタッフの女性は「半透明のくしの内部にフルネームを見つけた時、持ち主が分かるのではと思ったが結局、特定できず取り乱してしまった。自分の感情をどう抑えるかを学ばなければならなかった」と振り返る。・・・現在の保存・修復作業室が開設されたのは二〇〇三年。二十人のスタッフが従事する。作業で重要なのは、元通りに復元することではなく、腐食やさびなど劣化が進まないように保存すること。ホロコーストの証拠としての信頼性を維持するためだ。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/202001/CK2020012702000247.html

top


BACK

山火事と温暖化 気温が3度上がったら(2020/01/27琉球新報)
今この瞬間にも広がり続けるオーストラリアの森林火災。日本の広さの半分近くを、のみ込んだ。気象学者は「気候危機との関係は疑いようがない」という。そして「あれが未来の地球の姿だ」と。昨年九月ごろから続くオーストラリアの森林火災は、首都キャンベラの近郊にまで及ぶ勢いだ。
 これまでにウルグアイ一国の総面積に迫る千七百万ヘクタールが焼失し三十人近くが亡くなった。
 世界自然保護基金(WWF)によると、希少な固有種を含む十二億匹以上の動物たちが犠牲になったといい、重いやけどを負ったコアラが、むさぼるように水を求める映像とともに、世界中に驚きと悲しみが広がっている。・・・森林火災の影響は、生態系の破壊だけにはとどまらない。
 森林は二酸化炭素(CO2)を吸収、固定する役割を果たしている。森が焼ければ、それらが一気に放出される。北極のツンドラ地帯で山火事が広がれば、土中に眠る泥炭が燃え上がり、やはり大量のCO2が排出されて、温暖化を進行させる地球規模の悪循環になっていく。
 現状のままでは、世界の平均気温は産業革命前より三度以上上昇し、未知の大災害が頻発するようになるというのが、もはや科学の常識だ。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020012702000141.html

核戦争が最たるものだけど人間の奢りと科学の不正使用で地球環境を破壊して自滅するのはあまりにも悲惨です。それは同時に地上に生息する無数の動植物を破滅させる事でもあります。分かりきっている未来図に対して何故ブレーキを踏めないのでしょうか。

top


BACK

肺炎、1人から3人以上にうつる 感染力、WHO見解上回る可能性(2020/01/27琉球新報)
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染力は、世界保健機関(WHO)の公表見解よりも強いとする報告が相次いでいる。調査をもとに1人の感染者から平均で何人にうつっているかを示す数値で、WHOは先週、暫定的に1・4〜2・5としたのに対し、香港や英国のチームは3以上と推定した。
 公表された数値は香港理工大などのチームの推定値が3・3〜5・5、英ランカスター大などのチームの推定値が3・6〜4。中国当局は26日「(当初の推定よりも)感染力がやや増してる」との見解を示している。
 感染力は1より大きいと感染の拡大、1より小さいと将来的な自然消滅を意味する。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012701001865.html

top


BACK

週のはじめに考える 国語で叫ぶ、勿体無い(2020/01/26東京新聞)
狂牛病がBSEと呼び変えられた時、作家のアーサー・ビナードさんが書いているのを読んで、噴き出した覚えがあります。アルファベット三文字にしたいなら、KGBにすべきだった。おどろおどろしさも伝わるのに、と−。・・・

環境に優しい消費や再利用のあり方、自然や物への敬意という概念を一語で表せるということのようで、彼女はMOTTAINAIを世界に広めようとしました。手元の国語辞典を見てみると、「勿体無(もったいな)い」は第一義が「あるべきさまをはずれていて不都合」、二番目が「恐れ多い」で、「まだ使えるのに−」という場合の語意は三番目ですが、既に『太平記』に用例があるといいます。・・・

もともと、わが国資本主義になじみ深い哲学だと考えれば、今の立ち遅れ感は、あまりに惜しい。それでなくても、あの福島の原発事故を経験した国です。日本の技術力を再エネに集中し、世界をリードする。なぜ、その方向に進めないのでしょう。本当にMOTTAI…いや、ここは、横文字でなく、国語で言いましょう。本当に、勿体無い。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020012602000142.html

top


BACK

伊方原発 一時全電源喪失 停電トラブル、10秒後復旧(2020/01/26東京新聞)
二十五日午後三時四十五分ごろ、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で3号機の定期検査中、発電所内が一時停電するトラブルがあった。非常用ディーゼル発電機が起動するなどして約十秒後に復旧した。四国電は「ほぼ全ての電源が一時的に喪失した」と説明している。原因は不明。外部への放射能漏れはないとしている。
 伊方原発ではトラブルが相次いでおり、四国電は同日、定検の全作業を当面見合わせると明らかにした。記者会見した愛媛県の担当者は「県民に不安を生じさせたことは誠に遺憾。県としては看過できず、厳しく対応していく」と述べた。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020012602000130.html

top


BACK

『ゆたかはじめのゆんたくゼミ もうひとつの沖縄文化』 自身の足で見た生の姿(2020/01/26琉球新報)
『ゆたかはじめのゆんたくゼミ もうひとつの沖縄文化』を読み終えた時、私の頭の中にはBEGINの「島人ぬ宝」が流れていた。私は沖縄が好きですと胸を張って言えるほど沖縄を知らない。私が生まれたのは本土復帰の2年前。復帰はしたが本土との格差は大きく、追いつけ追い越せの時代に育った。そのような中でいつしか「アメリカ、本土は上等。沖縄はダメ」と思ってしまったのだ。本書は桜坂市民大学のゆたかはじめのゆんたくゼミで取り上げたテーマをエッセーとしてまとめたもの。ゆたか氏から見た沖縄が109項目! こんなにも取り上げることがあるのかと目次で驚く。講座は120回を超えたと聞くので、まだまだ尽きないようだ。沖縄へ移住してきたワケ。表紙のデザインにもなっている花ブロックや、石垣、残しておきたい建造物のこと。沖縄をジョギングで巡った話。沖縄そばやぜんざい、ポーク玉子といった沖縄の食。かりゆしウエアや琉装といった服飾文化まで多岐にわたる。・・・
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1063520.html

top


BACK

(社説余滴)柳宗悦の思いを継ぐ 中野晃(2020/01/26朝日新聞)
民芸の思想家、柳宗悦(やなぎむねよし)に尋ねてみたい。100年後の状況をどう評しますか。・・・「私にさえ誠心があるならば、それは吾々(われわれ)の距離を近づけるにちがいない。もし近づき得ないなら、それは貴方(あなた)がたの罪ではなく、なおも私の誠心が足りないからだ」。朝鮮を「奴隷」にし、同化政策をとる日本の姿勢を問うた。

 柳は20回余り朝鮮を旅した。浅川伯教(あさかわのりたか)・巧(たくみ)兄弟とともに、白磁をはじめ民衆の暮らしに根ざした工芸の魅力を広め、旧王宮に「朝鮮民族美術館」を開設するなど文化の保護に尽力した。今、隣国を見下し、支配の歴史に背を向けんとする言説があふれかえるのを見て、柳はどう思うか。

 一方、重い過去をつなごうと模索する人々もいる。・・・祖父や母が体験したことに迫りたいと、野々村さんは、朝鮮からの引き揚げ者も加わる「京都戦争体験を語り継ぐ会」に参加。この夏も戦争や植民地の実相を若い世代に伝えるイベントを開く準備を進めている。8月は「韓国併合」から110年、日本の敗戦による朝鮮解放から75年になる。歴史と向き合い、継承する取り組みがある限り、柳が望んだ「朝鮮と日本との間に心からの友情が交される時」は来ると信じたい。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14341402.html

top


BACK

(声)沖縄の犠牲に無関心はいけない生花店経営 大井友浩(長野県 42)(2020/01/26朝日新聞)

 沖縄戦の戦跡を追体験するツアーに先日、高校1年の息子と行ってきた。「現地自給」「軍官民共生共死」「鬼畜米英」という合言葉の下、沖縄の一般市民が戦闘に巻き込まれ、集団自決を強いられ、4人に1人が亡くなったという。2日間で約20カ所の戦跡を巡り、そこで何が起きたのか、また要因となった軍国主義と皇民化教育の実態などを学んだ。・・・翻って、現在の沖縄の実情はどうか。沖縄は日米安保条約とそれに付随する日米地位協定の踏み台となり、辺野古の埋め立て問題では県民の民意がないがしろにされている。見方によっては、憲法9条さえも沖縄の犠牲の上に成り立っているのではないか。無関心ではいけない。わたしたちの生活と沖縄とのつながりに想像力を働かせる必要がある。そして今こそ、大田司令官も願っていた「特別の配慮」が必要な時ではないか。特に為政者に訴えたい。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14341407.html?iref=mor_articlelink03

top


BACK

汚染水処分の判断、政府に「丸投げ」した専門家会議(2020/01/26朝日新聞)
東京電力福島第一原発にたまる汚染水をいつどこに捨てるのか、経済産業省の小委員会が政府に判断を「丸投げ」して議論を打ち切ろうとしている。昨年末の小委員会に同省が示した「取りまとめ案」では、放出場所を海か大気中か決めず、時期は「政府が責任をもって決定するべきだ」だった。 なぜいま打ち切るのか。同省幹部に聞くと、「もう議論は尽くされた」。それでいいのか?・・・まとまる気配がなくなると、委員長で原子力が専門の山本一良・名古屋大名誉教授が口を挟んだ。「(汚染水に含まれる放射性物質の)トリチウムは弱い放射線しか出さない。たとえ強かったとしても薄めれば問題がない」これにはさすがに、ずっこけた。科学的な見解だけでは漁業者、消費者らの疑念が消えないから小委員会が始まった。にもかかわらず、まだ科学優先なのかと。
https://digital.asahi.com/articles/ASN1S4W9TN1NULZU016.html?iref=com_alist_8_01

top


BACK


新型肺炎、発表患者数が急増 その裏に84歳の英雄医師(2020/01/26朝日新聞)
少し老けたが見覚えのある顔だ。中国で呼吸器疾病で有名な医師、鍾南山(チョンナンシャン)さん(84)である。感染が世界に拡大する新型コロナウイルスの調査に武漢市へ赴いた専門家チームのリーダーに就いていた。「ヒトからヒトへの感染が認められる」。習近平(シーチンピン)国家主席自らが封じ込めを指示した20日、国営放送の取材に対して当局が認めてこなかった懸念を初めて明言した。

 新型肺炎SARSと呼ばれていた重症急性呼吸器症候群が中国で蔓延(まんえん)した17年前。鍾さんは広州市の病院で治療にあたり、英雄視された。病診の正しさだけではない。実態を隠して幕引きを急ぐ政府に対して「医学的には抑え込んだとは言えない」と喝破した。地方政府などによるごまかしの手法も暴いた。「多くの同僚が倒れているのに、ウソはつけなかった」そうだ。・・・ 自らの専門や担当する分野において、権力におもねらず自らの考えを述べることを積み重ねて信用を得た人の声は、いざというときに説得力を持って響く。逆に言えば、こうした人々の存在は、国家や組織の統治の危機管理としても必要なのだ。トップが目を背けたくなる事実を遠慮なく提示できる専門家は、社会の力だと思う。なにも、中国だけの話ではないけれど。
https://digital.asahi.com/articles/
ASN1T5TLJN1QULZU011.html?iref=com_rnavi_arank_nr01

いかなる分野においても政権や権力者に対して忖度しない姿勢が科学者の責務だと思うのだけれど・・・

top


BACK

「テレビ的じゃない」の傲慢に挑む 山田孝之の異色番組(2020/01/26朝日新聞)
 NHK・Eテレで異彩を放つ植物番組がある。俳優の山田孝之が草花の生態をシュールに伝える「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」だ。「教育テレビ」の往年の教養番組を思わせるフォーマットから繰り出される笑いと学びが反響を呼び、30日夜10時50分から第3弾が放送される。仕掛け人の放送作家、竹村武司(41)にとっては、「テレビ的」なるものへの挑戦でもあった。・・・ 竹村は植物と聞き、面白いと思った。それは「テレビ的じゃないから」だという。「植物は地味だし、しゃべらないし、動かない。絶対的にテレビ的じゃない。テレビが取り扱ってこなかったからこそ、いじりがいがある」・・・「今の時代って、意味をすぐにほしがるんですよ。意味のわからないものに対する不寛容さが半端なくて。それってテレビの世界でもそうで、『意味のないことはやるな』ってなる」

 「でも、意味のわかんないことだらけじゃないですか。不条理で無意味でナンセンスなことばかり。世の中って。自分のわからないことは怖いしつまらない、と判断することに、すごくむかついていたんですよ」
https://digital.asahi.com/articles/ASN1R6HCGN1QUCVL01Y.html

top


BACK

 

human
bians


↑このページの最初へ



フリーダム
dream & harmony


バースデザイン研究所ビアンス_創造と調和
プロニティ理論ヘキサグラム幾何学
ラブソング_もっとやさしく
グランブルーな人々へデザイン寺子屋
アロット_ちょっと古きもの物置小屋_ネットショップ
アンディムジーク
メモランダム今月の言葉why?NEXT
県別リンク集ヒューマニストニュースのかけら
知らない国を知るために世界のインテリジェンス
ユニバーソーリドバナーリンク
サイトポリシーサイトマップサイトリンク
著作権お問い合わせWORKS

 

 

カウンター